エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:片目失明者友の会( 48 )

弊社社主・さとうしゅういちの友人が「片目失明者を障がい認定」に!と活動し、「片目失明者友の会」をつくっておられます。

●ホームページ:NPO片目失明者友の会エンゼルランプ
http://katamenotomo.jimdo.com/

●ツイッター:エンゼルランプちゃん
https://twitter.com/angellamp1

●Facebook:片目失明者友の会
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai


続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2018-12-30 20:06 | 片目失明者友の会 | Trackback(2)
片目失明者友の会 久山公明さん 2018年の抱負です。


by hiroseto2004 | 2018-01-19 14:02 | 片目失明者友の会 | Trackback
12月15日(金)NHKラジオ第1.FMで朝の4時台に、ラジオ深夜便「人権インタビュー」の番組で片目失明者友の会について、久山公明代表へのインタビューが放送されます。
是非お聞き下さい。

by hiroseto2004 | 2017-12-14 15:59 | 片目失明者友の会 | Trackback

8月26日(土)福岡県糟屋郡粕屋町の粕屋町立生涯学習センターサンレイクかすやに於いて、午後2時より第2回九州支部交流会を実施しました。
昨年は熊本の大震災で、九州支部交流会は自重見送りとなった為、2年ぶりの開催となりました。
一昨年初めて熊本で開催した時より多くの方にご参加頂き、色々な面で活発に意見交換がなされました。
交流会が終わった後、懇親会会場に移動し、限られた時間和気あいあいと楽しいひと時を過ごされ、最後には別れを惜しみつつ、再会を誓いあっておられました。
この日の為に、段取りをして下さった松尾支部長、交流会、懇親会にご参加頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。
by hiroseto2004 | 2017-08-28 14:14 | 片目失明者友の会 | Trackback

7月28日午後1時から開催された、厚労省主催第4回視覚障害認定基準に関する検討会に参加し、第2回に続き片目失明者友の会を代表して久山が意見陳述をさせて頂きました。
今回の結論から申しますと、私の発言に対して構成員の専門家の先生方から私をフォローして意見を言って下さる先生は誰一人とおられませんでした。
私達は決して間違った事を申し上げているとは思っていませんので、私達の訴えを良くご理解頂き、厚労省の方に何らかの救済処置が必要だと言う事を助言して頂かないと、私達がお願いをしている問題はいつまで経っても解決しません。
ここまでお願いをしても、なおかつまだ何の救済処置、社会保障の手が差し伸べて頂けないと言う事になれば、最終的には憲法第14条すべての国民は法のもとに平等である、憲法第13条個人の尊重、幸福追求の権利、憲法第25条生存権などの観点から、司法の判断をあおがなくてはならないと思っております。
その様な事にならない様に、この検討会を通じて、片目失明者あるいはそれに近い方々に対して、何らかの救済処置、社会保障の手が差し伸べられます事を願ってやみません。
今回検討会では、進展がない様であれば、最終的には司法の判断をあおぐと言う所まで言わせて頂きました。
今後は相談役になって頂いている、国会議員の先生方のご協力をあおぎながら、も少し検討委員会の進展状況を見守りたいと思っております。

片目失明者友の会さんの写真
片目失明者友の会さんの写真

by hiroseto2004 | 2017-07-31 12:50 | 片目失明者友の会 | Trackback
第2回視覚障害の認定基準に関する検討会の議事録が厚労省より公開されました。
私達NPO片目失明者友の会を含む3団体の代表が参考人として参加させて頂き、その時のヒアリングの様子が公開されております。
下記のアドレスでご覧いただけます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=404284
どうぞご覧ください。

by hiroseto2004 | 2017-05-09 18:52 | 片目失明者友の会 | Trackback

片目失明者友の会 総会

4月8日(土)、広島市南区で、片目失明者の障害認定へ法改正を求める「片目失明者友の会」(久山公明代表)が、総会を開催しました。山梨や大分など片目失明者の当事者が全国から参加しました。
e0094315_18465779.jpg
久山代表は、2016年度の成果として、厚生労働省で、視覚障害者の認定基準の検討会が開催され、第二回の検討会には久山代表、市川副代表が参考人として意見を述べることが出来たことや、NHKのラジオ番組に出演し、会への参加が増えたことなどを報告しました。また、会の顧問に、眼科医も就任したことなども報告されました。
参加者からは
「厚労省の専門家が、片目失明者に対して冷たい感じがする。どうにかして、医師らを味方に付けたい」という意見が出され、執行部も
「会の顧問に眼科医も就任して頂いた。」
「理論武装はこれから大事。」
などと応じていました。
また、
「政治家の反応から見ると、法改正は難しいのではないか?」
という指摘に対して代表からは、
「法改正をしないということは絶対にさせない。署名を集め直してでも、政治家を動かし、実現していく。」
と強い決意表明がされました。




by hiroseto2004 | 2017-04-08 18:54 | 片目失明者友の会 | Trackback
広島ブログ
本社社主・さとうしゅういちも参与を務めさせて頂いております「片目失明者友の会」代表の久山公明さん。
2月19日午後7時半よりNHKラジオ第2で放送される、視覚障害ナビラジオに登場されます。
是非お聞き下さい。

by hiroseto2004 | 2017-02-12 20:04 | 片目失明者友の会 | Trackback
視覚障害の認定基準に関する検討会が、昨日23日、東京で開催されました。
今回は、直接は片目失明者そのものに踏み込んだ内容ではありませんでした。それは残念ですが、今後、当事者からのヒアリングが実施されるとのことです。


1月23日午後4時より東京都港区の労働委員会会館で実施された、
厚労省主催第1回視覚障害の認定基準に関する検討会の傍聴に市川副代表、渡辺支部長、宮下会員、井上会員同行の下行って来ました。
今回の内容は現状の視覚障害者の認定基準の見直し、両方の視力の和と視野に関する検討会で、残念ながら私達片目失明者に関しての事は、今回は話の議題にのぼりませんでした。
有る程度想定はしておりましたが、次回開催はヒアリングを実施するとの事で、そこには私も席につけて意見を述べさせて頂けるとのことですので、次回のヒアリングの時に、アンケートを実施させて頂いて会員の方から数沢山の悲痛なご意見を頂戴しておりますので、そのご意見を正面からぶっけて、訴えて行きたいと思っております。

by hiroseto2004 | 2017-01-24 19:31 | 片目失明者友の会 | Trackback
「片目失明者友の会」代表の久山公明さんは、2017年1月14日、広島市安佐南区で広島瀬戸内新聞の取材に応じ、2017年の抱負を述べました。
署名活動をはじめてから3年。ようやく、厚生労働省が障害認定基準のみなおしの検討会を行うことが決まりました。
片目失明者は、長年、法の谷間に置かれてきました。
大型免許の取得などはできないので、仕事にも制限がある一方で、片目に視力が0.6以上あれば
障害者と見なされないという状況が続いてきました。こうした状況に声を上げた久山公明さん。
2014年に署名を集め、6月に厚労省に提出。広島瀬戸内新聞も協力させて頂きました。
その後も、マスコミや国会議員などに粘り強く働きかけ、
取り上げてもらうようになりました。そして、1月23日に厚労省で検討会が開かれます。


「石の上にも3年。ようやく土俵に乗った。」と振り返る久山さん。
この日は、NHKラジオ深夜便で久山さんが登場。多くの問い合わせが殺到しました。
いよいよ、今年が大きな前進への節目になりそうです。

by hiroseto2004 | 2017-01-15 11:05 | 片目失明者友の会 | Trackback