人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:歴史( 209 )

ちなみに、日本で一番たくさん「御真影」を焼き捨てたのは文部省だ。
敗戦直後にGHQに言われて慌てて焼いたものである。
凄まじい「転向」を日本人はその時した。
しかし、実は、GHQに言われてしたもので、民主化を十分血肉としてこなかったのでは?などという議論も、今回の「トリエンナーレ」騒動を契機にしたい。

by hiroseto2004 | 2019-10-09 19:11 | 歴史 | Trackback
安倍晋三さん、これは、アメリカに怒られるのでは?
第一次世界大戦後の世界秩序はアメリカのウィルソン大統領が
提案した「民族自決」。
日本は「人種差別撤廃」を主張したというが韓国を植民地支配していた訳で、苦しすぎますね!

by hiroseto2004 | 2019-10-05 13:58 | 歴史 | Trackback
我々が絶対王政国家・サウジアラビアの滅亡を目撃する日も近いか

「絶対王政」といえば、世界史の教科書でしかご存じない方もおおいだろう。「朕は国家なり」のフランス国王ルイ14世が代表例だ。
現代世界では、絶対王政国家は、サウジアラビアとリヒテンシュタインだけである。
サウジアラビアの国名の由来は「サウード家のアラビア」だ。サウジアラビア空軍は正式には「サウジアラビア王室空軍」という。

サウジアラビアは、オイルマネーの力と、イラン・イスラーム革命への対抗のため、米英仏などがバックアップしてきた。
米英仏だけでなく、ロシアや中国もビジネスチャン上、接近していた。米国製の武器をかいあさり、世界第4位の軍事大国
と化した。

しかし、ここへ来て雲行きがあやしくなってきた。
2015年3月、隣国イエメンで親サウジアラビアのハーディー大統領が、辞任に追い込まれ、逃亡。首都サヌアは、
いわゆるフーシ派政権の実効支配になった。しかし、ハーディーはすぐに辞意を「撤回」し、サウジアラビアはこれを
支援し、イエメンへの空爆を続けてきた。お葬式会場や遠足のこどもが乗ったバスまで爆弾でふっとばされ、多くの犠牲者が出た。
だが、なかなか、フーシ派政権をたおせないうちに、サウジアラビアが国際的にまずくなる事件がおきた。
2018年10月2日、サウジアラビア皇太子・ムハンマド被疑者の関与のもと、反体制記者のジャマル・カショギ(ハグジョジー)がトルコのサウジアラビア大使館で惨殺された。英仏多くの国もサウジアラビアを非難せざるをえなくなった。

さらに、イエメン戦争でも旗色が悪くなった。
圧倒的な航空優勢(いわゆる制空権)があるはずのサウジ軍だが、イエメンのドローンによる空襲を受け始める。
最初は油田や空港への散発的な攻撃だった。

だが、2019年9月14日、サウジの根幹である石油会社が壊滅的な被害を受けた。
さらに、同月末には、ドローンを軸としたイエメン軍にサウジアラビア軍は大敗を喫し、数百人が戦死。遺体がのざらしになるというありさまだった。
第二次世界大戦以降の「航空優勢があるほうが勝つ」という常識が崩れようとしている。
いくら、高額な戦闘機やミサイルがあっても、その1万分の1程度の安価なドローンの攻撃は防げなかったのだ。(理論的には妨害電波で防げるが、自国の軍勢や産業も巻き込んでしまう)。
サウジアラビアは、ひょっとすると、その滅亡をもって、「戦争の常識の崩壊」を身をもって示すことになろう。
安倍総理が私物化を進め、武器をアメリカから買いまくっている日本も、サウジアラビアを他山の石としなければならない。

by hiroseto2004 | 2019-10-04 20:26 | 歴史 | Trackback

古来、倭国では女性が祭祀を担った

※以下は筆者の個人的歴史観であり、所属団体や支持政党とは関係ありません。
6ー7世紀くらいの倭国では、仏教寺院には尼さんばかりだった。仏は男子であり、その仏に女性が仕えると言う考え方だったろう。

一方、アマテラスも実は男だった説がある。天皇とはそれに仕える女性、と言う観念が卑弥呼くらいからあったのではないか?
だから、7世紀から8世紀半ばまでは女性天皇まくりだったのだろう。

女系天皇も居たと思う。舒明天皇は架空で蘇我蝦夷(とされる男性)が実際はヤマト王権の天皇

として

即位していたのではないか?


それは「蘇我馬子大王と推古天皇の子ども」と言う大義があったのではないか?


しかし、「蝦夷天皇」が雨乞いをしてもうまくいかず、妻の皇極天皇がやったらうまく行った(日本書紀にも蝦夷がやったら

うまきういかず、皇極がやったらうまくいった、という記述はある)。


当時、「やっぱり天皇(祭祀)は女じゃなくちゃ!」と言う評判になったのではないか?
男性で最初に祭祀をバリバリやったのは天武天皇だろう。

白村江でやぶれて捕虜になったあと帰還した九州王朝の高市帝は大友帝から帝位を奪還するため、

当時、男性では異色の宗教者だった天武を天武の息子への帝位禅譲を条件に口説いて味方につけ、大友帝を倒した

(ホントの壬申の乱)。


しかし、天武なきあとの祭祀は、持統→元明→元正→聖武→孝謙と継がれたが孝謙天皇で断絶した。

聖武天皇も実際は藤原不比等と元正天皇の間の子どもだった疑い(ホントは女系天皇だった)がある。

それにしても、今のように男性のイベントと化した大嘗祭は、公金支出が違憲であるうえに、

古来のありかたとはかけ離れている疑いが濃い。



by hiroseto2004 | 2019-09-28 21:14 | 歴史 | Trackback
1944年の日本と2019年の日本。
ちょうど同じような歴史的サイクルに来ているかもしれません。


by hiroseto2004 | 2019-09-20 16:15 | 歴史 | Trackback
満州事変の発端となった柳条湖事件から88年。満州事変当時の関東軍の行動は天皇の許可もなく軍を動かしており、死刑に該当する重罪でしたが誰も処罰されなかったことが、後の暴走を加速したと思われます。
by hiroseto2004 | 2019-09-18 21:27 | 歴史 | Trackback
曹操墓とおなじような鏡が出てくるということは、古代の日田市に
日本列島を代表する政権があったということです。
いいかげんに東大資料編纂所も宮内庁も「ヤマト万世一系」の
誤りを潔くみとめるべきですね。



by hiroseto2004 | 2019-09-17 22:29 | 歴史 | Trackback
1945年9月2日、ミズーリ号上で大日本帝国政府全権・重光葵とマッカーサー元帥はじめ、米英ソ中加仏蘭豪新9か国代表が降伏文書に調印。国際法的に第二次世界大戦の戦闘が終了した。
by hiroseto2004 | 2019-09-02 08:58 | 歴史 | Trackback
初鹿明博議員は関東大震災の際に虐殺された朝鮮人の皆さんの追悼集会に参加しました。良いですね!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2704421779602807&id=100001050357552&ref=m_notif¬if_t=feedback_reaction_generic
by hiroseto2004 | 2019-09-01 20:39 | 歴史 | Trackback
関東大震災1923から96年。
関東大震災1923というのは、関東大震災1703(いわゆる元禄関東地震)と
区別する意味である。震源地の神奈川県、東京府、千葉県を中心に静岡県、埼玉県、
山梨県、茨城県という広範囲で犠牲者が出た。

関東大震災1923直後に、多くの朝鮮人、そして間違われた日本人や中国人が
虐殺された。官憲によりどさくさに紛れて大杉栄ら左翼活動家も殺された。

改めて哀悼の意を表したい。

それとともに、いまなお、大きな災害のたびにネットなどで、悪質なデマが流れたりする。
関東大震災の後に起きたことは決して「過去のこと」ではない。
決して、忘れないようにしたい。


by hiroseto2004 | 2019-09-01 00:38 | 歴史 | Trackback