人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:9.11テロとイラク・アフガン戦争( 88 )

3月 26, 2020 18:04 Asia/Tokyo
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相は、同国に対するアメリカの最大限の圧力継続というポンペオ米国務長官の発言に応え、ポンペオ氏が国務長官なのか憎悪長官なのか、人は驚きあきれると語りました。

ザリーフ外相のツイット

イルナー通信によりますと、ザリーフ外相は25日水曜夜、ツイッター上で、パンデミックでさえポンペオ国務長官の嘘の拡散を防ぐことはできないと書き、「ポンペオ氏がいかに努力しても、経済テロ、罪のない人々の殺害、新型コロナウイルスに対する世界的な戦いのかく乱、そして自らのその恥ずべき好戦主義を隠すことはできない」としました。

国際機関や世界の諸国が新型コロナウイルスへの対処において対イラン協力の必要性を強調する中、ポンペオ長官は25日、「米国はイランに最大限の圧力をかけ続ける」と述べました。

https://parstoday.com/ja/news/iran-i60184

3月 26, 2020 15:58 Asia/Tokyo
  • ムーサヴィー報道官
    ムーサヴィー報道官

イラン外務省のムーサヴィー報道官が、アフガニスタンの首都カーブルでシーク教礼拝所がテロリストに襲撃され数十名の死傷者が出た事件を非難し、「イランはテロリストと過激派との闘いにおいてアフガニスタンに寄りそう」と強調しました。

ムーサヴィー報道官は、このシーク教礼拝所襲撃テロで犠牲となった人々の遺族に対し哀悼の意を述べ、「テロリストたちは、悪事を行い虐げられているアフガニスタンの人々に対し膨大な出費を押し付けることによって、同国の治安悪化、情勢不安定、宗教間の齟齬を広げるという自身の目標を達成することは決してないだろう」としました。

テロ組織ISISは、25人が死亡・8人が負傷した今回のカーブルでのシーク教礼拝所襲撃テロについて、インターネット上で犯行を認めています。

アフガニスタンでのテロ攻撃


by hiroseto2004 | 2020-03-26 20:11 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
3月 25, 2020 21:19 Asia/Tokyo
  • アフガニスタンでシーク教寺院が襲撃
    アフガニスタンでシーク教寺院が襲撃

アフガ二スタンの政府関係者が、首都カーブルにある少数派シーク教徒の寺院が攻撃され、これまでに13人が亡くなったとしました。

IRIB通信がカーブルから報じたところによりますと、アフガ二スタン外務省のファラーマルズ報道官は25日水曜、「亡くなった13人のうち、2人は襲撃をしかけた侵入者だった。また、治安軍は人質にとられていた9人の子供の救出に成功した」と述べました。

カーブル警察の関係者は、人質の人数については情報がないとしています。

アフガン国会のインド系代表Narender Singh Khalsa議員は、「襲撃された当時、寺院には150人がいた。犠牲者の数が増えることを懸念している」と話しています。

一部の地元メディアは、侵入者の人数を4人と報じました。

今回の事件に関しては、タクフィール主義グループとテロ組織ISISが犯行声明を出しています。

同国にいるインド系アフガン人は、主にカーブル、カンダハル、ガズナに居住しています。

アフガ二スタンでは、およそ2年前にもシーク教徒のインド系住民が自爆テロの標的にされ、19人が死亡、また21人が負傷しました。このテロについてはISISが犯行声明を出しています。

https://parstoday.com/ja/news/world-i60168

ISISが犯行声明 カーブルのヒンズー教寺院への襲撃(動画)



More
by hiroseto2004 | 2020-03-25 21:30 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
これは怪我の功名というべきか。新型コロナウイルスのため、アフガン政府とタリバン
がテレビ会談。(ただし、両者の力関係はアフガン政府が足利義輝でタリバンが三好長慶
みたいなもの。)




More
by hiroseto2004 | 2020-03-23 19:25 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
2003年3月20日、米国大統領のジョージ・ブッシュ被疑者と大英帝国首相のトニー・ブレア被疑者は共謀してイラク侵略を開始した。
by hiroseto2004 | 2020-03-20 09:03 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
3月 07, 2020 14:56 Asia/Tokyo
  • アフガニスタンでISISによるテロが発生
    アフガニスタンでISISによるテロが発生

アフガニスタンの首都カーブルで、式典の最中にテロ組織ISISが攻撃を仕掛け発砲、80人以上の死傷者が出ました。

アフガニスタンのカーブルで6日金曜午前、殉教者アブドルアリー・マザーリーを追悼する式典の会場で銃撃音が響き、30人以上が死亡、およそ50人が負傷しました。

今回のテロ攻撃に、テロ組織ISISが犯行声明を出しています。

イラン外務省のムーサヴィー報道官は同日午後、このテロ攻撃を強く非難すると表明しました。

在カーブル・イラン大使館も声明を発表し、カーブルでのテロ攻撃を非難するとともに、「このような出来事が、アフガニスタン国民の団結をかく乱するという犯人たちの悪意ある目的をかなえることはない」と指摘しました。

アブドルアリー・マザーリーはアフガニスタン・イスラム統一党の元党首で、およそ25年前にタリバンの手にかかり殉教した人物です。


by hiroseto2004 | 2020-03-07 18:19 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
備忘録 トランプのアフガニスタン撤退と真・西洋の没落の時代

レーガンまでのアメリカ(モダンのアメリカ)=イスラム過激派を反共というだけで利用し、タリバンを共産党政権打倒のため育てた。

ブッシュ、オバマ、ヒラリー・クリントン(ポストモダン、ネオコン)=基本的にタリバンとは「テロリストだから話し合わない」スタンス。人権や民主主義のためには空爆で民衆殺戮を厭わないスタンス。

トランプ=人権感覚がないぶん、タリバンとも話があい、和平合意。
イスラム世界の民衆にアメリカが深い恨みを買っている以上、トランプの撤退路線は正しい。ただし、放っておくと人権や民主主義が特にジェンダー中心にポストモダン=ネオコン崩壊、西洋の権威失墜の巻き添えになって後退しかねない。やはり、アジアやイスラムの民衆が独自に勝ち取っていくしかない。
by hiroseto2004 | 2020-03-05 14:00 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
3月 04, 2020 16:04 Asia/Tokyo
  • トランプ大統領とバラダル師
    トランプ大統領とバラダル師

アメリカのトランプ大統領と、タリバンの元戦闘員で交渉役を担った同組織ナンバー2のバラダル師が電話会談を行いました。

IRIB通信によりますと、カタール・ドーハにあるタリバン政治代表事務所のシャーヒン報道官は、「バラダル師はこの電話会談で、米国が和平合意を尊重すれば、タリバンと米国の関係は良好なものになるとし、アフガニスタンからの多国籍軍撤退はすべての人々の利益になることを強調した」と述べました。

一方のトランプ大統領もこの電話会談後、タリバンのバラダル師との協議が良好なものだったことを明らかにしました。

米大統領とタリバン幹部との電話会談は、史上初めてのことです。

1年間の集中的な協議の末、米国とタリバンは先月29日、カタール・ドーハでアフガン戦争終結のための和平合意に調印しました。

この合意では、米国をはじめとする多国籍軍が、タリバンがアフガン国内で暴力削減することを条件に、今後14ヶ月以内にアフガンから完全に撤退することになっています。

米国とその同盟国は2001年、アフガニスタンでのテロ対策や治安確保を口実に同国に侵攻しました。しかし、アフガニスタンでは情勢がさらに悪化し、テロや麻薬生産が激増しています。

アフガニスタンの政府関係者と国民は、これまでに何度も米主導多国籍軍の駐留を非難するとともに、多国籍軍のアフガン撤退を要求してきました。


by hiroseto2004 | 2020-03-04 19:14 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
タリバンとアメリカの和平合意へのイラン外務省のコメント。

by hiroseto2004 | 2020-03-02 00:45 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback(1)
アメリカとタリバンが和平合意に調印。
アフガニスタンの皆さまにお祝い申し上げます。
課題はありますが、これで史上最長の戦争にピリオドが打たれれば良いですね。


by hiroseto2004 | 2020-02-29 22:23 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
2月 15, 2020 18:37 Asia/Tokyo
  • 米軍によるアフガニスタンへの空爆
    米軍によるアフガニスタンへの空爆

アフガニスタンのカルザイ前大統領が、米軍による同国東部ナンガルハール州への空爆でまたしても民間人が殺害されたことを強く非難しました。

カルザイ氏

IRIB通信が、アフガニスタン・カーブルから報じたところによりますと、カルザイ氏は15日土曜、米軍が同国住宅地を空爆したことを非難すると共に、「米国は罪なき人々の殺害ではなく、戦争の終結及び平和プロセスに集中すべきだ」と語りました。

こうした中、同国南東部パクティア州では14日金曜、数百人の住民がデモを行い、米軍の空爆で民間人が殺害されていることに抗議の声をあげました。

米軍は14日金曜、ナンガルハール州で2台の自動車を空爆し、これにより少なくとも10人の民間人が死亡しました。

これ以前に、アフガニスタンの人権委員会は声明の中で、同国における多国籍軍の攻撃による死亡者の増加や人権侵害に懸念を表明し、米軍の空爆による民間人の殺害は戦争犯罪に当たるとしています。


by hiroseto2004 | 2020-02-15 19:42 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback