人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:政治フェス( 143 )

広島ブログ

【『エコでフェアな世界をヒロシマから』『あなたの代わりに街頭演説』広島3区マイク始め】

本紙社主・さとうしゅういちは、1月7日、広島市安佐南区古市橋駅前で広島3区マイク始めを行いました。
「被爆70年に『黒い雨』の主人公の閑間重松が命からがら逃れてきた古市橋駅前を広島市内では最初の演説場所にした」
「核兵器であろうが、原発であろうが、劣化ウラン弾であろうが、二度とヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリ、そして、フクシマなどを繰り返さない決意を新たにしたい。」...
「安倍総理は積極的平和主義などというが、日本は、海外派兵や原発を売りまくることではなく、災害対策や省エネルギー、再生可能エネルギーで貢献すること。エコでフェアな世界をヒロシマから」
などと決意を表明。
さらに
「庶民増税より格差是正を。」
「奨学金返済で結婚もできない若者がいるなんて日本くらいだ。」
「世界一高い学費を是正し、教育格差を是正しないと日本の将来はない」
「政府が税金を集めて使う前より使った後のほうが格差が大きいのが日本。これを是正せずして、
庶民増税などとんでもない」
とつづけました。

■被災者当事者・つくだ守生を県議選へ向けバックアップ

そして4月12日執行の統一地方選挙について
「もっと市民に耳を傾ける広島市長を。安佐市民病院など懸案は住民投票で」
「県議選へむけては、土砂災害で被災し、災害の恐ろしさを熟知するつくだ守生さんを安佐南区でバックアップし県政にカツを。海外旅行ばかり県議は行ってる場合じゃない。」
と訴えました。
そして、「市長や市議や県議がえらいのではない。あなた方一人一人が税金で松井市長も県議も市議も雇っている。しっかりと投票に行き、選挙後は働きぶりをチェックしよう。」などと訴えました。
この後、演説は「あなたの代わりに街頭演説」に移り、千葉県の介護職員から頂いた「竹中平蔵さんが税金で自分の会社が儲かる仕組みを自分で作ったのはお手盛りではないか?」などの声をご紹介しました。
おりしも、駅前では、新学期で、地域年配の皆様が小学生の見送りをされていました。皆様からも看板をご覧になって「県議選?あ、参院選ね。頑張ってください。」と激励いただきました。

本年も「あなたの代わりに街頭演説」をよろしくお願いします!

e0094315_10215420.jpg
e0094315_10220834.jpg



More
by hiroseto2004 | 2015-01-07 10:22 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ

【政治家を糸の切れたたこにしてはいけない。・・・さとうしゅういち・緑の党2015マイク始め@宮島口】
本紙社主・さとうしゅういちは、1月1日、廿日市市宮島口にて、2015マイク始めを行いました。
この日朝の平和公園での「元旦はだし供養」、そして、宮島口駅前の同じ場所での「岩国基地拡張強化に反対する西部住民の会」による「オスプレイが世界遺産宮島上空を飛ぶことの是非を問う」シール投票に続く街頭活動です。

演説の時間帯には、この日朝から続いた雪は止んだものの、凄まじい寒風が吹き荒れる中で、初詣の皆様にうったえました。
「衆院選での結果を受け、皆様の労働環境を壊す派遣法改悪や残業代ゼロ法案も復活しかねない。」
「消費税増税を社会保障に使うはずが,子育てや介護もばっさり切り捨てる政治が再び再開される。」...
と警告。低すぎる投票率に言及したうえで、
「選挙は政治家の面接採用試験。あなたがた一人一人が面接官。」
と指摘。
「政治家を糸の切れたたこにしてはいけない。多くの人がより考えの近い政治家に投票し、選挙後はしっかりチェックを。」
「選挙が終わったら、マニフェストも憲法も無視してやりたい放題になっているのがいけない。」
「たとえば、総理が2年前の衆院選で原発に頼らない社会をといいながら、原発を推進したり、TPP断固反対と言って推進したり、閣議決定で、解釈改憲へ突き進んだりするするのを許してはいけない。」
と力を込めました。
「選択肢がないというご意見も多かった。小選挙区制の弊害であり、世界一高い供託金のせいでもある。是正に力を入れる。」
と提案。
「広島市政ではより住民の声を聴く市長を。住民投票で懸案を解決しよう。」
「広島県政では、視察と称した海外旅行がまかり通っている。一方で、8.20豪雨災害までは、住民の要望にもかかわらず危険個所を県議に視察してもらえなかった地域もある。海外旅行よりも足元の災害対策を住民に暖かくできる県議を出そう。さとうしゅういちは、被災者当事者のつくだ守生さんをバックアップする。」
などと訴えました。
そしてそのうえ「エコでフェアな世界をヒロシマから」の理念のもと、「災害大国に原発はいらない」「海外派兵より災害対策、格差是正を」「庶民増税より格差是正」「民主主義を取り戻す」立場で奮闘する決意を表明しました。






More
by hiroseto2004 | 2015-01-01 16:53 | 政治フェス | Trackback

【さとうしゅういち・緑の党 2014年広島1区・2区マイクおさめ】

日時:2014年12月29日(月) 
場所:広島市西区横川駅前(以上2区)、広島市中区原爆ドーム近く、広島市東区新幹線口(以上1区)。

内容:
「政治家を糸の切れた凧にしてはいけない」
「あなたの代わりに街頭演説・総集編」
「元旦恒例原爆死没者はだし供養のお知らせ」


【元旦恒例原爆死没者はだし供養】
原爆がヒロシマに投下されて70回目の元旦を迎えます。
爆心「平和公園」の地下に埋まる犠牲者の骨は叫び続けているでしょう。
「核兵器と原発が存在する限り、地球と人類の未来はありえない」と。
新しい年の初頭、この骨の声=悲願を足裏から確かめ、平和と「核」廃絶への誓いと行動を新たにする第21回目の元旦はだし供養、ご一緒に爆心を裸足で歩いてみませんか。
(写真一枚目は2014年のはだし供養における主催者の久保寛之さん(左)と本紙社主・さとうしゅういち)


とき 2015年1月1日(水)8時15分から10時ごろまで
集合場所 広島平和公園・供養塔まえ
行程 供養塔に献花黙祷→韓国人碑→義勇隊碑→県立二中碑前で献吟→本川橋を渡り、本川公園内の集会所で新年を寿ぎ、恒例となる?!
森田敏雄夫妻のサックス演奏・アーサー・ビナード講演・雲助の新詠歌など。
会費 五百円
問い合わせ先 久保09075054195


by hiroseto2004 | 2014-12-28 22:12 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ

本紙社主・さとうしゅういちは、12月21日、安佐南区大町駅前、大町駅前につづいて、沼田町戸山地区で街頭演説と挨拶まわりをさせていただきました。
e0094315_16070384.jpg
e0094315_16080518.jpg

戸山地区での街頭演説では、衆院選の結果や、広島市議会の混乱を受けて、住民投票・国民投票を重要課題ですべきことや、小選挙区制度廃止・供託金引き下げなどに加え、地方創生についても訴えました。

『地方創生とは誰のためのものか?』
『ひとりひとりの国民が安心して暮らせ、働ける、安心して教育を受けられる、医療を受けられる、介護を受けられる、そうなるための地方創生ではないか?たとえば東京なら人口が密集しすぎて安心して介護が受けられないし、待機児童も多い。一方で、地方では雇用がなかったり、子どもに安心して教育を受けさせられないということがある。』
「介護を切り捨てたりして、地方創生があるのか?」
「地方の庶民の家庭から大学に進学するのは難しい現状がある。大学に行くのに借金まみれにならないといけない状況もある。これを是正してこそ、地方創生になるのではないか?」
「米価暴落による農家の皆様の苦しみを放置していて地方創生はない。若者もクルマを、公共交通を再生しなければ地方創生はない。」
などと訴えました。
演説の合間には、地域の女性たちが材料を持ち寄って野菜ランチを日曜日だけ出すお店にも立ちよりました。
夫婦でランチを楽しみました。
e0094315_16084424.jpg

地域のみなさまからは『演説で有名なさとうしゅういちさんが、最近ぜんぜん来ないし、衆院選にもでていないので心配していた。』とありがたいお言葉も。なかには、『(国会議員の候補者としては)さとうしゅういちさんと自民党の河井克行衆院議員しか知らない。』という方もおられました。

演説は聞いていないようで案外聞かれているものだと思いました。それとともに、広島に帰ってきてよかったと実感しました。

【『総理も広島市長も大事なことは暴走せず、国民投票・住民投票で』『被災者当事者のつくだ守生を広島県政に』】
http://hiroseto.exblog.jp/22665623/

本日のあなたの代わりに街頭演説

時給を10%も下げられました
年収も当然10%も減り、アベノミクスの恩恵など一つも受けていません。物価高、消費税増税、社会保険料負担増で10%を上回る収入が減っています。自公の圧勝が信じられません(広島、30代男性)




More
by hiroseto2004 | 2014-12-21 16:45 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ
わたくし・さとうしゅういちは、12月21日、安佐南区大町駅前を皮きりに街頭演説を実施しました。

e0094315_22044106.jpg
(写真上)豪雨災害によりエレベーターが故障中で、災害の爪痕がまだ残る大町駅前

大町駅前のあと、大原駅前でも演説。
『衆院選は、投票率は安佐南区で5割を切った。選挙は国民おひとりおひとりが面接官の採用試験。面接官の半分以上がサボる試験なんて有り得ない。やはり、より考え方の近い方を選び、当選後は働きぶりをチェックするということをして欲しい。』と有権者に苦言。
その上で、
『政治家に投票しても裏切られたとか、選挙区に選択肢がないというご意見も多く、理解はできる。』
とし、
『消費税増税では、社会保障のためといいながら、介護も子育ても来年から切られる。TPPもしないといって推進する。原発も原発に頼らない社会を作ると2年前言っておいて、いまは推進する。そういう裏切りに有権者が歯止めをかけるために国民投票制度を。』
と提案。
さらに、『選択肢がない一因は小選挙区制度や世界一高い供託金にもある。』とし、
有権者の選択肢を広げるために、小選挙区制度廃止や世界一高い供託金の引き下げを訴えました。

第二に、消費税増税と介護切捨て・子育て支援切り捨てのコンボを批判。
「2017年4月には必ず増税する、というのが総理のメッセージだ。」
「安倍総理は、大手企業への減税や、人口減少社会の中で一部大手企業しか儲からないようなハコモノ推進、さらには、一部グローバル企業が儲けるための海外援助にばかりお金を浪費している。」
「国内の一人一人の暮らしが崩壊してしまっては財政再建もあったものではない。」
「介護切捨ては、ただでさえ、給料が少なくて人手不足の職場を崩壊させる。お年寄りやお年寄りのご家族が困る。」
「子育て支援も切り捨てられ、子どもからお年寄りまで庶民は踏んだり蹴ったりだ。」
と訴えました。
そして、
「消費増税より格差是正策を。」と訴えました。

e0094315_10444142.jpg
(大町駅前にて)

e0094315_15260108.jpg
(大町駅前にて)

e0094315_15262257.jpg
(大原駅前にて)





More
by hiroseto2004 | 2014-12-21 10:44 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ

本紙社主・さとうしゅういちは、12月19日(金)夕方、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
第一に松井一実広島市長派が2011年4月の広島市長選挙でお金を配ったとされる疑惑で揺れる広島市議会について取り上げました。
『疑惑を告発した議員も、お金を配ったり受け取った議員については『墓場まで持っていきます』と堂々とおっしゃる。』
『松井市長の市政運営がいいとはわたしも思わないが、議会も議会で、『選挙で応援したのに市長がわしの言うことを聞かない』的な足の引っ張りあいが目立った。」
と指摘。
「疑惑については足の引っ張りより真相究明を。松井市長の市政運営については【ワシの言うことを聞かないから】と足を引っ張る議員がいるのはいただけない。」
「松井市長の市政運営のどこがまずくてどこを改めるべきかの生産的な議論が必要だ。」
と提案しました。
その上で、『市民球場跡地』『サッカースタジアム』『安佐市民病院』など、課題が停滞している問題について『住民投票で決着をつけたらどうか?そもそも、広島で一番偉いのは、松井市長でも議員でもなく、皆さま方ひとりひとりなのだから』と提起。
さとうしゅういちと緑の党が提案する住民投票・国民投票制度について紹介しました。

第二に、安倍総理が総選挙後、さっそく、原発推進・再生可能エネルギー後退や、介護報酬カットに突き進んでいることを批判。
「安倍さんも二年前には原発に頼らない社会をつくる、といって大勝した。また、消費税増税は社会保障充実のためなのに、実際は介護報酬カットだ。選挙に勝ちさえすれば、何をしてもいいのか?」
と批判。
「一方で、国民も、雇い主として安倍さんをチェックしないといけない」と提起しました。
そのための仕組みとして、「緑の党も住民投票や国民投票を提案している」が、一方で、「市民の皆様が政治家を育てる努力も必要だ」と訴えました。

第三に『あなたの代わりに街頭演説!』を実施しました。

隆盛を極める安倍政権ではありますが、「山高かければ谷深し」。何れ、〝アベノショック〟と呼ばれる時代を迎えます。その時に、ひとつの価値観(考え方)で、多くの人を救うことが出来るのだろうか…。市場原理主義に対極する新たな価値を創造し、人類を太極(調和の取れた世界)に導かなければなりません。(福岡市、男性)
必ず誰かか当選してしまう選挙制度ではなく、「選ばない権利」を認めてほしい。(東京・男性)
などのメッセージを読み上げさせていただきました。

最後に、2015年4月12日に広島市長選や市議選と一緒に実施される予定の広島県議選・安佐南区選挙区において「緑井8丁目で被災し、周辺住民の救援に奮闘し、国への陳情で改善も勝ち取った「つくだ守生」さん(日本共産党新人)をバックアップしていくことを改めて表明。「災害の恐ろしさを身に染みている人を議員にして、暖かい災害対策を」「被爆地ヒロシマ、そして被災地広島から『災害大国に原発はいらない』『海外派兵より災害対策を』のメッセージを発信できる議員、庶民増税より格差是正を発信できる議員を出していこう」などと提起しました。


途中、電車へむかう女性から「頑張って下さい!」握手を求められたりしました。

e0094315_19562770.jpg



More
by hiroseto2004 | 2014-12-19 19:21 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ
e0094315_21000175.jpg

本紙社主のさとうしゅういちは、12月15日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
衆院選期間中は政治活動が制限を受けるため演説は控えていました。

『衆院選は自民党、公明党はあわせると現状維持だった』と分析。
その上で、『広島県内では投票率は50%。安佐南区は50%を切った。半分以上が棄権した。衆院選は税金で皆様が雇う議員の採用試験で面接官はあなた方一人一人。面接官が半分以上サボる試験ってありなのか?』
と問題提起しました。
その上で、『政治家に期待できないから棄権という気持ちは分かる。しかし、政治家を育てるのはそもそも雇い主である皆様一人一人ではないのか?企業でも採用したら放置せずに教育するのと一緒だ。』
『まず、選挙に行くのは第一段階として、きちんと選んだ政治家をチェックしよう。そして、意見があればぼやくだけでなく政治家や政党にこうしたらどうかと提案することも必要だ。』
と続けました。
そして、さとうしゅういちと緑の党・ひろしまとしては、衆院選で日本共産党を比例中国ブロックで支援したことを報告。
「大平喜信さんが当選したが、手放しで喜ばず、今後とも、率先垂範して大平議員を育てていく努力をする」と表明しました。


More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 21:27 | 政治フェス | Trackback
広島ブログ


【衆院選へ向け、西区を宣伝 横川・祇園で「あなたの代わりに街頭演説!」】
本紙社主のさとうしゅういちと緑の党有志は、12月1日、広島市西区内を、メンバーの車にハンドマイクを積んだ「即席宣伝カー」で宣伝しました。

「総理は消費税増税を先送りというが、実際には、2017年4月で必ず増税するということだ。国民の暮らしが苦しかろうがやるということだ。」と批判。「日本は政府による徴税前より政府がお金を使った後の方が格差が開く国。格差是正こそまずすべきだ。」と力を込めました。
「「災害大国に原発はいらない」「海外派兵より災害対策を」のメッセージを被爆地・被災地として発信したい。」と続けました。

そして、「衆院選では緑の党は独自候補は出さないが、さとうしゅういちは、中国地方では比例代表は格差是正で頼りになる日本共産党をバックアップし、広島二区では松本大輔さん(民主党元職)をバックアップする。」と宣伝しました。

さらに「衆院選は、総理の面接採用試験。面接官はあなた方一人一人だ。」「面接官がサボる試験などつまらない。」「しっかり政策を見定めて参加してほしい。」「選挙の後も、しっかりと政治家の働きぶりをチェックするのが大事だ。」などのセリフを交えました。

住宅街ではこのように流し、横川駅前と安佐南区イオンモール祇園前では、東は茨城県、西は福岡県からいただいたメッセージをそのまま読み上げました。
候補者を立てていない政党がマイクでできる活動は今日で終了です。

しかし、引き続き、中国ブロックでは憲法を生かし、脱原発・格差是正の議員を増やすため比例区では「日本共産党」をバックアップし、各小選挙区では「自民党議席の最小化」をめざし、奮闘します。




More
by hiroseto2004 | 2014-12-01 22:36 | 政治フェス | Trackback
衆院選へ向け、「皆様のかわりに演説!」ご協力感謝!【古市橋駅前】


【衆院選へ向け、あなたのかわりに演説!@西区 12月1日夕方 衆院選公示前日です!】
12月1日(月)、衆院選の公示の前日、緑の党有志は、広島市西区内において「あなたのかわりに演説!政治フェス」を行います。
みなさまからの政治についてのメッセージを代わりに読み上げます。
また、飛び入りでマイクを握っていただいても大歓迎です!
いよいよ、12月2日公示、14日執行の衆院選。
「総理の面接官はあなた方ひとりひとり。」
by hiroseto2004 | 2014-11-30 19:41 | 政治フェス | Trackback
e0094315_101688.jpg

e0094315_101659.jpg

【衆院選へ向け、皆様のかわりに演説!古市橋駅前】わたくし・さとうしゅういちは、11月29日(土)朝、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
まず、安倍総理の『消費税10%先送り』について『皆様の暮らしが苦しかろうがどうであろうが、2017年4月には増税するということだ。安倍総理が勝てば2017年に消費税は必ず上がる』『日本は、政府が税金を集めて使う前より集めて使った後のほうが格差が大きくなる国。そういう国で、消費税増税はおかしい。』などと指摘。
『奨学金返済のために、若者がおわれ、結婚できない国なんて先進国ではほかにない。』などと斬り、格差是正を訴えました。
さらに『安倍総理はアベノミクスだけを争点にしたいというが、他のことは信を問わなくていいのか?』『TPP反対といって推進に回っていること。脱原発依存といいながら、原発をベースロード電源にしていること。閣僚さえ欠陥を認めた特定秘密保護法。海外で自衛隊が戦闘することに道をひらく解釈改憲。労働者派遣法改悪。信を問わなくていいのか?』
と問いかけました。
そして、『政治家には、『選挙で勝ちさえすれば、憲法もマニフェストも関係ない』という風潮がないか?それを止めさせないと民主主義がなりたたない』と指摘。
国民投票、住民投票制度の充実を訴えるとともに『皆さん一人一人が、面接官として選挙に参加を。しかるのちに議員の仕事ぶりチェックを』と提案しました。そして、『街頭演説で代わりに言って欲しいこと』にお寄せいただいた、皆様のメッセージを代読・紹介しました。
『待機児童をなくして。マタハラ・パワハラをなくして。』(広島・三十代女性)
『安倍総理、このままでは僕からは『お祈りメール』(不採用通知)を送るしかない』(茨城・二十代男性)など読みあげさせていただきました。
東は茨城県から西は福岡県まで。幅広い地域からメッセージをいただきありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします!

待機児童をなくす為に、保育園を増やして欲しいです!
うちの友達で、看護師で仕事決まったのに、子どもが待機児童です!
もっと、行政に働きかけて下さいね!

産後も女性が職場復帰出来る様に、職場でのマタハラ、パワハラをなくしてもらいたいです!(広島・30代・女性)

安倍首相、いまのままですと僕からはお祈りメール(不採用通知)を送るしか選択肢がないです!(茨城・20代・男性)

700億円使う師走の選挙の争点は、市民が作る!秘密保護法NO!集団的自衛権NO!原発再稼働NO!辺野古基地建設NO!すべてにYESの安倍違憲状態政権にNO!(福岡・50代・女性)

秘密保護法、消費税値上げ、横暴辺野古、原発再稼働、TPP反対。壊憲反対。横暴選挙、世界はきちんと見ている。(千葉・40代・男性)

消費税10%絶対反対!(東京・40代・女性)


広島ブログ

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


by hiroseto2004 | 2014-11-29 10:01 | 政治フェス | Trackback(1)