人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:経済・財政・金融( 918 )

表向きは「対抗措置ではない」と韓国はいっていますが、日本が韓国をホワイトリストから
除去した時点でこうなることは分かっていたと思います。
韓国の一般市民は冷静で、矛先を向けたとしても日本人ではなく安倍政権です。
市民レベルでは、つとめて冷静になりたい。


by hiroseto2004 | 2019-08-12 19:22 | 経済・財政・金融 | Trackback
我々の生活実感は、今回の計算結果の方が合っているのでは?
これでさらに消費税増税となれば・・。




More
by hiroseto2004 | 2019-08-06 17:46 | 経済・財政・金融 | Trackback
いわゆるネトウヨ層の「支持下落」というよりも、安倍総理自身がそのような
考え方なのではないか?
米露中などの大国には言えないけれど、韓国にだけは居丈高になれる。
長年の日本の悪習そのものですね。
その結果として、少々、貿易で損をしようが、経済に悪影響が出ようが
関係ない、ということでしょう。



More
by hiroseto2004 | 2019-08-03 17:30 | 経済・財政・金融 | Trackback
NHK記者によるケルトン教授単独インタビュー。「日本の政府債務残高の対GDP比は、およそ240%。ケルトン教授が言うように、それでも日本では、インフレが起きたり国債価格が暴落したりしていないのは確かです。」ここがポイントですね。山本太郎の言うように、インフレ率が一定以上(3%とか4%)になるまでは、財政拡大、というのが妥当な線では(これは、MMT云々より、常識的なケインズ主義だと思いますけど)とは思います。さらに言えば、国債発行は、利払いを通じた大金持ちへの所得移転になるので政府通貨発行が望ましいと思いますが。




More
by hiroseto2004 | 2019-07-28 06:07 | 経済・財政・金融 | Trackback
これは不味いですね!半導体関連品輸出規制は、日韓だけでなく世界経済に悪影響へ。日本が世界恐慌の引き金を引いた悪者になりかねない。半導体関連品輸出規制は、「商業捕鯨再開」とならび、安倍ジャパンの参院選対策でしたが、とんでもないリスクを日本と世界に。


by hiroseto2004 | 2019-07-06 05:58 | 経済・財政・金融 | Trackback
そもそも、三権分立なので、韓国行政も下手に動けない。
輸出規制をしても、短期的には世界の半導体供給に問題がでるし、長期的にはシェアを他国に奪われるだけ。
です。
安倍ジャパンによる強硬ポーズでの参院選へ向け右派票固めです。
商業捕鯨再開も同様です。
韓国への見下し感情、欧米人への反発感情。これらは満たすだろう。
だが、日本の未来にもたらすリスクが大きすぎます。


by hiroseto2004 | 2019-07-02 06:05 | 経済・財政・金融 | Trackback
昔、元気なころの日本なら、安直な高齢者叩きではなく「高齢者が安全に乗れる車開発で、世界の先頭に立とう」という
雰囲気になったかも知れない。
「年金が足りないから高齢者は働け」といっておいて、「高齢者は車を運転するな」という「無理ゲー」を強い続ける
日本ではお先真っ暗である。今からでも遅くはない。「高齢者が安全に乗れる車開発で、世界の先頭に立とう」

by hiroseto2004 | 2019-06-26 09:40 | 経済・財政・金融 | Trackback
元IMF幹部も「消費増税は無期限延期をもとめる。
だいたい、「IMFが」というけど、実は日本の財務省の
出向者が言っているだけだったりすることも多いですからね。


先進国が「長期停滞」に陥り、格差は縮まらず、賃金や物価も上がりにくい。金利を低く抑える金融緩和は限界で、政府がさらに財政出動すべきだ――そんな論調が勢いを増している。各国に財政再建を求めてきた国際通貨基金(IMF)でチーフエコノミストを務めた、オリビエ・ブランシャール氏もそうした論者の一人だ。かつて在籍したIMFとは大きく異なる論を唱える背景は何なのか。
ブランシャール氏は朝日新聞の取材に応じ、安倍政権が10月に予定する消費増税に反対する姿勢を示した。「消費増税を実施すれば不況になるかもしれない一方、債務残高の国内総生産(GDP)に対する比率は大して改善しない。日本銀行金融政策ももう使えない」と指摘。「日本経済が十分に強いと言えるなら、(増税で)歳入を増やしたり、歳出を削減したりできるだろうが、私は当面はその時期ではないと思う」との見方を示した上で、「私なら期限を定めず延期して、『引き上げられる時期が来たら直ちに引き上げる』と言うだろう」と述べた。

by hiroseto2004 | 2019-06-20 06:37 | 経済・財政・金融 | Trackback
「報告書は受理しない。」
麻生太郎さんは、金融庁の審議会のハシゴを外した形です。
報告書は、事実(現状では「庶民の老後は厳しい」)を述べているが、提言している対応策が間違っています。不安を煽って、金融商品に手を出させようとしている
のです。
麻生さんらは、事実まで隠ぺいしようとしている。より悪質です。
庶民の老後が厳しいなら、それを緩和する政策を打ち出すのが政府の
役目でしょう。



More
by hiroseto2004 | 2019-06-11 18:23 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、6月10日(月)、広島市安佐南区
中筋駅前、祇園出張所前、古市橋駅前で街頭演説。
麻生財務大臣や金融庁の審議会による
「年金が足りないから2000万円貯めろ」論について
「昔ならいざ知らず、いまは、庶民の給料も減っている一方で
社会保険料などの負担は上がり、手取りは減っている。そんな中で
2000万円はおろか、貯蓄さえ難しい人も多い。」
「だいたい、無理してみんなで2000万円を貯めようとしたら、
食うものも着る者も削って、消費が落ち込み、大不況になる。」
と指摘。


More
by hiroseto2004 | 2019-06-10 19:39 | 経済・財政・金融 | Trackback