人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:歴史( 180 )

湾岸戦争で、既に民間船が戦闘地域に!


by hiroseto2004 | 2019-05-28 17:24 | 歴史 | Trackback
1945年5月25日、東京大空襲IN山の手。
東京駅周辺から渋谷、新宿駅、世田谷区東部にかけての広い範囲が焼かれた。画家の柳瀬正夢も新宿駅で亡くなった。
by hiroseto2004 | 2019-05-25 10:56 | 歴史 | Trackback
5月18日は、光州民主化運動から39年です。


by hiroseto2004 | 2019-05-18 15:05 | 歴史 | Trackback
万葉集は、日本書紀よりは「正直」だ

万葉集は、文学作品なだけに、日本書紀よりは正直だ。繰り返すが、柿本人麻呂が万葉集で一番長い挽歌を奉ったのは、九州王朝倭国のラストエンペラーの高市天皇だ。挽歌の中で何度も柿本人麻呂は「わがおおきみ」と高市天皇を呼んでいる。

万葉集で最も長い挽歌を奉られたのは高市天皇が、実は七世紀末から八世紀始めには最も存在感がある歴史上の天皇だったということだろう。日本書紀でも高市の領地(直轄)は、皇族の中でも異常に大きい。天皇だったと見た方が自然だろう。

挽歌の描写は冬なので夏の壬申の乱よりは、白村江ではないか、と俺は推測している。高市天皇の生年は654年が定説だが、640年代半ば、白村江の時は高校生~大学生くらいの年齢で若くして活躍したのではないか?かなり奮戦したのだろう。

ただ、百済王の裏切り?腰砕け?で倭・百済連合軍は戦意を失い、捕虜になってしまった。白村江の経験があったから、壬申の乱では近江方は、「高市」の名前を聞いただけでびびって退却したのだろう。

いずれにせよ、藤原不比等による改ざん・ねつ造だらけの日本書紀と違って、比較的素直に、事実を残している万葉集ということになる。
だが、皮肉にも、万葉集を藤原不比等の子孫の近衛文麿が総理だった時代の
日本や、その時代を理想としている安倍ちゃんが万葉集を悪用しているのは
歴史の皮肉としかいいようがない。



by hiroseto2004 | 2019-05-16 18:40 | 歴史 | Trackback
軍部・軍人を調子に乗らせ、自分も凶弾に倒れた犬養毅

5・15事件の被害者・犬養毅を過剰に持ち上げない方が実は良いかもしれない。
犬養毅・鳩山一郎・鈴木喜三郎ら立憲政友会は、野党時代に、ロンドン軍縮条約を進めた立憲民政党の濱口内閣を「統帥権干犯」だと批判した。
結果として軍部・軍人がこれを奇貨として勢いづいた。
折しも、濱口内閣の今で言う新自由主義政策もあって、国内の貧困が拡大。人びとの不満が高まった。濱口総理が東京駅で右翼に狙撃され、それがもとで死亡した。
そして、犬養率いる立憲政友会への政権交代後、犬養は青年将校の凶弾に倒れたのが5.15事件だ。
軍部・軍人を勢いづかせたのは犬養自身でもあったのはあまりにも皮肉である。なお、後継の政友会総裁・鈴木喜三郎は余りにタカ派的すぎて、親英米派の元老の心証が悪く、後継総理になれなかった(海軍穏健派ベテランの斉藤実が登板した)。統帥権干犯問題はまさに、政党政治の自殺であったと言える。むろん、政治的ハト派ながら新自由主義政策で、貧困を拡大してしまった立憲民政党の政策ミスもあった。
そうした二大政党の失態のスキを突いて、まず青年将校、そして統制派が台頭していくことになる。

by hiroseto2004 | 2019-05-15 21:28 | 歴史 | Trackback
日本政府がまた、大嘘の前提で世界遺産を申請していました。
大山古墳は、仁徳天皇陵じゃない可能性の方が高いでしょう。
そもそも「天皇」なんて存在しなかった。オオキミでしょう。
仁徳天皇とされる時代は、九州王朝が中国と交渉していました。河内にも王権はあったが、「天皇」でありえない。
もちろん、大山古墳は、世界遺産には値するが、それを仁徳天皇陵、なんて呼んだら不味いでしょう。
なお、河内王権が、巨大な古墳を造れたのは、九州王朝みたいに朝鮮出兵をしていなかったから経済的に余裕があったからでしょう。


by hiroseto2004 | 2019-05-14 11:57 | 歴史 | Trackback
関連記事
「庶民サービス大」派内での内輪揉めで「実は庶民サービス小」安倍ジャパンを喜ばせてはいけないだろう

ポスト冷戦の30年間が庶民のメシや生活の不安をおろそかにしたツケ

ロシアではスターリンがそれも、若者の間で、今、評価が上がっているという。「独裁者の言うことさえ聞いていれば、メシや生活の不安がなかった」というのだろう。

中国でも、マイナーながら、若者の間で毛沢東がウケているらしい。これに対して、今や新自由主義のチャンピオンとなった習近平政府が弾圧を加えている。

我が日本では、20代を中心に、就職率が良いからということで、安倍総理のライト独裁で良いじゃん、という風潮もある。

米英では、年配者が、トランプを選んだり、BREXITを選んだりしてしまった。

冷戦崩壊後の30年間への反動は明らかにあるだろう。

環境とか人権(多様性尊重)を大事にするポスト冷戦時代。一方で、この30年間は、庶民の生活不安、メシの不安はおきざりにされた時代でもあったと思う。

その矛盾が、いま、噴出している。その矛盾にこたえる政治勢力が日本でも求められるのは間違いないし、市民と野党の協力もそういうところを大事にした方が良いと思う。


by hiroseto2004 | 2019-05-11 20:07 | 歴史 | Trackback
ミス訂正は当然。だいたい、「三種の神器」についても、日本列島に割拠していたいろんな王権が、それぞれ、勝手に神器を持っていたという見方もあります。

また、7世紀までは実は、九州・太宰府にあった王権(倭国)が対外的に日本を代表していたが、それを藤原不比等らが主導するヤマト王権が打倒して(おそらく
九州王朝の最後の天皇・高市を暗殺して)、ようやく、日本列島を統一したのではないかという見方も中国の史書を素直に
読めば出来ます。それでも、九州王朝系とヤマト王権系の対立を背景に奈良時代も戦乱や謀反が相次いだ。そうこうするうちに
両系統の皇族が殺し合いで共倒れになって、藤原氏をバックに百済系の桓武天皇が京都に王朝を開いた、という感じでしょう。
正直、7世紀以前のことを描いた日本書紀なんて、藤原不比等の都合の悪いことはカットされている
でしょう。不比等は、人びとに歴史書の保有を禁止し、これを没収して焼き捨てるなど徹底して歴史の改ざん・隠ぺいに
抜かりはありませんでしたから。




More
by hiroseto2004 | 2019-05-10 16:24 | 歴史 | Trackback
「世界遺産・宗像大社バスツアー」の広告をよく見かけるが

広島市内でバスに乗ると「世界遺産・宗像大社バスツアー」の広告をよく見る。
宗像大社には古代のたくさんの宝物がある。世界遺産になってもおかしくはない。しかし、問題がある。政府は、宗像大社を「大和朝廷の祭祀の場」としている。
大嘘をついてもらっては困る。大和朝廷ではなく、「九州王朝倭国」の祭祀の場だったろう。
そう遠くない伊勢ならまだしも、九州にある神社を「ヤマト王権」が祭祀の場にしていただろうか?あまりにも遠すぎて嘘くさすぎる。
宗像大社の神主でもあったとみられる宗形王徳善は、九州王朝倭国のラストエンペラーの高市天皇の祖父に当たる。
九州王朝倭国の祭祀の場が宗像大社であったろう。そして、ヤマトの文武天皇と藤原不比等が高市天皇を暗殺して倭国を滅ぼした後、ヤマトが宗像大社を接収したのだろう。

by hiroseto2004 | 2019-05-07 18:36 | 歴史 | Trackback

イリエスクによるルーマニア革命「泥棒」事件は他人事ではない

1989年12月22日。東欧の旧スターリン主義諸国で最後の独裁者・チャウシェスク夫妻は、市民のデモにびびってついに逃亡した。


しかし、なぜか、「テロ」を契機に「銃撃戦」が起き、なぜか、「チャウシェスクの元腹心」のイリエスクを首班とする「救国政権」ができた。
チャウシェスク大統領による人権侵害の責任者ばかりで新しい政権ができた。そして、チャウシェスクは逮捕後、イリエスクに夫婦とも、非公開裁判で首を取られた。

ルーマニア革命を巡っては、「怪しいこと」が多すぎた。

もし、市民革命が成功していれば、チャウシェスク元腹心のイリエスクだって逮捕されたろう。

市民革命を妨害し、チャウシェスク時代とかわり映えしないメンバーで政権を運営した。イリエスクは、長きにわたり大統領を勤め、89歳の今も健在だ。
イリエスクは「革命泥棒」だ。隠然たる影響力があり、捜査への圧力が懸念される。

日本も他人事ではない。

日本もルーマニアににている。

チャウシェスク夫妻の国家私物化は、安倍夫妻の国家私物化瓜二つだ。
ルーマニアは、ゴルバチョフソ連の方針転換に最後まで反応しなかった国であり、安倍ジャパンは、トランプアメリカの方針転換に抵抗した国である。似ている。
日本でも、例え、民衆の安倍ジャパンへの批判が強まっても、安倍の腹心のような人物が、まんまと安倍の首を後ろから斬りつつ、民衆による民主化を妨害し、まんまと安倍に代わる独裁者=日本版イリエスクに居座る危険はあると思う。


それが誰かはわからない。おそらく自民党の大物ないし若手人気政治家から出てくるだろう。「大穴」としては大阪府知事・市長経験者で、安倍総理と親しく、「事実上の腹心」と表現しても差し支えない男も挙げられるだろう。


ルーマニアの疑惑解明に注目しつつ、日本でも他山の石としたい。


by hiroseto2004 | 2019-05-04 20:48 | 歴史 | Trackback