人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:思想・哲学( 254 )

大航海時代以来の「白人キリスト教徒中心国家優位」が後退するのは歴史の流れだ。香港返還もそういうことだ。
さらに英米仏が植民地支配核実験空爆しまくりを反省していないから余計、国としての徳は後退する。
ただ、米英仏等の道連れで人権とか民主主義が失われかねないことが問題だ。国家保安法もそういうことだ。
アジアの内発的民主化に希望を見いだしたい。
なお、米英仏等白人キリスト教徒中心の国家が、植民地支配しまくり、核実験しまくり、空爆しまくりを反省・謝罪していれば、中国やロシアがここまでアジア中東などで勢力を増すことはなかったとは思う。その意味でイランに謝罪に行った米国女性団体はリスペクトするが少数派である。

by hiroseto2004 | 2020-07-02 00:29 | 思想・哲学 | Trackback
河井案里被疑者もロスジェネではある。

それはさておき、そこそこ高い志があったはずのロスジェネの政治家とか活動家もある種のダークサイドに堕ちていくのを見聞きし、心を痛めている。

焦って既得権をひっくり返そうとして既得権以上の悪者やトンデモに取り込まれるなどのケースも多い。
なぜそうなってしまうのか?
自戒を込めて。

by hiroseto2004 | 2020-06-23 12:29 | 思想・哲学 | Trackback
欧米の後退=人権・民主主義の後退にしないために何が必要か?

民主主義とか人権がピンチと言われている。
具体的には以下だ。
1、アメリカのトランプやイギリスのジョンソン、日本の安倍、ハンガリーのオルバンら、民主主義国家における権威主義の蔓延
2、中国の勢力伸長
に大別される。
1については、欧米の主流派が、新自由主義で格差を拡大、人々の不満を高めたため、権威主義的な政治家に期待が集まってしまった。
2、については、人権や民主主義を掲げてきた英米仏などが、植民地支配しまくり、核実験しまくりの過去を反省せず、中東空爆も止めないため、欧米の中国批判に説得力が今一つがないことにもよる。
またそもそも、欧米自体の経済的地位の相対的低下も大きい。新型コロナウイルスは欧米の凋落をさらに明らかにしてしまった。
ただ、このままだと、欧米の後退に従って人権や民主主義がますます失われるのも事実だ。
1、欧米主流派は格差是正につとめること。
2、欧米は、植民地支配しまくりや核実験、中東空爆の謝罪や反省をすること
が大事だ。
さらに
3、アジア・イスラームの内発的民主化も大事だ。韓国や台湾、マレーシアなどはその意味では希望だ。日本は遅れをとっていてはいけない。
by hiroseto2004 | 2020-06-13 22:55 | 思想・哲学 | Trackback
日本におけるポストモダニズムのチャンピオン、糸井重里さん。
また炎上。そもそも、ポストモダニズムは、人権とか民主主義といったご高説をぶちながら植民地支配しまくり、核実験しまくり、ジェンダー的にも実は怪しい面もある西洋近現代批判としては意義があった。
しかし、そもそも人権とか民主主義のレベルが西洋近現代に達していない村社会の日本でポストモダニズムを導入したらどうなるか?糸井さんが身をもって示しました。

by hiroseto2004 | 2020-04-30 17:58 | 思想・哲学 | Trackback
この30年間の「ポストモダニズム」の時代にとくに進んだモノやヒトの過剰移動=新自由主義グローバリズムには、
新型コロナウイルスが契機になって歯止めがかかることは確実だろう。
ただ、それはCO2削減にもつながるので決して悪い話ではない。
一方で、グローバリズムの道連れに人権が失われたり排外主義が広がるのを防ぐのが今後しばらくの政治や
哲学の課題だろう。
とくに日本の場合は「愛国を装ったグローバリスト」安倍総理退場後に、さらに混乱が続く可能性もある。
あらぬ方向に迷走しかねない危うさがある。その主役の有力候補は現東京都知事や現大阪府知事である
可能性は極めて高いだろう。

by hiroseto2004 | 2020-04-25 20:57 | 思想・哲学 | Trackback
なぜ、「日本建国の父」藤原不比等は天皇にならなかったのか?ーー前王朝・高市帝の暗殺事件の引責?

以下は俺の個人的歴史観によるもので、所属団体や支持政党とは関係ありません。

今年は「日本国建国の父」といえる藤原不比等没後1300年だ。
不比等という名前は、まともに考えたらすごい名前だ。
「俺と比べられるやつはいない」という傲慢な名前であり、天皇に等しい、いや、天皇を超える権力があったとみて間違いない。
問題はなぜ、不比等が天皇にならなかったのか?
九州王朝・高市帝が暗殺された直後の700年前後は当時の有力豪族のどれかから天皇を出しておかしくない情勢だったはずだ。
ひとつは、トップにたつことで、暗殺されるのをふせぐため。それよりは、史実のように、外祖父で君臨したかったから。
これは模範解答だろうが、たりない。
やはり、藤原不比等は、高市帝を暗殺した主犯だったのだろう。そして、暗殺において、宮殿を血で汚したのだ。
九州王朝・高市帝は、694年に首都を難波から藤原京に移した。695年には「大化」と改元。
高市帝は、武にすぐれた帝だった。壬申の乱では自ら指揮をとり、大友帝を打倒した。また、おそらく、草壁皇子らも攻め滅ぼした。そして、唐に倣った帝による専制をめざした。おそらく、高市帝のときに文書を整備した。いまのサウジアラビア国王が首相を兼ねているように、自ら太政大臣も兼ねて、権力を集中させようとした(大化改新)。
不安を抱いたのが、多治比嶋右大臣、阿倍御主人大納言、大伴御行中納言、石上麻呂中納言だろう。彼らが当時36歳で十分に即位する権威もあったくらもちのみこ=不比等を先頭に大化2年=696年、高市帝を暗殺したのだ。
その生々しい有様は「日本書紀」においては、中大兄皇子による蘇我入鹿暗殺事件として描かれたのだろう。中大兄皇子+鎌足=藤原不比等ということだろう。「藤原不比等による三種の神器強盗殺人事件」だ。

ただ、宮殿を血で汚した責任をとり、不比等は即位しなかった。日本書紀は697年の軽皇子の文武天皇の即位を伝えているが、実際にはちがったろう。701年ではないのか?
高市帝暗殺後、九州で帝のシンパが暴れたはずだ(隼人の乱)。ようやく701年に鎮圧のめどがつき、元号を大宝とし、文武天皇が即位したが、生意気になったため、暗殺されたとみられる。このことは、日本書紀では「軽皇子の孝徳天皇憤死事件」ということにされているのだろう。
そして、奈良・元明王朝がはじまるのだ。

by hiroseto2004 | 2020-03-28 16:15 | 思想・哲学 | Trackback
本日は2・26事件84年。
以下の記事を再掲したい。

補足すると、我々、就職氷河期世代には特に「既成政党や労組に見捨てられた」思いは強くあり、それが「既成政党に天誅!」的な投票行動に繋がっています。ただ、それが小選挙区では安倍晋三=統制派を利してしまう。こういう問題がありますね。小選挙区制廃止も大きな課題だ。


by hiroseto2004 | 2020-02-26 05:54 | 思想・哲学 | Trackback
【思想・哲学】「官僚制」とか「既存の組織論」に変わるガバナンスを用意しないまま、これらを「打倒」してしまうと、
進歩どころか「カオス」と「トップによる私物化」の二者択一で、前近代に後退してしまうということを内外の情勢から
教えられる。
「カオス」は、リビアとかシリアの現状がそうだろう。
「トップによる私物化」は安倍ジャパンが代表的なものだろう。


by hiroseto2004 | 2020-02-09 19:18 | 思想・哲学 | Trackback
【思想・哲学】水戸光圀は、ドラマでもリアルでも民主主義を骨抜きにしているA級戦犯だ。
ドラマでは政治腐敗の除去を「お上頼み」にする気風を醸成。
リアルでも水戸学は、明治以降の日本をも排他的、権威主義的な方向に引っ張る。
民主主義の観点からはろくなものではない。
タグ:
by hiroseto2004 | 2020-02-03 21:35 | 思想・哲学 | Trackback
我ら反安倍派が時に勢い余って昭和を「全面肯定」したり、イランの反体制派が現体制を批判する勢い余って帝政時代の旗を振り回すのもちょっと疑問。
昭和はセクハラ・女性雇用差別がデフォで川も汚かった。パーレビー帝政は英米が民主的な政権を倒して大弾圧の上に出来たものだった。
正しい方向に改革するには、一呼吸おいて歴史をひもとくのも大事と愚考します。

by hiroseto2004 | 2020-01-15 09:42 | 思想・哲学 | Trackback