エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島県政(広島県議会)( 506 )

広島のサッカースタジアム問題で「中央公園にしぼり込み」という報道がありました。しかし、知事は否定。引き続き協議とのことです。
正直、行政と商工会議所で話し合ってらちが明かないなら住民投票で決めたらどうか。
この手の問題は市民の間でも意見が割れるから支持者離れを警戒して議員も動きずらい。結局、結論が先送りになる。住民投票が馴染みやすいと思う。広島市には住民投票条例があります。また広島県でも住民投票条例をつくって今後に備えたらどうですか。


by hiroseto2004 | 2019-01-15 15:15 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
どうせなら卒業後「県内で仕事をすることを条件」に「県立広島大学学費無料」のほうが良いのでは?

現知事は給付型奨学金を導入した。しかし、対象が住民税非課税世帯に限られている。課税世帯(中間層)でも相当いまや生活は苦しい。今のままでは却って分断を広げることにもなりかねない、とおもう。

また、現知事はグローバルエリート養成中高・叡智学園を目玉施策としている。

しかし、県税を投入したとしても、卒業生は、グローバルには活躍しても、広島県への貢献としてはどうなのか?考えてしまう。こういうことは、私学でやる分にはかまわない(長野県に私学で先例がある)が、県がやるというのはなじまない。

むしろ、世帯の所得関係なく、卒業後に県内で仕事をすることを条件に県立大学を無償化する、などしたほうが、広島県に若者を呼び込めるのではないか?(すでに導入が決まっている奨学金返済支援を応援する施策と合わせれば良い。)

繰り返す。所得で補助対象を区切ることは分断を広げる。また、高校時代に海外経験をお持ちの知事の趣味のような事業は、県の直営でやるには馴染まない。

by hiroseto2004 | 2019-01-10 22:20 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島県の保育士確保予算1.3億円
広島県の来年度予算案では保育士確保予算が1.3億円という。保育士が無償化対象外の自分の子どもを保育園に預けた場合の負担軽減、及びマッチング予算という。保育士が県内では1000人足りないという。
1.3億円でこの内容ですか。正直、実効性に疑問符がつく。松戸市がやっているような保育士に一律手当を支給、の方が良いのではないか。予算がないといっても、広島県知事もそもそも知事の趣味のような事業をやっている場合ではなかったと思う。自分の趣味のような事業をやるならポケットマネーでやればよろしい。知事は自分の趣味のためではなく県民のために仕事をやるべきだ。
by hiroseto2004 | 2019-01-10 12:03 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
「広島のマクロン」県政からチェンジ!2021広島県知事選挙を前に【備忘録】

現知事は、端的に言えば「広島のマクロン」である。
育休取得や女性教育長任命など一定程度のリベラルっぽさを出しつつも、県民、特に圧倒的多数の中間層を置き去りにしている。

リベラルっぽさを当初売りにしながら、新自由主義をばく進したフランスのマクロン大統領に似ている。

現知事は、グローバルエリート養成中高などには熱心だが、既存学校で教員不足が深刻だ。

また、西日本大水害では、ハード面の不十分さも明らかになった。ある程度県がハード面もきちんと対応する姿勢を示さないと、県民に災害への危機感は伝わらない。危ないときに避難しようと言う気持ちも起きにくい。

低所得者層向けには給付型の奨学金や朝食提供などアリバイ的な施策も出している。しかし、中間層にも大きく広がる生活困難層が置き去りになっている。

教育、交通、住まい(再建も含む)、介護など幅広い分野で中間層も含めた生活不安、生活困難に現知事は冷淡だ。

むろん、初当選時は、住民や職員の意見もよく聞くなどの姿勢も見られた。旧態依然だった広島県政に風穴を開けた功績はある。鞆の浦埋め立て架橋中止などは一期目の置きみやげだ。

しかし、今や現知事は歴史的な使命を終えた。

平和政策では、平和祈念式での挨拶は悪くない。しかし、核兵器禁止条約から距離をおく、2045を核兵器廃絶の目標にするなど「志の低さ」も目立つ。
2021広島県知事選挙では県民の生活困難に寄り添う県政に転換しよう。住まい、医療・介護、教育、防災、交通などでの県民の不安にこたえる県政に転換しよう。平和を訴える広島に相応しい生存権を保証する県政に転換しよう。

by hiroseto2004 | 2019-01-06 17:31 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島市長。核兵器廃絶について、リーダーシップを求められると「とんがらなくていい」と逃げたと言う。情けない!
大型事業は、問答無用といわんばかりに無謀なまでに突き進むのに、だ。

広島県知事も志が低い。核兵器廃絶が2045年目標だと言う。がっかりだ。

歴史と言うのは動くときには、世論を背景に一気に動くもの。その先頭に立つと言う気概がない。

こんな市長も知事も変えなければならない。

by hiroseto2004 | 2019-01-05 09:24 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
地元の反対運動を押しきって着工も、工事費オーバーの前代未聞の不祥事の広島高速5号線トンネル、今度は掘削機が壊れて工事がストップ。
広島市長!県知事!どうなってるんですか?!
by hiroseto2004 | 2018-12-19 18:20 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
2012年に、埋め立て架橋計画を撤回した広島県。それから6年です。「まだ良かった頃」の湯崎知事の置きみやげです。


by hiroseto2004 | 2018-12-17 19:41 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
「ピースワンコ」を巡る疑惑は、全国区の問題になりました。
そして、この問題の一番の責任は、実は広島県にある。
「こんな団体」に、表面的な「殺処分ゼロ」のために、犬を引き渡してきた。
殺処分はゼロでも、虐待され、非業の死を遂げる犬が多くなっては何のことやら
分かりません。去勢手術をきちんとすることです。その基本をしていない団体なんて他に無いそうです。考えられません。



by hiroseto2004 | 2018-12-16 21:19 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
マクロンって広島の現知事にも似ているな(笑)

マクロンって新自由主義という意味では安倍総理はもちろん、広島の現知事にも
似ていますね。
軽いノリもそっくりである。
現知事は、災害を
「ピンチをチャンスに」
なんて言ってしまうあたりがマクロンに似た軽さだ。
現知事は、総理よりはジェンダー観はリベラルだろうから、
マクロンに近いと言えば近い。

by hiroseto2004 | 2018-12-12 10:46 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島県の動物愛護団体「ピースワンコ・ジャパン」。
不祥事がついに全国区で報道されてしまう事態になりました。
問題は、この団体が「ふるさと納税」で支えられてきたことです。
それ相応の説明責任が求められます。


by hiroseto2004 | 2018-12-08 19:42 | 広島県政(広島県議会) | Trackback