エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:暮らしに憲法を生かす政権交代( 114 )


広島瀬戸内新聞は1月15日と16日、広島市安佐南区古市橋駅前と中筋駅前で街頭演説を実施。
e0094315_23540382.jpg
e0094315_23541435.jpg
e0094315_23542206.jpg
「被災地の生活再建は今だ進んでいない。泥こそボランティアが取り除いたが、
被災直後のような有り様のお宅も多い。業者不足が大きい。
政府は五輪関連や辺野古新基地などをやっている場合ではない。」
と改めて訴え
「オリンピックに関しては世界各地でお荷物になっている。
ブラジルでは五輪が原因で文化予算が削られ、国立博物館の
消防設備が不十分で、火事により国宝が殆ど焼けるというアホな
事件が起きている。日本も他山の石とすべきだ。
JOC竹田会長だけでなく、五輪自体腐りきっている。五輪廃止も含めて
世界的に議論すべき時だ。」
と提起しました。



More
by hiroseto2004 | 2019-01-18 00:11 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
西日本大水害半年、戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和国家・平和都市に
広島瀬戸内新聞は1月7日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。


西日本大水害から昨日で半年を経過したことを受け、犠牲になられた皆様に心からお悔やみ申し上げました。
そして
「年末にボランティアに入った小屋浦地区でも復旧はまだまだ。土砂が残っている家はあるし、工事に当たる建設業者は不足し、復旧の妨げになっている。」
と指摘。
「国は五輪関連の工事は最小限に抑え、新基地建設は止めるべきだ。これらに回っている業者を被災地に回ってもらうようすべきだ。」
「広島県や広島市も、新規ハコモノはさておいて、まずは市民生活復旧最優先で。人間でいえばまず怪我を治すのが大事なのと一緒。愛媛県のように国の制度から一歩踏み出してほしい。」
と訴えました。
そして、
「軍備拡張競争にそもそもきりがない。日本がイージスアショアを導入しても、ロシアは超高速ミサイルで対抗してくるだけになった。話し合いで軍縮・軍備管理をきちんとしていかないといけない。そして核兵器禁止条約を発効させていこう。日本はその先頭に立たなければならない。」
と力を込めました。
そして、
「戦争で家を失った人にも災害で家を失った人にも寄り添う日本、広島を。」
などと訴えました。
e0094315_19152660.jpg
安倍総理の庶民増税、大金持ち・大手企業優遇の政治や、外国人使い捨てを放置したままの出入国管理法改定強行を改めて批判。
その上で、フランスのデモについて言及し、
「マクロン大統領の庶民増税、富裕層減税の政治にフランス人の怒りが
爆発した。しかし、そもそも、マクロンのような政治は、日本では安倍総理ら自民党がずっとやってきた。マクロンは5年遅れの安倍だ。」
と指摘。
「フランスでは、デモにマクロンが譲歩の姿勢を示した。(弾圧の強化も指示しているが)。日本でも、参院選、地方選で【これはまずい】と安倍総理に思わせないといけない。何をしても大丈夫、と総理を勘違いさせてはいけない。」
などと強調し、
「お金持ち・大手企業優遇の安倍政治の是正、日本人も外国人も人間らしく働ける労働条件を(勝ち取ろう)」
と訴えました。

e0094315_19150295.jpg
つづいて、介護施設で正月期間中に、お年寄りが職員の首を絞めて
殺人未遂で逮捕された事件に言及。
「現場では、職員が少なくて、お年寄りに十分向き合えず、お年寄りの
精神状態が悪化し、お年寄りによる暴言や暴力にもつながっている。
それがさらに、職員の早期退職も招き、悪循環につながっている。」
と指摘。介護現場の処遇改善を改めて訴えました。その上で
「ご家族を介護しておられる方のご心労・ご心痛は余りある。
介護する人も自分の人生を楽しんで良いのだ、というメッセージを国や県が
きちんと出していき支えていこうではないか。」
とし、次期国政選挙・広島県知事選挙を前に、
介護者支援推進法・広島県介護者支援推進条例の制定を
訴えました。

by hiroseto2004 | 2019-01-07 19:26 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
結論から申し上げます。
野党と市民連合は、小泉純一郎さん、橋下徹さんからは距離を取るべきだ。

そして、世界経済の雲行きが怪しい中、庶民生活を守る路線を強めるべきだ。

小泉さんが脱原発を言うのはよい。しかし、小泉さんは、非正規雇用拡大などのA級戦犯だ。小泉さんに近寄りすぎると、特に小泉さんに冷飯を食わされたと言う意識の強い団塊ジュニア氷河期世代を敵に回す。

「公務員に天誅!」の橋下徹さんに近寄りすぎると特に公務員を良い就職先と見なす地方圏の10代、20代を敵に回しかねない。また、野党支持の労働組合の離反も招きかねない。

野党や「我々」市民連合は小泉・橋下と言う疫病神に近づかない方がいい。野党は大敗し、安倍総理が高笑いするだけだ。

先の西日本大水害では公務員が減りすぎた結果、復旧・復興に支障が出ている。また、教師が減りすぎて、授業が出来なくなった学校もある。だいたい、公務員に天誅!を加えても一瞬スカッとすることはあっても、団塊ジュニアくらいの高学歴ワープアが救われるわけではない。

庶民増税、大金持ち・大手企業バラマキ、「災害対策よりも総裁選」などなどの、総理による「アベコベ政治」。当面はアベコベ政治の問題点是正が十分に共通綱領だろう。焦ってきてれつなことをしても、野党が自滅し、自公を延命させるだけだ。

広島3区市民連合幹事 さとうしゅういち

by hiroseto2004 | 2019-01-05 13:56 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは、2019年1月4日(金)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
消費増税について
「訳の分からない景気対策とやらをやるということは、消費増税は
現時点ではまずいと、総理も思っていると言うこと。だったら、最初から
やらなければ良い。」
と指摘。
「外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改定も強行してしまった
が、このままでは大混乱だ。実習生や日系人派遣労働者の大量解雇に見られるように、人間を使い捨てにするようなやり方を止めることが大事だ。日本人でも
外国人でもしっかり給料と労働環境を整備することだ。」
と訴えました。
e0094315_21320283.jpg


「フランスでは、燃料税増税、富裕税撤廃のマクロン大統領に対してフランス国民が立ち上がり、デモで大統領を譲歩させた。燃料税増税撤回、最低賃金の引き上げを勝ち取り、今まで大もうけしながら税金をフランスに払っていなかった企業にも課税する方向で動き出した。」
「日本ではデモが大規模に起きる文化は今はないが、これ以上、国政選挙で安倍与党を勝たせてはいけない。安倍総理が、何をしても大丈夫、と勘違いしてしまうからだ。」
と訴えました。
また、
「世界でも日本でも災害が続発した2018年だった。もはや、
災害こそ人類最大の脅威だ。戦争・軍備にお金や人手を回している場合ではない。」
「そもそも、軍拡競争には際限が無い。イージスアショアを導入したらロシアが
超高速ミサイルでそれを無力化するというのが現実に起きている。対話を通じて
軍備管理・軍縮を追求しないとダメだ。」
と力を込めました。
そして
「平和憲法を持つ国・世界最初の戦争被爆国として戦争・軍備ではなく、防災・被災者支援に人手や資源を回す戦闘に日本は立つべきだ。戦争で家を失った人にも
災害で家を失った人にもよりそう日本・広島でなければならない。」
「広島市長は、被災者支援で自治体同士で格差が出ると不公平だという。
しかし、自治体は、現場に近い立場にある。まずは、出来ることから手をさしのべ
国の制度がおかしければその是正を要求すべきだ。国の制度の枠内に
とどまっていてはいけない。」
「広島県知事も復旧・復興計画で【ピンチをチャンスに】等と言っている場合ではない。却って被災者の心を折ることにもなりかねない。そもそも、県が会月許可した場所が崩れたりした。ピンチを招いた投手が【ピンチをチャンスに】などといったら怒られるのと一緒で、県知事がそんなことではいけない。」
と広島市長・県知事にも注文を付けました。
e0094315_21324425.jpg
そして、4月7日執行の統一地方選挙の広島市長選挙、市議選・県議選を通じて
被災者に寄り添う広島市・広島県へ転換しなければならない、と力を込めました。
さらに、昨日、グループホームで発生した高齢者による介護職員殺人未遂事件に
言及。
e0094315_21321289.jpg
「そもそも、介護現場では人手が不足している中で十分に対応できずに、お年寄りの精神状態が悪化し、事件や事故につながることが日常茶飯事になっている。特に正月で人手不足がさらに酷い状況がある。」
と指摘。
「そうした状況で、労働条件・賃金まで悪ければ、介護職員は定着しなくなる。
労働条件・賃金の改善が必要だ。」
と訴えました。」
そして
「お年寄りや病気のご家族を介護する人の苦労も察するに余りある。
ご家族を介護する人も仕事や趣味も含めた人生を楽しんで良いのだ、
ということを広めていかないと、日本はもたない。介護する人を
支援する基本法、また広島県条例を次期国政選挙・広島県知事選挙を
前に提案する。」
と訴えました。
そして、上記の政策の実現のために、広島3区からも「くらしに憲法を生かす政権交代」を実現する決意を表明しました。



by hiroseto2004 | 2019-01-04 21:36 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞は12月5日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。
辺野古の土砂投入を強行しようとする国に対して
「辺野古の土砂投入強行ではなく、被災地の土砂除去を急いでほしい。
いまだに、広島市内でも安芸区では50cmくらい土砂が堆積している場所もある。
また、大阪では台風からの復旧のめどが立たず廃業を余儀なくされた小規模企業も
ある。沖縄県民を踏みにじってまでの新基地建設より被災地復旧を急いでほしい」
と訴えました。
e0094315_20255202.jpg
さらに外国人奴隷拡大法案については
「失踪した実習生の7割が最低賃金以下だったという。
失踪というより緊急避難だろう。(実習生を)そんな状況に追い込んだのは
本当に恥ずかしいことだ。」
「日系外国人も多数、シャープ亀山工場で使い捨てにされるという事件が起きている。こんな状態で受け入れを拡大して良いのか?」
と指摘。
「まず、日本人も外国人も人間らしく働ける環境を整備することが大事。
出入国手続きに関わるだけの法務省だけの小手先の対応でなく、厚労省の
労政審議会など政府内部できちんとまず議論を。それもなしに、さらに
受け入れ拡大は失礼だし日本の恥だ。」
と力を込めました。
e0094315_20260288.jpg
水道民営化法案が参議院委員会で強行されたことについては
「なんでもかんでも民営化が正しいことなのか?それをみなさん
冷静に考えていただきたい。そもそも赤字だから民営化というが、赤字になるような
ものを営利企業でやらせようというのは自己矛盾ではないのか?
法律ができてしまっても、実際に民営化するか判断するのは広島市長なり県知事なり
だ。きちんと市民、県民の声を上げていこう。」
と訴えました。


by hiroseto2004 | 2018-12-05 18:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_17022608.jpg


広島瀬戸内新聞は12月3日、古市橋駅前で街頭演説。
出入国管理法改定=外国人奴隷拡大法案について
「すでに実習生の悲惨な状況が明らかになっており恥ずかしい
限りだ。」
「日系のブラジル人などのみなさんもたくさん来られているが、
最近でもシャープの関連企業で1000人以上も雇い止めされるなど
している。都合の良いように使い捨てられている現状を
総括し、改めないと、大変な混乱が起きる。」
「そもそも、人手不足というが、実際に足りないのは給料と
労働環境だ。」
と指摘しました。



More
by hiroseto2004 | 2018-12-03 17:15 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_19293796.jpg
e0094315_19294826.jpg
広島瀬戸内新聞は11月25日、広島市中区加古町で街頭演説。
サウジアラビア(ムハンマド被疑者)によるジャマル・カショギ記者暗殺を改めて
非難すると共に、同国が女性や子どもを殺し続けているにもかかわらず
武器を売り続けている米英仏にも反省を促しました。

その上で、
「そうした米英仏と一緒になって日本が憲法を変えてまで
自衛隊を中東などに送って良いはずがない。」
と訴えました。

また、
「日本も安倍総理周辺の国政私物化に見られるように、油断すれば「サウジアラビア=サウード家のアラビア」ならぬ「安倍のジャパン=安倍ジャパン」になりかねない。特に危ないのは緊急事態条項だ。」
などと力を込めました。

さらに、カルロス・ゴーン被疑者逮捕に関連して
「ゴーン被疑者のような目先の利益重視の経営者が増えてきた背景には、
昔の経営者が温情だったわけでは決して無く、そもそも
法人税減税もある。日本の法人税はそもそも租税特別措置もあって
外国と比べても高いとは言えないのだが、それを下げた結果、
経営者は、従業員に給料として分配したり、研究開発をやるよりも、
目先、株主と役員報酬で利益を分け合う方向に走っている。」
と指摘。

「その穴を埋めるために消費税を増税している。安倍総理自身も
5%をポイントで還付するなどと言っているが、それでは
カードが使えない中小のお店や飲食店が困るだけ。最初から
5%に消費税を戻すべき。
そして大手企業や富裕層に公正なご負担をいただけば良い
話だ。税率を維持したまま、大手企業優遇の租税特別措置を
なくすなど、すべきだ。」
などと続けました。


by hiroseto2004 | 2018-11-25 19:48 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
小沢一郎さんと橋下徹さんが前原誠司さんを通じて会食したという。

小沢一郎さんは、そもそもは自民党でも最もネオリベラル(新自由主義)で海外派兵
推進だった。言ってみれば、冷戦崩壊後に一世を風靡したポストモダニストである。

しかし、新自由主義は破綻した。湾岸戦争の延長で行われたイラク戦争はさらなるテロの拡大を招いただけだった。ポストモダニストは敗北し、(善悪は別にして)トランプがアメリカでは台頭した。

小沢一郎さんは、2003年に民主党入党後は、社民主義寄り、護憲寄りのグループと歩調を合わせた。政権を取るためである。

しかし、今、小沢さんは「かつての小沢」ともいえる橋下徹さんと組もうとしている。橋下さんは「公務員に天誅!を加えれば、大阪は良くなる、日本は良くなる」という幻想を振りまいた。

行政批判の勢い余って「公務員に天誅!」の年配のプチブルとか、格差是正の勢い余って正規公務員打倒に走る主に大都市部の団塊ジュニア世代あたりの高学歴ワープアなどが、橋下さんらを大きく押し上げたのは事実だ。

「橋下路線」に自民党や民主党(当時)といった、大政党も妥協し、公務員に「天誅!」を加えた。その結果、災害時には公務員がたりない、バスを民営化したのは良いが、民間会社も運転手を確保できず撤退し地方交通崩壊、教員が不足し授業が出来ない、公務員獣医がたりない、など「現場の崩壊」を招いている。

また、地方では公務員は若者にとっての貴重な就職先であり、「公務員に天誅!」では却って若者の反感を買う。実際、沖縄県知事選挙では、維新・希望の「天誅!」系政党が熱心に推した候補から、自公支持層や若者層が名護市長選挙の自公候補に比べても流出している。

わざわざ、その「天誅!」路線に野党を引きずり込もうとするのは利敵行為である。
「天誅!」系政党はむしろ、自公に押しつけておいた方が良い。
もちろん「天誅!」系政党の個々の支持者や場合によっては、議員を説得するのは良いだろう。

単純に正義感から「天誅!」を叫んでいた人たちの中には、災害時に公務員がたりない、などの事象を見て考え直している人も少なくないだろうからだ。

しかし「天誅!」を煽っておいて、今は政界から逃げ出している橋下さんは、絶対に本社社主は許さない。小沢一郎さんの先祖返りにも要注意である。



by hiroseto2004 | 2018-11-11 20:33 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_20381394.jpg
e0094315_20390735.jpg
e0094315_20425830.jpg
「ヒロシマ総がかり行動」は9月3日、広島市中区二ヶ所で街頭宣伝。安倍改憲NOと安倍総理退陣勧告を行いました。

by hiroseto2004 | 2018-09-03 20:37 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback


広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は7月26日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。2016年のこの日に起きた植松聖被告人による相模原大虐殺に言及し犠牲者に哀悼の意を表しました。
それとともに、
「いま、植松被告人同様、生産性で人を評価する政治家がいる。(全体の奉仕者として)憲法を守るべき公務員失格の姿勢だ。」
「杉田水脈議員はまさに議員バッジを付けた植松だ」
と批判。
「杉田議員とわたしは、機会があって(議員がみんなの党の支部長だった時代の)6年前に酒席をともにさせていただいたことはある。若い頃の彼女は、市役所に勤務されていて、そのときの経験から、公務員の労働組合の腐敗・堕落や、公務員が市民に貢献する仕事をしていないことに批判的だったことは伺っている。杉田さんの周りの公務員労組の腐敗や公務員の堕落が事実だったとしても、(政治家という形で公務員に戻った今)勢い余って国民を【生産性】で評価することは許されない。」
と力を込めました。
その上で、
「杉田議員を除名などの処分にできないなら自民党の安倍総裁や二階幹事長も同罪だし、そんな政党が政権与党であることが怖ろしい。人間、年を取るし、病気で体が動かなくなることもある。そんなとき、のけ者にしてくる政府で良いのか?」
と問いかけました。
第二に、ボランティア頼みの災害復旧に限界はあり、国が補正予算を組んだり、被災者生活再建支援法の充実で対応すべきだ、と指摘。
「野党は支援金の300万円から500万円に引き上げる法案を提案している。安倍さんは丸呑みして自分の手柄にしてしまえば良い。」
と訴えました。
また、広島市内では環境省が、住宅地の土砂除去を100%補助する制度が動き出し、写真と領収書を区役所に持っていけば利用できることを会社の同僚や学校の同級生の被災者に伝えて欲しいと訴えました。
他方で、
「呉駅前周辺などは平常に戻っており、バスで呉へは行ける。呉駅周辺では平常通り、うまい飯も食える。観光スポットも平常営業の所も多い。冷麺や肉じゃがを食いに行くのも復興への貢献だ。」
と呼びかけました。
e0094315_10365795.png
三番目に、外交・安保に言及。
「対イランでは日本は核合意を堅持すべきであり、合意を離脱したトランプをいさめるべきだ。」と指摘。「イランは核開発を止めているのだから制裁は解除するのが当たり前。アメリカは、イランから石油を輸入する企業を制裁すると吠えているが、日本はアメリカに抗議すべきだ。朝鮮が核放棄に応じやすくするためにも、核合意堅持で動け」と発破を掛けました。その上で、「日本はトランプが値段をつり上げたイージスアショアを買ったり、憲法を変えて海外派兵するではなく、世界的な災害続発に対応したサンダーバード創設にお金を使うべきだ」と提案しました。

関連記事

by hiroseto2004 | 2018-07-26 10:31 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback