エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:暮らしに憲法を生かす政権交代( 100 )

◆ヒロシマ総がかり「3の日」定例街宣行動

 日時:7月3日(火)午後5時30分~6時30分

 場所:本通り電停前(今回は1カ所に集中します)

 内容:リレートーク、署名活動、チラシの配布

 (※8月3日は8・6関連行事のため中止します。)
by hiroseto2004 | 2018-07-03 00:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
秋葉忠利・前広島市長らが世話人となって野党の結集をめざす政党連絡会が発足しました。




More
by hiroseto2004 | 2018-06-29 19:05 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
教員不足が広島県内でも深刻です。

基本給の4%の手当てだけであとは労働時間青天井という先生の働かせ方ではなかなか志望者も増えません。また広島県知事は非正規で欠員補充することにこだわっていますが、今の人手不足のご時世では非正規ならよけい人は来ません。

ちなみに大阪はさらに事態は深刻で、優秀な教員志望者の不足が深刻です。

正直、「公務員や教員に天誅を加えさえすれば大阪は良くなる、日本は良くなる」といわんばかりの「大阪維新的な政治」の間違いは明らかです。(広島県でも一部の自民党県議が同様の主張をする一方、自身の支持基盤の利権漁りばかりしていた実態があります。)

もうひとつの問題は「ミッシング・ワーカー」です。親の介護で介護離職、そして、疲弊して再就職の気力もない現役世代が多くなっています。正直、介護サービスを受けやすければ介護離職せずに済んだ人も多いでしょう。

しかるに大阪維新は、「高齢者をぶっ叩いてこどもに予算を回せば大阪は良くなる、日本は良くなる」的な宣伝をして若者にウケてきた。
自民党など既成政党や財務省もそれに便乗して介護保険改悪を進めてきました。

その結果、若者が年を取ってから自分の親の介護に苦しむようになったのです。

しかもそもそも大阪維新や維新に便乗した安倍総理のの教育無償化は、こどもたちのためというより、私学のためという疑いが濃いわけです。

思えば2010年代前半、大阪維新は、「脱原発で憲法変えるのも反対だけど、公務員や教員、高齢者もむかつく」というタイプの有権者も大量に取り込み、反自民党票を割ってきました。その結果として、安倍自民党が小選挙区で圧勝しまくってきました。

しかし、今こそ、きちんと「教員をぶっ叩いても教育が回らなくなるだけ」「高齢者をぶっ叩いたつもりが自分の首を絞めるだけ」ということを野党や市民連合もきちんと言っていけばよいのです。

「脱原発で海外派兵も反対だけど教員や高齢者がムカつくから何となく大阪維新」というタイプの有権者の皆様にも考え直していただければ、野党票の底上げにもつながると思います。

(もちろん、大阪維新をクリーンと思い込んで支援した人も多かったでしょう。この点については嘘つきの安倍ジャパンを大阪維新が擁護しまくっていたことで大分明らかになっていますが。)


by hiroseto2004 | 2018-06-06 06:40 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
六野党・会派の緊急院内集会が18日、ありました。
安倍政権の打倒・新潟県知事選挙勝利へ。
本気で野党もやってほしいし市民も要求をどんどん届けて行くべきですね。
種子法廃止撤回法など共同での安倍政権の悪政を撤回させていく法案提出もされています。
国民民主党についてはいろいろな意見はありますが、当面は野党共闘の脚を引っ張らなければそれでよしかと思います。
なお、市民側の課題としてはやはり小選挙区制の廃止でしょう。
野党がひとつの政党になるというのも無理な話です。
二大政党に収斂というのも難しい話ですしすべきとも思わない。
16日に政治分野における男女共同参画推進法が成立しましたが小選挙区制のよりは比例制や大選挙区制の方が女性議員も増えやすいというデータもある。超党派で選挙制度は変えていきたいですね。

by hiroseto2004 | 2018-05-21 00:52 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
秋葉忠利さんのブログより。
野党共闘を求める市民連合と政党の動き、両方が不可欠だと思います。
市民は市民で要求に基づいた野党共闘を求めて行く。
とはいえ、まずは顔合わせ、そして議論を交わし、そして共同行動の積み重ね。
これが基本ですね。



More
by hiroseto2004 | 2018-05-20 15:30 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

秋葉忠利さんのブログより。野党共闘へ向けた意見交換会が開催されました。



More
by hiroseto2004 | 2018-04-29 20:57 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
市川市長選挙。野党共闘の村越ひろたみさんが当選。おめでとうございます!

by hiroseto2004 | 2018-04-23 05:56 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_11434278.jpg


4月9日、安佐南区緑井天満屋前でも街頭演説を行っています。
次々と日本の行政の腐敗が明らかになる中で、しゃべりたいことが多くなりすぎです(苦笑)


by hiroseto2004 | 2018-04-22 11:46 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
さとうしゅういちは4月19日、安佐南区中筋駅前で街頭演説。「安倍ジャパンは民間企業ならとっくにトップは引責辞任だ」などと引き続き訴えました。



さとうしゅういちは4月20日、安佐南区古市橋駅前で街頭演説。財務省の相次ぐ不祥事や防衛省の隠ぺい、さらには幹部自衛官による国会議員への暴言事件に言及しました。
財務省については「何もやましいことがないのであれば、やめることはないはず。懲戒免職になれば退職金もなくなるから、先手を打って自主退職でうやむやにしようとする自己保身だ。」
と批判。
防衛省については
「安倍総理が進める安保法と海外派兵の妨げになるから、自衛隊が派遣された地域でも戦闘が起きていることを隠したかったのがイラク日報問題ではないか?」
「幹部自衛官が国会議員に『国民の敵』と罵倒した事件も絶対に許してはいけない。5.15事件や2.26事件のようなことにつながりかねない。」
と力を込めました。
そして
「トップである安倍総理が腐っているから部下も腐る」と指摘。
「民間企業でも、組織はトップから腐るという。民間ならとっくに安倍社長は辞任だ。」
と訴えました。
その上で
「「外交の安倍」も真っ赤な嘘だった。いくらトランプに胡麻をすって武器を買っても貿易問題でトランプは一切勘弁してくれないし、朝鮮和平も日本は蚊帳の外だ。」
と付け加え、「安心して安倍総理にタオル投入」と呼び掛けました。
e0094315_21221449.jpg


by hiroseto2004 | 2018-04-20 21:11 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは3月19日、広島市安佐南区祇園、古市、緑井で街頭演説「カープ安部選手は頑張れ、安倍総理は退場!」
を実施しました。
e0094315_16212112.jpg




まず最初に、広島市議会議員安芸区補選で日本共産党の中石仁さんが当選したことを「政治の私物化を許さないという安芸区民の良識が示された。」と評価。その上で「中石さんを応援させていただいた1人として、中石さんが掲げたクリーンな市議会への改革、暮らし・福祉を守る市政、そして自民党4議席独占の安芸区で停滞していた課題を前に進めることを、バックアップしていきたい。」と決意表明。
そして「国でも地方でも政治の私物化を許さない流れを強めよう」とボルテージを上げました。
森友学園問題と厚労省のデータねつ造問題については
「官僚が自分たちの一存であんな犯罪行為をするはずがない。安倍総理らは財務省に責任を転嫁して
逃げ切ろうなどと言うことは諦めるべきだ。改憲も、労働法改悪も諦めよ。」
「1950年代の横綱・鏡里は、『10勝できなかったら責任を取る』と失言してしまい、9勝しか出来なかったので
潔く引退した。安倍総理も「わたしや妻が関係していたら総理も議員も辞めるという。総理は政治家の「横綱」。安倍総理も
鏡里を見習って言葉に責任を持って引退したらどうか?」
と勧告しました。
そして
「安倍総理は、表面上、教育や子育て支援を充実させるとしていたが、その中身たるや
とてもではないが、消費税増税やサラリーマン増税に見合うものではない。介護の人材不足に
対応すると言うが、その施策の対象になる介護士は殆どいない。一方で、安倍総理のお友達の
学校法人、人材会社、原発・武器関連企業ばかりを優遇している。お金の使い道自体を
庶民の暮らしを守るほうに切り替えよう」
と指摘。
他方で
「安倍総理が退陣したとしても、安倍的な政治そのものを改めないといけない。
安倍政権で強行された違憲の悪法は白紙撤回すべきだ。」
と提案。
さらに、
「今は【同情】を集めている感もある財務省も若いときにアメリカの大学に国費留学し、新自由主義に洗脳された人が多い。長年の自民党政権下で経団連のいいなりで彼ら高級官僚が大金持ち・大手企業減税と庶民増税をセットで進め、格差を拡大してきたことも忘れてはいけない。もはや、自民党政治そのものを終わらせないいけない。」
と指摘。
「いまや、世界では新自由主義の先頭に立っていたIMFですら、富裕層増税と社会保障強化を
提言している。」
と紹介。
さらに、
「(批判を浴びて撤回された)裁量労働制拡大や(いまだに削除されていない)高プロにしても、
経団連が、この20年以上、非正規を増やす一方で正社員も定額で使い倒そうという方向で
進めてきた。安倍総理の法案を撤回させるだけでなく、今までの裁量労働制が悪用されている
事例などをしっかり取り締まることや、インターバル規制などをきちんと導入すること
なども必要だ。」
と指摘。
「カープのプレイボールを家や野球場で見られる日本を一緒につくろう」
と呼びかけました。
そして、
「安倍総理のような私物化は論外だが、安倍退陣後に経団連・財務官僚らの
主導権が強い政治になっては庶民の暮らしにはよろしくない。」
「市民と野党の協力で、税金の使い方・集め方でも、働き方でも「暮らしに憲法を活かす政治」
をつくっていこう」
などと呼びかけました。
そして、三番目にこの日がイラク戦争開始15周年の前日であることを紹介し、
「トランプでさえもイラク攻撃は誤りと認めた。戦争ではテロを亡くすどころか新たな
テロを引き起こすだけだ」
「日本政府は当時、イラク戦争を支持してしまった。当時の小泉総理の腹心だった安倍総理も
反省すべきだ。憲法を変えて戦争に参加すれば日本をテロの危険にさらす。」
と指摘。
さらに
「トランプでさえも米朝会談に乗り出した今こそ、戦争終結と北東アジア非核地帯へ進もう。
そもそも、武力衝突などという選択肢はあり得なかったのだ。」
とし、
「憲法を変えて戦争に参加するのではなく、外交の立て直しこそ、日本の安全も世界の平和も守る」
と強調しました。




by hiroseto2004 | 2018-03-19 16:42 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback