人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:9.11テロとイラク・アフガン戦争( 102 )

あらためてテロの犠牲になられたみなさまに哀悼の意を表します。
とともに、その後の戦争とテロの連鎖で犠牲になられたみなさまにも
哀悼の意を表します。アメリカの暴走が難民を発生させ、欧米自身の
混迷も招いた。まさに世界史の転換点にこの19年はありましたね。




More
by hiroseto2004 | 2020-09-12 21:05 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
ついに911テロ19年。
改めてお悔やみ申し上げる。それと共に、その後の世界史の展開はあまりに残念だ。テロの被疑者の多くはサウジアラビア人で、被疑者にサウジアラビア政府のバックアップもあったことは今ではほぼ確定(遺族がサウジアラビア政府を訴えられる法律もできた)だが、アメリカはアフガニスタン、ついでイラクを〈テロ撲滅〉〈世界を民主化〉の錦の御旗のもと攻撃。
テロはなくなるどころではない。
アメリカの〈国徳〉は地に堕ち、アメリカが世界に宣伝してきた人権とか民主主義、環境(ブッシュ自体も京都議定書批准せず)などの価値観もうさんくさく見られるたり、後退するようになってしまった。アメリカでもアメリカ追随の日本でも格差が広がった。
格差是正を期待されたオバマもじゅうぶんには後始末ができないままむしろ戦線はリビアやシリアに拡大。国内でも、人々の不満は暴発し、トランプ大統領が誕生し、アメリカも世界もさらにグダグダになっていく。
テロが引き金を引いた〈真・西洋の没落〉のなかでいかに人権や環境を守っていくか。ここしばらくの哲学的課題になる。
by hiroseto2004 | 2020-09-10 12:32 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
おはようございます!本日も誰もしないアベノマスクよりコンビニのマスクで介護現場に出勤です!泉も枝野も消費税時限ゼロはいいんじゃないの。山本太郎もこれ以上突っ張りすぎない方がいい。志の実現のためにこそ。カープは7点リード守れずふがいない。911テロ19年。お悔やみ申し上げます。あのテロ後のアメリカはなにやってんだか意味不明で世界もグダグダになるいっぽうだったのも残念です。それでは行って参ります!
本日も誰もしないアベノマスクよりコンビニのマスクで介護現場に出勤です!_e0094315_12271621.jpg

by hiroseto2004 | 2020-09-10 08:19 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
アフガニスタンで副大統領暗殺未遂テロで多数死傷。
明日で911テロ19年、アメリカは≪テロ撲滅≫を錦の御旗に戦争を始めるもテロ撲滅どころじゃなかったこの19年。
そもそもは、サウジアラビア人が犯人なのにイラクを攻撃したこともひどかった。いずれにせよ、アメリカはきちんと謝罪や補償をすべきだ。


by hiroseto2004 | 2020-09-10 06:57 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
アフガン副大統領狙ったテロ、随行員ら多数死傷。「テロを撲滅する!」
と叫んでアフガンに攻め入ったアメリカ。当初の目的を全く達成していません。



More
by hiroseto2004 | 2020-09-09 19:02 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
もう、20年ちかく、アメリカはいすわっています。
やはり国づくりは、現地の人々が主体になるべきだ。
きらわれているアメリカがいるとかえって混乱のもとですね。



More
by hiroseto2004 | 2020-08-09 21:16 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
7月 23, 2020 20:15 Asia/Tokyo
  • 米国防総省
    米国防総省

米国防総省が声明を発表し、「米軍はテロ組織ISISに対する最近の作戦や実質的な勝利に関して、イラク軍には一切の訓練や顧問活動を行っていなかった」としました。

イルナー通信によりますと、米国防総省は22日水曜、声明を発表し、「イラク軍は今や、単独でISISの残存勢力と戦うことが可能であり、他国の支援をほとんど必要としていない」と自白しています。

この声明ではまた、「ISISはもはや、イラクの大半の地域を掌握しておらず、イラク軍はISISに対する多くの勝利を収めた」とされています。

米国防総省のこうした表明の一方で、イラクの多くの政治家らはこれに先立ち繰り返し、「イラク各地におけるISISの最近の攻撃は、アメリカのメッセージであり、アメリカは米軍のイラク撤収というイラク政府の決定を理由に、イラクに復讐しようとしている」と表明してきました。

イラク議会は最近、同国からの米軍の撤収に関する採決で、多国籍軍の完全撤収案を可決しました。

このことは、アメリカ政府の怒りを引き起こし、アメリカの政府関係者はイラク政府のこの決定の見直しを求めています。


by hiroseto2004 | 2020-07-24 19:21 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
7月 19, 2020 20:22 Asia/Tokyo
  • ザリーフ外相とサレハ大統領
    ザリーフ外相とサレハ大統領

イラクを訪問中のザリーフ・イラン外相は、イラクの政府高官ぞれぞれとの会談を行う中、新たに同国のサレハ大統領と会談、協議しました。

ザリーフ外相は19日日曜、サレハ大統領と会談し、両者はイランとイラクの関係の拡大や向上が、両国を初めとする地域諸国の国民の利益になると強調しました。

ザリーフ外相とサレハ大統領はまた、両国の経済・通商関係の拡大に関する一部の重要な問題や両国関係の最新状況、米軍によるソレイマーニー司令官とアルムハンディス副司令官のテロ暗殺事件の追及、地域・国際的に重要な問題などについて意見交換を行いました。

ザリーフ外相はまた同日、イラクのカディミ首相やフアード・フセイン外相とも個別に会談しました。

ザリーフ外相は、イラクの政府高官と会談を行うため、高等使節団を率い、29日日曜にイラク・バグダッド入りしました。

ザリーフ外相は、バグダッドに到着した後、まずソレイマーニー司令官の殉教した場所を訪問しました。

ソレイマーニー司令官は、イラクの政府関係者の正式招待により、同国バグダッドを訪問した際、イラク民兵組織ハシャドアルシャビのアブームハンディス副司令官やそのほか8人と共に、アメリカのテロリスト軍の空爆により、バグダッド空港付近で殉教しました。


タグ:
by hiroseto2004 | 2020-07-19 20:41 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
最近ではISも勢力をたもっています。アメリカがいなくなれば、政府とタリバンの対立点はなくなる、というか、アンチISで連携もあるとおもう。アメリカ軍は撤退するべきとおもいますが。



More
by hiroseto2004 | 2020-07-13 07:28 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
なんということだ?!911以降の対テロ戦争。テロはなくなるどころではなかった。
むしろ、タリバン以外に間隙をついて、ISISが台頭し、テロをやるようになり、始末におえなくなった。




More
by hiroseto2004 | 2020-05-12 19:55 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback