人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:環境・街づくり( 199 )

欧州議会が決議。日本政府や日本企業はどうする?




More
by hiroseto2004 | 2019-03-30 23:13 | 環境・街づくり | Trackback
江田島で大変なことが起きています。県が汚染土壌処理施設の操業許可を強行。


More
by hiroseto2004 | 2019-03-24 06:33 | 環境・街づくり | Trackback

明知鉄道で郵便物配送

明知鉄道で郵便物配送。その手があったか!
わたしは東京世田谷区育ちだが、確かに幼稚園の頃まで小田急にも郵便車ありましたよ。


by hiroseto2004 | 2019-03-19 20:44 | 環境・街づくり | Trackback
高濃度の猛毒物質が、豊洲市場の黒い粉塵から検出されました。
放置すれば大公害の恐れも。


by hiroseto2004 | 2019-03-14 18:14 | 環境・街づくり | Trackback
「規制緩和」で東京は過度に集中、地方は過疎

建築規制の緩和で、東京ではでかいビルがどんどんできている。
これも東京への過度の集中を促している。
地方では余っている住宅やオフィスビルもいくらでもある。
法人税率に差をつける(東京への集積の利益は享受し、外部不経済を出している企業には税率を高めに)
、地方の大学に進学、就職したら家賃ただとか、それくらいの思いきった施策が必要だろう。
自民党議員も地方が選挙区なのに東京本位の政治しかやっていない。
さりとて【大阪も東京の真似をしよう】という大阪府知事一派も不毛であるが。
by hiroseto2004 | 2019-03-11 20:54 | 環境・街づくり | Trackback
いわゆる公害問題は終わっていない!



More
by hiroseto2004 | 2019-02-19 21:50 | 環境・街づくり | Trackback
レオパレス21、どうなってるんだ?!
お粗末、の一言です。

しかし、以下のようにも考えたい。
こういうことがあるから、やはり、公営住宅の充実が必要と感じます。
公営住宅がきちんとしていれば、民間の賃貸住宅の底上げにもなります。

by hiroseto2004 | 2019-02-09 21:45 | 環境・街づくり | Trackback
IWC脱退について立憲と共産党は懸念表明。
アメリカやオーストラリアの言い分はおかしい。
しかし、日本政府も脱退後の展望がない。
水産庁の利権の臭いもするし白人に喧嘩を売ってパチパチ的な
面もあるだろう。

by hiroseto2004 | 2018-12-23 06:21 | 環境・街づくり | Trackback
21世紀の「聯盟よさらば、我が代表堂々退場す」
にならなければ良いのですが。
もちろん、アメリカなどは大昔、ペリーの時代に、散々捕鯨をして
そのための補給基地として日本に開国を要求したのは事実です。
「今頃になって、日本に【捕鯨はまかりならぬ】と説教するのはおかしい」
という感情も理解できます。
そういう歴史的な経緯は踏まえた上で、しかし、IWC脱退はまずい。
ノルウェーやアイスランドのように自国近海で捕鯨をしている国もあります。ただし、これらの国と比べても、現代の日本人は別にさほど鯨肉を
食べているわけでもないでしょう。
鯨を捕った方が他の魚の保全になるという論もある。
しかし、ノルウェーやアイスランドは水産資源の管理がきちんと出来ている国であり
日本とはその点も違う。日本の脱退がどこまで説得性があるか疑問です。
自国の主張は主張として、他国を説得できないまま突っ走れば孤立する。その孤立が他の分野にも及ぶことが懸念されます。

日本、IWCから脱退へ

30年ぶり商業捕鯨再開向け

©一般社団法人共同通信社

調査捕鯨で北海道・釧路港に水揚げされたミンククジラ=2017年9月

 政府が約30年ぶりの商業捕鯨の再開に向け、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めたことが20日、分かった。政府関係者が明らかにした。来週にも表明する。日本近海や日本の排他的経済水域(EEZ)内で行う方向で調整している。日本の国際機関脱退は戦後ほとんど例がなく極めて異例。国際社会からルール軽視との批判を浴びることは避けられない。

 9月にブラジルで開かれたIWC総会で商業捕鯨の再開提案が否決され、脱退により局面を打開する必要があると判断した。日本は資源が豊富な一部鯨種の商業捕鯨再開を提案したが、反捕鯨国が反発して否決された。


by hiroseto2004 | 2018-12-20 22:23 | 環境・街づくり | Trackback
日本自然保護協会も辺野古の土砂投入に抗議文。

by hiroseto2004 | 2018-12-14 21:43 | 環境・街づくり | Trackback