人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:環境・街づくり( 250 )

国際線の飛行機の休止・減便で良いことがないわけではない。高すぎる気温が下がるかもしれない。実際911でアメリカの飛行機が止まっていた3日間、夜の気温が下がっているという研究もある。ヒトやモノを最大限に移動させるグローバリズムを環境面から問い直すことも大事だと思う。
by hiroseto2004 | 2020-03-21 00:34 | 環境・街づくり | Trackback

緑化フェア開幕、19日

新型コロナウイルスで縮小して19日開幕。

by hiroseto2004 | 2020-03-20 15:33 | 環境・街づくり | Trackback

鞆の浦をよろしく。

「資料館の通堂博彰館長は「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、階段の手すりやガラスケースを定期的に消毒している。さまざまなひな飾りを楽しんでほしい」と話していました。」


福山 鞆町で「町並ひな祭」

江戸時代の港町の風情が残る福山市鞆町では地元に古くから伝わるひな飾りを展示する「町並ひな祭」が開かれています。

この催しは港町として栄えた福山市鞆町の商家などに100年以上前から伝わるひな飾りを楽しんでもらおうと毎年、開かれていて、ことしは、町内の商店や住宅などおよそ100か所にひな飾りが展示されています。
このうち江戸時代の豪商の住宅で国の重要文化財の「太田家住宅」には、長寿を願って贈られた「百歳雛」が飾られ、髪が白いおびなとめびなが仲よく並んでいます。
岡山県井原市から友人と2人で訪れた61歳の女性は「古くから伝わるひな人形ばかりで、女性にとっては憧れです。いろいろな種類を見られて楽しかったです」と話していました。
また、会場の1つ、福山市鞆の浦歴史民俗資料館には高さおよそ2メートル50センチの「七段飾り」が展示され、精巧なつくりの家具や食器から優れた技術がうかがえます。
資料館の通堂博彰館長は「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、階段の手すりやガラスケースを定期的に消毒している。さまざまなひな飾りを楽しんでほしい」と話していました。
この催しは今月22日まで開かれています。


by hiroseto2004 | 2020-03-14 22:42 | 環境・街づくり | Trackback
人口が減っているのにチホーソーセーとかいって国と自治体が、未だに1990年代と変わらない新規土地・建物開発を進めるのも謎だ。
また自然破壊が進み、空家が増えまくり、店舗・企業が過当競争になり、水害が起きるだけだろう。

by hiroseto2004 | 2020-02-27 14:36 | 環境・街づくり | Trackback
農薬規制緩和の一方だった安倍ジャパンですが、ようやく世界に追随し、規制強化。

by hiroseto2004 | 2020-02-21 06:18 | 環境・街づくり | Trackback

広島市議会議員のみなさま

広島瀬戸内新聞社主 さとうしゅういち

広島市安佐南区中筋11827

http://hiroseto.exblog.jp

hiroseto2004@yahoo.co.jp

本市でも「気候非常事態宣言」を! (提案)

日頃の市民のためのご活躍に心から敬意を表します。

「気候非常事態宣言」は2019年9月25日の長崎県壱岐市をかわきりに都道府県では長野県や神奈川県、市町村では大阪府堺市などのべ15自治体で行われています(2020年2月7日現在 https://www.es-inc.jp/ced/ )。

本市では広島土砂災害2014,西日本大水害2018で大きな被害を受けました。世界的に見ても2019年末以降、オーストラリアでの山火事では5億匹ともいわれる動物が犠牲になりました。普段は雨が少ない中東などでも洪水が相次いでいます。

こうした災害の背景には地球規模での気候変動があるのは間違いありません。そして気候変動の原因は、近現代の人間による温室効果ガス排出があります。最悪の場合、12年以内に破滅的になりかねない、という研究もあります。気候変動の影響による災害多発に備えるとともに、気候変動を食い止める対策、とくに脱炭素社会の実現はまったなしです。

本市は世界最初の戦争被爆地です。本市が気候非常事態宣言を行うとともに、世界の為政者に対して「戦争なんぞしとる場合か!」と活を入れることは大きな意義があると存じます。

 以上のことにかんがみ、

1,省エネルギー

2,再生可能エネルギー

3,災害に強い地域分散型エネルギー

により、脱炭素社会を実現するとともに、

世界に対しては、

4,戦争に備えるより、気候非常事態に備えよ

と呼びかけることを軸とする「気候非常事態宣言」を市長に提案してください。

補足

 2020年度予算案、とりわけ、まちづくりの方向性を決める大型事業に関する予算の見直しを、予算審議を通じてお願いします。

また、広島市民が省エネルギーを無理なく生活を通じて実行できるような仕組みづくりを、国や県や事業者などと連携して進めるよう提案してください。たとえば、省エネルギーの観点からクルマに過剰に頼らないで生活できる仕組みづくり。お年寄りの交通事故も社会問題化するなかで重要だと思われます。2019年9月に熊本県でバスの無料化の社会実験を行ったことなどをご参考にしていただければと存じます。

 また、2019年に次々と関東地方を襲った強力な台風では、停電が深刻でした。遠方の大規模発電所から電力を送るやりかたの弱点があきらかになる一方、電気自動車が電池の役目をはたしました。地域でエネルギーを自給し、蓄えられる仕組みづくりが求められます。


by hiroseto2004 | 2020-02-10 19:44 | 環境・街づくり | Trackback
「新規土地開発禁止」が自滅回避の第一歩だ

人口が減っているのだから山を削ったり田んぼを埋めて住宅地や商業地を造成するのを止めるべきだ。

他方で余りまくった家を、行政が借り上げ、それこそ無料、敷金などなしで、自立へ踏み出そうにも家でちゅうちょしている若者や、身寄りのないお年寄りを含む住まいの貧困に苦しむ人たちに貸し出せば良い。

これは結局は、一自治体だけでなく国の法律でやるべきことだ。自治体だけでやろうとすると都市間競争に負けるのでは?ということで話が進まない。やはり、国でやる必要がある。

新規開発が禁止されれば、例えば、大型商業施設の過剰店舗も解消される。他の業界でも過剰出店による共倒れが緩和される。
過剰店舗投資に回していたカネも従業員の給料にその分回せる。
先ほど申し上げた空家借り上げ公営住宅とあわせ、庶民の暮らしは改善される。
もちろん、行政が山や田んぼを埋めて土地開発なんぞもってのほかだ。
土地を開発すれば儲かる時代は終わり。不動産は負動産になる時代だ。
企業も行政も土地に無駄金を使わず企業なら従業員の給料、行政なら福祉教育など人に使えばいい。その方が環境にも良いし、よいことづくめだ。
日本の政党できちんと新規開発禁止を打ち出す政党があれば断固支持する。






by hiroseto2004 | 2020-02-08 19:01 | 環境・街づくり | Trackback
長野県の気候非常事態宣言。
広島土砂災害2014や、西日本大水害2018で被害が大きかった本県・本市においても取り組みを!

by hiroseto2004 | 2020-02-08 07:30 | 環境・街づくり | Trackback
「自民党支持の中小企業憎し」で、気候変動・高齢社会への対応遅らせた「新自由主義リベラル」【備忘録】

野党共闘は当然としても、歴史の教訓は振り返っておかないといけない。

1990年代~00年代初頭、ある種のリベラルの方々からは、自民党支持の中小企業(あるいは医者や農民)憎しの勢い余って新自由主義と親和性が高かった感じを受けた。

具体的人物像はそこそこ高学歴で、収入が安定しいている公務員とか大手企業正社員(所属労組は連合)という感じだった。

新自由主義と親和性が高いリベラルは、環境問題などへの意識も高く、国の大型公共事業とかには批判的であった。

他方で、自民党支持の中小企業を憎む勢い余って
「商店街を潰して、クルマでしかいけないような大型店をどんどんつくる」
「クルマに過剰に依存せざるを得ない場所の山や田んぼを潰して高級住宅街をつくる」
ことはよしとした。
(当時のわたしの回りには、実際、そういう人が多かった。)
当時は、クリントン大統領が日本のリベラルにも人気があったことも手伝い、アメリカの言う通りの規制緩和を進めるのがよしとされた時代でもあった。
だが、あれから20ー30年。
お年寄りはヒヤヒヤしながら買い物や通院のためにハンドルをやむなく握り、時に不幸にして子どもたちをなぎ倒していく。子どもたちも安心して外で遊べない。公園にいてもお年寄りが車で突撃してくるから。
プラスチック汚染の28%はクルマのタイヤという分析もありこの意味でも現状は不味い。
気候変動の中で、無理やり山を削った住宅を土砂が、田んぼを埋めた場所を洪水が襲う。
人口減少なのに、土地開発を進めまくった結果、家が余りまくっている。家がなくてなかなか親から自立できない若者のや、身寄りのないお年寄りがたくさんいるのに馬鹿げたことだ。
「新自由主義リベラル」が、自民党支持の中小企業を憎む勢い余って、同じく自民党支持の大手企業と野合し、気候変動や高齢化対応と逆の方向へ暴走したとも言える。
野党・市民連合もこの事は反省した上で国土政策を打ち出すべきだ。
というか日本はあまりにも国土利用についてはルールが無さすぎる。
by hiroseto2004 | 2020-01-26 06:17 | 環境・街づくり | Trackback
本当は阪神淡路大震災の直後くらいからこういうことはやっていかないといけなかったとは思います。
だが、今からでもできることは進めていきたい。



以下のようなことも踏まえ、多極集中のまちづくりを!


by hiroseto2004 | 2020-01-07 19:16 | 環境・街づくり | Trackback