エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:ジェンダー・人権( 415 )


アーダーン・ニュージーランド首相、ご出産おめでとうございます!
産休を指導者として世界はじめて取られるとか。


by hiroseto2004 | 2018-06-21 19:27 | ジェンダー・人権 | Trackback
スペインでは「スペイン版安倍晋三」化(強権+腐敗)しつつあったラホイが退陣。野党党首のペドロ・サンチェスが憲政の常道で首相に。
財務相はじめ、女性が六割を占める内閣に!
ちなみにサンチェスというとついつい、往年の大物女子テニス選手を思い出してしまうが、男性です。
その他の閣僚は女性が圧倒的に多いということ。

by hiroseto2004 | 2018-06-07 21:27 | ジェンダー・人権 | Trackback
強制不妊手術被害者の弁護団が発足しました。

by hiroseto2004 | 2018-05-28 04:24 | ジェンダー・人権 | Trackback
旧優生保護法による強制不妊手術の被害者の皆様対象(家族なども可)の電話相談、広島県内でも実施中。このあと16時まで。
082ー502-0030。

by hiroseto2004 | 2018-05-21 12:46 | ジェンダー・人権 | Trackback
本日、成立します。ご尽力頂いた皆様にこころから敬意を表します。
特に、本社社主も参加する全国フェミニスト議員連盟の皆様の長年の粘り強い取り組みに
感謝申し上げます。



More
by hiroseto2004 | 2018-05-16 09:36 | ジェンダー・人権 | Trackback
どうやら、在日フィリピン人、フィリピン系日本人への危害を懸念して、というのが実際のところでしょう。
余りにも最近の日本国内の歴史修正主義はひどく、ドゥテルテも表には出さないが懸念していると思います。

by hiroseto2004 | 2018-04-29 18:52 | ジェンダー・人権 | Trackback
男女不平等社会とは「妻が要介護になって夫がうろたえるしかない」社会でもある

男女不平等な社会とは、ズバリ、「妻が要介護になったら夫がうろたえるしかない」社会である。

介護現場に居るとそのことをいやというほど思い知らされるのだ。

生活に密着したもろもろを「つまらないことだから」と女性に押し付けていると、いざというとき、そのバカにしてきたことに否が応でも向き合わされ、大変なことになるわけだ。

特に現役時に「エラかった」人にそういう傾向がある。

財務省のエライ人を筆頭に、日本の男性のエライ人は「自分の妻が要介護になった」ことを想定して、(公務員なら政策決定、経営者なら労働環境整備の)仕事にも、ご自分の私生活にも取り組んでほしいと思う
by hiroseto2004 | 2018-04-24 17:52 | ジェンダー・人権 | Trackback
日本の入管でのハンスト。イランでも報道されてしまいました。
ハンストが起きるような事態を招いた日本政府が恥ずかしい。

http://parstoday.com/ja/news/japan-i42620

by hiroseto2004 | 2018-04-18 22:05 | ジェンダー・人権 | Trackback
なんだ。ちびっこは女子も土俵に上がっていたわけです。女人禁制なんて、まったく伝統でもなかった。偽者の伝統を護持するために事実のほうを変えてしまう相撲協会。いかりや長介ではないが「だめだこりゃ」。




More
by hiroseto2004 | 2018-04-12 21:59 | ジェンダー・人権 | Trackback


志波玲さんFBより。メルバン・ドゥルースンが4月10日、ようやく東京入管から解放されました。



本日、ついにクルド難民女性のメルバン・ドゥルースンさんが東京入管から解放されました。昨年11月末からの拘束で、大分消耗しているようではありましたが、支援者の織田朝日さんや、取材陣の前で「応援してくれた皆さん、本当に有難うございました!」と笑顔を見せ、何度も頭を下げていました。

メルバンさんの解放を求める署名活動や、東京入管前でのアピール、電話やFAX、メールでの訴えなど、多くの人々がメルバンさんのことを気にかけ行動したことが、メルバンさんを支え、また彼女の解放につながったのかもしれません。ご協力いただいた皆さん、有難うございました。

関連記事↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180326-00083130/

志葉としましても、メルバンさん解放を求める動きの一端を担うことができて良かったと思います。今後とも、日本で難民が直面している人権問題について、取り上げていきます。

【難民勉強会やります!】4月25日(水)19:00より、専修大学神田キャンパス5号館5階551教室で、この間、誰よりも入管に拘束された外国人達と面会してきた織田朝日さん(右の眼鏡の方)と志葉が、日本の難民受け入れの課題と今後のあるべき方向について語ります。


by hiroseto2004 | 2018-04-12 07:30 | ジェンダー・人権 | Trackback