人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:憲法( 420 )

純粋な日本防衛や災害救助のために仕事をするのかと思いきや、訳のわからない根拠で海外にいかされる。だから、自衛官への応募が足りなくなるし、辞めていく。
そして、若い男性だけでは足りないので、小さな子どもに勧誘用のティッシュを渡して「お母さんに渡して」ということも起きるのだろう。一定年配の女性も対象にせざるを得ないということだろう。
安倍総理の目論む改憲となれば余計に自衛官不足が進むだろう。

by hiroseto2004 | 2020-01-20 18:17 | 憲法 | Trackback
国のパスポート発行拒否は憲法違反。
まったくそのとおりです。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-13 13:36 | 憲法 | Trackback
晋三少年の尻拭いに必死、平沢「先生」

安倍晋三少年の家庭教師は当時は東大生で今の平沢自民党広報本部長。このほど、「憲法改正 あなたが主役」というポスターを発行した。

安倍晋三少年は相変わらず「憲法改正を自分の手で成し遂げる」と叫んでいる。
明確な憲法違反だ。行政のトップには憲法をいじる権限はない。それを許したら総理による絶対王政と一緒だ。
さすがに平沢「先生」もこれは不味いと思ったか、いかにも憲法改正=民主主義的=に思わせるようなポスターを作ってきた。教え子の尻拭いを必死でしている形だ。
しかし、狙いが緊急事態条項含む自民党案の改憲である以上、ごまかしに過ぎないが。
by hiroseto2004 | 2020-01-07 21:43 | 憲法 | Trackback
パキスタンでは、12月17日、元大統領のムシャラフ被告人に、2007年のクーデターで憲法を停止した内乱罪で死刑判決。
憲法も法律も破りまくりの我らが安倍総理もパキスタンみたいに司法が機能していればヤバいのでは?!
例えば野党が国会開催を要求しても開催しないとか、内乱罪に当たるのでは?
本社はもちろん、死刑反対論ですが、安倍晋三さんのためを思ってご忠告したい。

by hiroseto2004 | 2019-12-18 22:42 | 憲法 | Trackback

東大生でもこの有り様

困ったことですが、「私物化」ではわかり辛い。「泥棒だからよくないこと」といっていくしかないですね。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58330
by hiroseto2004 | 2019-11-23 07:35 | 憲法 | Trackback

全国首長九条の会

全国首長九条の会が結成。

by hiroseto2004 | 2019-11-18 11:38 | 憲法 | Trackback
税金からの大嘗祭への支出は、素直に日本国憲法を読めば、政教分離違反です。日本の裁判所は行政行為についての憲法判断は避けまくっておりそんな裁判所の判例を論拠に国費支出はおかしいでしょう。
秋篠宮の意見(内廷費から出すべき)は現行憲法的に正論でしたがそれを政府が取ると違憲になるという悩ましい問題もありました。

by hiroseto2004 | 2019-11-14 11:45 | 憲法 | Trackback
またもや自民党議員の圧力。しかし、こんなことではかえって友好を損なうのでは?

by hiroseto2004 | 2019-11-09 06:38 | 憲法 | Trackback

これは本当によかった。だけど「大勝利」と言うのは違和感がある。

というか、市当局にみられる「事前自主検閲主義」とでもいうべき悪しき風潮。やめにしたいですね。



表現の自由の勝利 「主戦場」に長い列 しんゆり映画祭

社会 神奈川新聞  2019年11月04日 22:20

映画祭での「主戦場」上映を前にあいさつするミキ・デザキ監督=麻生区
映画祭での「主戦場」上映を前にあいさつするミキ・デザキ監督=麻生区

 川崎市が懸念を伝え、一度は上映中止が決まった慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」が4日、川崎市麻生区で開催中の「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映された。観覧希望者の抽選に長い列ができた。「選んだ映画は正しかった」「表現の自由の大勝利」。批判と激励が後押しした中止撤回の先に、主催者と映画関係者、市民の輪がつながり、広がった。 

 113座席に対して配った整理券は425人分。藤沢市から足を運んだ仲田恵子さん(77)は抽選に外れたものの「これだけ多くの人が思いを寄せて行動したことが分かっただけで良かった」と笑顔で会場を後にした。スタッフの一人も「予想以上の人数」。警備の警官の姿もかすむ活況を呈した。

 「上映したい作品を上映するのが本来の姿。中止になるのも、大ごとに映るのも異常なこと」。山梨県から見守りボランティアに駆け付けた映画監督の青柳拓さん(26)は近くの日本映画大学の卒業生。共催の川崎市が「出演者が裁判が起こしている作品を上映するのはどうか」と懸念を示し、主催者が上映を取りやめたと知り、驚いた。あいちトリエンナーレの「平和の少女像」に脅迫が相次いだことから抱いた不安が中止の理由になったが、「市民映画祭がぶれるのは仕方ない。市には懸念ではなく、サポートをしてほしかった」と話す。

 上映実現の転機は支援を申し出る市民が相次いだ公開討論会。その一人、慰安婦問題の解決を求める市民団体の木瀬慶子さん(68)は「提訴自体、加害の歴史を否定したい原告による妨害の企て。取り合わずにはねのけたのは立派」と主催者の判断をたたえた。「自主上映会を市内で開こうという声が上がっている。私たちも検討したい」。後に続き、輪を広げることが「上映すれば面倒に巻き込まれる」という萎縮の連鎖を防ぎ、妨害を封じ込める力になると信じる。

 最終日の最終公演。舞台あいさつに立ったミキ・デザキ監督は「表現の自由の大勝利。勝ち続ければトレンドになる」と力を込めた。

 主催のNPO法人「KAWASAKIアーツ」の中山周治代表は「多方面から支援が寄せられた。上映実現の最大の要因は人」。開幕直前に上映中止が報じられた10月下旬以降、「スタッフみんなで一生懸命、表現の自由と向き合った」日々を振り返った。

観覧希望者の抽選の列を見守るボランティア(手前)=川崎市麻生区の市アートセンター
観覧希望者の抽選の列を見守るボランティア(手前)=川崎市麻生区の市アートセンター
「主戦場」上映について話す映画祭の中山周治代表=麻生区
「主戦場」上映について話す映画祭の中山周治代表=麻生区

「表現の自由守る」シンポで監督力説

 「主戦場」の上映中止問題を巡り、映画祭会場近くの日本映画大学で4日、同映画の上映と公開講座、シンポジウムが開かれ、約170人の学生、市民らが参加した。

日本映画大学で行われたシンポジウムで発言するミキ・デザキ監督
日本映画大学で行われたシンポジウムで発言するミキ・デザキ監督

 シンポジウムに出席したミキ・デザキ監督は「上映をするなとか、映像を削除しろといった圧力、威嚇に屈するということは、戦うことなく検閲を容認するということ。政府が表現の自由を守らない時は、私たちが守っていかなければならない」と力説した。

 ジャーナリストで映画監督の綿井健陽さんは「今は政治家の圧力による検閲、助成金によるアンダーグラウンド検閲がある。今回は事なかれ検閲だ」と指摘。「極めて日本的で、何か圧力が来る前に自己検閲している」と川崎市による懸念伝達や映画祭の当初の中止判断を厳しくただした。

 映画ジャーナリストの中山治美さんはカンヌ映画祭が政治家や広告主といかに距離を保っているかに触れた上で「今後もしんゆり映画祭で起きたことは起こりうる。文化、表現の自由に対する意識がまだ日本では低い。このようなシンポジウムが必要だ」と述べた。

 シンポジウムを企画した日本映画大学の安岡卓治教授は「ドキュメンタリーは現実と地続き。ビビらないことで上映再開につながった。市民が望めば実現できる」と締めくくった。 


by hiroseto2004 | 2019-11-05 06:03 | 憲法 | Trackback
11・3 憲法のつどい・ひろしま 2019
ジャーナリズムの 突破力

安田純平(やすだ・じゅんぺい)ジャーナリスト。1974年、埼玉県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、信濃毎日新聞に入社。03年に退社し、中東や東南アジア、東日本震災などの取材を行う。04年、イラクのファルージャ周辺を取材中、武装勢力に拘束されるが3日後に解放。07年にはイラク軍関連施設で料理人として働きながら取材、「ルポ戦場出稼ぎ労働者」(集英社新書)を記す。15年6月、シリア取材のためトルコ南部から入ったところで武装勢力に拘束され、18年10月、3年4カ月ぶりに解放された。近著は「自己検証・危険地報道」(集英社新書・共著)

日 時:2019年11月1日(金)18:00~20:00
場 所:広島県民文化センター・ホール広島市中区大手町1丁目5-3
参加費:500円/学生・障がい者は無料
主 催 : 戦争させない・9条壊すな!ヒロシマ総がかり行動実行委員会



by hiroseto2004 | 2019-11-01 00:00 | 憲法 | Trackback