人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:暮らしに憲法を生かす政権交代( 180 )

増税? 空気を読め!
#消費税は廃止!
山本太郎 街頭演説会
10月1日(火)19時
東京・新宿駅西口小田急デパート前

※ボランティアさん大募集!
ご協力いただける方は、18時に現地集合でお願いします。
機材設営のお手伝い、物販・寄附ブースの準備などにお力を貸してください。
by hiroseto2004 | 2019-09-30 19:18 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

e0094315_16330750.jpg
e0094315_16331932.jpg
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、2019年9月30日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
日本ではじめて核の事故による犠牲者を出したJCO臨界事故から20周年にあたり、
「20年前に、日本がもっと真剣に事故に向き合っていれば、
2011年の311はあっただろうか?」とといかけました。
さらに、関西電力幹部への「賄賂」について
「結局、コストが低いから原発、ではなく、原発にたかる「エライ人」たちが、もうかるから
原発をやっていただけではないのか?」
と指摘し、あらためて
「2度と核による犠牲者をださない世界をつくる先頭にたつ日本を」
と力をこめました。
またその上で
「原発は気候変動対策にもならない。原発自体が大量の熱を海に出すからだ。台風による
停電も教訓にすれば、ロスが少ない地域分散型で再生可能なエネルギー、蓄電などを進めて
いくべきだ。」
などと付け加えました。
つづいて、10月1日から消費増税となることに言及。
「消費税は社会保障のためというが、そうなっていない。現に、増税の上、要介護1,2を切り捨てるという
議論をはじめるのが安倍政権だ。庶民は踏んだり蹴ったりだ。」
「中小企業、小規模企業では増税分の転嫁もままならないし、複数税率用のレジの準備もできずに
にっちもさっちもいかないところもすくなくない。他方で消費税の増税分は結局は超大手や超おおがねもち
優遇に使われてきた。」
「全世代型社会保障だ、と総理はいうが、議論は、年配のエライ人だけで進めている。
若者の代表も庶民労働者の代表もいない。」
と改めて批判のボルテージを上げました。
最後に、サウジアラビアへの空爆以降、さらに高まっている中東における緊張について言及。
「サウジアラビアは、ずっとイエメンを空爆してきた。遠足の小学生など民間人を殺してきた。その
ことの延長にイエメンの無人機によるとみられる空爆があった。サウジアラビアがまずイエメン空爆を
やめるしかない。」
と勧告。サウジアラビアに武器を売り、イランと緊張を高めるアメリカに対しても、
「イランの外務大臣が部下である国連大使の病気見舞いするのまで拒否し、外務大臣は
スマホで見舞ったそうだ。低レベルの嫌がらせをしている。まずは、アメリカがイランへの制裁を
やめるべきだ。いじめ問題でも、加害者と被害者に握手をさせる前に、加害者に暴力やいやがらせ
をやめさせないといけないのと一緒だ。」
などと指摘しました。


by hiroseto2004 | 2019-09-30 16:43 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
これで日本共産党とれいわ新選組が「まずは5%に減税」で足並みをそろえた形になりました。
だいたい、ポイントで5%還元などという時点で、増税の意味を安倍総理自ら否定していますし、
増税するのに要介護1,2を切り捨てとか完全に大義はなくなりました。
その上、純利益1兆円の企業が法人税ゼロとか。あまりにもふざけすぎです。
日本共産党が本来言いたかったが、野党共闘への忖度で引っ込めて来たものを復活させた、ともいえます。その点は新選組の功績は大きいも
e0094315_16040735.jpg

by hiroseto2004 | 2019-09-30 15:44 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
枝野幸男が、(8%への)「消費税減税法案」に慎重という。
椅子からずりおちそうになった。
政権をとりたいなら、最悪でも8%への減税を、国民民主や、共産党、新選組などと
すすめるべきだ。
それすらしない、というのでは、支持を失ってもしかたがない。
立憲民主党について気になるのは、最近、「正規公務員」党に変質していないか?
ということだ。
一般市民の支持者が、新選組に奪われた結果、連合系労組所属の正規公務員への依存度が
あがって、そのカラーが濃くなっているのではないか?ということだ。
要は、「いったん変えられた現状を変えるのには後ろ向き」という役人の気風が
同党にも大きな影響を与えているのでは?ということだ。
(たとえば、「公務員をふやす」という新選組あたりの政策でも、慎重になってしまうだろう。
職務上、現状変更にうしろむきなのはしかたがないが、その気風を政治活動にもちこむと
精彩をかくことになる。)
だが、「ぼんぼん貴族自民」vs「インテリ官僚立憲」という構図なら金も権力もある「ぼんぼん
貴族自民」の勝ちになってしまうのはあきらかだろう。
国民民主の場合は、地方の中小企業や農業者の支持もある衆院議員も多い。
そのぶん、消費税減税法案にも積極的なのだろう。
頭がいたいところである。
(文中敬称略)



by hiroseto2004 | 2019-09-22 19:34 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、2019年9月18日、広島市安佐南区各地で街頭演説を実施しました。
サウジアラビアの石油会社が攻撃された事件については
「サウジアラビアがこれまで、2015年3月以降、イエメンへの空爆を繰り返してきたことが
背景にある。今回は(首都を実効支配するフーシ派政権の)イエメン軍が報復した形だ。
サウジアラビアは、スウェーデンでの和平合意後も空爆を繰り返してきたが
止めるべきだ。」
「サウジアラビアは、7兆円の武器をアメリカなどから買ってきたがドローンによるテロには
無力だった。日本も安倍総理がイージスアショア含む武器を買っているが、サウジアラビアを
他山の石としなければならない。」
「アメリカは今回の事件もイランに因縁をつけるネタにしているが、いいかげんに、イランを挑発する
のは止めて、核合意に復帰すべきだ。日本は、自衛隊をアメリカ追従で派兵するのではなく、
アメリカにもサウジアラビにもいらんことすな、といさめるべきだ。」
などと力をこめました。
そして、実施まで2週間を切った消費税増税について
「いまだに電気がこない被災者にも消費税はのしかかる。これでいいのか?」
とといかけ
「総理は消費税はあげる一方で、介護保険から要介護1,2の人を切り捨てようとしている。
保険料をとっておいて、サービスをうけさせない。消費税を社会保障のためといっておいて
サービスを切り捨てる。国家的な詐欺だ。」
「そもそも、この30年、消費税は上げるけど、社会保障のためといっておいて、実際は超大金持ち、
超大手企業減税に消えてしまった。そうしたながれを反転させないといけない」
とボルテージをあげました。
その上で、
「このままでは、介護離職どころか、はたらきながら無理して家族の介護をしょいこみ、
共倒れになるひとが続出しかねない。現に先般も広島3区内でいたましい介護殺人がおきてしまった。
共倒れをふせぐためにも政権交代を!」
と力をこめました。
また、西日本大洪水2018,今回の台風15号でも対応する公務員が
不足していることは教訓にしないといけない、と指摘。
防災や子育て関連など不足している公務員は充実させ、そのばあい
とくに、新卒よりも一定の人生の苦労を積んでいる就職氷河期世代を採用したり、
市町村で公務員ニーズにばらつきがある場合は、都道府県で採用して市町村に
派遣すればよい、と提案しました。

e0094315_19234600.jpg
e0094315_19235836.jpg
e0094315_19240953.jpg


by hiroseto2004 | 2019-09-18 19:24 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

共産党を「ブリッジ」にして、新選組と立憲野党・市民連合が「いい意味でのハイブリッド」に

なるよう、さとうしゅういちとしても全力を尽くします。

新選組は「経済政策はいいけど、憲法に関するスタンスが不明確。」

共産以外の立憲野党は「改憲反対は明確だが、ほかの政策がいまひとつ不明確」

というイメージがありました。

こういう状況は打破したい。


(小池晃 さんのツイートより)
日本共産党の志位和夫委員長と、れいわ新選組の山本太郎代表が党首会談。一、野党連合政権をつくるために協力する。野党と「市民連合」との13項目の政策合意を土台とする。
一、安倍政権が進めようとしている9条改憲に反対する。

一、消費税については以下の点で協力していく。
1、消費税10%増税の中止を最後まで求める。
2、消費税廃止を目標とする。
3、廃止に向かう道筋、財源などについて協議していく。
4、消費税問題での野党共闘の発展のために努力する。
以下の内容で合意しました。




by hiroseto2004 | 2019-09-12 20:20 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは、2019年9月10日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
9月8日に関東地方を襲った台風の被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に
「1年前、5年前に未曾有の大災害に遭った広島から、減災、そして被災者支援を
優先する日本、世界の先頭に立つ。」
と誓いました。

e0094315_20274383.jpg
e0094315_20280946.jpg
その上で、911テロから18年を前に、
「アメリカは、テロ以降、(テロ対策と称して)アフガニスタン、イラク、シリアを攻撃した。
しかし、戦争は新たなテロの元になっただけだった。アフガニスタンではこの1年でも3000人以上の
民間人がテロや戦闘で殺された。そのことを米英仏は反省しなければならないし、日本もこれ以上
(米英仏などに)荷担してはいけない。」
と指摘。
「アメリカは、イラン核合意を離脱し、緊張を高めている。これ以上、中東でいらんことすな、と申し上げたい。
日本もアメリカにそのように言っていくべきだ。それが世界最初の戦争被爆国、平和憲法を持つ国の責務だ」
と続けました。

また、消費税増税が3週間後に迫る一方で、要介護1,2を介護保険の生活支援サービスから外し、自治体に
丸投げすることを安倍政権が検討していることについて、
「消費税は社会保障のためだ、といってきたことが大嘘だと言うことだ。この30年間、消費税が上がっても超大金持ち、
超大手企業の負担が結局減っただけ。」
「国の責任放棄だ。そもそも、介護保険制度を作って介護保険料を取っておきながら、いざ必要になったらサービスを提供しない、
のは(筋が)通らない。」
「要介護、1,2で認知症があったり、透析などで家事に手が回らなければサービスが必要になる。
必要なサービスを受けないと逆に状態が悪化することもあり得る。」
と指摘。
「この近隣でも、働きながら妻の介護をしている年配の男性が妻を殺害する痛ましい事件が
起きてしまった。(安倍政権が)年金を減らし、働かざるを得ない中、安倍政権の政策で家族の介護の負担まで増加し、
共倒れになってしまう人が増えかねない。こんな政権はご退場頂かなければならない。」
「政権交代の暁には介護者(ケアラー)支援推進基本法を制定し、介護する側のご家族も安心して暮らせる社会をつくる。」
などとボルテージを上げました。




by hiroseto2004 | 2019-09-10 20:22 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
1980年に、いわゆる社公合意で、共産党排除の枠組みが出来てから39年。
しかし、ついに共産党が社民党に連合政権協議を申し入れるところまで来ました。

2019.9.6 小池晃書記局長、穀田恵二国対委員長が、吉川元社民党幹事長に申し入れ後、国会内でぶら下がり会見

by hiroseto2004 | 2019-09-10 19:42 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは2019年9月5日(木)、広島市安佐南区中筋駅前で
街頭演説。
安倍ジャパンのもとで、
「消費税増税が社会保障に回るどころか、
総理のお友達や米露へのばらまき、武器購入や原発輸出
などにばかり回った」と指摘、
「消費税増税は大義を失った」と訴えました。
また、「足りないのは人手というより給料と労働環境だ」
「年金問題も、現役の給料が下がり続けては悪化する一方だ。」
などと訴えました。
「自分のいる介護現場でも、給料の割に仕事がきついから
人が辞め、人が辞めるから仕事がきつくなり、人間関係が悪化、
さらに人が辞める悪循環だ。同様のことは保育でも起きていると伺っている。」
と、現場の苦境を改めて力を込めて報告しました。

さらに、最後に、10月6日(日)13時半から佐東公民館で行われる「広島3区市民連合」総会の
ご案内をしました。
e0094315_20193290.jpg

e0094315_22132569.jpg


by hiroseto2004 | 2019-09-05 22:18 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは、2019年9月2日、広島市安佐南区古市橋駅前で
街頭演説。
e0094315_21482327.jpg

消費税増税まで1ヶ月を切ったことを受け、改めて
「この30年間で皆さんの暮らしや福祉が良くなったか?」
と問いかけました。
そして
「消費税を3から5%にアップした1997年以降の日本の実質賃金は、主要国で唯一
マイナスだ。」
と指摘。
「消費税も福祉ではなく、超大手企業、超大金持ちの負担軽減や、誰も泊まらないような
無駄なリゾート開発などに流れた。その結果として、庶民のフトコロは冷え、デフレスパイラルに陥った。」
「規制緩和で非正規雇用を増やした結果、給料、そして消費が減った。悪循環だ。」
と指摘。
当面は、消費増税ではなく、庶民の懐に優しい財政出動をしつつ、最低賃金を大幅に引き上げていくことが大事だ、
増税するにしても、まずは超大金持ち、大手企業から応分の負担を、と訴えました。
後半では、続発する災害に言及。
「世界は、戦争をしている場合ではない。地震や水害、山火事に備え、被災者救援に全力を尽くすべきだ。
平和憲法を持つ日本こそその先頭に立つべき。」
と力を込めました。
「一方で、現状は恥ずかしい実態もある。アマゾン火災はブラジルのボルソナロ大統領に
よる森林伐採奨励政策があるが、日本も安倍総理のもと、森林伐採の規制緩和を進めた。
その中で、宮崎県では盗伐事件が相次いでいる。盗伐材が中国に輸出された疑いも濃く、
中国の環境団体も調査に乗り出している。」
「本当に恥ずかしいことだ。「安倍総理も、日本のボアソナロ」と呼ばざるを得ない。」
と続けました。
最後に9月2日が、第二次世界大戦の先頭が降伏文書調印で正式に終了した日であることを紹介。
「第二次世界大戦の反省を土台に、平和憲法を持つ国、世界最初の戦争被爆国
としてふさわしい道を歩まなければならない。」
と締めました。



by hiroseto2004 | 2019-09-02 21:50 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback