人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島3区市民連合( 69 )

11月8日には妻の河井あんり参院議員が、今春の統一地方選期間中に、県議にお金を配っていたことが中国新聞に報道されました。

毎日のように、新たな疑惑が発覚する「玉ねぎ」状態に両河井議員はあります。
連合会長や野口健さんら各界からも批判の声。

11月9日、広島3区市民連合は、両河井議員に説明責任を果たし、疑惑が事実なら辞職するよう求める街頭宣伝を行います!
11月9日(土) 11時~安佐南区緑井天満屋前
多数参加をお待ちしております。

両河井議員の疑惑についての広島3区市民連合の声明は以下です。

by hiroseto2004 | 2019-11-08 11:33 | 広島3区市民連合 | Trackback
声   明

2019年11月6日

               
安倍暴走政治ストップ!野党は共闘!広島3区市民連合
               
 代表幹事   山   田  延  廣
                
事務局  広島市安佐北区あさひが丘2-2-9
    
鈴  木  孝  良 
電話・FAX 082-838-0815(携帯090-7896-8991)
e-mail(asahi-kirei@f.chupicom.ne.jp)


 衆議院広島3区選出の国会議員である河井克行法務大臣は、10月31日、突然、安倍首相に辞表を提出して法務大臣を辞任しました。本年7月に当選した妻の河井案里参議院議員の事務所が違法な日当を運動員に渡した公職選挙法違反疑惑が発覚したことを受けての辞任です。

 週刊誌の報道によると、事務所がアナウンス担当の運動員らに法定上限の2倍に当たる日当を払ったうえ、河井克行議員自身も贈答品を地元の有権者に配った疑いがあるとされています。これらが事実であれば、公職選挙法が禁止する買収行為に該当するものであり、公正な選挙を損なわせるもので許されるものではありません。
 広島3区市民連合(当会)は、同議員の選出母体である広島3区選挙民らで構成するものであり、この疑惑を到底、看過できません。

 当会は、改めて、河井議員に対し、法相を辞任すれば済む問題ではなく、自らが責任を認めて辞任した以上、この疑惑にどのようにかかわったのか、その責任を認めた具体的内容はいかなるものかについて、自らが国会等においで明らかにするよう求めます。また、この運動員の買収疑惑問題については、河井案里参議院事務所自身が係わっていたとされており、同参議院議員自らも説明する義務があり、同議員に対しても同様の説明を求めるものです。

 そして、両議員に対し、この疑惑に関与したことが明らかになった場合、潔く自らの進退につき、決着を付けるよう求めます。また、マスコミ関係者や捜査機関に対し、今後は、この疑惑解明のために鋭意努力されるよう求めます。

 そして、当会会員は、今回の買収疑惑を生じた両議員を選出した選挙民の一人として、今後とも、このような買収を安易に受ける選挙風土をなくしたうえ、公明正大な選挙がなされるよう活動し続ける決意です。

以上

by hiroseto2004 | 2019-11-07 19:25 | 広島3区市民連合 | Trackback
これはすごい!


by hiroseto2004 | 2019-10-07 17:24 | 広島3区市民連合 | Trackback
広島3区市民連合総会。記念講演は元我孫子市長・消費者庁長官の福嶋浩彦さん。

「市民が政治を変える」と題してお話くださいました。福嶋さんは2016年参院選の鳥取島根県選挙区で市民が推す候補として健闘されました。(以下に掲げる理由から「野党共闘候補」という言い方はされませんでした)

市民は有権者として投票先を選ぶだけでなく、国政選挙に取り組む主体のひとつとして、政党や議員と対等に議論しながら選挙をつくることが大事、と強調。選挙文化を変える必要がある、何よりも普通の市民にメッセージを伝えることが大事、と強調しました。

2019参院選では得票率や得票数は後退。他方で市民個人と中林候補の政策協定というユニークな試みもされました。

安倍総理にも批判的だけど野党も頼りない、と考えて棄権している「真ん中の」人は、よく考えてそうしているのだ、という趣旨のご発言が印象に残りました。参院選だと「お灸をすえる」票が野党に出るが、衆院選では政権選択だから難しいとも指摘。

また、市民が社会のことを自分ごと化することが大事、それが自治だ、と指摘。それは一人一人の市民から出発することが大事で国政野党から出発するものではない、中央の市民連合と野党の政策協定には自治と農業が欠けている、と指摘。「国が地方をコントロールする安倍総理の地方創生」への対立軸をつくれていない、「徹底して国家から出発する安倍政治」に市民自治こそ対峙する、と訴えました

講演と事務局からの提起を受けた議論では福嶋さんも交え、活発な議論がされました。また、幹事に立候補を名乗り出る方もおられ輪が広がりました。

e0094315_22013626.jpg

by hiroseto2004 | 2019-10-06 22:03 | 広島3区市民連合 | Trackback

広島3区市民連合総会

e0094315_13514503.jpg

e0094315_23501910.jpg
e0094315_13515850.jpg

e0094315_13520879.jpg
塩村あやか参院議員。「広島3区は野党への期待が高い選挙区。」。
e0094315_13585048.jpg

e0094315_13590489.jpg

e0094315_13591784.jpg

e0094315_19485758.jpg

e0094315_19491618.jpg

by hiroseto2004 | 2019-10-06 13:51 | 広島3区市民連合 | Trackback
by hiroseto2004 | 2019-10-06 00:00 | 広島3区市民連合 | Trackback

10月6日(日)、広島3区市民連合総会

本日は広島3区市民連合の会議のため、広島3区入り。総会の検討が話し合われました。
広島県全域に市民の要求に基づいた野党共闘を
進める契機にしたい総会です。

2019年度の広島3区市民連合総会は、
安佐南区の佐東公民館で、10月6日(日)
13時半から16時です。

お待ちしております。
(詳しくは近日中にアップします。)


by hiroseto2004 | 2019-09-02 21:10 | 広島3区市民連合 | Trackback
10月6日(日)、広島3区市民連合総会

本日は広島3区市民連合の会議のため、広島3区入り。総会の検討が話し合われました。
広島県全域に市民の要求に基づいた野党共闘を
進める契機にしたい総会です。

2019年度の広島3区市民連合総会は、
安佐南区の佐東公民館で、10月6日(日)
13時半から16時です。

お待ちしております。
(詳しくは近日中にアップします。)
by hiroseto2004 | 2019-09-02 16:26 | 広島3区市民連合 | Trackback

声明

2019729

広島3区市民連合筆頭代表 山田延廣

事務局:広島市安佐北区あさひが丘2-2-9

TELFAX 0828380815

20185月、アメリカのトランプ政権はイラン核合意を一方的に離脱し、同年11月からは対イラン制裁を再発動しました。そして、20195月にはイラン産石油を購入する他国への制裁適応除外を打ち切り、中東に空母打撃群などを派遣し、イランへの圧力を強めています。620日にはタンカー攻撃事件や無人機撃墜事件を背景にトランプ大統領が一時、イラン攻撃を許可するなど、ホルムズ海峡を巡る米英両国とイランの緊張が極度に高まっています。さらに、「タンカー護衛」を口実に、「有志連合」を呼びかけています。

 イラン核合意は、イランと米英仏中露独6カ国とイランが、20157月に締結したもので、イランが核開発の大幅な制限、国内軍事施設の条件付き査察を受け入れる代わりに米欧が経済制裁を解除するものです。

IAEAや欧州諸国、日本なども現在に至るまでイランが核合意による義務を履行していることを確認しており、アメリカのこの間の行動には正当性がありません。そもそも、未だに核実験を続けているアメリカに、イランを批判する資格はありません。

こうした中、日本政府は、「有志連合」参加に「現段階」では慎重姿勢ですが、予断を許しません。アメリカ中心の「有志連合」は、イランの反発を招くのは必至です。これに日本が参加して自衛隊を派兵すれば、イランへの敵対行為となり、憲法9条の精神に反します。日本自身を対立の渦に巻き込み、かえってテロなどのリスクも増すことにもなりかねません。

他方で、アメリカ国内でも議会での核合意復帰を求める議員や次期大統領候補が出てくるなどの動きもあり、緊張緩和・武力衝突回避への希望を絶対に捨ててはなりません。

 わたしたちは、憲法9条の立場から、以下のことを求めます。

1,イラン核合意に参加している関係各国は核合意の維持へ外交努力を尽くすこと。

2,アメリカ政府は、核合意に復帰し、イランに対する挑発行動を止めること。また、核実験をやめ、率先して核軍縮に努めること。

3,日本政府は、アメリカに対し、イランに対する挑発を止めるよう要請すること。ならびにアメリカが呼びかける「有志連合」には参加せず、あらゆる武力行使に日本は参加しない意思表示をすること。

以上のとおり声明します。                                        以上


by hiroseto2004 | 2019-07-29 14:32 | 広島3区市民連合 | Trackback

【参議院選挙の結果を受けて】

今回の参議院選挙では、投票率が24年ぶりに50%を割りました。これは日本の民主政治にとって、深刻な問題です。政治に対するあきらめや無力感を克服することは、党派を超えた課題です。この選挙では、多くの地域で市民と野党の共闘が実現しました。そして、32の1人区で10議席を獲得できました。また、改憲勢力の3分の2を打破することができました。自民党が現有議席を確保できず、参議院における単独過半数を失ったことにかんがみても、憲法改正を訴えた安倍晋三首相の路線が否定されたということができます。これは、日本の立憲主義と民主主義について危機感を燃やした市民と野党の頑張りの賜物です。この選挙に取り組んだすべての市民の努力に心から感謝したいと思います。

残念ながら、安倍政権はさらに継続することとなりました。憲法改正の動きは一応頓挫しましたが、安倍自民党はこれから様々な形で憲法改正にむけた揺さぶりをかけてくることが予想されます。私たちは、引き続き立憲主義と平和国家を守るために運動を続けなければなりません。

この参議院選挙で野党共闘が一定の成果を上げたことをふまえ、次の衆議院総選挙に向けたさらなる協力を作り出すことが求められます。政権構想の深化と選挙協力体制の構築のために、市民と野党の対話、協力を続けていきたいと考えます。

2019年7月22日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

https://shiminrengo.com/archives/2710


by hiroseto2004 | 2019-07-23 16:38 | 広島3区市民連合 | Trackback