人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:ジェンダー・人権(裁判)( 238 )

ゴーン被疑者保釈へ。
長期勾留は良くない。
だが、労働運動や反原発運動、沖縄の反基地運動関係者などが不当に長期勾留された時にはだんまりで、今、ゴーン被疑者の時だけ問題にしている方にはひと言申し上げたい。
「何であのとき黙っていたのですか?」

by hiroseto2004 | 2018-12-20 22:12 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
フランス世論に見捨てられたゴーン被疑者と日本人が取り組むべきこと(備忘録)

ゴーン被疑者を擁護する声がフランスでも低調と言う。今は「反新自由主義」がトレンド。ゴーン被疑者にとってはフランス世論も逆風だろう。

日本のいわゆる人質司法は問題だが、労働運動関係者が不当逮捕されてもろくに声を上げていなかった日本人(それも左翼の一部も含めて)がゴーン被疑者のときだけ文句を言うのもおかしい話だ。それこそ、不公正だ。新自由主義に甘いと言われても仕方がないだろう。デモのフランス人が聞いたら呆れるのではないか?

やはり普段からきちんと日本国内の不味い点ををただしていく作業の積み重ねが(日本人が取り組むべきことの)基本だろう。それが決定的に日本は不足していたと思う。
by hiroseto2004 | 2018-12-14 20:16 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
スリランカ内戦についての資料です。
スリランカ政府を国際法廷で裁くことはアメリカが難色を示しています。
スリランカ政府のタミル人虐殺を許さない!

by hiroseto2004 | 2018-05-13 05:32 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
飯塚事件。「犯人出ない人を死刑にしてしまった」可能性が高いと
指摘される事件です。
今回の高裁の決定は、裁判官が検察・警察のミスをかばった、としかいいようのない、不当決定ですね。


福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された飯塚事件で、福岡高裁は6日、殺人罪などで死刑が確定し、執行された久間三千年(くまみちとし)・元死刑囚(執行時70)の再審請求を退けた福岡地裁決定を支持し、弁護側の即時抗告を棄却した。岡田信裁判長は「犯人であることが重層的に絞り込まれている」と判断した。弁護側は特別抗告する方針。

 確定判決によると、久間元死刑囚は92年2月20日、飯塚市内で7歳の女児2人を車に乗せた後に首を絞めて殺害。遺体を約20キロ離れた同県甘木市(現・朝倉市)の山中に遺棄した。

 元死刑囚は捜査段階から一貫して無罪を主張したが、2006年に最高裁で死刑が確定、08年に執行された。翌年に元死刑囚の妻が福岡地裁再審請求したが14年に棄却され、即時抗告していた。

 即時抗告審では、女児の遺留品が発見された現場付近の車の目撃証言や、DNA型鑑定、血液型鑑定の信用性などが争われた。

 車の目撃証言は、遺留品の発見現場付近を車で通りかかった男性が、反対車線に停車中の車を見たというもの。男性は元死刑囚の車と特徴が似た「紺色、ワンボックスタイプ、後部が(左右2本ずつの)ダブルタイヤ」などと詳述した。

 弁護側は、男性の目撃証言が変遷したうえ、男性を聴取した警察官が元死刑囚の車の特徴を事前に調べていたなどとして「誘導があった」と主張していた。

 高裁決定は目撃時の状況などを踏まえて、地裁決定と同様に「目撃証言の誘導をうかがわせるとは言えない。目撃証言の信用性は揺るがない」と指摘した。

 飯塚事件のDNA型鑑定は、再審で無罪が確定した足利事件と同じ手法で、ほぼ同時期に警察庁科学警察研究所が実施した。弁護側は「真犯人の可能性のある型が見つかった」と訴えたが高裁も認めなかった。科警研が実施した血液型鑑定に関しても「技官の証言は信用でき、不合理だったとはいえない」と判断した。

 足利事件では再鑑定で当時の鑑定の誤りが判明したが、飯塚事件では試料が残っておらず再鑑定できなかった。

 地裁決定はDNA型鑑定について「確定判決の当時より慎重に検討すべきだ」と指摘する一方で、他の証拠を総合評価して「高度の立証がなされている」と結論付けた。高裁は「地裁決定に不合理な点はなく、正当なものとして是認できる」と判断。元死刑囚について「犯人だと認定するのが相当」とした。(一條優太)

     ◇

 〈飯塚事件〉 1992年2月、福岡県飯塚市で小学1年の女児2人が登校中に行方不明になり、約20キロ離れた同県甘木市(現・朝倉市)の山中で遺体が見つかった。94年に久間三千年・元死刑囚が逮捕され、殺人罪などで起訴された。

 元死刑囚は捜査段階から一貫して無罪を主張。福岡地裁は99年、状況証拠を積み重ねて有罪認定し、死刑を言い渡した。2006年に最高裁で刑が確定。2年後に死刑が執行された。

 09年に元死刑囚の妻が福岡地裁に再審を請求。14年に棄却され、福岡高裁即時抗告していた。


by hiroseto2004 | 2018-02-12 15:18 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
倉敷民商事務局員の禰屋町子さんが会員の建設会社の所得を少なく偽った確定申告書を作成した、として逮捕・起訴された事件。広島高裁岡山支部の永井秀典裁判長は1審の有罪判決を取り消し、岡山地裁に差し戻しました。そもそも、建設会社社長自体は逮捕も拘留もされていないわけで、民商事務局を狙い撃ちにしたとしか思えない事件でした。



by hiroseto2004 | 2018-01-14 15:08 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
山城博治さんの長期拘留について、アムネスティが即時釈放要求です。

【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は26日、名護市辺野古の新基地建設や米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯建設への抗議行動で、威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴され、長期勾留が続いている沖縄平和運動センター議長の山城博治さんの即時釈放を求める国際的なキャンペーンを始めた。賛同者に安倍晋三首相や西川克行検事総長に対し、山城さんの即時釈放や適切な医療提供、家族との面会など求める書簡などを送るよう呼び掛けている。

 思想信条を理由に拘禁された「良心の囚人」に山城さんを認定することも検討している。日本の人権意識が国際社会で問われる異例の事態となっている。

 アムネスティは悪性リンパ腫の治療を続ける山城さんの健康状態が悪化している点を指摘。裁判所が2月20日までの勾留期間を延長する可能性と、家族との面会が許されていない現状を問題視した。

 日本全国の刑事法研究者が「正当な理由のない拘禁であり、速やかに釈放されねばならない」との声明を発表したことも紹介。国際人権規約にある勾留は「合理性」や「必要性」「比例性」の有無で、勾留が妥当か検討しなければならないとし、国際人権法を順守するよう求めた。また日本政府は県民の強い反対にもかかわらず、米軍基地の建設を続けており、山城さんの逮捕は、抗議活動を萎縮させているとの見方を示した。

 アムネスティは「緊急行動」と題して(1)公判までの釈放を適用すべきでないと証明されない限り、即時に釈放(2)速やかに適切な医療提供、家族との面会を保証(3)表現の自由、平和的集会などの権利や拘禁者の人権を尊重-の3点を安倍首相や西川検事総長宛てに書簡やフェイスブック、短文投稿サイト「ツイッター」で求めるよう求めている。

 アムネスティが認定を検討している「良心の囚人」は、これまでミャンマー民主化指導者のアウン・サン・スー・チーさんらが認定されている。




by hiroseto2004 | 2017-01-29 17:01 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
伊方原発が8月12日、運転を再開してしまいました。
そうした中で伊方原発運転差し止め広島裁判の第二回口頭弁論が広島地裁で行われました。
3月11日に提起されたこの裁判は、これで、原告と被告・四国電力双方の主張一応出そろった形になりました。
報告集会では、福島からの避難者でもある原告からも訴えがありました。
次回11月30日は、8月3日に二次提訴した原告の皆様の意見陳述になります。
また、同時並行的に、本訴訟の判決が出るまでの間、運転差し止めの仮処分を求める申し立ての審尋は9月13日(火)に第四回、9月20日(火)に第五回審尋が行われます。






e0094315_13164233.jpg
e0094315_19402018.png
e0094315_06391604.png
こんなことになるまえに、なんとしても伊方原発停止を勝ち取りましょう!



by hiroseto2004 | 2016-08-22 17:46 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
広島ブログ
労働契約法第20条に基づき、非正規労働者への差別撤廃を求める初めての裁判となった東京メトロ売店の非正規労働者による裁判。2月8日に第14回口頭弁論が行われています。
次回は4月25日午前10時東京地裁631法廷です。
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/8fdd2dc6e63396a6de4d669bd0e2bac0

2/8 東部労組メトロコマース支部の非正規差別なくせ裁判 第14回口頭弁論報告

東京メトロ駅売店の非正規労働者らでつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が正社員との賃金差別をなくすために起こした裁判の第14回口頭弁論が2月8日、東京地裁で開かれ、40数席ある傍聴席を大きく上回る支援者が駆けつけてくれて熱気にあふれました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-16 07:38 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
広島ブログ
イラク自衛隊派遣中の事故の責任を問い、国を訴えていた元自衛官が、違法捜査で逮捕・起訴される…そんな気味の悪い事態が進行中です。

本社社主の友人でもある志葉玲さんによる報道です。

国に裏切られた元イラク派遣自衛官、逮捕されるー違法捜査での起訴、不可解な逮捕のタイミング志葉玲 | フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)2016年2月5日 8時56分配信

元イラク派遣自衛官・池田頼将さん(2014年4月、筆者撮影)
イラク自衛隊派遣中の事故の責任を問い、国を訴えていた元自衛官が、違法捜査で逮捕・起訴される…そんな気味の悪い事態が進行中だ。これは、些末な刑事事件なのか、それとも安保法制の運用にも影響を与えうる告発を権力が潰しにかかっているのか。渦中の元自衛官とその弁護士に話を聞いた。
○国賠訴訟直前の逮捕、違法


More
by hiroseto2004 | 2016-02-05 09:52 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
広島ブログ

【支局長無罪 韓国大統領の暴走と司法・メディアの良心】
産経新聞のソウル支局長(当時)が、朴大統領の誹謗中傷を行ったとして起訴された事件。17日午後、ソウル地裁で無罪判決が言い渡されました。



More
by hiroseto2004 | 2015-12-19 09:53 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback