人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:介護・福祉・医療( 424 )

保険料を9割減額するくらいなら、もはや、制度は廃止すべきです。

参院で、後期高齢者医療制度廃止法案が可決されました。

病気のリスクが高い高齢者を分離したことは結局は差別にもつながります。

高齢者が増えれば医療費も増えるのは当然です。

「大きな政府」にするのをかたくなに拒んできたつけも出ています。

政府は、後期高齢者医療制度を廃止してください。自民党が多数の衆議院でも廃止を受け入れるべきです。

それとともに、非正規雇用者は国保には入ることになっていますが、国保料が非常に重いのです。

正規雇用者以外はセーフティネットが手薄という現状を打破する改革が必要です。

すべての人にセーフティネットを!

<後期高齢者医療>廃止法案、参院で可決
6月6日11時40分配信 毎日新聞


 野党4党が共同提出した後期高齢者医療制度廃止法案は6日午前の参院本会議で、野党の賛成多数で可決された。ただちに衆院に送られたが、与党は審議未了のまま廃案に追い込む構え。こうした対応をにらみ、野党は11日に福田康夫首相に対する問責決議案を参院に提出する方針で、15日が会期末の国会は大詰めで与野党攻防が激化する。

 参院本会議では廃止法案の採決に先立ち、与党提出の岩本司厚生労働委員長(民主)の解任決議案が野党の反対多数で否決された。与党は岩本氏の委員会運営に反発、5日の厚労委の採決は欠席したが、本会議には出席して反対した。

 野党は廃止法案を5月23日に参院に提出。09年3月末で後期高齢者医療制度を打ち切り、元の老人保健制度に戻す内容。年金からの保険料の天引きを遅くとも今年10月から行わないことなども盛り込んでいる。

 これに対し、与党は年間の年金収入が基礎年金の受給水準(80万円)以下の人について保険料の「均等割り」部分を9割減額するなどの運用の見直し案をまとめた。

 しかし、野党は後期高齢者医療制度への不満は依然根強いと判断。廃止法案を多数を握る参院で可決、衆院に送ったうえで、首相問責決議案を提出する。【高本耕太】

最終更新:6月6日11時50分



保険料を9割減額するくらいなら、もはや、制度は廃止すべき_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

保険料を9割減額するくらいなら後期高齢者医療制度は廃止!と思ったら下をクリックお願いします!







保険料を9割減額するくらいなら、もはや、制度は廃止すべき_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-06 12:47 | 介護・福祉・医療 | Trackback(1)
以下の記事を読んで、ジャイアンを思い出してしまいました。
「俺のものは俺のもの。お前のものは俺のもの。」。

冗談はさておき、弱者が零れ落ちないような制度作りが必要です。

高齢者でなくても、シングルマザーで働きづめ、などという場合、全然基本的な手続きがわかっていない場合もあります。

国はそれでも「自己責任」で済ませるのでしょうか?

国の福祉制度に巣くう「申請主義」の大罪http://www.news.janjan.jp/living/0805/0805227624/1.php
桐山敬之2008/05/23
わが国福祉制度の元凶は、「申請主義」を採っていることだ。国は年金保険料、介護保険料、医療保険料などなどの徴集には熱心だが、給付にミスがあっても、被害を受けた国民が「申請」しない限り、訂正しない。おまけに、申請期間には「時効」がある。これでは役人の不作為で起きる損害は防げない。国民の為にならない「申請主義」は止めるべきだ。



☆新制度導入で肥え太る暗黒の天下り基金 (日刊ゲンダイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080523-00000006-gen-ent

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/405.html

1948年の設立以来、理事長に就任した14人全員が厚労省OBという絵に描いたよ
うな天下り団体である。

(略)

さらに、この天下り団体は、後期高齢者医療制度の導入で新たな利権を手にしていた


「新制度は、これまで家族に扶養され保険料を払わずに済んだ高齢者にも負担を強い
ています。今年10月まで延期されたとはいえ、その数は180万人に達する。この
ウラで基金は、被扶養者だった高齢者の特定を一手に担うこととなり、その経費とし
て今年度だけで3.3億円もの税金が流れているのです」(民主党の長妻昭衆院議員)

年金問題で責任も取っていない歴代社保庁長官の天下り先が老人医療費の上前をはね
て焼け太り――。こんなデタラメを許していていいのか。


【歴代の理事長一覧】
名前/在任期間・社保庁長官在任期間

◆正木馨/87年8月~92年8月・85年8月~86年6月
◆北郷勲夫/92年8月~96年8月・90年6月~92年7月
◆末次彬/96年8月~02年8月・92年7月~94年9月
◆中西明典/02年9月~・01年1月~02年8月


湯浅誠さんの講演「“溜め”のない若者と貧困」
http://www.news.janjan.jp/living/0805/0805197370/1.php
ひらのゆきこ2008/05/20
「もやい」の湯浅さんは若い人たちの貧困化はお金や、人間関係、それに自信に繋がる精神的な“溜め”がない状態 であり、この小さくなった“溜め”を周りで大きくするよう温かく見守っていくことが必要と語りました。


国の福祉制度に巣くう「申請主義」の大罪_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







国の福祉制度に巣くう「申請主義」の大罪_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-23 12:28 | 介護・福祉・医療 | Trackback
法令違反などを犯した業者への立ち入り調査権限を国や自治体に与える「改正」介護保険法が成立しました。

コムスンのような事例を取り締まるのは当然です。

しかし、取り締まり強化だけで問題が解決するのでしょうか?

根本には、介護報酬が低すぎる、ということがあります。

政府は、あくまで、「介護保険は助け合い」を大義名分に、一般財源を介護に投入することを渋っています。

それどころか、給付削減を財務省は言い出す始末です。


介護保険給付2兆円カット求める「あべこべ政治」
http://www.news.janjan.jp/government/0805/0805157133/1.php


まったくのあべこべではないでしょうか?

むしろ、介護は税金でまかなう。かつて、新進党を率いていた小沢一郎さんがいわれた方向へ進むべきだと思います。

「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった
http://www.janjan.jp/living/0804/0804124777/1.php


「改正」介護保険法だけで問題は解決しない_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「改正」介護保険法だけで問題は解決しない_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-22 12:38 | 介護・福祉・医療 | Trackback
子育て参加で評判だったお父さんが、二週間で暗転。

ご記憶とおもいますが、派遣社員のお父さんが生後1ヶ月の娘に暴行し、その娘さんはなくなってしまいました。

低所得の夫婦です。お母さんも出産後すぐに、飲食店勤務に復帰し、連休中も出勤。その連休中、お父さん一人で娘を見ているときに事件は起きました。

どちらかが正社員なら育児休業をとり、育児に落ち着いて取り組めたかもしれない。

でも経済的事情がそれをゆるさない。

そして今は、地域や家族のつながりも希薄である。

そんな中、子育ては大変です。昔と違った大変さがあります。

お父さん、お母さん。苦しかったら助けを市役所など行政に求めて恥ずかしいことはありません。

心無い一部の年配者や古臭い政治家は、もっとがんばれと無責任にいいます。

しかし、今の皆さんのおかれた条件を考えたら、なんとかこどもが生きて元気でさえあればOKです。

そして政治家の皆さん。こんなケースをこれからは防ぐよう知恵を本気で絞ってください。

もう、正社員中心を想定したセーフティーネットは限界ですよ。

評判の子育てお父さんの暗転_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







評判の子育てお父さんの暗転_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-20 18:16 | 介護・福祉・医療 | Trackback
現代日本は都市型社会になったにも関わらず田舎政治なのが問題です。

いわゆる田舎でも、実は急速に都市型に移行しています。人々のニーズは道路よりも勤務医の確保、介護労働力の確保などにシフトしています。

さて、都市型社会は便利になった部分も多い反面、大変になった部分もある。

例えば子育て。

都市型社会において子どもへの寛容さがなくなっている。

昔、子どもがたくさんいた時代は、子どもが少々暴れて、他人に迷惑をかけるのにたいして、今より寛容だったと思う。

また少年犯罪も実はいまの年配者が子どものときの方がかなり多い。今の子どもはおとなしいものだ。

しかし、いまは、子どもを邪魔者扱いする人も多い。子どもがすでに大きくなったひと、子どもがいない人でも、自分が子どものときはそんなにご立派だったわけはないのに、他人の子どもには聖人君子を求めすぎだとは思う。

しかし、都市型社会において人間関係が希薄な中で、なかなか他者への共感を持ちにくいのだろう。

そのほかにも、家族の数が少ないから、子育てにさける労働力に限りがある、相談できる人もいない、など、子育てには逆風ばかりである。

子育てだけでない。多くの人が、自分の大変さを理解してもらえない状況にある。

あまりに多様化してしまったから、そして他者への共感が人々からなくなったのだから仕方がない。

こういうときは、公的なサービスを、個人を対象に拡充するしかない。

企業や家庭を通じてだとそこからこぼれ落ちる人がでるから個人に対してするしかない。

都市型社会は、大きな政府にせざるをえない社会である。

しかし、田舎政治を維持しつつの緊縮財政を日本はしたからむちゃくちゃになったのだ。

都市型社会と生きづらさと政治_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







都市型社会と生きづらさと政治_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-19 21:40 | 介護・福祉・医療 | Trackback
財務省は、介護保険の給付の抑制を求めるようです。


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20080514-OYT8T00199.htm

介護給付 2兆円削減試算…「軽度」を除外
財務省 負担軽減図る
 財務省は13日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、介護の必要性が比較的低いとされる「軽度の要介護者」を、ドイツのように完全に介護保険の対象から外すと、年間で介護給付費は約2兆900億円、国の負担は約6100億円削減されるとの試算を示した。

 40歳以上が納めている1人あたりの保険料は約1万5000円軽減されるという。

 日本の介護保険は、介護の必要性に応じて8段階で支給額を決めている。財務省は、介護の必要性が最も低い「要支援1」から「要介護2」までの5段階を「軽度の要介護者」と位置づけ、三つの試算を示した。

 他の試算では、軽度の要介護者について、韓国のように、洗濯や掃除など「生活援助」だけ介護保険の対象から外せば、年間で給付費を約1100億円、国の負担を約300億円削減でき、保険料は約800円安くなるとしている。

 また、保険対象を現在のままとし、軽度の要介護者の自己負担割合を現行の1割から2割に引き上げれば、給付費は約2300億円削減できると試算した。

 財務省は今後、介護保険制度の見直しを厚生労働省に働きかけ、社会保障費の抑制につなげたい考えだ。

(2008年5月14日 読売新聞)


以前、介護保険行政に携わった人間として、財務省の行動は、言い方は悪いが「想定内」です。

「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった
さとうしゅういち2008/04/17
社会保障費のカットが続いてきた背景には、国の「介護はまず、家族同士の「助け合い」を基本とする」という方針がある。この論法で一般会計から税金を投入することを国は認めようとしないが、税金こそ国民の助け合いのためのお金なのではないだろうか?

http://www.news.janjan.jp/living/0804/0804124777/1.php


 結局、「政府が税金拠出を渋って保険制度にした」ことが破綻したとみるべきではないでしょうか?

 軽度の要介護者の自己負担を二割になどという提案もするようです。

ですが、それではますます「保険」の意味が薄れてきます。何のために保険を払ってきたか?

 さらにいえば、介護保険は高齢者だけの問題ではないのです。高齢者を身内に抱える家族にとっても大問題です。

 昼間は外で働いている家族にとり、たとえ軽度であっても、要介護の高齢者が、ちょっとしたサービスを受けられるというのはずいぶん楽なものです。

 それがすでに、2006年度から抑制されています。さらに抑制されれば、家族は安心して働けなくなります。実はこれは、日本の労働生産性もむしろ低下させるものではないでしょうか?
安心して働けてこそ、経済もよくなる。これが国策としての男女共同参画社会ではないのか?

 財務省は目先の財政均衡ばかりにとらわれ、大枠を見失っています。

 もう保険制度ではもたない。こう潔く認めるべきです。

 あるいは保険料を所得比例にして高額所得の方々から思い切り頂いいくとかしないともたないでしょう。

弱者にしわ寄せする介護保険改悪、経済を低迷させる介護保険改悪に断固反対します。

むしろ、家族や企業を中心とするセーフティネットから、個人単位でサービスが受けられるセーフティネットへの組み換えこそ、あるべき政策です。


財政制度審議会が介護抑制案_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







財政制度審議会が介護抑制案_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-14 07:21 | 介護・福祉・医療 | Trackback(1)
「介護従事者処遇改善法案」が衆院で全会一致で可決され、成立する見通しです。

介護現場の人材不足は深刻です。

根本原因は重労働の割には低賃金ということではないでしょうか?

そして長年、「介護は女性の仕事」と思われてきたことで、賃金が低く抑えられてきたということではないでしょうか?そして、国が、「介護には税金を投入したくない」と思ってきたこと。これも大きな原因です。

http://www.news.janjan.jp/living/0804/0804124777/1.php

「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった
さとうしゅういち2008/04/17
社会保障費のカットが続いてきた背景には、国の「介護はまず、家族同士の「助け合い」を基本とする」という方針がある。この論法で一般会計から税金を投入することを国は認めようとしないが、税金こそ国民の助け合いのためのお金なのではないだろうか?


日本社会の根強いジェンダーバイアスが、介護の人材不足という形になって日本社会を直撃しているのです。


法律は、あくまで精神規定です。具体策はこれからです。はっきりいって、根本から国の考え方を変えないといけません。

・介護は女性が担うという暗黙の前提
・家族で助け合いを基本とするという前提
・税金は「助け合いではない」という前提

これらをすべて打破しなければならないのです。


http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20080426k0000m010012000c.html?inb=rs
介護:従事者処遇改善法案が衆院で可決
 超党派による議員立法、介護従事者処遇改善法案は25日、衆院本会議で全会一致で可決された。今国会で成立する見通し。だが、介護現場で働く人材の確保策としては「09年4月までに施策のあり方について検討し、必要があると認める時は必要な措置を講じる」と記されているだけで、具体性に欠けている。

 09年4月の介護報酬改定を視野に入れ、劣悪な労働条件が指摘される介護職員の賃金引き上げ機運を醸成する狙いで自民党が法案を作成、全会派が共同提案する形をとった。

 民主党は地域別、サービス別に賃金水準を決め、それを上回る賃金の介護事業所への報酬を3%加算することなどを柱とする法案を先に提出済み。公明党も「自民党案は中身がない」と不満だったが、法律の制定を優先して民主党は自らの法案を断念、公明党も自民党案を受け入れた。

 訪問介護最大手だったコムスンの不正問題を受け、事業者の規制強化を盛り込んだ政府提出の介護保険法改正案も同日、全会一致で衆院を通過した。【吉田啓志】


介護従事者処遇改善法案が衆院で可決・・具体策はこれから!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







介護従事者処遇改善法案が衆院で可決・・具体策はこれから!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-04-26 07:48 | 介護・福祉・医療 | Trackback
いまさらながらなのですが、国の本音として、「社会保障=助け合い」だから、税金は投入したくない、という思想があり、それに私も仕事上、苦悶して来ました。

 それこそが、介護保険はもちろん、後期高齢者医療制度、障害者自立「支援」法などの背景にあるということを指摘しました。

 国の官僚も政治家も税金=自分たちのもので、税金を使う=恵みだ、だから「助け合い」ではない、と勘違いしているのではないか、と腹立たしい限りです。

以下の記事にそれをまとめました。もし少しでも共感していただいたら、参考になったとおもっていただいたら記事下部のボタンのクリックをお願いします。

「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった
さとうしゅういち2008/04/17
http://www.news.janjan.jp/living/0804/0804124777/1.php

「社会保障費のカットが続いてきた背景には、国の「介護はまず、家族同士の「助け合い」を基本とする」という方針がある。この論法で一般会計から税金を投入することを国は認めようとしないが、税金こそ国民の助け合いのためのお金なのではないだろうか?」


また、以下のメッセージへのご賛同いただいた方、ありがとうございます。

【賛同のお願い】後期高齢者医療制度の撤回とガソリン税再増税の断念をしてください


今日夕方に、とりあえず、各大臣らにメッセージを送ろうと思います。

今後も、ガソリン税増税断念、また小泉元総理による「後期高齢者医療制度」などの社会保障改悪の撤回がなるまで、ご賛同募集します。よろしくお願いします。

「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「介護保険に税金投入しないぞ」が国の本音だった_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-04-17 12:37 | 介護・福祉・医療 | Trackback(1)
ピンクリボンキャンペーンin広島「ピンクリボンdeカープ」の開催案内
現在,わが国の23人に1人が乳がんにかかっているといわれ,死亡率も上昇しています。しかし,乳がんは早期に発見すれば治癒率が高いがんでもあります。

ピンクリボンキャンペーンin広島は,乳がん検診や適切な治療の大切さを知っていただくための活動です。このたび,広島東洋カープのご協力をいただき,乳がんの早期発見をアピールするキャンペーン「ピンクリボンdeカープ」が開催されます。

日時 平成20年(2008年)6月7日(土) 開門予定13:00 試合開始15:00

    対 オリックス・バファローズ戦

会場 広島市民球場(広島市中区基町5-25)

参加費 ピンクリボン協賛チケット 500円(観戦チケット・ピンクリボンタオルなど付き)

内容

◆マンモグラフィ検診(無料):ピンクリボン協賛チケットを購入された方で,マンモグラフィ検診希望者の中から抽選で100名(30歳以上・女性)の方に,当日,広島市民球場前でマンモグラフィ検診を受診していただきます。マンモグラフィ検診は10:00~16:00に行います。検診にかかる時間はおよそ20分です。

◆観戦と応援合戦:選手も応援席も一緒になって,乳がん早期発見キャンペーンを行います。

◆乳がん早期発見の啓発リーフレットの配布

◆ピンクリボングッズの販売

《ピンクリボン協賛チケットの申し込み方法》

(1)ピンクリボンdeカープに参加ご希望の方は,往復はがきで「野球観戦希望」と明記し,1郵便番号,住所 2名前 3年齢 4電話番号 5ファックス番号 6お申し込み枚数(5名まで申し込みできます)をご記入のうえ,申込先までお送りください。折り返しチケット引換券を発送します。試合当日,おひとりにつき協賛参加費500円を添えてチケット引換券を受付へお渡しいただき,ピンクリボン特製入場チケットとピンクリボンタオルなどをお受け取りください。(おとな1人につき未就学児童1人無料)

(2)マンモグラフィ検診をご希望の方は,(1)の往復はがきへ,7「マンモグラフィ検診希望」とご記入のうえ,生年月日を明記してください。1枚の往復はがきで複数人数の観戦を申し込まれた方のなかで,マンモグラフィ検診を希望される方は,必ず(1)の1~5をご記入ください。マンモグラフィ検診に当選された方へは,検診時間をご連絡します。

《申し込みの締め切り》 5月20日(火)必着

《申し込み先》

〒730-0035 広島市中区本通4-13

ピンクリボン実行委員会事務局

《問い合わせ先》

2008ブレストケア・ピンクリボンキャンペーンin広島 実行委員会事務局

電話:082-544-0727

E-メール:info@npomirai.com



詳細情報はこちらへ 

ピンクリボンキャンペーンin広島ホームページ http://www.breastcare-h.com/


記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







ピンクリボンキャンペーンin広島「ピンクリボンdeカープ」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-04-14 18:29 | 介護・福祉・医療 | Trackback
女性が圧倒的に多い介護職。その身分は非常勤やパートだったり、超低賃金だったり。これでは安心した介護社会を築けません。

そこで緊急市民集会を開き、改善要求をします。http://www7.ocn.ne.jp/~wabas/event/event.html#080415

「いよいよ介護人材待遇改善の正念場 !!15日夕刻、利用者も、事業者も、働く人々も、応援団もみんな 剛堂会館 に集まれ!!」  

介護保険改正法と介護人材確保法が今、衆議院厚生労働委員会で審議中です。11日の委員会ではこれからの介護保険と介護人材について舛添大臣はじめ与野党とも実に熱心に審議が行われました。ここで結論が出ないと、介護人材の待遇改善の論議はうやむやに埋没してしまいます。介護人材確保対策は待ったなし。困るのは誰よりも利用者の高齢者であり、その家族です。 ご承知のとおり介護保険が人材確保の面から今、崩壊の危機に瀕しています。 もう一押し。介護現場で働く人々、介護事業者、利用者と家族、さまざまな立場の応援団、みんなで現場の悩みと問題点を再確認し、世の中に広げていきましょう!(高齢社会をよくする女性の会 理事長 樋口恵子)

日時:2008年4月15日(火) 18:15 ~ 19:45
会場:剛堂会館 (城西大学東京紀尾井町キャンパスと永田町側に隣接のビル)文芸春秋社すぐ横・地下鉄有楽町線麹町下車3分
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 
TEL 03-3234-7362

内容:国会審議報告(樋口恵子)意見表明(要介護者、家族、介護保険事業者、介護労働者、その他)各党の見解表明(全政党へ出席を依頼しています) 自民党、公明党、民主党、共産党、社民党、国民新党 参加費:無料ですが、入口にカンパ箱を用意させていただきます。  

※今回の集会は、「高齢社会をよくする女性の会」が中心となり、「市民福祉団体全国協議会」など各種団体が合同で運営します。

お問い合わせ:NPO法人 市民福祉団体全国協議会〒105-0014 港区芝2-8-18 HSビル2
F TEL 03-5935-7567 FAX 03-5935-7570 Email info@seniornet.ne.jp

「いよいよ介護人材待遇改善の正念場 !!15日夕刻、剛堂会館 に集まれ!!」  _e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「いよいよ介護人材待遇改善の正念場 !!15日夕刻、剛堂会館 に集まれ!!」  _e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-04-14 17:53 | 介護・福祉・医療 | Trackback(3)