人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:国際情勢(パレスチナ情勢)( 99 )

ヨルダン市民が米国大使館前に座り込み。

https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i63402
by hiroseto2004 | 2020-07-04 21:22 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
イスラエルと言えばアイヒマン被疑者を拉致した国ですからねえ⁉️

by hiroseto2004 | 2020-07-04 21:13 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
7月 02, 2020 20:59 Asia/Tokyo
  • ローマ教会
    ローマ教会

ローマ教皇庁が、米国とシオニスト政権イスラエルの大使らを呼び出し、パレスチナ・ヨルダン川西岸の30%の地域の併合計画に抗議しました。

イスラエルのヴェブサイト・タイムズによれば、シオニスト政権によるヨルダン川西岸併合計画に対する世界的な抗議が継続される中、バチカン国務省は、バチカン市国駐在のアメリカとイスラエルの大使らを呼び出し、この併合計画に対する抗議の意を表明しました。

バチカン市国の国務省長官 ピエトロ・パロリン枢機卿は、アメリカイスラエルの大使らに対し、西アジアの状況をより緊迫化させ、平和の実現を困難なものとする可能性に対するローマ教皇やローマ教会の懸念を伝えました。

パロリン枢機卿はまた、和解交渉の継続を求めました。

バチカン市国の国務省長官 ピエトロ・パロリン枢機卿

シオニスト政権は、1日水曜からヨルダン川西岸の約30%を占領する計画の​​実施を予定していましたが、イスラエルのネタニヤフ首相はヨルダン川西岸併合計画は複雑な問題であるとして、この計画が延期される可能性があると発表し、「ヨルダン川西岸地区のシオニスト入植のイスラエル併合のプロセスが複雑であり、多くの政治的および安全上の問題のため、詳細については語ることができない」と語りました。

パレスチナ国民も1日、ヨルダン川西岸地区のイスラエル占領地への併合計画と、米国によるイスラエルに有利な和平計画、いわゆる「世紀の取引」計画を非難する抗議デモを行いました。


by hiroseto2004 | 2020-07-02 21:06 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
パレスチナ虐殺のイスラエルのおかげで、クルド人虐殺のトルコの株が
上がるのも頭がいたいですね。




More
by hiroseto2004 | 2020-06-25 20:27 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback

【賛同呼びかけ】
<声明> イスラエルによるヨルダン川西岸地区の併合計画に強く反対する
https://kosugihara.exblog.jp/240407925/

イスラエルのネタニヤフ政権は、トランプ政権の圧倒的支持を背景に、7月1日にも、国際法に反して、占領下パレスチナ西岸地区の30%の併合を開始しようとしています。

1967年のヨルダン川西岸・ガザ地区の占領以来、53年間、イスラエルはパレスチナの土地を強奪して入植地を建設、パレスチナの人びとの人権を否定し、その社会と生活を破壊してきました。

この植民地主義・人種差別主義政権は、世界の報道がとりわけコロナウイルスの蔓延に向けられている今、国際社会の沈黙を期待して、パレスチナの人びとに対する新たな国際犯罪を実行しようとしています。

こうした国際犯罪に抗議して、私たちは、イスラエル政府と駐日イスラエル大使館に向けて抗議声明を送ることを決めました。この抗議声明に賛同される方は、下記のフォームに署名の上、当実行委員会事務局までEメールで送っていただくようお願いします。声明には、日本政府の対イスラエル政策に関する3項目の要求事項も含まれます。声明文は、官邸と外務省にも送付します。

イスラエルによるヨルダン川西岸地区併合反対実行委員会
(事務局:奈良本英佑 Project Nishikishi act.anti.annex2020@gmail.com )

★賛同署名は:団体名、個人名いずれも可です。個人は氏名と肩書または居住都道府県、団体は正式名称と所在地(都道府県、市町村など)を記入願います。また、(カッコ内)に必ずローマ字表記をお願いします。以下、記入例。

例1 氏名:中東薫(Nakahigashi Kaoru)肩書:ジャーナリスト(Journalist) 
例2 団体:パレスチナと連帯する会(Japan Solidarity Committee for Palestine) 所在地:静岡(Shizuoka)

★締め切り:6月30日午前零時

★送り先:西岸地区併合反対実行委(事務局 奈良本)
     Eメール act.anti.annex2020@gmail.com

***************************

<抗議声明賛同フォーム>

6月30日付声明(以下)に賛同します:
「イスラエルによるヨルダン川西岸地区の併合計画に反対する」(和文)
“We are strongly against the planned Israeli annexation of the Occupied West Bank”(英文)

■個人・団体のいずれかに〇印
  個人    団体
■個人
 ・氏名:(       ) 肩書又は都道府県:(        )

■団体
 ・名称:(       ) 所在地:(        )      

**************************

【声明】

イスラエルによるヨルダン川西岸地区の併合計画に強く反対する

イスラエル政府は、西岸地区のうち広大な部分を自国領として併合することを、早ければ7月1日にも公式発表する計画だと伝えられる。これは、パレスチナ人にとって当然の自決と独立の権利を真っ向から否定するばかりではなく、国際法と国際秩序を全くないがしろにするものである。この計画が実行されれば、イスラエル/パレスチナ紛争の平和的解決への道は完全に閉ざされ、中東地域の紛争は一層激化し、それは世界の平和を脅かすだろう。私たちは、この無責任な政策を深く憂慮する。

占領地を併合することは、国連憲章とジュネーヴ議定書に対する重大な侵害である。ジュネーヴ第4議定書は、西岸地区でのイスラエル人入植地建設のような自国民の移住を禁止している。また、国連安全保障理事会決議242号は、イスラエルが1967年の戦争で占領した領土からの撤退を要求している。さらに、1993年のオスロ合意は、領土、入植地、難民などの重要な諸問題を平和的な交渉で解決すること、諸当事者が、一方的な措置をとらないことを求めている。

アメリカのトランプ政権は今年1月「中東和平案」を発表した。その中で、イスラエルが西岸地区の入植地ブロックとヨルダン渓谷を併合することを提案した。当然ながら、パレスチナ人はこれを断固拒絶した。イスラエルもこの理不尽な提案を断るべきであった。

わたしたちは、ここに、イスラエル政府がこの無責任な西岸地区併合計画を撤回するよう強く求める。

同時に私たちは日本政府に対して以下の3点を要求する。

1.日本・イスラエル間の武器取引禁止と両国間の軍事・安全保障協力の停止
2.日本・イスラエル間の貿易など経済関係に対する厳しい規制
3.西岸地区の入植地やその他のイスラエル占領地で生産された物品の輸入禁止

2020年6月30日

イスラエルによるヨルダン川西岸地区の併合に反対する実行委員会(東京)

---------------

(英文)
"We are strongly against the planned Israeli annexation of the Occupied West Bank"
June 30, 2020

It is reported that the Israeli government is planning to announce officially the annexation of large portions of the West Bank to its own national territory on the first of July at the earliest. If that is implemented, it will not only be a blatant attempt of denying the Palestinian inalienable rights to self-determination and independence, but also a serious violation of the international law and order. We are seriously concerned about what this reckless move will bring about,since it will nullify any possibility of peaceful solution of the Israel/Palestinian conflicts, causing more turmoil in the region and jeopardize the world peace.

The annexation of the occupied territory is a serious violation of the Charter of the United Nations and the Geneva Conventions. The Forth Geneva Convention prohibits any country to transfer its civilian population to the occupied territories, such as seen in the construction of Israeli settlements in the West Bank. The UN Security Council Resolution 242 demands Israel to withdraw from the territories it occupied in the June War in 1967. And the “Oslo Accords” of 1993 stipulates that the issues concerning the territories, settlements,refugees and other important problems be resolved through peaceful negotiation, and tells the concerned parties to refrain from any unilateral move.

The Trump administration of USA publicized its “Peace Plan” this January. Among other things, it proposes that Israel annex settlement blocs and Jordan Valley in the West Bank. It is quite understandable that Palestinians vehemently refused it. And we hope that Israelis also should have declined this unreasonable plan.

Hence we strongly demand the Israeli government to withdraw completely its plan to annex any portion of the West Bank.

At the same time we also strongly urge the Japanese government :

1. To stop the Japan-Israel arms-trade and all the collaborations between the two on military/security spheres.
2. To impose strict regulation on Japan-Israel trade and other economic relationships.
3. To prohibit on the import of goods made in Israeli settlements in the West Bank and all its occupied territories.

Committee against the planned Israeli Annexation of the Occupied West Bank (Tokyo)

---------------------

これに先立ち、私たちは、西岸地区併合と闘うパレスチナの人びとに連帯を表明し、6月27日(土)17時から18時まで、JR新宿駅西口(地上)小田急デパート前で、サイレント・スタンディングを実施します。よろしければ、こちらにもご参加ください。

<イスラエルによる西岸地区併合反対-6/27街頭行動の呼びかけ>
https://kosugihara.exblog.jp/240401397/


by hiroseto2004 | 2020-06-24 21:31 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
「イスラエルの安倍」ベンヤミン・ネタニヤフ被疑者の裁判はじまる。マスコミに批判を緩めてもらうかわりに便宜をはかった疑いなど。
妻のサラ元受刑者はすでに税金で飲み食いした横領で罰金刑確定。マスコミと癒着している安倍総理もイスラエルなら
起訴されていますね。



More
by hiroseto2004 | 2020-05-25 20:18 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
本日はパレスチナと連帯する「世界ゴッツの日」です。



More
by hiroseto2004 | 2020-05-22 20:04 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
イランにもユダヤ教徒はそれなりにおられます。当たり前ですが、ユダヤ教徒≠イスラエルなのです。



More
by hiroseto2004 | 2020-05-21 19:49 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
一瞬、「イスラエル軍(首相・ネタニヤフ被疑者)の兵士が少女暴行で逮捕された」とおもったら、逮捕されたのは被害者の
少女でした。安定のイスラエル軍クオリティー。ひどすぎる。


by hiroseto2004 | 2020-05-16 20:16 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
May 14, 2020 17:54 Asia/Tokyo
  • イラン外務省
    イラン外務省

イラン外務省が、シオニスト政権というイスラエル偽政権の発足記念日とされるナクバの日に際して声明を発表し、「世界では、パレスチナ問題の消滅を目論んだこれほど多くの陰謀が仕組まれているものの、この問題はこれまでどおりイスラム世界の筆頭(or最優先)課題となっている」としました。

14日木曜は、多数のパレスチナ人が祖国を追われてから71周年、そして翌日15日はシオニスト政権イスラエルという偽りの政権が発足した71周年目となる「ナクバ(醜悪)の日」に当たります。

イラン外務省は、声明の中でOICイスラム協力機構やイスラム圏の諸国民と各政府、自由なるそのほかの諸国民に対し、パレスチナが解放されるまでパレスチナ人支持に向けた効果的な措置を講じるよう求めました。

また、これまで70年以上の占領政策におけるイスラエルの敵対行為のすべてに触れ、「イランは、パレスチナ国民の理想に完全に共感し、またイスラム教徒にとっての初の礼拝の方向であるキブラや解放に向けて戦う聖なる戦士と殉教者に敬意を示すとともに、一方的なパレスチナ問題解決案としての『世紀の取引』を拒否し、パレスチナの組織的な占領行為の終結と、パレスチナ人の祖国帰還に向けた、特に国連をはじめとした国際機関の重要な役割を、改めて強調する次第である」としています。

さらに、「シオニスト政権は、過去70年以上にわたって占領や侵略、パレスチナの地の真の住民の権利の侵害により、敵対行為を開始し、その後はシオニスト入植地の建設・拡張、多数のパレスチナ人の祖国追放、イスラム教徒の崇拝の対象であるアクサーモスクへの侮辱、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムやヨルダン川西岸のユダヤ化、ガザ地区封鎖の続行、不法占拠地ゴラン高原の違法な併合、ヨルダン川西岸地域の大半の併合を画策することにより、こうした政策を続行している」とされています。

最後に、イスラム教徒やキリスト教徒、ユダヤ教徒を含むパレスチナの真の住民の参加による住民投票の実施、聖地を首都としたパレスチナ独立国の政府発足と自らの運命の決定権の実現が必須だ、としました。


by hiroseto2004 | 2020-05-14 20:11 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback