人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

カテゴリ:東日本大震災( 272 )

そもそも、どこがアンダーコントロールやねん、ということですよね。

by hiroseto2004 | 2020-06-10 19:19 | 東日本大震災 | Trackback
[拡散・転送歓迎]



「福島第一原発事故によるタンク貯蔵汚染水の陸上保管を求める共同声明」への団体賛同のお願い



福島原発事故から9年。未だに原子力緊急事態宣言は解除されていません。

いま、事故によるタンク貯蔵汚染水の海洋放出方針決定への動きが急展開しています。

本年2月の経産省のALPS小委員会による海洋放出報告書を受けて、3月10日、

安倍首相は「意思決定まで時間をかけるいとまはそれほどなく、できる限り速やかに

処分方針を決定したい」と発言しました。

その後、経済産業省が県内関係自治体や15市町村議会、4月6日からは

「関係者の御意見を伺う場」をコロナ禍を理由に傍聴なしで強行開催していますが、

福島県漁連と福島県森林組合が明確に海洋放出反対を表明しました。

また、福島民報社が3月「時間切れ許さない」という社説を出し、同17日には浪江町議会が

海洋放出反対決議を行いました。依然として、福島県民世論の多数は、海洋放出に反対の立場です。

わたくしたちは、一昨年の説明公聴会で圧倒的多数を占めた陸上保管を求める声を、

一顧だにしない政府の強硬姿勢を許すわけにはいきません。

かけがえのない海をこれ以上汚すな!漁業者を孤立させるな!と訴えてきました。

わたくしたちは、この夏にも、海洋放出方針を決定しようとする安倍首相らに対し、

全国の皆様と共同で声明を出し、国内外の市民の皆様に訴え、トリチウム等タンク貯蔵汚染水の

海洋放出をやめさせ、陸上保管を実現するよう求めます。



共同声明文は、下記または添付のファイルを参照してください。

どうぞ、この共同声明に団体賛同してくださるよう、お願い致します。

また、心を寄せるみなさまにこの訴えが届きますよう、新型コロナウィルス感染症の拡大で、

大変な折ではございますが、下記の通り、緊急かつ短時間の拡散をお願い致します。



●ご賛同いただける団体は、以下のフォームにご記入ください。
https://forms.gle/NQRuTqabW3QPd3vj7



●第1次集約:4月18日(土)

●共同記者会見:4月20日21日(火)福島県庁

●第1次提出:4月23日(木)内閣総理大臣、経済産業大臣、復興大臣、環境大臣

●最終集約:5月16日(土)



呼びかけ

これ以上海を汚すな市民会議 

         共同代表 織田千代、佐藤和良
by hiroseto2004 | 2020-04-11 19:07 | 東日本大震災 | Trackback

祝・三陸鉄道再復旧

祝・三陸鉄道再復旧。1年前に東日本大震災から復旧したが、広島で芸備線が全面復旧するのとほぼ同時に東日本台風で再び不通になり、広島県民としても心を痛めていたところですが良かった。
by hiroseto2004 | 2020-03-20 16:04 | 東日本大震災 | Trackback
日本って新型コロナウイルス云々以前にまだ、「原子力緊急事態宣言」中なんですよね?

オリンピックなんてそもそもとんでもなかったのです。

by hiroseto2004 | 2020-03-20 15:27 | 東日本大震災 | Trackback

「現場公務員の総量」が不足しているということです。


震災9年 応援職員数が減少傾向

東日本大震災の発生から11日で9年です。
東北の被災地の支援に全国から応援に入る自治体の職員の数はここ数年、減少傾向にあり、国は復興に向けた被災地の求めに応じていくため、引き続き派遣の協力を全国に呼びかけていくことにしています。

総務省のまとめによりますと、東日本大震災の発生後、岩手、宮城、福島の3県の自治体に派遣された職員は、最も多かった平成26年度にはおよそ2200人でしたが、今年度はおよそ1100人と半分に減っています。
このうち関東甲信越の1都9県からの派遣は、平成26年度はおよそ630人でしたが、今年度はおよそ410人と35パーセントほど減っています。
復興が進んできたことが主な要因ですが、東日本大震災のあと全国で地震や台風などの災害が相次いだこともあり、土木職や事務職を中心に応援の職員は慢性的に不足しているということです。
東北の被災3県では、いまも職員の数は十分とはいえず、今年度は3県の市町村だけでも需要に対して80人余り不足していたということで、国は復興に向けた被災地の求めに応じていくため、引き続き派遣の協力を全国に呼びかけていくことにしています。
総務省公務員部の大森康宏応援派遣室長は「まだ、支援の要望に対してすべて満たしているとは言いがたい状況だ。被災地のニーズは今後も一定はあると思うので自治体の声を聞きながら全国に派遣要請をしていきたい」と話しています。


by hiroseto2004 | 2020-03-11 18:38 | 東日本大震災 | Trackback
by hiroseto2004 | 2020-03-11 17:15 | 東日本大震災 | Trackback
東日本大震災から9年。今、被災者支援策の縮小で困っている人が増えている。東日本大震災だけでなく、最近の熊本大震災2016、西日本大水害2018、東日本大震災2019などでも住まいの貧困がクローズアップされた。
そもそも、バブルくらいから、日本の住宅政策の貧しさは指摘されてきたところだ。「豊かさが実感できない」問題だ。30年間、サボってきたつけ今、出ている。
やはり、今後の政治は、居住福祉という考え方、すなわち住まいを人権ととらえる考え方を基本にしていかないといけない。
国は原発輸出には躍起になって血税をつぎ込んだ上に一基も売れず、東日本大震災の被災者の住宅支援は縮小してきた。こんな安倍こべな政治の方向性を転換するときだ。
by hiroseto2004 | 2020-03-11 07:37 | 東日本大震災 | Trackback

東日本大震災9年

東日本大震災から9年。



by hiroseto2004 | 2020-03-11 04:43 | 東日本大震災 | Trackback
復興五輪「役立つと思わない」被災者の6割。その通りです。土木建設資源も五輪にとられてしまうし。#中止だ中止

by hiroseto2004 | 2020-03-10 06:13 | 東日本大震災 | Trackback
東日本大震災追悼式、取り止め。やむを得ないとはいえ、政府の被災者支援策の後退と連動することのないよう、警戒を。

by hiroseto2004 | 2020-03-06 12:30 | 東日本大震災 | Trackback