人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島3区市民連合( 58 )

市民連合と野党各党の政策協定


1 安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと。

2 安保法制、共謀罪法など安倍政権が成立させた立憲主義に反する諸法律を廃止すること。

3 膨張する防衛予算、防衛装備について憲法9条の理念に照らして精査し、国民生活の安全という観点から他の政策の財源に振り向けること。

4 沖縄県名護市辺野古における新基地建設を直ちに中止し、環境の回復を行うこと。さらに、普天間基地の早期返還を実現し、撤去を進めること。日米地位協定を改定し、沖縄県民の人権を守ること。また、国の補助金を使った沖縄県下の自治体に対する操作、分断を止めること。

5 東アジアにおける平和の創出と非核化の推進のために努力し、日朝平壌宣言に基づき北朝鮮との国交正常化、拉致問題解決、核・ミサイル開発阻止に向けた対話を再開すること。

6 福島第一原発事故の検証や、実効性のある避難計画の策定、地元合意などのないままの原発再稼働を認めず、再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策の確立と地域社会再生により、原発ゼロ実現を目指すこと。

7 毎月勤労統計調査の虚偽など、行政における情報の操作、捏造(ねつぞう)の全体像を究明するとともに、高度プロフェッショナル制度など虚偽のデータに基づいて作られた法律を廃止すること。

8 2019年10月に予定されている消費税率引き上げを中止し、所得、資産、法人の各分野における総合的な税制の公平化を図ること。

9 この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能とするための保育、教育、雇用に関する予算を飛躍的に拡充すること。

10 地域間の大きな格差を是正しつつ最低賃金「1500円」を目指し、8時間働けば暮らせる働くルールを実現し、生活を底上げする経済、社会保障政策を確立し、貧困・格差を解消すること。また、これから家族を形成しようとする若い人々が安心して生活できるように公営住宅を拡充すること。

11 LGBTsに対する差別解消施策、女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓や議員間男女同数化(パリテ)を実現すること。

12 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽(いんぺい)の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立すること。幹部公務員の人事に対する内閣の関与の仕方を点検し、内閣人事局の在り方を再検討すること。

13 国民の知る権利を確保するという観点から、報道の自由を徹底するため、放送事業者の監督を総務省から切り離し、独立行政委員会で行う新たな放送法制を構築すること。


by hiroseto2004 | 2019-07-21 19:54 | 広島3区市民連合 | Trackback
e0094315_20263830.jpg
e0094315_20264907.jpg


広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説。
5月31日(金)に「地方分権一括法」と称して、学童保育の規制緩和が強行された
ことについて「学童保育の先生が足りないからといって、配置基準を緩和するのは
あべこべだ。先生が足りないなら、労働条件をよくして、人員体制を確保するのが行政の責任。」などと訴えました。
また、家庭内の問題を背景とした事件が相次いでいることを受けて、
「介護殺人も含めて、家庭内の問題で追い詰められて暴発する人が出ることに心が痛めつけられる。
暴発するまで追い詰められる前に、ケアされる側も、ケアする家族も、助けを
求めやすい社会にしていきたい。」
と強調。持論である「ケアラー支援推進基本法」の制定に不退転の決意で取り組む
ことを強調しました。
また、参院選を前に、13項目の政策協定を市民連合と野党各党が結んだことを紹介。広島では、野党系無所属の「もりもとしんじ」さんを個人としてはバックアップしていきたいと表明。自分自身はについては重ねて「広島3区において、地方行政と介護現場の経験も活かして庶民のフトコロに優しい政権交代、そして、小説・黒い雨の舞台でもある当地から核兵器禁止条約を進める政権交代の先頭に立つ」決意を繰り返しました。




by hiroseto2004 | 2019-06-03 20:45 | 広島3区市民連合 | Trackback

野党4党1会派と市民連合の政策協定調印式が行われ、13項目の政策が合意されました。



by hiroseto2004 | 2019-05-29 20:23 | 広島3区市民連合 | Trackback(1)
丸山議員は早期治療を・憲法変えず、教育予算充実を

広島3区市民連合は5月19日、緑井天満屋前で安倍改憲NOの街頭署名を実施しました。本社社主もマイクを握り「憲法を変えるより教育予算を増やそう」などとよびかけました。


また、市民連合は5月17日、国民、社民、新社会、共産の県内組織のある立憲野党各党及び佐藤こうじ衆院議員(立憲野党系無所属)に参院広島県選挙区(改選数2)で各党が自民による独占阻止を野党共闘のテーブルに着くよう求める要請を行っています。広島県選挙区では、自民党が閣僚経験もある現職男性に加え、大物県議だった新人女性を擁立し、野党側にとって議席確保が余談を許さない厳しい情勢です。全国的には1人区では32のうち27で共闘が成立しています。広島が全国の野党の脚を引っ張るわけにはいきません。


以下は本日の街宣についての幹事の坂本裕さんの報告です。


戦争法が強行採決された日付が19日だったことに因んで毎月続けられてきた「19日行動」、今日は9人の参加でした。

e0094315_15044218.jpg
e0094315_15050139.jpg

国会議員による戦争発言も飛び出して、ますます憲法をめぐる情勢はのっぴきならないことになってきたことが感じられる中ですが、署名の呼びかけに、首を振って「私は賛成だから。憲法を変えた方が論議は活発になる」と答えた男性がありました。油断できない状況を感じながら、元気よく署名協力を呼びかけた結果、40分ほどの間に、署名は49筆集まりました。

次の3000万署名行動は6月8日夕方5時半
次の3000万署名行動は「9の日」ということで6月9日になるところですが、6月だけは特別に1日繰り上げて6月8日(土)17時半から天満屋前で行うことになっています。



by hiroseto2004 | 2019-05-19 15:18 | 広島3区市民連合 | Trackback

広島3区市民連合は5月9日、緑井天満屋前で安倍改憲Noの署名活動を行いました。坂本裕さんからの報告です。


今日は9日、9の日行動の日でした。
11時に緑井天満屋前に集まったのは11人。
幟を立て、横断幕を広げ、署名簿を持って散らばりました。
早速街頭の市民に、安倍九条改憲NOの全国統一署名への協力をよびかけました。戦争する国に向けて危険な改憲の動きが強まっていることを訴えました。歩道橋の上ではシール投票もやりました。
30分あまり取り組んだ後、初めて参加した若い男女からは「なかなか振り向いてもらえないと思っていたが、26人もの人たちがシール投票に参加してくれた」と感激の報告。
「署名が4人も集まっちゃった!」「私は7筆」と、嬉しい報告が相次いで、合計してみたら署名は54筆集まっていました。



by hiroseto2004 | 2019-05-10 21:41 | 広島3区市民連合 | Trackback

安倍暴走政治ストップ!野党は共闘!広島3区市民連合(3区市民連合、代表幹事 山田 延廣)は以下3本の談話を発表しています。


消費税増税の中止と「人びとのための経済政策」を求める

安倍政権は、これまで「史上最長の景気回復」が続いていると宣伝してきました。

しかし、ここへ来て、「景気動向指数」が「下方への局面変化」に判断が下げられました。さらに、統計不正の解明の過程で、庶民の暮らしの実感に近い2018年の実質賃金がマイナスだったことも明らかになっています。

そもそも、安倍政権で就業者数が増えたと言っても、中身を分析すると高齢者と学生が中心です。「高齢者が年金に不安を抱えて働かざるを得ない」「大学生への仕送りが減って勉強時間を犠牲にしてアルバイトを増やしているというのが真相です。まったく自慢できる内容ではありません。30代・40代でも「就職氷河期」の影響が残る中で、子育てや家族の介護の負担がのしかかっています。

こうした中での消費税増税は庶民生活を破壊します。安倍政権も「増税分は全てお返しする」としていますが、それならば最初から増税しなければ良いのです。

また、今年は消費税導入から30年です。この30年間、消費税増税分は結局、大手企業と富裕層の税負担軽減に回りました。消費税以外の税源から福祉に回っていたお金が減らされただけでした。さらに安倍政権では政府の財政支出そのものは増えましたが、それは、アメリカへのバラマキともいえる武器の購入や、原発輸出、総理の「お友達」の企業や学校法人優遇などに消えました。そうした構造の中で「福祉のために増税」か「福祉カット」かの二者択一を自民党政府や財務省は迫っています。

しかし、世界的には、フランスの「イエローベスト運動」にマクロン大統領が譲歩したように、大手企業や富裕層に適切な税負担を行わせる流れが広がっています。そして、医療、介護、教育、子育て、住宅、防災など、人びとの暮らしの不安・悩みにこたえる財政支出の拡大をもとめる市民運動や政治勢力が広まっています。日本でも「何より人びとのための経済政策を!」をスローガンに「薔薇マーク」運動が立ち上がっています。

現在、立憲野党各党は「消費税率引き上げ阻止」で一致しています。

広島3区市民連合も消費税率引き上げに反対するとともに、安倍政権の退陣と安倍政権による武器大量購入や総理の「お友達」優遇などの撤回を追求します。そして、大手企業や富裕層に適切な税負担を行わせること、社会保障や教育の充実など庶民生活の向上につながるお金の使い方を求めます。

201941日 

安倍暴走政治ストップ!野党は共闘!広島3区市民連合(3区市民連合) 

代表幹事 山田 延廣

※「薔薇マーク」運動 https://rosemark.jp/


「学童保育」規制緩和ではなく指導員の待遇改善による充実を求める

安倍内閣は通常国会に「地方分権一括法」の一環として、「児童福祉法」改定案を提出しています。この中で、学童保育(広島市では「放課後児童クラブ」)の採用基準および人員基準を緩和し、指導員1人体制も認めるとしています。

現状でも、学童保育の指導員は多忙な職務をこなしています。指導員は非常勤職員の場合が多く、多忙で低賃金であることを背景に人員不足が深刻です。しかし、だからといって、規制緩和で「1人でもOK」とするのは本末転倒です。多くの保護者からも「安全が確保できるのか」といった不安の声が上がっています。

いますべきは、人員基準の規制緩和ではなく学童保育指導員の処遇改善による人員体制の確保です。そもそも、多くの専門性が高い分野の公務員が非正規雇用におかれていることが問題の根底にあります。

広島3区市民連合は「働く人の生活向上」「社会保障の充実」を政策要求としており、以下のことを要求します。

1, 国は、「地方分権」に名を借りた学童保育の採用基準および人員基準の緩和を行わないこと。

2, 国や広島県、市町は指導員の処遇改善を行い、正規職員並みの待遇確保をめざすこと。

201941日 

安倍暴走政治ストップ!野党は共闘!広島3区市民連合(3区市民連合) 

代表幹事 山田 延廣

高速5号線二葉山トンネル工事は中止し、疑惑の真相を究明せよ

広島市東区で建設中の高速5号線二葉山トンネルを巡っては、工事費が契約価格よりも増額される見通しという問題が発覚しました。さらにシールドマシンが故障し、シールド工法の区間工事が止まっています。しかし、218日に反対側のナトム工法区間での工事の再開が強行されました。

こうした中、第三者委員会の調査で、広島高速道路公社側が主導して契約後に工事費の増額を行うことを前提に契約したことが明らかになりました。第三者委員会も「不適切」と認めており、高速道路公社の行為は「官製談合防止法違反」の疑いもあります。

こうした深刻な事態の中、多くの疑問点が解明されないまま、公社は疑惑の幕引きを図ろうとしています。そして、公社の出資者で公社を監督すべき広島市と広島県は疑惑解明には消極的であり、工事は継続する構えです。市民・県民のために仕事をするという姿勢がみられません。

そもそも、二葉山トンネルは、地元住民の反対を押し切っての工事でした。さらに、工事区間の地盤の状況からより費用が掛かるシールド工法を多くの区間で採用した経緯があります。わずか3分の所要時間短縮効果のために300億円にも達する費用を投じることの必要性が疑われます。

広島3区市民連合は、「市民の願いにこたえる広島市政」の実現をめざし、47日執行の広島市長選挙では「せんこう和幸」候補と政策協定を結んでいます。高速5号線のトンネル工事の中止と疑惑の真相究明を強く求めるとともに、広島市政の転換へ全力を尽くします。

201941日 

安倍暴走政治ストップ!野党は共闘!広島3区市民連合(3区市民連合) 

代表幹事 山田 延廣


by hiroseto2004 | 2019-04-01 15:03 | 広島3区市民連合 | Trackback

(談話)沖縄県民投票の結果について 政府は直ちに埋め立て工事中止を

224日執行の沖縄県民投票は「辺野古埋め立てに反対」が有効投票のうち434273票を占めました。「賛成」の114933票、「どちらでもない」の52682票でした。「反対」は全投票有資格者の25%を超える約39%でした。

わたしたちは、住民投票の成功に尽力された皆様に、心から敬意と連帯の意を表するものです。

沖縄県知事はこの結果を尊重する義務があり、結果を日本国内閣総理大臣とアメリカ大統領に通知します。

二度の県知事選挙に続き、「新基地の賛否」のみを問う投票でも「埋め立てNO」の民意が示されました。

これ以上、日本政府が民意を無視すれば、民主主義の否定であり、独裁国家と変らないといわざるを得ません。

さらに、工事予定地の地盤が極めて軟弱なマヨネーズ地盤であることが明らかになっており、費用や時間がどれだけかかるかさえ、見通せない状況です。二重の意味で工事を断念すべき時です。

また、現在、広島をはじめ、西日本豪雨や北海道大震災、関西地方の地震・台風被害の被災地など全国各地の被災地で建設業者不足が深刻であり、復旧・復興予算の執行が危ぶまれる状況です。緊急に建設業者を被災地に回すという観点からも新基地工事中止を強く求めます。

2019年3月4日 広島3区市民連合


by hiroseto2004 | 2019-03-04 14:59 | 広島3区市民連合 | Trackback
平和がいいね!PEACEパレードin緑井
3月2日(土) 13時50分 緑井第五公園集合
e0094315_15102341.jpg
市長選候補者発表集会と重なります。安佐南区の方はできればこのPEACEパレードにご参加ください。





by hiroseto2004 | 2019-03-02 15:11 | 広島3区市民連合 | Trackback
e0094315_12392729.jpg
「ヒロシマ地域総行動」に参加

我々3区市民連合は2月21日、「ヒロシマ地域総行動」に参加しました。春闘の取り組みの一環で、労働条件はもちろん、市民の暮らしを良くするため、国や県、市や経営団体、マスコミやインフラ企業などを訪問し、要請を行います。3区市民連合のメンバーは労働組合の皆様とご一緒に3区内の介護施設を訪問し、介護現場の課題を伺い、また、介護制度改善の署名の御協力をお願いしました。
お忙しい中でご対応、誠にありがとうございました。

3区市民連合は、労働者の条件向上や社会保障の充実、地域経済を守ることも政策としています。

by hiroseto2004 | 2019-02-21 12:38 | 広島3区市民連合 | Trackback
春闘(地域総行動)の取り組みで、中筋駅前でティッシュ配りを行いました。
我々広島3区市民連合も参加しました。
(3区市民連合は、労働者の条件向上、自営業・地域経済を守ることを基本政策にしています。)
e0094315_09210540.jpg
e0094315_09212617.jpg



by hiroseto2004 | 2019-02-21 09:21 | 広島3区市民連合 | Trackback