人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:歴史( 247 )

筑後川と九州王朝倭国

九州大水害で大被害の久留米市付近は九州王朝の中枢、大分県日田市は曹操のお墓と同じ鏡が出土した。中国と交流があった倭国は筑後川王朝とも言えたのではないか?歴代オオキミは治水に苦労しただろう。が現代でもこんなことになるとは?!お見舞い申し上げます。
by hiroseto2004 | 2020-07-07 20:46 | 歴史 | Trackback
本日はアメリカ独立革命記念日。
大英帝国に対して「代表なくして課税なし」で独立革命を起こしたアメリカ合州国は人権と民主主義の総本山と目されてきた。しかし、今年はこれまでの合州国が黒人や先住民差別の上にあったことが厳しく問われるなかでの記念日だ。

by hiroseto2004 | 2020-07-04 21:01 | 歴史 | Trackback
大事な証言です。日本は当時はアメリカの占領下だったわけですから。



More
by hiroseto2004 | 2020-06-28 14:23 | 歴史 | Trackback
本日は朝鮮戦争勃発70年、残念ながら、今だ終戦をみず。
by hiroseto2004 | 2020-06-25 18:44 | 歴史 | Trackback
これは興味深いですね。
ところで安倍総理。70年前の文書はあるのに、
1年もたっていない文書も出せないとか、どういうことですか?!




More
タグ:
by hiroseto2004 | 2020-06-22 18:56 | 歴史 | Trackback
本日6月21日は部分日食がありました。
696年8月4日(九州倭国年号大化2年7月1日)、日食。9日後の8月13日(旧7月10日)、くらもちのみこ=藤原不比等らは倭国・高市帝を藤原京大極殿に暗殺するクーデターを敢行。いまに続く実質的な藤原王朝日本が固まったとみられます。
古代は日食に乗じてのクーデターはよくあったのだろう。
by hiroseto2004 | 2020-06-21 20:45 | 歴史 | Trackback
乙巳の変は本当に皇極天皇4年6月12日飛鳥板葺宮大極殿でおきたのか?

645年7月10日(皇極天皇4年6月12日)、中大兄皇子と藤原鎌足が蘇我入鹿を暗殺して、大化の改新を行なった・・。これが俺らが小学生のとき習った歴史だ。

しかし、いまでは、大化の改新の詔自体が奈良時代、早くとも大宝律令以降のものであることが木簡でも明らかになっている。

7世紀末でも「郡」ではなく「評」なのだ。

そもそも、蘇我入鹿が暗殺されたあとも倭国はバランス外交を続けている。急変したのは、660年の百済滅亡、661年の「伊勢王」崩御からだ。

645年ころにじつは皇極天皇の蘇我入鹿帝が暗殺されたとしても、単なる暗殺事件で、下手人(おそらく百済王)は目的を達せられず石川麻呂帝が孝徳天皇として即位したのだろう。

652年ころ、石川麻呂帝は難波京を九州王朝倭国の副都(あるいは太宰府とならぶ東の都)とした。

660年の百済滅亡で百済人が多数亡命して倭国のパワーバランスは崩壊。孝徳天皇こと蘇我倉山田石川麻呂帝は皇后?の間人皇女の斉明帝および斉明帝と密通していた百済王により暗殺され、白村江に倭国は参戦した、と考えたほうがすっきりする。皇太子は高市帝で、大学生くらいの高市帝は白村江に送られ、唐の捕虜となってしまう。

このとき、斉明帝=間人皇女は九州に、大海人皇子=蘇我入鹿帝=聖徳太子の皇子は近畿から東海地方、長野県あたりまでの支配を委任されていたろう。「天智天皇の中大兄皇子」なんぞ存在しなかった。

「天智天皇」はそもそもやばすぎるネーミングだ。殷の暴君の紐王が愛した天智玉からとったものだ。日本書紀の編纂を命じた天武天皇たちが「やられキャラ」として天智天皇をでっちあげたと考えるとすっきりする。
大海人皇子=天武天皇は九州倭国本国に形だけ援軍としてのりこんだが、母親の死を理由にひいたのだろう。それをいかにも天智天皇の中大兄皇子がやったようにみせかけた。
斉明帝は皇極天皇の重祚ではなく、間人皇女だったから、661年に崩御していない。崩御は665-667年の間だろう。敗戦後に反乱がおき、討ち死にしたのだろう。ほうほうのていで、倭国本体は近江に逃げてきた。大友帝は大海人皇子の娘の十市皇女と結婚して保護されるが百済王は暗殺されたのだろう。

その後、671年に高市帝が唐から帰還。おそらく唐の後ろ盾も得て、また大海人皇子の子孫に禅譲することを条件に大海人皇子から援軍を得て、大友帝を打倒したのだろう。高市帝が正統なな帝だからこそできた荒業・壬申の乱だ。

高市帝は近畿・東海の覇者・大海人皇子に「真人」の姓と「天皇」の称号を与える。さらに、実は皇太子の大津への禅譲を約束する。しかし、高市帝は結局約束をやぶり、天武天皇と大津天皇を暗殺・処刑する。唐風の皇帝独裁を固めた高市帝だが、不安に
かられた近畿日本の天武天皇の一族と、ひや飯を食っていたくらもちのみこ=実は九州王朝倭国の斉明帝と百済王の隠し子的皇子らが結託。九州王朝倭国正統の高市帝を「藤原京=新益京大極殿」で暗殺したのだろう。
皇子の長屋親王は近畿日本の血が入っていたために、生かされたが、結局藤原政権の脅威とみられ、729年に粛清されてしまう。


タグ:
by hiroseto2004 | 2020-06-12 00:01 | 歴史 | Trackback
国家戦略特区とかいって、結局、律令制・公地公民をくずして荘園にしたのと一緒じゃねえか。
「特区」はそもそも、中国で鄧小平が日本をお手本にした近代化加速のためにはじめた制度。
これを日本の新自由主義グローバリストが表面上ぱくったのだが、結局、日本の後退国化を進めただけだった。
情けない。
by hiroseto2004 | 2020-06-10 12:07 | 歴史 | Trackback
戦前どころか、古墳時代を取り戻す。安倍晋三

「壬申の乱」の主役は大友帝vs高市帝だ【古代史】

「壬申の乱」の主役は大友帝vs大友帝を打倒した高市帝である。おそらくは、「天智天皇のモデル」になった人物の子ども(異母兄弟)同士の兄弟げんかである。日本書紀のような「天智vs天武」なら、それこそ、「天智天皇の皇子」が皆殺しになっていないと話があわないだろう。

大友帝の曾孫は淡海三船で、割と冷静に事実を描いていると俺はかんがえている。高市帝が藤原不比等らによる暗殺により崩御した直後の朝廷での議論の議事録も残している。淡海三船は歴代天皇への謚も担当している。

高市帝は日本書紀では672年の壬申の乱のとき、19歳だった。しかし、実際には、高市帝が19歳のとき、すなわち661年に即位後慌ただしく出撃して白村江に向かったと見ている。柿本人麻呂は高市帝にいちばん長大な挽歌をたてまつっている。壬申の乱の歌にみえて実際は冬の朝鮮の戦いだ。19歳と若いのでおそらく間人皇女が摂政ないし、帝とは別格の天皇(中宮天皇)として後見していたとおもう。

間人皇女は実は百済滅亡の660年に夫の蘇我倉山田石川麻呂帝を難波におきざりにして九州に戻ったのだろう。
高市帝=筑紫君サチヤマは662年、大学生くらいの年齢で唐の捕虜になってしまう。
国内では間人皇女が斉明帝として君臨。(斉明は諱だろう)。しかし、665年ー667年ころ、反乱が発生し討ち死にする。ほうほうのていで、大友は近江へにげる。近江朝廷である。667年、大友政権は近江に都する。

そこへ671年、高市帝が九州に帰還。
実は近畿南部や東海地方をがっちり押さえていた飛鳥の大海人皇子に、禅譲と引き換えに援軍を要請し、あっという間に大友帝を倒す。

しかし、大海人皇子=近畿日本の天武天皇も、大友帝の義父であり、大友帝の子どもは守られ、葛野王、淡海三船と活躍した。

だが倭国・高市帝も近畿日本・天武天皇との約束を覆し、持ち前の武力をバックに専制君主となっていく。


その結果不満が豪族らにたかまり、豪族はくらもちのみこ=藤原不比等をかついで高市帝暗殺クーデターを起こす。


by hiroseto2004 | 2020-05-30 21:10 | 歴史 | Trackback

日本国で最新の専制君主・安倍晋三「帝」は九州王朝倭国のラストエンペラーで列島最初の本格的専制君主の高市帝(当時は実は持統天皇ではなかった)のごとく検察=藤原不比等らに斬られることになるだろうか。
問題はその後きちんとした民主主義国家を打ち立てられるかだ。

by hiroseto2004 | 2020-05-23 12:44 | 歴史 | Trackback