人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:参院選2019( 139 )

リップサービスはあるでしょうが、「やられた」という思いもあるでしょう。今後、「既成政党アレルギー」で維新に入れていたような若手の無党派が新選組に流れる展開は十分考えられます。


by hiroseto2004 | 2019-10-02 18:54 | 参院選2019 | Trackback
政党要件確保というのはこういうことです。こうして、ニュースになる。
消費税減税法案は、国民民主もいちおう、前向きに検討するコメントもチラホラ
ありますね。



More
by hiroseto2004 | 2019-09-25 06:18 | 参院選2019 | Trackback

新選組党本部オープン

by hiroseto2004 | 2019-09-17 17:19 | 参院選2019 | Trackback
by hiroseto2004 | 2019-09-08 16:38 | 参院選2019 | Trackback

舩後靖彦です。

報道等でご存じの方もおられるかと存じますが、さる4日に首相官邸を訪問し、安倍総理と面会をいたしました。
参議院の職員の皆様と10月以降の国会に向けての打ち合わせなどをしておりまして、ご報告が遅れてしまいました。
申し訳ありません。

その際に、お伝えした私のステートメントの内容は一部報道でも断片的に報じられておりましたが、
ここに全文を転載いたします。

障害者施策の前進のために、力を尽くす所存です。
引き続き、ご支援よろしくおねがいします。

2019年9月6日 舩後靖彦

●官邸訪問・舩後ステートメント

 安倍総理、今回は、総理官邸で新人議員でしかない私にお会いくださってありがとうございます。
安倍総理が掲げる「一億総活躍社会」という目標設定は非常に重要なことだと考えています。すべての国民、私のような常時、看護や介護が必要なALS患者も含めて、本人が望みに応じ、それぞれの能力に応じて、思う存分に社会参加できる、という社会を作ることは、私、舩後靖彦の願いでもあります。

 安倍総理とは千葉県内の街頭演説で初めてお会いしてから、もう15年以上経ちます。いわゆる「メル友」として関わらせていただきながら、衆議院議員だった総理と一度は、難病患者支援のために厚労省へ陳情に伺いました。

 人生、何が起きるか本当にわかりません。ALSを含めた重度障害者の社会参加ができる社会を目指す思いでやってきた私は、総理と同じ、国会議員という存在になってしまいました。あの時、生きるという決意をしなければ、今の私はありません。

 かつては友人としてこの官邸を訪問した私は、今野党の国会議員としてここにいます。

 総理がご覧になり、感動されたとおっしゃっていた、筋ジストロフィー症の方の実話をもとにした映画、「こんな夜更けにバナナかよ」が最近大きな話題になったように、重度障害者の日常生活について関心が高まっている、と思います。社会における障害者と健常者のインクルーシブな環境はますます重要になってくると思います。

 これからも、憲法14条が目指す「法のもとの平等」の理念、25条で掲げる「健康で文化的な最低限度の生活」、そして22条の「職業選択の自由」の理念を実現するために、国会議員として頑張ってまいります。所属する政党は違いますが、ぜひお互いに切磋琢磨していただきたく存じます。今日は、いきなりの私の無理な面会のお願いに温かい心で応じてくださいましてありがとうございました。(以上)


by hiroseto2004 | 2019-09-06 19:05 | 参院選2019 | Trackback

ふなご靖彦議員の「反省の弁」です。

わたくし・さとうしゅういちは、了としました。ただ、そうはいっても不信感をいだいている人

もおられるということは、覚悟頂きたい。今後のご活動の中でもいろいろと言われると思いますが、

それは受け止めて頂きたい。いちおう、FBでの友人だからこそ、そのことは申し上げたい。

わたくし・さとうしゅういちとしても、新選組にも期待するが故に、諫言を今後もして参ります。


TBSラジオの番組での私の発言について説明をさせていただきたく存じます。
放送の後、皆様から色々なご意見を頂きました。ひとえに私の不勉強ゆえの発言です。

先の大戦について、「大東亜戦争」と呼んだことについては、この言葉が持っている様々な意味について、あまりに無頓着だったということです。これは私の未熟さであると気づきました。

また、「重度障害者には生産性がない」という考えが生まれた原因について、GHQが導入した戦後教育を要因としていると取られるような発言をしたことについて、まず戦前から戦後まで行われてきた優生思想の問題やその名残を第一に要因としてあげるべきであったのに、自分が理解していない、「戦後教育の影響」について発言する事になってしまったことで、私の本意ではない印象を与えてしまうことになってことについて心苦しく思っています。

言い訳になってしまいますが、取材の具体的な内容を当日の朝に頂いてから、急いで読み上げ用の文章を作ってしまったために、文章的にも意味が通らない内容になってしまい、それを読み上げて頂いてしまったというのが実際のところです。昨今、大きく報道されていますが、優生保護法に基づいた不妊手術やハンセン病の患者に対する扱いなど、障害者に対して戦後も一貫して、国が行ってきたことを振り返れば、あまりに不用意な発言だったと反省しています。

私が重度障害者になって20年以上になりますが、自分がその境遇に置かれるまでは、国の障害者施策の歴史についても考えたことはなく、自分が当事者になったあとも、現在の境遇の改善については施設の運営を通じて熱心に関心を持ったものの、過去の国の誤りの根本にあるものについて深く掘り下げて行く機会がありませんでした。

今後は歴史的な国の障害者政策の誤りについても思いを致しながら、現在の障害者の生活環境の改善について、努力していく所存です。どうか、お見守りいただけますようによろしくおねがいします。
令和元年8月20日 舩後靖彦


by hiroseto2004 | 2019-08-20 21:51 | 参院選2019 | Trackback

新選組、支持率4.3%

新選組の支持率が、共産党とならび4.3%。維新より高い。
若者で7.4%と、支持率が高い。
参院選では、まだ立憲支持層、共産党支持層の一部を食っただけでしたが、政党要件確保で認知度が上がって来た。今後は若手の非正規労働者なども含む無党派層に浸透する可能性は出てきた。
新選組には、若者を含む庶民に優しい経済政策は維持しつつ、日本共産党などのしっかりした歴史認識も含めた基礎は固めてほしいと思いますね。


by hiroseto2004 | 2019-08-18 21:58 | 参院選2019 | Trackback
舩後議員、これはまずいのでは?!
障がい者差別が、アメリカのGHQによる日本弱体化戦略のせい?!
これって、日本会議とかとまったく同じ史観ですよね。
まずい。一挙に、新選組が支持を失いかねない。
同党が支持を失うと言うことは、ガツンと弱者寄りの政策を打ち出す勢力が
共産党以外になくなるという状況への逆戻りである。
これは、きちんと批判しないといけない。(前川喜平さんあたりもすでに
批判しておられますが。)


全ては教育にありと考えています。日本の30年前を考えれば、時代も変容し、国際障害者年や障害者自立支援法が生まれ、そして重度障害者が国会議員になった。その時代背景によって変化する事象や慣例もあると思います。全ては教育にあり。私は、10年20年後に未来を創造して、代わる障害者に対する偏見を教育で変えたいと思います。さらに子供の頃から、潜在意識の領域、さらに深く無意識の領域にまで存在する「差別意識」を除外する倫理・道徳教育は必要と考えています。重度訪問介護の不備も喪失した人々の潜在意識の領域ならびに無意識の領域に重度障害者には生産性がないという確定した思いがあるからです。かと言ってその方々を責めているわけでは全くありません。大東亜戦争の日本が弱体化するために GHQ が導入した教育や文化が要因と考えていますが、具体的には掴みきれていません。
by hiroseto2004 | 2019-08-18 18:21 | 参院選2019 | Trackback
備忘録 「新選組の候補者ひとりひとりをまるで自分自身のように感じた」

参院選で新選組を支持した30代の男性は「新選組の候補者ひとりひとりをまるで自分自身のように感じた」と、選挙後、感想を述べられた。非常に印象深かった。
ここがひとつのポイントだと思う。

自民党は、もはや、戦前の昭和天皇さえ上回る権威と権限を持つ安倍晋三さんを筆頭に、「世襲貴族」の政党である。
「安倍天皇」に仕える貴族たちの政党が自民党だ。

他方、既存野党も「型にはまった秀才」のイメージが残念ながらあるのは否定できない。とっつきにくく思われているのだ。本当はそうじゃないのだが、安倍総理があまり無茶苦茶なために、余計に「型にはまった秀才」を演じてしまうという傾向もあったと思う。

その間隙を新選組は突いた。日本社会の抱える問題を象徴する当事者を並べたからだ。既存野党系候補でも、変に上品に見せる演技をしている人よりも、自分の思いを素直にぶちまけた人の方が票が伸びる傾向があったように見える。

この点は既存野党も大いに総括すべきだ。衆院選の候補者選びや選挙戦術でも留意すべきだろう。

by hiroseto2004 | 2019-08-10 19:21 | 参院選2019 | Trackback
これはおかしいですね。共産党も裁判所に訴えてきちんと調べてもらった方が良い。



More
by hiroseto2004 | 2019-08-09 06:31 | 参院選2019 | Trackback