人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:ジェンダー・人権( 506 )

イランの女子銅メダリストが亡命。
イランの場合、女性が最近よく亡命したり、海外移住。
日本の場合は、亡命より少子化という形で抵抗しているとおもう。
どちらも封建的な社会に対しての抵抗だ。
イランも日本も政治家がこの点は反省しないと先行きやばい。

by hiroseto2004 | 2020-01-13 21:05 | ジェンダー・人権 | Trackback
ゴーン被告人が労働者を大量解雇したからといって、ゴーン被告人が日本法務省に人権弾圧されて良いわけではありません。
江戸の敵を長崎で討つのは良くないでしょう。

江戸の敵は江戸で討つべきだ。労働問題は労働問題として、きっちりゴーン被告人や西川社長ら当時の経営陣を批判するべきでしょう。

ただし、ゴーン被告人が自分のことだけでなく、労働運動家や反原発運動家、クルド難民が日本法務省に人権弾圧されている問題も取り上げてくれたら、彼に耳を貸す人も増えるでしょう。

逆に言えば、日本法務省は、改めるべきは改めないと、大恥をかく。


by hiroseto2004 | 2020-01-02 12:01 | ジェンダー・人権 | Trackback
拉致被害者生存情報を安倍総理が隠ぺい。何と言うことですか?!


by hiroseto2004 | 2019-12-27 07:40 | ジェンダー・人権 | Trackback

昔のパーレビ皇帝による専制時代がよかった、ということはいいません。

アメリカによる挑発も否定します。それはそれとして、やはり、これで有罪、しかも
「16年実刑」はあんまりです。
若者たちの声にイラン政府も耳を傾けてほしい。


イラン:ヒジャブに抗議して16年の実刑判決 24歳の女優に自由を!

女優のヤサマン・アリヤニさんは、2019年3月8日の国際女性デーに、地下鉄の女性専用車両にヒジャブを脱いで乗り込みました。そして、「いつの日か、すべての女性が好きなものを着ることができるように」「ヒジャブを被っているあなたと、被らない私が街を一緒に歩けるように」と未来への希望を口にしながら、母親とともに、乗客に花を配りました。

イランでは、女性が公共の場で頭髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を着用することが法律で義務化されています。ヤサマンさんは女性の表現の自由を求め、この法律に抗議するためにこの行動を取ったのです。彼女の勇気ある行動を記録した動画は、ソーシャルメディアで瞬く間に拡散されました。

2019年4月、自由を求める女性に対する取り締まりを強化するイラン当局によって、ヤサマンさんと母親は逮捕されてしまいます。裁判でヤサマンさん親子は、3つの罪で合計16年の実刑判決を受けました。

イランの司法長官に対して、ヤサマンさん親子を今すぐに無条件で釈放するよう要請してください!


by hiroseto2004 | 2019-12-19 20:02 | ジェンダー・人権 | Trackback
ジェンダーギャップ指数。日本は過去最低の121位で、G7最悪。儒教文化圏の中国や韓国も下回る。
by hiroseto2004 | 2019-12-18 08:02 | ジェンダー・人権 | Trackback

南京大虐殺82年

南京大虐殺から82年。
今年は習近平主席訪日を前に、抑え目な追悼式典となりました。
ただし、日本はきちんと過去の反省はすべきですね。
中国政府云々ではなく多くの人の人権を奪ってしまったことを反省したい。
習近平中国と安倍ジャパンは、今後も個人の人権を軽視する方向で「談合」していくでしょう。
安倍ジャパンも中国に忖度して、高校生平和大使の国連演説をやめたりしている。
それにたいしてリベラルは「個人の人権」の側に立ちたい。
というか早く「安倍ジャパン」という異常な体制を終わらせたい。

by hiroseto2004 | 2019-12-13 21:46 | ジェンダー・人権 | Trackback
未婚のひとり親家庭にも寡婦・寡夫控除並みの措置導入へ。
運動の成果ではある。関わられた皆様、お疲れ様です。
公明党、そして自民党の女性議員も後押し。
稲田さんがマシに見えるほど逆に言えばいまの自民党の主流男性はIS並みだった、ということ。慄然とします。


by hiroseto2004 | 2019-12-10 19:45 | ジェンダー・人権 | Trackback
世界人権デーです。
世界人権宣言が国連総会で1948年の今日、採択されたことを記念しました。その後1950年に毎年イベントを開くことが決まりました。

by hiroseto2004 | 2019-12-10 10:09 | ジェンダー・人権 | Trackback

本社社主も会員の「全国フェミニスト議員連盟」が、愛媛県に要望書。


「まじめ」とされる県民性を前面に出し県をPRする県の「まじめえひめ」プロジェクトの特設サイトで、県民の真面目さをデータで紹介する「まじめ調査」に誤りや不適切な表現があることが外部からの指摘で判明し、県がサイトを修正する事態となった。修正されたのは「看護/介護時間全国1位」に関する出典や解説文の表現。「介護時間の長さを『まじめ』と美徳化している」との批判も出されているが、県はキャンペーン自体を中止する考えはないという。【木島諒子】

 指摘は11月、全国フェミニスト議員連盟(共同代表=小磯妙子・神奈川県茅ケ崎市議)が県に要望書を出した。


by hiroseto2004 | 2019-12-08 19:18 | ジェンダー・人権 | Trackback
事実があきらかにならないのに除名処分。
これはむちゃくちゃですね。

by hiroseto2004 | 2019-12-04 05:39 | ジェンダー・人権 | Trackback