人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:政治フェス( 143 )




【古市橋駅前などで街頭演説 介護労働者の処遇改善・災害大国日本に原発は無理 】
わたくし・さとうしゅういちは、10月11日午前から昼、古市橋駅前を皮きりに安佐南区祇園出張所、西区横川駅前、中区十日市町電停前、中区富士見町フジグラン前で街頭演説を実施しました。
e0094315_13284040.jpg
e0094315_14051315.jpg


e0094315_13290209.jpg

e0094315_13292944.jpg
e0094315_13300993.jpg



第一に財務省による介護保険改悪方針を批判。「消費税増税は社会保障充実のためではなかったのか?」「オリンピック向けの一時的な箱物ばらまき、大手企業減税に消えている。」と指摘。「箱物ばらまきは1994年アジア大会の広島で失敗は証明済みだ。広島市も財政破綻に一時追い込まれたではないか?同じ失敗を繰り返すのか?ましてやいまや震災復興などで人手不足。」「箱物ばらまきは外国にお金が流れるだけ。」と批判し、「せっかく二〇〇九年、二〇一二年と介護職員の待遇を改善して、離職率も下がったのに、それを台無しにする暴挙だ。」と財務省を批判。「一部社会福祉法人が儲けている問題はあるが、きちんと指導して職員に還元すればいい話だ。」「お年寄りも家族も安心できるためにも介護労働者の処遇改善を。」と訴えました。

第二に、災害について被災者にお見舞い申し上げた上で、「広島市職員の疲弊も心配だ。また、バランスの取れた採用で危機に強い組織を。闇雲な採用削減はよくなかった。」としました。そして、「国も広島市をしっかりバックアップしてほしい。」「自衛隊を海外で戦わせている場合ではない。海外派兵より災害対策を。」と訴えました。

第三に、「災害大国日本に原発は無理ということがわかった。川内原発の説明会では、住民の反対意見が続出したのに『意見を聞きました』ということで、国は突き進もうとしている。このような、八百長のような再稼働はやめるべきだ。」と批判。「日本は省エネルギー、再生可能エネルギーで先頭に立つべきだ。被爆地・被災地広島からそのメッセージを国政へ発信していきたい。」と決意を表明しました。

第4に「県議会議員の仕事は税金での海外旅行ではない。最高裁も山梨県議会の海外旅行は違法だと認定した。広島もいい加減にやめるべきだ。しかし、現実には、六六人中二人の県議しか海外旅行に反対しないし、安佐南区のある危険個所では住民の要請に応えて視察した県議は災害前は0。海外旅行に行くより県議会議事堂から二,三〇分の危険個所チェックを。住めないと判断した場所には補償をしながら移転など議論するのが議員の仕事だ。」と指摘。「安佐南区では、自らも土石流被害にあった県議会議員予定候補、つくだ守生さんをバックアップする。つくだ守生さんの所属政党は海外旅行に反対。災害を身をもって経験した議員が県議会にいてムダ使いを是正しつつ県の災害対策を前進させてくれたらいい。」と持ち上げました。

そして、演説の節々で
「今日からクライマックスシリーズが始まる。カープにはがんばってほしい。市民球団のカープがお金持ちの読売や阪神を撃破するのも痛快。庶民の声が通る政治にしよう。」
「来年も再来年も野球を楽しめるためにも少しでいいから政治について考えて欲しい。」
「官僚も政治家もどんな大物であっても皆様が税金で雇っているのだからチェックしてほしい。」と呼びかけました。

また古市橋駅前では、ちょうど、街づくりのための街頭調査を広島市職員の皆様がされていました。
職員の皆様を意識し、「箱モノをばらまきすぎて、1990年代末には広島市も職員の皆様の給料まで削る羽目になった。同じことをオリンピックがらみのハコモノばらまきで繰り返させてはいけない。職員の皆様の生活を守るためにも、時代錯誤な税金の使い方はやめさせないといけない。」と叫ぶと、多くの職員の皆様がこちらを振り向かれました。



by hiroseto2004 | 2014-10-11 12:10 | 政治フェス | Trackback
【海外派兵より災害対策・災害超大国に原発いらない】
わたくし・さとうしゅういちは、10月4日、広島市安佐南区古市橋駅前、西区横川駅前=写真=、中区バスセンター前(県庁前)、NHK広島前で街頭演説を実施しました。
e0094315_14470246.jpg
さとうしゅういちの広島市内での街頭演説は、8月3日に横川駅前で行って以来です。
まず、広島と御嶽山の被災者の皆様にお見舞い申し上げたあと、『緑の党有志は、市議会の全会派を回り、被災地を巡る課題などを要望してきた』『この課題では、市民の立場に立って協力し合いたい』と表明。そのうえで、『自力でアパートをやむを得ず借りた人が多くおられる。こうした方々への支援は東日本大震災では実現した。広島でも実現を。』などと呼び掛けました。

その上で、本日の訴えに入りました。

一番目に、
『ニッポンはどこでも災害超大国であることが改めて分かった。』
『今回の噴火は気象庁も予知できない、といっている。川内原発だってだったら危ない。』
『やはり川内原発をはじめ、原発は日本にいらない。』と指摘。
『地殻変動を考えたら世界でも核のゴミの安全な捨て場はない。だから原発輸出もとんでもないことだ』と総理の原発輸出路線を批判しました。
そのうえで、
『再生可能エネルギーも予想より名乗りを上げる企業などが多くて九州電力などは申し込みをストップさせている。ならば、原発はますますいらないではないか。』と訴えました。

二番目に、『安倍総理は海外派兵をしたくてたまらないようだが、災害対策が先ではないか?世界的にも異常気象がすごい中、日本は災害対策でここそ貢献すべきだ。と指摘しました。』
そして、被爆地・被災地となった広島がそうしたメッセージを出そうと呼び掛けました。

三番目に、最高裁で山梨県議会の海外視察が違法と認定されたことを紹介。さらに、安佐南区のある危険個所を抱える地域で、『県議にいくら連絡しても、誰も一度も視察に来なかった』ことを住民が怒っおられたことも紹介。『広島県議をはじめ議員の仕事は税金を使って海外旅行に行く前に県内のそれも県議会議事堂からバスで三〇分で行ける危険個所を見て、対策を練ることではなかったか。今からは海外視察はやめにすべきだ。』と指摘しました。
そしてこうした観点からさとうしゅういちは、統一地方選挙(広島市長、市議会、県議会)について広島市内では対応すると宣言。
県議会議員選挙・安佐南区では自らも被災したつくだ守生さんをバックアップすることや、広島市議会議員選挙区中区では女性現職二名をバックアップすることなどを表明しました。

東京での街頭演説と比べると、自転車を止めて聞いてくださるなど、通行人の反応があったのが、特徴です。

特に、バスセンター前では、若い男性が拍手をくださいました。

この日は、近所の洋服店で仕立てていただいた緑色の特注スーツで初めての街頭演説となりました。
「緑の党。なるほど!色そのままやんけ!」と通り過ぎていく方もおられました。

by hiroseto2004 | 2014-10-04 15:04 | 政治フェス | Trackback(1)
e0094315_7362498.jpg

わたくし・さとうしゅういちは10月4日朝、広島市安佐南区祇園7丁目(古市橋駅南西方面)の皆様に、緑の党グリーンズジャパン機関紙「緑で行こう」vol15と、「広島瀬戸内新聞」号外をお届けしています。

「緑で行こう」には、わたくし・さとうしゅういち、そして広島市前市長・秋葉忠利さんが登場するという「ヒロシマづくめ」状態です。
お楽しみに!

本日は大江健三郎さん講演会(14時、中区の旧厚生年金会館、戦争させない1000人委員会)を挟み、古市橋駅前をスタートに広島市内の各地で街頭演説をします。見かけられたらお声かけください!
by hiroseto2004 | 2014-10-04 07:36 | 政治フェス | Trackback

わたくし・さとうしゅういちは、明日10月4日、2カ月ぶりに広島市各地で街頭演説を実施します。

予定

場所

安佐南区古市橋駅前
西区横川駅前
中区県庁前
東区新幹線口
府中町イオンモール前
などで大江健三郎さん講演会(旧厚生年金会館)を挟み、実施します。

よろしくお願いいたします!

内容

災害超大国日本、原発はいらない。
海外派兵より災害対策を!
県議は海外旅行より災害対策を!

ひさびさの広島市内演説で緊張しますが、よろしくお願いいたします!






e0094315_08113903.jpg
e0094315_08110606.jpg
e0094315_08104333.jpg
e0094315_08102676.jpg
e0094315_9471520.jpg

by hiroseto2004 | 2014-10-03 08:21 | 政治フェス | Trackback

【広島用街頭宣伝看板が完成!】
わたくし・さとうしゅういちは、6月にいったん、広島から東京に主たる活動拠点を移転させました。しかし、移転を決定した5月には前提としていなかった、わたくし自身の私生活を取り巻く環境の激変がありました。そして、何より、8月20日、2000年に社会人になってからのすべての時期をお世話になった広島での未曽有の大災害が発生。「このままヒロシマ・広島を俺は見捨てていいのか?」との思いを抱き、8月23日に広島市入りしました。
 そして、そのまま、広島市安佐南区八木・緑井地区での被災地の調査やボランティア活動、市議・国会議員・マスコミへの提言活動などに従事しました。
 その間も、後援会関係者やお世話になった他党も含む団体関係者に広島帰還の意向を伝達。9月19日に中区で行われた脱原発集会でマイクを通じて、他党派の方も含む大人数の皆様の前で広島市を地盤に長期的な視野で国政を軸に「ヒロシマの心」をいかすべく活動する意向を事実上表明しました。
それに合わせ、2015年4月の統一地方選挙までは使用する看板を本日、速攻で、ラミネート加工で完成いさせました。

...

■被災者の代表を安佐南区から県議会へ!
■県議の税金による海外旅行なんてやってる場合じゃない!
■足元の災害危険個所チェックなどをしっかりしていただこう!
■海外派兵なんてやっている場合ではない。
■国内外の災害対策にこそ日本は貢献を!

そんなメッセージを被爆地ヒロシマ・被災地広島で発信してまいります。
もちろん、従来通り
「災害大国ニッポンで原発なんてとんでもない」
ということも、既存の看板を使用しながら訴えます。
今後とも、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2014年(核時代69年)10月2日 
~市民発・ヒロシマの心活かす政界再編~
広島瀬戸内新聞社主 さとうしゅういち







by hiroseto2004 | 2014-10-02 20:36 | 政治フェス | Trackback
e0094315_12004010.jpg
e0094315_17180357.jpg
e0094315_17191534.jpg
わたくし、さとうしゅういちは、8月22日(金)朝7時半から文京区役所前で街頭宣伝を実施しました。
【イタすぎる消費税増税】と銘打ったチラシを配布しました。
消費税増税を背景に年率換算で6,8パーセント落ち込んだ中、『橋本内閣も1997年消費税を5パーセントにあげて翌年には税収が却って落ちてしまった』『増税分も社会保障に使われるどころではない。増税に大義はなくなった。』『大型公共事業も昔のような効果はなくなった。ハコモノをつくれば企業が来てくれるなどという時代はとうに終わった。また、そもそも人手不足で事業が消化できない。それなら最初から増税して公共事業なんてしないほうが良かった。』などと訴えました。



by hiroseto2004 | 2014-08-22 12:10 | 政治フェス | Trackback
わたくし、さとうしゅういちが、明日、日本海賊党のニコ生に出演します!

いよいよ明日! ニコ生 8/18 PM8:00~
シリーズ「みんな、地方選に出よう」
第6回 選挙JAMって何?
宮腰崇文、石田ゆたか、山内和彦、大北三朗、さとう しゅういち
http://t.co/AqBuHMdWVc
http://t.co/ePMP6mbPvx


このシリーズでは毎回、無党派、無所属、市民派政党の一員として、これから地方選への立候補を考えている方、関心のある方を対象にして、さまざまなゲストをお招きしてお話をお聞きし、皆でフリートークを行っています。 今回は、最近結成され大変注目されている政治団体「選挙JAM」の代表、副代表をお迎えします。この団体はまず代表や副代表の経歴からしてユニークです。宮腰崇文代表はラブホテルの支配人、石田ゆたか副代表は元料理人という経歴をおもちです。 老人議員ばかりが目立つ地方議会に、若くフレッシュな人材を大量に送りこもうとしています。 お二人に結成の動機や政治理念、これからの活動などについてお聞きします。

タイトル:選挙JAMって何?
日時: 2014/08/18 PM8:00~
ゲスト:宮腰崇文氏(選挙JAM代表)
    石田ゆたか(選挙JAM副代表)
聞き手:山内和彦(元川崎市議会議員)
    大北三朗(国債救助隊、日本海賊党サポート会員)他
司会: さとう しゅういち(グリーンズ広島共同代表、日本海賊党サポート会員)

      url
ニコ生:http://nicovideo
ツイキャス: http://twitcasting.tv/pirateparty_jp
(コインのご寄附をお願いします)
日本海賊TV
http://ustream.tv/channel/japanpiratetv

by hiroseto2004 | 2014-08-17 11:54 | 政治フェス | Trackback(1)

【~「市民発・ヒロシマの心活かす政界再編。」宣言~8月4日10時から記者会見を行います】

わたくし・さとうしゅういちは、8月4日(月)10時から県庁記者クラブで以下の内容で記者会見を行う予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年(核時代69年)8月吉日

県政記者クラブジャーナリストの皆様

グリーンズ・ひろしま(緑の党・ひろしま)共同代表
広島瀬戸内新聞社 社主 
さとうしゅういち(佐藤周一)
http://hiroseto.exblog.jp/
090-3171-4437
hiroseto2004@yahoo.co.jp

2015年統一地方選挙への対応について
~「市民発・ヒロシマの心活かす政界再編。」宣言~

 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
わたくし・さとうしゅういちは、2015年統一地方選挙において、広島県西部では、以下の方針で対応します。

広島県議会および市議会において、
1、「憲法を活かす政治」
2、「ヒロシマの心活かす脱原発」
3、「海外旅行中止をはじめ、自ら襟を正し市民目線に立つ議会改革を断行する」
議員を「最大化」するよう努力します。

「緑の党・ひろしま」では、すでに、統一地方選挙での独自候補の擁立は断念しています。他方で、広島市内の各区で、2013年参院選では緑の党グリーンズジャパンは、過去の市議選や県議選の結果を検証した場合に、当落を左右する票数を獲得しています。
すでに、複数の既成政党の推薦・公認候補の方からも具体的なご支援の依頼をいただいております。
しかし「どなたでも応援」というわけにはまいりません。
「現下の緊迫した情勢」のもと、「緑の党の理念により近い」政治をめざし、「広島県民・市民のためになる」よう行動するのが、被爆地ヒロシマの緑の党のメンバーとしての歴史的責務であると考えます。
今回は、すなわち、上記3点「護憲」「脱原発」「県政・市政改革」により近い候補者が当落線上で競っている場合に、当選ラインへ押し上げることこそ、広島における緑の党に属するものの歴史的責務であると考えます。
今まで、「政界再編」といえば「政党交付金目当て」の「議員の保身のための政界再編」でした。そのことに、ほとほと、あきれ果てている人も多いと思います。
しかし、わたくし・さとうしゅういちがめざす政界再編は「市民発・ヒロシマの心活かす政界再編」です。
わたくし・さとうしゅういちの所属政党・緑の党グリーンズジャパンは「市民がつくった政党」です。市民の政党として、政党同士、政治家同士の過去の経緯などとは無縁な立場で、市民のために、政党・政治家が動くよう働きかけていきます。
思えば、わたくし・さとうしゅういちは、東京在住の小学校時代、安芸郡府中町ご出身の被爆者である担任の先生に被爆体験をうかがったこと、そして1986年のチェルノブイリ原発事故に衝撃を受けたことが政治を志す契機でした。
「戦争でも、原発でも二度とこのようなことが起きてはならない。」と。
そして、広島県庁入庁後も、脱原発運動、平和運動や男女共同参画、反貧困など憲法を活かすための活動にまい進してまいりました。2004年3月15日の憲法調査会広島公聴会では、「憲法は変える前に活かすべき」との立場で公述人を務めさせていただきました。県庁退職後の2011年8月から2年間は広島市男女共同参画審議会委員を務めさせていただきました。
いま、国政では、原発問題やTPPの問題、安倍総理による解釈改憲や労働法制破壊、庶民増税などの暴走が憂慮されます。地方では、今までのやり方が通用しないのに、それを卒業できていません。広島県においても、ハコモノばらまきの付けが回って警察署や信号機の修理もままならない一方、ほとんどの県議が税金で海外旅行に行くことに賛成するありさまです。
そうした中で、国でも地方でも「市民のほうを向いた」形でのリベラル野党の共同・再編は絶対に必要です。そして、既成政党や既存政治家により柔軟になっていただくためには、「共同してください」とお願いするだけでなく、リベラル系の既成政党や既存の政治家自身が「身内以外から応援してもらう」ということを具体的に経験していただくことが必要です。それにより、より「身内の論理」から少しでも卒業いただければ幸いです。
わたくし・さとうしゅういちは、故郷・東京においては、「ヒロシマの心活かす政界再編」へ向け、幅広いリベラル系の国会議員や国会議員経験者との連携や対話をすでに強めています。
わたくし・さとうしゅういちは、一方で、2000年からこれまでの、ヒロシマにおけるこれまでのあらゆる活動の総決算として、「市民発・ヒロシマの心活かす政界再編」断行へ道筋をつけることをここに宣言します。


by hiroseto2004 | 2014-08-01 07:20 | 政治フェス | Trackback
e0094315_09024369.jpg
e0094315_09013344.jpg
わたくし、さとうしゅういちは、7月24日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説か実施。


「8月15日までに原子力規制委員会に鹿児島県の川内原発は火山が近くて危ない趣旨の意見を送ろう。」
「終戦記念日まで川内原発」などと訴えました。

そして、「川内原発を終戦にできなければ、火山噴火があれば日本全体が終戦になってしまう。」「そもそも、火山大国日本、鹿児島県は、「原発サイテー、地熱サイコー」だ。」などと強調しました。

この日は、町内でポスター張り替えも実施。緑の党グリーンズジャパンの新しいポスターを張ってくださる方、大歓迎です。よろしくお願い申し上げます!


by hiroseto2004 | 2014-07-24 09:09 | 政治フェス | Trackback

【7月20日・文京区役所前での演説の動画】
参院選敗北一周年の昨日の文京区役所前のさとうしゅういち街頭演説の様子です。山田正彦政治塾生の方が撮影してくださいました。



by hiroseto2004 | 2014-07-23 09:55 | 政治フェス | Trackback