人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:暮らしに憲法を生かす政権交代( 198 )

次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します①ーーケアラー支援推進基本法を制定し、ケアする人も自分の人生をエンジョイして良いメッセージを

2019年は、広島3区内でも介護殺人事件が発生してしまいました。安倍総理は2015年、「介護離職ゼロ」を掲げました。しかし、現実には、生活が苦しく、年金も削減される中で、働きながら介護をせざるをえず、その結果、最悪の共倒れのリスクが広がっています。

他方で、成人した子どものケアで追い詰められる親も増えています。元高級官僚が精神疾患のある息子を惨殺する事件は大きな衝撃を与えました。また、ネット上では「世間に迷惑をかけないために自分で息子を殺した熊沢被疑者はえらい」という趣旨のコメントが溢れました。

さとうしゅういちは、老人ホームの介護現場での勤務経験から、家族間ではケアする家族ほうもされる家族も、おたがい一定の距離をとったほうが、精神的な余裕もでて、却って関係がよくなることを実感しています。

ケアをする家族も、仕事、趣味など、自分自身の人生をエンジョイして良い、もっと様々なサービスを利用して良い、というメッセージを国としてだすとともに、国としての支援策を打ち出します。


次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します②ーーー教育・保育や医療・介護現場ではたらく人の処遇改善と人員体制確保
・非正規の教員や学童保育(広島では放課後児童クラブ)の指導員などの正規化を進め、人員体制を確保する。
・千葉県松戸市など先進的な自治体の事例も参考に保育士や介護職員が改善を実感できる制度設計にする。
・医師の宿直制を夜勤制に変え、男女ともに医師がはたらきやすい環境を整備する。

次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します③ーー超高齢社会・気候変動に対応する人と環境に優しい交通システムを
・移動することを権利と位置付けます。
・免許返納の高齢者には思いきった公共交通利用補助を行います。
・マイカーからより環境にも人にも優しい交通へのもーを地域の実情に応じて進めます。
・公共交通が乏しい地域の高齢者には、安心して移動できるクルマを供給します。
・上記財源はガソリン税に代わる炭素税で賄います。
※関連して1990年代以降の過剰なマイカー依存を進めた郊外開発を見直します。

飯塚幸三被疑者送検、高齢者バッシングではなく人にも環境にも優しい交通システムへ議論深めよう


次期衆院選(補欠選挙・衆院選)を前にさとうしゅういちは提言します④ーー「黒い雨」の認定地域を拡大し、現代の被曝リスク過小評価の是正につなげます。

広島3区は、大半が爆心地の北西方向に位置しており、黒い雨が強く降りました。しかし、被害が過小評価されている場所があります。
現行の国際基準では放射線被曝の過小評価がされています。その一因が「黒い雨」の過小評価です。基準を作成する際に参考にするために、直接被爆した広島県民とそれ以外の県民の疾病状況を比較した際、黒い雨が過小評価されていたために、結果として被爆のリスクも過小評価されています。認定地域を拡大すると共に、核実験や原発事故による放射線リスクの過小評価是正に繋げます。

次期衆院選(補欠選挙・総選挙)を前にさとうしゅういちは提言します⑤ーー生活者・主権者としての教育を充実させます。(随時更新)
・デモやストライキ、直接請求や公職選挙立候補の練習を行います。
・要介護認定の申請やDV相談、生活保護申請など、困ったときに適切に制度を利用する練習を行います。
・家庭科教育を充実させるため、入試科目に取り入れます。

現代日本では、介護殺人など、「頼べきときに頼らない」ことで、却って被害が拡大する例があとをたちません。
また、有権者が政治に、労働者が経営者に、きちんと声をつたえないと、政治や企業も堕落してしまいます。
生活者・主権者としての教育を充実させることが急務です。

次期衆院選(補欠選挙・総選挙)を前にさとうしゅういちは提言します⑥ーー何でもかんでも「民営化・民間委託=善」の風潮を改めます
中曽根以降、特に小泉以降、何でもかんでも民営化=善という風潮が支配的になりました。
専門性が高い業務を派遣会社や非正規職員に頼っている例もあります。
しかし、そもそも行政とは儲けのためにやるものではありません。
民間委託をした結果、業務が滞っている例も各地であります。
また、広島市においても、民間委託を検討したが民間委託の方が割高になるということから断念する例もあります。
民間委託先や派遣会社の儲けのために、割高になるのです。
民営化、民間委託=絶対善という風潮を中央政府が率先して改め、各自治体にも通知します。
また、個別の自治体では自前の正規雇用の人材を確保できない場合には都道府県や国がバックアップします。


More
by hiroseto2004 | 2019-12-31 21:49 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
両党が合意。

by hiroseto2004 | 2019-12-21 12:56 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、12月7日、広島3区内で街頭演説。
「ジャパンライフとは安倍政府そのものの本質を示しているのではないのか。」
と指摘。理由として
「消費税増税を社会保障のためと言いながら、社会保障をカットしまくっている。」
「TPP断固反対と言いながらTPPよりひどい日米貿易協定を呑んだ。
ことなどを紹介しました。

「ジャパンライフとは安倍政権の本質」_e0094315_22525433.jpg


by hiroseto2004 | 2019-12-07 23:29 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
次期衆院選(補欠選挙・総選挙)を前にさとうしゅういちは提言します⑦ーー被爆建物の保存に国が最終責任をもちます

被爆建物は数少なくなってきています。その保存にはお金がかかるのは事実ですが、壊してしまったら取り返しがつかないものです。爆心地からやや遠方でも凄まじい爆風などがあったことを語る生き証人です。核兵器の脅威をつたえるものです。
地元からの保存要望が強いものについて広島県、広島市(長崎県、長崎市)が、財政上の困難がある場合は国が不足分を補填するなど責任をもちます。

参考




More
by hiroseto2004 | 2019-12-04 06:30 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島は12月3日(火)17時半から18時半、本通り電停前です!


by hiroseto2004 | 2019-12-01 08:50 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は11月29日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
「結果として「反社会的勢力」が参加した」という菅官房長官の言い分について
「だったら、菅さん、島田紳助さんも引退の必要はなかったし、吉本の芸人たちも謹慎の必要はない、と
いってあげればいい。」
と指摘しました。
そして
「公務員とは、そもそも、全体の奉仕者として、ときに強制力をもって税金を取ったり、人権も制限するのが
仕事。その根拠となるのが法律であり、最高法規が憲法。自分たちのために動き、そのために法律をやぶり、その証拠文書を捨てるなどという政府は、もはや、国内最強の暴力団でしかない。」
とボルテージを上げました。
さらに、
「イスラエルでは安倍夫妻とほぼおなじことをしていたネタニヤフ首相夫妻が
起訴され、妻のサラ・ネタニヤフ元受刑者は罰金刑を受けたし、夫のネタニヤフ被告も起訴された。
韓国でも法相夫妻が強制捜査された。
日本の検察や警察は総理夫妻や前法相夫妻をみのがしていいのか?
韓国やイスラエルの対応こそ先進国のあるべき対応であり、日本はこのままでは
先進国といえない。」
などと訴えました。

「菅さん、紳助さんに「引退しないでよかった」といってあげてください」「法律をまもらない政府は最強の反社」_e0094315_19314712.jpg

by hiroseto2004 | 2019-11-29 19:51 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
「教皇の演説、日本国憲法どまんなか。日本も核兵器禁止条約参加を」_e0094315_18170954.jpg
「教皇の演説、日本国憲法どまんなか。日本も核兵器禁止条約参加を」_e0094315_18172565.jpg


広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、広島市安佐南区古市橋駅前、中筋駅前で街頭演説。


フランシスコ教皇が前日に来広たことを受け、
真の平和とは、非武装の平和以外にありえません。
という教皇の演説は、憲法九条どまんなかであり、教皇による日本への叱咤激励だとおもう、と
指摘。
世界最初の戦争被爆国・平和憲法をもつ国・日本も、バチカンをみならい、核兵器禁止条約に署名
させよう、そのためにも政権交代を、と力を込めました。
また、教皇が普通の労働者出身でおられることを紹介。
「安倍総理が「桜を見る会」に支持者を接待しているのに対して教皇は貧困者1500人をランチに呼んだ。」
「貧困問題に教皇は熱心に取り組んでおられる。日本の安倍総理は、消費税を上げる一方で介護は切り捨て、
そして、法人税をまた下げる方向だ。これでは、貧富の差が広がる一方だ。」
と力を込めました。
また、幼保無償化で、予算が足りなくなるという事態について
「お金持ちが預けている豪華な保育園も無償化した結果だ。それよりは、まず、
保育士の給与や労働条件を改善して、人員体制を確保するほうがさきだったろう。」
などと指摘しました。
そして、
「超大金持ち、超大手を優遇し、庶民の懐を冷やす政治をしてきたこの三〇年間の流れを政権交代で
改めなければならない。」
などと訴えました。

by hiroseto2004 | 2019-11-25 19:03 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
次期衆院選(補欠選挙・総選挙)を前にさとうしゅういちは提言します⑤ーー生活者・主権者としての教育を充実させます。(随時更新)
・デモやストライキ、直接請求や公職選挙立候補の練習を行います。
・要介護認定の申請やDV相談、生活保護申請など、困ったときに適切に制度を利用する練習を行います。
・家庭科教育を充実させるため、入試科目に取り入れます。

現代日本では、介護殺人など、「頼べきときに頼らない」ことで、却って被害が拡大する例があとをたちません。
また、有権者が政治に、労働者が経営者に、きちんと声をつたえないと、政治や企業も堕落してしまいます。
生活者・主権者としての教育を充実させることが急務です。

by hiroseto2004 | 2019-11-21 21:26 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、11月19日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。

ローマ法王と安倍総理では雲泥の差_e0094315_22281041.jpg
安倍総理が、「桜を見る会」でも「前夜祭」でも重要な書類がない、と言っていることについて、
「たとえば、わたしがつとめているような介護施設ならちょっとした書類の不備でも、もらえるお金が減らされることもある。
しかし、安倍総理はあんなに散々書類をなくしても、給料が減らされることはない。だったら、総理そのものをやめてもらうしかない。」
と力を込めました。
また、日米貿易協定の承認案強行可決を非難。
「安倍さんは、これまでもトランプさんに散々ゴマをすっているが、よいことがあったか?
却って足元をみられているだけではないか?」
と指摘。
11月24日にフランシスコ法王が来広されるのを前に
「ローマ法王=ホームレス・貧困者1500人を昼食会に招待。核兵器禁止条約を真っ先に批准。
我らが安倍総理=桜を見る会に支持者850人。ゴマすり外交も非核国にも核保有国にも相手にされず。」
で「雲泥の差」だ、と紹介。
次の総理の条件として
「世界最初の戦争被爆国として核兵器禁止条約の先頭にたつこと。
庶民の生活不安解消の先頭にたつこと。」
だと指摘。
さとうしゅういちも、疑惑で辞任した法相の地元の広島市3区において、そのための政権交代の先頭に立つ覚悟をあらためて
表明しました。

by hiroseto2004 | 2019-11-19 22:25 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
GSOMIA破棄の韓国を参考に、日本の野党・市民連合も政権交代後に日米貿易協定を破棄・見直しを公約とすればよい。
現実には、トランプに対して、破棄すると吹っ掛けて一定の見直しに持ち込むのがおとしどころだろうが。

by hiroseto2004 | 2019-11-17 14:28 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback