エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:エネルギー政策( 936 )

広島高裁異議審 第2回審尋期日2018年7月4日(水)の資料です。

伊方原発運転差し止めを命じた仮処分に対して四国電力が異議申し立て。
7月4日の裁判で、火山学者などの証人申請を住民側が行うも却下。
これを受けて、住民側は裁判官の忌避申し立てを行っています。



by hiroseto2004 | 2018-07-15 15:03 | エネルギー政策 | Trackback
名古屋高裁金沢支部では、地裁判決を取り消し、大飯原発再稼働容認。
前日の≪原発輸出しまくりエネルギー基本計画≫、さらにはこの日は東海第二原発再稼働容認の規制委員会など怒濤のバックラッシュです。
もちろん、諦めてはいけない。このまま原発ビジネスマ依存でやっていっても日本はうまく行かないのは、東芝や三菱で明らかだから。

by hiroseto2004 | 2018-07-05 16:17 | エネルギー政策 | Trackback
伊方原発3号機運転差し止めを命じた仮処分にたいして四国電力が異議を申し立てている異議審二回目。
広島高等裁判所が住民側が申請した火山学者など証人を却下。住民側は裁判官の忌避を申し立てました。
e0094315_23025896.jpg


by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:35 | エネルギー政策 | Trackback
安倍ジャパンはエネルギー基本計画を閣議決定。
相変わらず破綻している核燃サイクル維持。
そして、原発事故も収束していないのに原発輸出。
他方で原発新増設には触れず、脱原発世論には配慮のつもりでしょうが、国内で新増設できないからと言って輸出とは?!



by hiroseto2004 | 2018-07-03 21:52 | エネルギー政策 | Trackback
東京電力東通原発って何ですか?!

青森県の東通に東京電力が原発をつくると鼻息が荒い。
そもそも、電力が自由化されたとはいえ、関東地方が主たる営業区域の東電が青森県に原発って誰もが違和感を持つだろう。遠くから送電するより近くのから送電するほうがロスが少ないに決まっているから。
やはり東京電力は狂っています!
by hiroseto2004 | 2018-07-01 18:19 | エネルギー政策 | Trackback
伊方原発差し止め異議審の第二回が7月4日、広島高裁であります!

by hiroseto2004 | 2018-07-01 12:31 | エネルギー政策 | Trackback

中国電力は、株主総会でも【原発運転再開を目指す】と開き直り。




More
by hiroseto2004 | 2018-07-01 08:50 | エネルギー政策 | Trackback
「誰のための原発輸出? 英・ウェールズの住民来日セミナー」
「福島の声をトルコへ」 木幡ますみ(福島県大熊町議員)トルコ訪問報告会
~ Sinop Nukleer istemiyor シノップに原発はいりません

*木幡さんのトルコでの報道記事の一部(トルコ語、写真多数)
https://yesilgazete.org/blog/2018/04/29/fukusima-tanigi-masumi-kowata-ile-5-gun/ 
http://bianet.org/bianet/ekoloji/196526-fukusima-tanigi-sinop-ve-akkuyu-bizim-kasabamiza-benzemesin
*映画「沈黙しない人々」の5分間バージョン https://vimeo.com/180398868 
本編37分は、6月2日に上映

*参考記事 【東洋経済】『日立、三菱重工が挑む 原発輸出のジレンマ ~ 英国政府の支援拡大は日立への福音か。三菱重工はトルコで悪路が続く』 → 下にあります
「・・・それでも日立も三菱重工も原発輸出をあきらめられない。国内で原発新設の望みが薄い中、技術を含めて原子力事業を維持するために海外で原発を造るしかない、という強迫観念がある」

**************************************

■誰のための原発輸出? 英・ウェールズの住民来日セミナー

日立の子会社であるホライズン・ニュークリア・パワーがイギリス・ウェールズでウィルヴァ・ニューイッド原発建設計画を進めています。このプロジェクトには政府が100%出資する国際協力銀行による融資や、日本貿易保険による付保が検討されていると報道されています。ウェールズ現地では住民が20年以上にわたり新規原発の建設に反対の声を上げてきました。新たに建設される原発のコストは、電気料金としてイギリス国民に跳ね返ってくる恐れがあります。ウェールズ現地の住民ら*が来日し、事業がもたらす地元の環境や社会への影響についてお話しします。

*「PAWB(People Against Wylfa B/ウィルヴァB原発に反対する人々」のメンバー
(ロブ・デイビーズ、リンダ・ロジャーズ、メイ・トモズ)

★福島 5月26日(土)14:00~16:30(開場13:30)
福島県青少年会館 第一研修室
共 催 FoE Japan、ふくしま地球市民発伝所
協 力 ふくしまWAWAWA-環・話・和-の会、フクシマ・アクション・プロジェクト、NPO法人シャローム災害支援センター、認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト、ゼロFuku 
http://www.foejapan.org/energy/export/180526.html

★東京 5月30日(水)16:30~19:30(開場16:15)
衆議院議員会館第二 第1会議室
主 催 FoE Japan
協 力 原子力資料情報室、グリーンピース・ジャパン
http://www.foejapan.org/energy/export/180530.html

★大阪 5月31日(木)18:15~20:45(開場:18:00)
うめだ総合生涯学習センター第一研修室(梅田第2ビル5F)(110名)
共 催 FoE Japan、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
協 力 グリーン・アクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、グローバル・ジャスティス研究会、原発の危険性を考える宝塚の会、さいなら原発・びわこネットワーク、さよなら原発神戸アクション、さよなら原発なら県ネット、脱原発
へ!関電株主行動の会、チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西、とめよう原発 ! 関西ネットワーク、若狭の原発を考える会
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1109

**************************************

■「福島の声をトルコへ」 木幡ますみ(福島県大熊町議員)トルコ訪問報告会 ~
~ Sinop Nukleer istemiyor シノップに原発はいりません
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1116

トルコ北部の街シノップでは日仏企業連合による原発建設が計画されています。その一方、トルコでは1970年代から反原発運動が続いています。またトルコの人々はチェルノブイリ原発事故による汚染被害も経験しました。「チェルノブイリの日」に合わせ毎年4月にシノップで開催される反原発集会に福島県大熊町議員の木幡ますみさんが今年参加し、福島原発事故の経験を伝えました。日本の原発輸出に反対するトルコの人々との交流について、木幡さんが報告します。木幡さんの報告と合わせ、トルコの反原発運動を描いたドキュメンタリー映画* も上映します。

日  時 6月2日(土)14:00~16:30(13:30開場)
会  場 新大阪丸ビル新館 606号(JR新大阪駅東口より徒歩3分・70名)
参加費 800円(学生500円)/参加申込不要
主  催 ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
連絡先 080-6174-8358(佐藤)
チラシ → http://nonukesasiaforum.org/japan/wp-content/uploads/2018/05/180602.pdf

*「沈黙しない人々」監督・撮影・編集:森山拓也/37分/横濱イ
ンディペンデント・フィルム・フェスティバル2017 準優秀作品

**************************************

*参考記事 【東洋経済5.26号】「日立、三菱重工が挑む 原発輸出のジレンマ ~
英国政府の支援拡大は日立への福音か。三菱重工はトルコで悪路が続く」
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/18112

●日本企業による“原発輸出”は実現するのか。

「バンカブル(融資可能な状況)にして2019年のFID(最終投資決定)を迎える」(日立製作所の東原敏昭社長)

「いろんな形で可能性を追求しながら、FS(フィージビリティスタディ=実行可能性調査)を続けている」(三菱重工業の宮永俊一社長)

日立は英国で、三菱重工はトルコで原子力発電所のプロジェクトを進めている。18年3月期決算発表の場で、両社長はそれぞれの状況をこう説明した。

先行するのは日立だ。12年に英国で原発事業会社ホライズン・ニュークリア・パワーを892億円で買収。自らが発注元となり自社製原発の採用を前提に許認可作業を進めてきた。昨年12月には包括設計審査が完了。英国政府などと調整を続けている。

5月3日には中西宏明会長がテリーザ・メイ英国首相と現地で会談。原発事業を純民間企業だけで手掛けるのは困難さが増していることから、英国政府の支援拡大を求めた。

●建設費用は急上昇

電力事業は、先行投資を運転開始後に長期間かけて電力料金で回収していくビジネスモデルだ。これは火力や水力も基本的に同じだが、原発の場合、初期投資が巨額になりすぎている。

00年代半ばに100万キロワット級原発1基の建設費用は5000億円といわれた。だが、01年の米同時多発テロや11年の福島第一原発事故を受けて強化される安全規制への対応に費用はうなぎ上り。最近では1基1兆円でも足りない状況だ。

必要な金額は資本と負債(融資)で調達する。だが、原発は着工から運転開始まで早くても5年、トラブルがあると10年超も珍しくない。この間も金利はかさんでいく。プロジェクト費用が膨らめば、回収までの期間も長期化する。

当初1兆円台半ばといわれていたホライズンの総事業費は、3兆円超に膨らんだとされる。現状のままでは「バンカブル」は遠い。

これまで同プロジェクトに対し、日英政府は支援姿勢を表明してはいた。が、条件までは固まっていなかった。今回の会談では英国政府は約2兆円の融資を保証する方針を示したとされる。ただ、これでプロジェクトを進めていいかというと、そう単純ではない。

現状、ホライズンは日立の100%子会社である。ホライズンが子会社だと原発の機器納入を含む建設事業は連結決算では内部取引のまま。収益計上が認められないだけでなく、バランスシートが膨れ上がる。

建設は日揮や米ベクテルとの合弁で行う方針だが、主体が日立である事実は変わらない。建設費用の超過リスクから日立は逃れようがないのだ。

このため、従前から日立は最終的な投資実行には「ホライズンをオフバランス(非連結化)にするのが条件」(西山光秋・最高財務責任者)と明言してきた。

両国政府が企業連合を組成し、3分の1ずつ出資する案が検討されている。とはいえ本当に出資企業が現れるのか定かではない。というのも、事業性のカギを握る電力料金が見通せないためだ。

英国には原発導入を後押しするために、発電した電力を固定価格で買い取る制度がある。安定的な電力料金を保証されれば、巨額投資の回収予見性は高まる。

先行する別の原発プロジェクトは1000キロワット時当たり92.5ポンド、35年間で契約されている。これは契約時での卸電力価格の2倍以上の水準だった。その差額は電力利用者(英国民)が負担することになるため、政治問題化してしまった。

この影響もあり、ホライズンの買い取り価格は決まっていない。先行案件よりも引き下げられるのは確実視されている。総費用が増加する中、採算が取れる電力料金は設定されるのか。

「買い取り価格が高く決まっても、市場価格との差が広がれば絶対に引き下げられる」という懸念を示すのは、海外事情に詳しい原子力推進派の財界人だ。

もともと原発は初期投資こそ高いが、燃料費は高いガス火力はもとより、石炭火力よりも安い。ただ、風力など再生可能エネルギーによる発電は、燃料費がかからない。足元の原油高は追い風だが、再エネの電力が普及しているため、電力市場には下方圧力がかかり続ける。

●あきらめられない両社

採算性が見えないのは三菱重工の案件も同じだ。

トルコ案件のFSに参加してきた伊藤忠商事は、決算発表の場で正式に撤退を表明した。岡藤正広会長は「費用が倍になっている」(*4基で4兆円以上)と理由を説明。「(三菱重工は)降りられないから大変だ」と同情を寄せた。

安定的な発電能力や、CO2排出の少なさから、一定の原発が必要という考えはわからなくはない。そうした観点から英国もトルコも原発新設を進めてきた。ならば、当該国が電力料金を含めて原発の成り立つスキームを作るのがスジだが、現実は心もとない。

ビジネスにリスクがあるのは当然でも、海外での原発事業はリスクとリターンのバランスが取れていないように思える。

それでも日立も三菱重工も原発輸出をあきらめられない。国内で原発新設の望みが薄い中、技術を含めて原子力事業を維持するために海外で原発を造るしかない、という強迫観念がある。

東芝や仏アレバが海外原発で会社解体の危機に追い込まれた記憶はまだ新しい。日立の中西会長は原発事業について「原子力は一度手掛けた以上やめられない。廃炉の面倒を誰が見るのか」と繰り返してきた。やめられない事業のためにという気持ちがある中で、冷徹な判断ができるのか。

**************************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://www.nonukesasiaforum.org/japan/
https://www.facebook.com/nnafjapan
by hiroseto2004 | 2018-05-26 15:54 | エネルギー政策 | Trackback

日立よ、平成の牟田口廉也中将になることなかれ

牟田口廉也中将といえば、第二次世界大戦でも最悪の無謀なインパール作戦で悪名高い。まさしく阿鼻叫喚の地獄を自ら招いた。

今、日立はイギリスでの原発計画で苦戦中だ。金が集まらないし、市場価格より高い電気しか作れず、採算もとれそうもないのだ。

このまま突入すればインパール作戦と同じことになる。

安倍晋三が進める原子力立国という国策の遂行のために破滅を招けば、日立は牟田口中将にうり二つになる。

安倍ジャパンの「原発推進戦争」に乗り続けて破滅を招いていいのか?そのことを問いたい。

by hiroseto2004 | 2018-05-21 13:06 | エネルギー政策 | Trackback
伊方3号機の運転停止の延長を求め、本日14時に、新たな仮処分の申し立てが広島地裁で行われます。
伊方3号機についてはすでに運転停止を命じる仮処分が下っていますがその延長を求めます。

by hiroseto2004 | 2018-05-18 11:12 | エネルギー政策 | Trackback