エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:活動報告( 306 )


広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、6月28日夜に高プロ=残業代踏み倒し・過労死合法化=を含む働かせ方改悪関連法案が強行可決されたことに抗議し、29日、広島市安佐南区古市橋駅前、大町駅で街頭演説を実施しました。
高プロについて、
「安倍総理も26日の審議で労働者のニーズではないと自白した。嘘を認めたなら撤回するのが筋だが、そのまま押し通そうとしている。安倍総理は道徳教育がお好きだが、彼に道徳を語る資格はない」
と切り捨てました。
その上で
「高プロは、今の学校の先生の働き方を広げるものだ。学校の先生の働き方は、ようやく改善の方向だが、安倍総理はあべこべに学校の先生のひどい働き方を広げようとしている。」
と改めて抗議。
さらに
「この20数年間、経団連と自民党は正社員は残業代がもらえないでこき使われるように、非正社員は安くいつでも使い捨てされるよう法律の改悪を繰り返してきた。」
「その結果、実質賃金は先進国でも日本は伸び悩み、結婚や子育てに希望を持てない人も増えた。少子化も加速し、日本は優秀な外国人労働者にも敬遠されている。」
と指摘。
「そうした自民党の失政の責任を取らずに、二階幹事長は、『子供を持たないのが幸せというのは身勝手だ』などと言っている。
責任を国民に押し付け、さらに、高プロで特攻隊のようなただ働きをさせ、労働力不足を埋めようとしている。」
「安倍総理、二階幹事長、加藤厚労大臣ら、責任を取らずに、国民に尻拭いをさせる方々にはご退場いただかないといけない。」
「政権交代を実現し、高プロはもちろん、過去二十年間の働くルールの破壊も含めて撤回させよう」
などと力をこめました。

e0094315_10305140.png





関連記事
【備忘録】二階、安倍、小泉

by hiroseto2004 | 2018-06-29 10:21 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月27日は広島市安佐南区古市橋駅前と安東駅前で街頭演説。
引き続き、「過労死・残業代踏み倒し」合法化の高プロの削除を訴えました。
「安倍総理は、26日の審議で『高プロは時短が目的ではない』『労働者のニーズではない』と白状した。
これ以上の開き直りは許してはいけない。」
と力をこめました。
さらに、二階俊博・自民党幹事長の暴言を批判。「過去二十年間、自民党こそが労働条件を破壊し、教育費もケチり、子育て環境の整備を怠り、少子化を進め、人手不足を招いた。二階俊博幹事長はそのことへのことへの反省がない。」
「だから、「給料をこれ以上払わずに働かすだけ働かせ」る高プロを進めつつ、「子供を持たないのは身勝手」とか言い出すのだ。」
などとボルテージを上げました。
また古市橋駅前では、恵下処分場をめぐる住民監査請求が却下された問題や、米軍機の広島市上空飛行への対策に及び腰の
広島市の対応を取り上げ、「強きものへの忖度(そんたく)が地方自治にも横行している」と力をこめました。

関連記事

岩国基地 の拡張・強化に反対する広 島県住民の会が広島市長に対策要請、市は歯切れ悪い回答




by hiroseto2004 | 2018-06-27 19:05 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月26日朝も広島市安佐南区中筋駅前と祇園出張所前で街頭演説。

「高プロ」は「過労死合法化」「残業代踏み倒し合法化」であり「平成の特攻隊・国家総動員」だとしての白紙撤回を訴えました。
そして、小渕~小泉政権にかけて行われた派遣法改悪を軸とする「規制緩和」=「労働条件の破壊活動」を是正しよう、それが本当の
働き方改革だ、と訴えました。

また、広島市の監査委員が恵下ゴミ埋め立て地の問題で監査請求を門前払いしたことを本日も取上げ、「市役所や議会に忖度しているのでは?」と
厳しく批判しました。

さらに7月1日(日)予定の「3区憲法フェスティバル」への参加を呼びかけました。

3区市民連合  憲法フェスティバル
7月1日(日) 13時半~16時
安佐南区区民文化センター
大広間
学んで・語って・聴くひとときを...
歌とトーク・学習・グループ談話
問い合わせ 事務局長 鈴木孝良 090-7896-8991


「高プロは働き方【破壊活動】」「ゴミ処分場も財務会計上の問題、広島市監査委員は仕事をせよ」
恵下処分場問題、広島市監査委員が本社社主らの監査請求却下



e0094315_18014797.jpg
e0094315_18065647.jpg
e0094315_18070260.jpg


他の左派・リベラルの皆さんがどちらかと言えば森友・加計追及に比重を置いているなかで、広島瀬戸内新聞は補完の意味も込めて労働問題と地元自治体のごみ問題という生活密着型課題にフォーカスしました。


by hiroseto2004 | 2018-06-26 09:02 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月25日、広島市安佐南区大町駅前で街頭演説。
「高プロは【働き方改革】どころか【働き方破壊活動】」だ、と指摘。
そのような法案を通すために会期延長強行は許されない、と力を込めました。
さらに広島市が工事中の恵下廃棄物処分場を巡り、本社社主ら市民が行った住民監査請求について広島市監査委員が先週20日、「廃棄物処分場計画は財務会計上の行為ではなく一般行政行為だ」と事実上門前払いしたことを紹介。
「ゴミ処分場についても数百億の金が動くのに【財務会計上の行為ではない】とは何事だ⁉仕事をしていない。」
と指摘。
「皆さまも市議会や、監査委員がきちんと市のやることをチェックしているかどうかネットで検索を」
などと訴えました。


恵下処分場問題、広島市監査委員が本社社主らの監査請求却下
by hiroseto2004 | 2018-06-25 11:48 | 活動報告 | Trackback(1)
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月22日、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説。
高プロの廃案を引き続き求めました。
この中でさとうしゅういちは、
「この二十年間の労働法破壊のなかで、実質賃金が低迷したことも、将来に若者が希望を持てず非婚・少子化が進んだ背景にある。また、今や優秀な労働者が日本よりも中国、韓国、マレーシアを目指すくらい日本人の給料は下がった。それにより人手不足になったのだが、反省もなく、【人々を定額で働かせ放題にしてやろう】というのが高プロだ。まるで第二次大戦末期の勤労奉仕のような話だ。人手不足になった原因への反省などどこにもなく展望もない。」
と批判。高プロ削除にとどまらず過去二十年間の規制緩和の流れを是正することが大事だと訴えました。
さらにイスラエル首相の妻・サラ・ネタニヤフ被疑者が違法に高級料理店の出前を取り続け、1090万円を国からだましとったとして在宅起訴されたことに言及。
「いま、逃げ回っている安倍昭恵さんも、イスラエルなら在宅起訴どころか逮捕されて起訴になってもおかしくない。」
「パレスチナ虐殺など極悪な国家であるイスラエルですら首相の妻にも検察はそんたくしない。日本は腐りきっている。」
と嘆き
「日本の腐敗ぶりは世界にも伝わり、外交で日本は軽く見られる一因になっている。膿を出しきることこそ外交の建て直しにもつながる。」
などと力を込めました。


by hiroseto2004 | 2018-06-22 20:06 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月21日は広島市安佐南区中筋駅前、古市駅前、大町駅前、安東駅前で街頭演説。

引き続き、大阪北部大震災の被災地にお見舞い申し上げるとともに、「欠陥法を急ぐより震災対応を」と訴えました。

自公が高プロを含む働き方改革一括法案などを強行するために国会を会期延長したことについって抗議しました。

「総理が所属する自民党は過去二十年間の労働法改悪で少子化が加速させた。人手不足になったので残業代なしに国民を働かせようというわけだ。大戦末期の特攻隊とか【徴用】と同じだ。」
と批判。
「過去二十年間の規制緩和の流れで実質賃金が低迷したことも日本の経済を悪くした。さらに高プロを導入すれば、劣悪化した労働条件のなかで、外国の優秀な労働者だって来なくなる。」
と指摘しました。

さらに自民党が提案する「参院議員増加法案」
については、「独仏英は人口比で議員数は日本より多い。定数増は否定はしない」
としつつも「参院のあり方やより民意を反映する制度への改革も含めたものにすべきだ。
国民的な議論を経てすべき話で、自民党の一部議員の身分を守るためであってはいけない。」
と指摘しました。

関連記事

「国内ではうそまみれの法案を白紙撤回。」「外交も信用を失ったトップを変えて日本は出直せ」
by hiroseto2004 | 2018-06-21 20:08 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月20日も広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説。




大阪北部大震災の犠牲者の皆様にお悔やみ申し上げるとともに、被災者の皆様にお見舞い申し上げました。
その上で、「震災対応を政府・与党は最優先すべきだろう。」と指摘。
「またブロック塀の倒壊でも40年前の宮城県沖地震のように、また犠牲者が出た。
今回は、公共物に手抜きがあった事故であり、政治・行政に携わるものは重く受け止めないといけない。
緊急に点検だけではなく、補強も含め、予算措置を講ずるべきだ。また、日本はいつどこでこのくらいの
地震が直下で起きるかわからない。歴史の教訓を踏まえれば、原発も動かしている場合ではない。歴史の教訓を
素直に受け止めないといけない」
と強調しました。

7月22日まで国会会期延長を与党が強行したことを批判。
「働く人からろくに意見を聞かないまま作成した欠陥法案の高プロ含む働き方改革関連法案=過労死・サービス残業
合法化法案=を通そうとしたり、カジノ法案を通そうとしたり、どさくさにまぎれて参院定数増加法案を通そうとしている。
要は、働く人を正社員は残業代なしでこき使い、非正社員は安く使い捨てたい財界や、カジノで儲けたい企業、
自民党が強い地域で定数を増やしたい自民党議員の我利我欲。」
と斬りました。

高プロについて「適用年収は通勤手当も含むとか。結局どんどん対象を広げていく気満々だ。」
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6H2CWFL6GULFA01X.html
と指摘。高プロの削除とともに、改めてこの20年間の労働法改悪路線の是正を求めました。

「参院定数増」については「日本は国会議員の人口に占める割合は独仏英よりは少ないのも事実。
定数増加そのものを否定はしない。しかし、民主主義の土台である選挙制度を自民党議員の独断で
変えようということ自体が問題だ。」
とし、比例代表の割合を増やすことも含む、抜本的な改革を国民的な議論を高めながら進めていくべきだ
との考え方を繰り返しました。
そして、
「震災対応のための小幅延長ならまだわかるが、国民の意見もろくに聞かないままの法案を通す
ための会期延長は許されない。」
と断じました。
そして
「加計学園の理事長が記者会見したが、学内処分で幕引きしてはいけない。総理の名前を勝手に
つかったのなら、それは補助金取り消しや刑事罰もありうる犯罪だからだ。」
関連記事 加計学園の学内処分で済ませていいはずがない
「安倍昭恵さんのお付の谷さんが、賃料値引きまで要求していたという文書も出てきている。」
「総理のうそつきぶりが、外国にも伝わり、総理は国際的にも軽く見られているのではないか?
国内ではうそまみれの法案を白紙撤回。外交も信用を失ったトップを変えて日本は出直すべきだ」
と力をこめました。

さらに、この日は、広島県政にも言及。
「学校の先生が足りなくなって授業が回らないケースが出ている。知事は広島県単独で予算を
つけてでも正規教員を人間らしい労働条件で確保すべきだ。それをしないで叡智学園ばかりに
熱中していたのでは知事失格だろう。このままでは2009年知事選で応援させていただいたわたし自身の
めがね違いだ」
と知事に軌道修正を勧告しました。


安倍晋三首相自民党総裁)と公明党山口那津男代表は20日午前、国会内で会談し、同日に会期末を迎えた通常国会の会期を7月22日まで32日間延長することで合意した。両党は衆参両院議長に会期延長を要請。20日午後の衆院本会議で、与党の賛成多数で議決した。(引用終わり)




by hiroseto2004 | 2018-06-20 19:57 | 活動報告 | Trackback(1)

説明広島瀬戸内新聞は6月17日夕方、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。引き続き、法案要綱作成に当たって労働者の意見を全く聞いていない高プロの撤回を要求。さらに、この二十年間の「正社員は残業代を払わずにこきつかい、非正社員は安く使い捨てる」経団連や自民党の労働法破壊路線こそが、内需の低迷も招いており、財政政策や金融政策も台無しにしている、と指摘。その路線の是正を求めました。
そして「これ以上、安倍総理が続投すれば、昨日や一昨日のカープ投手陣のように失点がかさむ」と指摘。

「安倍総理の降板」を求めました。




by hiroseto2004 | 2018-06-17 18:53 | 活動報告 | Trackback
6月16日は「総がかり行動」呼び掛けで全国各地で安倍退陣求める街頭行動が行われました。
広島市内でも中区本通り付近でスタンディング。

広島瀬戸内新聞も安佐南区安東駅前などで街頭演説。「過労死合法化・残業代踏み倒しの」高プロの撤回と安倍退陣・政権交代による「庶民の懐を温める経済政策」への転換を求めました。




by hiroseto2004 | 2018-06-16 14:42 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞は6月14日夕方、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。
米朝首脳会談を受け「ミサイルが飛んで来るような状況ではなくなったことは歓迎すべき」としつつ、今後とも「朝鮮半島の非核化と米中露など大国の核軍縮双方を進め唯一の戦争被爆国日本も核兵器禁止条約で率先垂範を。」と求めました。
その上で、
「カジノ法案は、国民の要望ではなく、アメリカ企業の要望 そして大阪府知事を改憲に抱き込むための餌だろう。」
と斬り白紙撤回を求めました。
高プロについても
「労働者のニーズなんぞ聴かないで法案の要綱を政府は作っていた。そもそもが労働者のためではなく、経団連が正社員は残業代を払わずにこきつかい、非正社員は安く使い捨てるための『改革』を進めた延長上に高プロがある。」
とし、引き続き高プロの白紙撤回と労働法改悪の是正を求めました。
https://www.change.org/p/安倍晋三内閣総理大臣-過労死合法化-残業代踏みたおし法案-高プロ-の撤回を求めます
e0094315_01163866.jpg


by hiroseto2004 | 2018-06-14 21:23 | 活動報告 | Trackback