エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島市政(広島市議会)( 350 )

中石ひとしさん(日本共産党推薦)。
3月9日告示・3月18日執行の広島市議会議員・安芸区補欠選挙にチャレンジされます。

e0094315_16162504.jpg

今回の選挙は、自民党の熊本憲三議員が政務活動費詐欺の被疑事実で在宅起訴され、辞職したことを受けてのものです。

熊本前議員は「無罪だ」と主張しながらお金は返す、などの矛盾した対応を取っています。
また、「裁判闘争に専念するため、議員を辞め」「妻を後ろから支える」として妻を擁立することを表明。
こうした経緯には自民党支持者も含め、「安芸区民の良識が問われる」という怒りが広がっています。

中石ひとしさんと日本共産党は、これまでの日本共産党の実績(全国では廃止方向の費用弁償受け取り拒否、海外旅行不参加など)も踏まえたクリーンで住民の暮らし・福祉を守る市政を訴えています。さらに、「西高東低」と言われるように、安芸区の議席を独占してきた自民党(中心の議会)があまり重点を置いてこなかったために遅れている安芸区民の要求(バイパス実現、住民の願いに寄り添った高架化)の実現を訴えています。

本社社主の本籍地は安芸区です。

安芸区では4議席とも自民党独占という政令市でも珍しい状況が30年以上、続いています。
その状況に風穴をあけ住民の暮らし・福祉を守るクリーンな市議会へ、頑張っていただきたいものです。

by hiroseto2004 | 2018-03-17 19:59 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
2月22日の広島市議会の総括質疑です。市議会FBページより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日(2月22日)行われました安達議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/VOAfKb0Ihow
【質問項目】
1 認知症施策の推進について
2 孤立化する子育て家庭への支援について
3 電子母子健康手帳について
4 今こそ、核兵器廃絶に向けた協働を!

本日(2月22日)行われました木戸議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/zZokVWRPNRM
【質問項目】
1 特定健診と重症化予防の取組について
2 教育問題について
3 保育士の確保策について
4 有害鳥獣対策について
5 高陽地区へのスマートインターチェンジについて


by hiroseto2004 | 2018-02-23 08:30 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
2月21日も広島市議会の総括質疑が行われました。
e0094315_09193252.jpg

本日(2月21日)行われました藤井議員の総括質問の録画中継を公開しました。

(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/TeVx7EwwQC0
【質問項目】
1 核兵器廃絶と憲法9条について
2 米軍岩国基地の再編・強化について
3 子どもの医療費補助制度について
4 中学校給食について
5 生活保護について
6 国民健康保険について
7 介護保険について

本日(2月21日)行われました太田議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/EACOINYncmI
【質問項目】
1 平和について
2 教育について
3 広島広域都市圏発展ビジョンについて
4 障害者福祉について
5 公共交通について
6 駐輪場の整備について


本日(2月21日)行われました酒入議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/LYKM6UpQsMo
【質問項目】
1 自治体基金について
2 中学校の部活のあり方について
3 高齢者施策・地域活性化について
4 200万人広島都市圏構想について


本日(2月21日)行われました元田議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/LlQOPgIusWg
【質問項目】
1 水道事業の広域連携について
2 マンホールトイレの整備について


by hiroseto2004 | 2018-02-21 18:28 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島市議会2月定例会です。
4人の議員が総括質疑を行います。
e0094315_09193252.jpg



by hiroseto2004 | 2018-02-21 09:19 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

本日(2月20日)行われました桑田議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/9krWxqJsL0E
【質問項目】
1 平成30年度当初予算について
2 200万人広島都市圏構想について
3 放課後児童クラブについて
4 高齢者いきいき活動ポイント事業について
5 サッカースタジアムについて
6 時間外勤務について
7 教育の人材確保について

本日(2月20日)行われました米津議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/cSNfW1pB824
【質問項目】
1 発達障害などのある子どもへの支援について
2 データヘルス計画について
3 「がんとの共生」について
4 子どもの貧困について



本日(2月20日)行われました森野議員の総括質問の録画中継を公開しました。
(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/XKV-fNowXr8
【質問項目】
1 都心の活性化について
2 いじめ問題について
3 広島広域都市圏地域共通ポイント制度について


本日(2月20日)行われました宮崎議員の総括質問の録画中継を公開しました。

(こちらからご覧ください)
https://youtu.be/FTPLbt0rRO4
【質問項目】
1 スポーツの振興について
2 恵下埋立地(仮称)建設工事の遅れについて
3 主要地方道広島湯来線の整備の進捗状況について

by hiroseto2004 | 2018-02-20 18:53 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
e0094315_13594589.jpg
e0094315_14050230.jpg
e0094315_14051183.jpg





本社社主・さとうしゅういちは、2月19日、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説を実施しました。
前日の平昌五輪・スピードスケート女子500mの金メダル・小平奈緒選手と李相花選手が健闘をたたえ合ったことに言及。
また、国連事務総長も「平和的解決のチャンスを逃すな」と発言したことを受け、改めて、朝鮮戦争の終結と北東アジアの非核地帯構築こそ大事だ、と力を込めました。さらに、安倍総理や河野外相に対しては「朝鮮の脅威をあまり関係の無い国に吹聴する暇があるなら
日本も拉致解決へ向けて朝鮮と対話をしたらどうか」と提案しました。
また、直前におきた、ロシア・ダゲスタン共和国のキリスト教会での銃乱射でISが犯行声明を出したことをうけ、
犠牲者にお悔やみ申し上げると共に「テロは許せない。」「しかし、その背景も考えないといけない」
と訴えました。「米英仏露はイスラムの人たちを空爆で殺したり、植民地支配をしてきた。そういうことも背景にある。
安倍総理は、改憲して米英仏露と同じような戦争のリングに上がりたいと思っている。しかし、それは、テロを増やすことにもなる。
米英仏露と同じリングに日本は上がるべきではない、と思う。日本には日本のやり方で貢献する道がある。」
と力を込めました。
まず、16日に始まった確定申告を受け「佐川氏が国税庁長官・そして安倍総理が総理の国に税金を納めたくない」と強調
しました。
安倍・佐川体制のもとで、取りやすい庶民やサラリーマンからは取る一方、大金持ちや大手企業には甘い状態には
手を付けない、原発・武器企業や学校法人、派遣会社などの総理のお友達には甘いが、庶民の暮らしには厳しい財政運営が
続いていることに改めて怒りを表明し、そうした状況を改めるためにも佐川氏には真相を話して頂き、安倍総理にはご退場頂くしか無い、と強調しました。

さらに、質問が違うアンケートを根拠に、
「裁量労働制の方が一般労働者より労働時間が短い」
とした答弁を総理が行い、これを撤回した問題に関連し、
「そもそも、政府は、裁量労働制を契約社員や最賃社員にも適用可能としている。こんな法案は撤回すべきだ。」
「さもなくば、カープの試合を家や球場で見られるどころか、スポーツニュースの時間でも帰ることが出来ず、さらには
給料も前よりも減るという最悪なことになる。」
などと力を込めました。

後半では、地方自治について取り上げました。
広島市安芸区選出の熊本憲三議員が辞職した問題をまず取り上げました。
「熊本前議員は、自分は無罪だと言うが、ではなぜ、お金を返したのか?
また、議員を辞めたのか?整合性が付かない。」
「熊本前議員は、妻を後継者として擁立し、『自分は議員を降りて裁判闘争に専念し、妻を後ろから支える』
とおっしゃったそうだが、それは一族による私物化では無いのか?」
と批判。
その上で
「安芸区は、市議4人が長年、自民党系の独占だった。毎回圧勝しまくりで、おごりもあったのではないか?」
「山陽線の高架化や、東広島バイパスなど、安芸区の懸案事項がなかなか前進しないのも、
自民系4人が安泰で、尻に火が付いていないという問題もあると思われる」
と指摘。
その上で、3月9日告示、18日執行の安芸区補欠選挙にチャレンジする日本共産党公認の「中石ひとし」さんを応援すると
表明しました。
日本共産党市議団は、全国でも理不尽な広島市議会の費用弁償制度に反対し、率先してお金を返してきたことも紹介。
「クリーンで緊張感があり、市民の暮らしと福祉を守る市政に変えていこう」
と呼びかけました。
さらに、保育や介護の現場の人員不足について取り上げました。
「老人ホームでも、職員が1人、体調不良で休んだだけでも、現場はわやくちゃになる。
保育園でも同様の状況があると伺っている。」
「松井さん(市長)も手をこまねいているわけでは無い。ただし中身が問題だ。
年間12000円、市と施設の折半でお金を出して、保育や介護で働く人に買い物券をくれるという内容だが、そんなことでは
実効性は無い。介護報酬を下げられて、大変な事業所も多いのだから、制度が浸透しないのは当たり前だ。」
と指摘。
千葉県松戸市では保育士に47000円から72000円を支給する松戸手当を支給していることを紹介し
「実効性のある保育・介護などの労働条件引き上げを」
と力を込め
2019年の統一地方選挙(市議、市長、県議選)では、そうした方向の市長や議員を選ぼう、と訴えました。





by hiroseto2004 | 2018-02-20 14:06 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
e0094315_16162504.jpg
グリーンで住民の暮らし・福祉を守る市議会を!


by hiroseto2004 | 2018-02-17 16:16 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

【安芸区・中石ひとしさん総決起集会のお知らせ

広島市安芸区の市議補選に立候補を予定する、元広電運転手の中石ひとしさん(共産党)の総決起集会が、今週末に行われるそうです。

2月17日(土) 16時30分〜
安芸区民文化センター 3階大広間

党の関係者、支持者以外の方の参加も大歓迎で、すんごい盛り上げたいとのこと!

安芸区民文化センター・アクセスマップ
http://www.cf.city.hiroshima.jp/aki-cs/access/index.html

☆中石ひとしさん・まめ知識
音戸町生まれ、現在は安芸区船越地区に在住
電車の運転手をしていたけど、趣味はバイクに乗ること


by hiroseto2004 | 2018-02-17 15:00 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

「浸透しない」ではなく「実効性がない」広島市の保育・介護人材確保策

どこでもそうだが、どこの老人ホームも人手不足。正直、ご入所者に怪我のないようにするだけで精一杯である。保育園も大差はない。

そうした中、広島市も人材確保対策は一応している。


制度に登録した介護・保育事業者と市の折半で一年間で12000円の買い物券を労働者に出すと言う。


ひろしま保育・介護人財サポート事業


しかし、中国新聞によるとこの制度は「浸透していない」という。

わたしに言わせれば「浸透していない」ではない。
実効性がない、だろう。


そもそも、月千円で人材確保なんて無理だ。
さらに、事業者(雇い主)に負担が生じる、買い物券を使える店も限られているなどネックが多すぎる。

これでは実効性がないのは当然である。


松戸市は保育士に月47000円から72000円の手当(松戸手当)を出している。

広島市と松戸市を単純に比べられないが、それでも、あまりに違いすぎる。


広島市議会では、2月15日から2月定例会が始まった。

平成30年第1回定例会 平成30年2月15日~3月27日

広島市議会議員のみなさまも、頑張って頂きたいものだ。


by hiroseto2004 | 2018-02-16 21:10 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

【広島市議安芸区補選・2人が立候補へ】

税金が原資である政務活動費をだまし取ったとして、詐欺罪で在宅起訴された、安芸区選出の熊本憲三市議(自民党所属)の辞職に伴う補欠選挙が3月18日に投開票されます。

これに、熊本氏の後継者として、妻の熊本純子氏と、日本共産党の中石仁氏の2名が立候補する意思を固めました。

補欠選挙の経緯が経緯です。

税金の使い道について問われる選挙でなくてはなりません。


by hiroseto2004 | 2018-02-09 22:41 | 広島市政(広島市議会) | Trackback