人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2014年 06月 ( 65 )   > この月の画像一覧

e0094315_9173892.jpg

【「泥棒に警察をさせる原子力規制委員会人事案」撤回を】
わたくし、さとうしゅういちは、6月11日、古市橋駅前で街頭演説を実施。
10日に原子力バリバリ推進の田中知教授を任命する原子力規制委員会人事案が衆議院で強行可決されてしまったことをうけ、「言い方は悪いが、泥棒に警察をさせるような話だ。」「石原環境大臣も委員を選ぶ【基準がない】というなげやりな対応。大丈夫なのか?」と批判。「とはいえ、税金で議員の給料を払っているのは皆様方だ。政治をつくるのは最終的には皆さま方。参議院議員に、この恥ずかしい人事案をやめさせるよう要請して欲しい。」などと訴えました。
そして、この古市橋駅は、あの八月六日、「黒い雨」主人公の閑間重松が被爆後、電車で命がらがら逃げついた場所だ、と紹介し、「この場所からヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、チェルノブイリ、そしてフクシマを繰り返させないよう訴えよう。」と呼びかけました。(写真は古市橋駅に入る可部線電車。69年前の八月六日、横川駅で被爆した閑間重松は、山本駅から電車に乗り込み、命がらがら古市の会社に逃げ延びた。)
by hiroseto2004 | 2014-06-11 09:17 | 政治フェス | Trackback
http://www.labornetjp.org/news/2014/1401766343787staff01

東京メトロの地下鉄駅売店で働く非正規労働者の女性たちでつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が、雇用主である東京メトロ子会社の株式会社メトロコマースを相手取って、正社員との賃金差別を撤廃するよう求めた裁判の第1回口頭弁論が6月19日に開かれます。昨年施行された改正労働契約法第20条を使った非正規労働者による全国初の裁判です。すべての非正規労働者の怒りで法廷を埋め尽くしましょう。

裁判は、今年5月1日のメーデーに、同支部組合員4人が原告となり、同じ売店で同じ仕事をしている正社員との賃金差額など約4250万円を請求しました。その内訳は月例賃金の差額(6万~9万円)、非正規労働者には支給されていない住宅手当9200円、正社員との年間の賞与(ボーナス)差額約124万円、非正規労働者には支給されていない退職金約300万円などです。駅売店における正社員と非正規労働者とでは、業務や責任の度合い、転勤などの範囲もまったく同じです。有期雇用契約であることによる不合理な労働条件の相違を設けることを禁止した労働契約法第20条に違反していることは明らかです。

このような非正規労働者への理不尽な差別は多くの企業で広がっています。同支部が提訴後、郵政産業労働者ユニオン組合員の非正規労働者3人がやはり労働契約法第20条を使って賃金差別撤廃の裁判を提訴しました。私たちはすべての非正規労働者の怒りや悔しさを胸にかならず裁判闘争に勝利する決意です。

当日の第1回裁判ではメトロコマース支部組合員が意見陳述に立ちます。また、裁判後には近くの弁護士会館で報告集会を開きます。東京メトロとメトロコマース経営者を圧倒するため、皆様の支援傍聴と集会参加を心よりお願いいたします。

<裁判>
■日時:2014年6月19日(木)午後3時
※傍聴席の関係で制限がありますが、その際はご容赦お願いします
■場所:東京地裁7階 705号法廷(東京都千代田区霞が関1-1-4) ※東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から1分

<報告集会>
■日時:2014年6月19日(木)午後3時30分ごろ
※裁判の終了後ただちに移動して開くため開始時間が多少前後する可能性があります
■場所:弁護士会館10階 1005号(東京都千代田区霞が関1-1-3) ※裁判終了後に徒歩で移動します

<連絡先>
全国一般東京東部労組 書記長:須田光照
電話 03-3604-5983
メール info@toburoso.org

*写真は5月1日メーデーストライキ


by hiroseto2004 | 2014-06-10 12:02 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

「誰もが置きざりにされない社会」をめざして(2)・・・ハコモノより耐震化補助を!

 「大昔、ロンドンでは、消防が民営だった。」ということをご存知でしたか?
 「そんな馬鹿な」とおっしゃるかもしれませんが、事実です。
 正確に言えば、大昔のイギリスでは、消防隊は保険会社がやっていたのです。

 http://london.jimomo.jp/blog/archive.html?id=4128

 保険加入者が所有する建物の近くで火事が起きれば、保険会社は、当然、必死で消火に
駆けつけたわけです。現実には、近所の人にも応援を要請し、謝礼も出していたようですが。

 しかし、大規模な火事になると、保険会社でやっていたのではらちがあかないということで、
公的な消防署ができたわけです。

 さて、時は下って現代日本。学校などの公共物の耐震化には国から補助が出ます。
しかし、住宅に対しては、東京都としては補助制度がありません。要は自己責任です。

 しかし、そんなことで本当にいいのでしょうか?
個人の住宅であっても、倒壊すれば、出火したり、あるいは、倒れ方によっては道路をふさいで
避難や消火活動の邪魔になったりしかねません。
それを防ぐことには「公共性」があるのではないでしょうか?
 かつて、保険会社が「自己責任」で運営していた「消防」もいまや、公営でやっているわけです。
そうであるならば、いまは「自己責任」の「住宅耐震化」も「公的補助」を出すようになっても
おかしくはないのではないでしょうか?しかも、いまや、直下型大地震が迫っているとも言われているわけですから。

 東京に必要なことは、新規大型ハコモノをガンガン建てる前に、足元を固めることではないでしょうか?


by hiroseto2004 | 2014-06-10 09:50 | 新しい政治をめざして | Trackback
by hiroseto2004 | 2014-06-10 08:44 | 緑の党・ひろしま | Trackback
 安倍総理は、消費税増税や配偶者控除の廃止などの増税の一方で医療・介護総合法案などのサービスの切り捨てへと進んでいます。
一方で、大手企業に対しては大型公共事業や、租税特別措置の廃止もしないままの税率引き下げなど大盤振る舞いです。
こうした中で、年金制度がこのままではうまくいかない、ということが発表されています。

 高度成長・バブルが終了して久しい日本で起きていることは「企業主義」の社会保障の機能不全です。

 「右肩上がり」時代には、「大手企業が発展すれば、協力企業や地方自治体も発展し、ひいては、男性世帯主も潤う。そして、家族も潤う。」という考え方に基づいたモデルも通用しているように見えました。

 日本は、教育の公的支出のGDP比率は先進国でも低い部類です。教育は事実上、親の責任=生まれた家庭による自己責任とされてきたといえます。

 また、住宅政策も、マイホーム主義でした。マイホームを持つ人には、租税面での優遇措置や、企業のバックアップはありました。しかし、公的な賃貸住宅への補助は、限られた公営住宅以外は不十分でした。

 医療の面で言えば、国保加入者(非正規、低所得者が多い)の方が、社会保険加入者(正社員)よりも負担率が圧倒的に重いという矛盾もあります。

 介護保険でも、どんな高額所得者でも、低所得者の3倍程度の保険料しか納めなくてよい仕組みになっています。一方で、介護で働く現場の労働者の待遇は劣悪なままにおかれています。

 年金も、日本の場合は企業主義の考え方が強くあります。共済年金や厚生年金と、国民年金の格差は深刻です。昔は、それでも、自営業は、一生涯働けるから、ということで、国民年金は安めだったのですが、新自由主義の下で、自営業が存続しにくくなっています。
 結果として、貯蓄が多い人の方が、たくさんもらえるという仕組みになっており、再分配機能とはかけはなれています。

 安倍総理が廃止を打ち出した配偶者控除制度そのものにも、実は、問題があります。控除とは、所得が高い人=税率が高い人に有利な仕組みです。

 こうした結果、日本は、政府による再分配機能が働いていません。子どもの貧困率は、政府による再分配前より再分配後の方が悪化するという世界でも稀有な国となっています。

 総理は、その上で、庶民に厳しい逆進性が高い消費税増税と、大手企業への大盤振る舞いと言う新自由主義的な政策を追い打ちのように打ち出しています。

 これらに対して、「企業主義」の破たんを認め、ひとりひとりを大事にする方向へ、と少しでも行こうとしたのが、民主党政権ではなかったでしょうか?しかし、その民主党政権は崩壊してしまいました。

 いまは、「古色蒼然たる右肩上がり前提の、古いバラマキ自民党政治」と「再分配軽視の新自由主義」のハイブリッドではないでしょうか?

 こうした中で、非正規労働者は使い捨てられ、正規労働者も酷使される。非正規社員はセーフティネットも薄く、貧困にあえぎぐ。正社員は、今の地位から外れられまいとして、いわゆる「ブラック」な労働環境を我慢せざるを得ない。そんな日本になっています。

 わたくしたちは、以下のことをいま、進めていかなければなりません。

1、高所得者有利の控除から庶民にやさしい手当てへ。
2、教育の無償化・格差是正。
3、マイホーム主義を捨て、家賃補助や耐震補助を含む住宅政策の充実。
4、企業主義の年金からベーシックインカムへ。
5、医療・介護現場の労働者使い捨てにストップ。
6、消費税増税・お金持ち減税から租特廃止・金融取引税、そして環境税へ。

4、のベーシックインカムについては、年金や雇用保険の会計を整理して、段階を踏みながら導入していくことになるでしょう。
 段階を踏むとなると、当面は、「若者でも一定期間、年金がもらえる」としてもいいかもしれません。人生の方向転換も、最低限の所得保障があればしやすくなります。
 なお、ベーシックインカムによりは「生活保護の方が優れている」とのご意見も承知しています。生活保護なら、住宅も安心なので、とくに、独身者にとっては、ベーシックインカムよりは有利ではないか、との趣旨です。

これについては、3の住宅政策の充実と組み合わせるのが妥当ではないか、と思います。

また、当面は、「1、控除から手当て(または給付付税額控除)へ」も大事ではないでしょうか?
そして、税制改革として、6、も進めていかなければなりません。

by hiroseto2004 | 2014-06-09 11:10 | 新しい政治をめざして | Trackback
[転送・転載歓迎/重複失礼]

安倍政権による集団的自衛権行使に向けた暴走、原子力規制委員会のデタ
ラメ人事案のごり押しなどに加えて、秘密保護法の年内施行に向けた動き
も加速しています。野党第一党である民主党に対して、廃止法案の提出に
加わることを求める緊急の呼びかけをご紹介します。

いろいろ大変ですが、一つひとつ確実に出来ることをやっていきましょう。
ぜひ広めてください。

----------------------------------

【拡散歓迎】

<「秘密保護法」を廃止へ!実行委員会からの呼びかけ>

国会会期末まであと2週間となりました。秘密保護法廃止法案の提出を実
現するために力を尽くしたいと思います。

まだ民主党は廃止法案の提出に消極的です。ただ、国会の監視機関にかか
わる自公の国会法の一部「改正」法案は、明確に国会を内閣、官庁に従属
させようとするものであり、民主党の対案・修正案が否決されたら、民主
党が廃止法案提出に踏みきる可能性があります。

野党第一党の民主を含めた共産党、生活の党、社民党の野党4党、無所属
議員による秘密保護法廃止法案の提出を実現するために、民主党の国会議
員に働きかけましょう。

ぜひ、全国からFAXを送り、廃止法案提出をはたらきかけてください。
なお、FAXを送るときは、できるだけ丁寧に廃止の思いを伝える形でお
願いします。

※FAXリストは実行委員会のHP http://www.himituho.com/ からも
ダウンロードできます。ご活用ください。

 ---------------------------

★民主党は「秘密保護法」廃止法案の今国会提出に加わってください!

<民主党のキーパーソン(党役員、当時の特別委員会委員)にファックス要請を!>

 自民、公明の与党は秘密保護法の年内施行に向けて、秘密の運用をチェ
ックする「監視機関」(秘密会)を設置する国会法改定案を提出し、早期
審議による今国会中の成立を目指しています。しかし、「秘密会」設置は
公開を原則とする国会のあり方を大きく変質させ、委員も議席数に応じた
8人と少数会派の意見を軽視しています。また、政府に対する勧告権はあ
るものの、強制力はなく、追認機関となる恐れがあります。さらに、政府
が特定秘密の適否をチェックするとして内閣府への設置を検討している
「第三者機関」にも、是正を行わせる権限がないことも明らかになってい
ます。

 運用面でのこうした数々の不備が、秘密保護法自体が抱える根本的な危
険性に基づくことは明らかです。秘密保護法の廃止を求める声は確実に広
がっており、廃止を求める署名は約40万名を超えています。また、廃止を
求める地方議会の決議は、4月9日現在、108議会にのぼっています。野党
がなすべきことは、こうした民意を受け止めて、できる限り幅広い枠組み
で廃止法案を提出することではないでしょうか。

 野党第一党である民主党は、秘密保護法の国会審議において、その危険
性を厳しく追及され、政府を追い詰める重要な役割を果たされました。こ
の悪法の廃止に向けた責任と役割も重大です。どうか今国会において、秘
密保護法廃止法案の野党共同提出に加わっていただくようにお願いします。

<要請先> 
※それぞれの言葉でメッセージを届けてください。短いものでも構いません。

【党役員】
代表:海江田万里[東京1区・比例東京](FAX)03-3508-3316
幹事長:大畠章宏[茨城5区]     (FAX)03-3502-5953
政調会長:櫻井充[宮城]       (FAX)03-6551-0512
国対委員長:松原仁[比例東京]    (FAX)03-3580-7336
役員室長:荒井聰[比例北海道]    (FAX)03-3508-3225
最高顧問:野田佳彦[千葉4区]     (FAX)03-3508-3441
 同上 :岡田克也[三重3区]     (FAX)03-3502-5047
 同上 :横路孝弘[比例北海道]   (FAX)03-3508-3946
 同上 :江田五月[岡山]      (FAX)03-6551-1204

【衆議院特別委員(当時)】
大島敦[比例南関東]     (FAX)03-3508-3380
後藤祐一[比例南関東]    (FAX)03-3508-3962
近藤昭一[比例東海]     (FAX)03-3508-3882
近藤洋介[比例東北]     (FAX)03-3508-3985
長島昭久[東京21区] (FAX)03-3508-3309
渡辺周[静岡6区]       (FAX)03-3508-3767

【参議院特別委員(当時)】
芝博一[三重]        (FAX)03-6551-0317
福山哲郎[京都] (FAX)03-6551-0808
大野元裕[埼玉] (FAX)03-6551-0618
神本美恵子[比例] (FAX)03-3508-0010
白眞勲[比例]        (FAX)03-6551-1116
藤田幸久[茨城] (FAX)03-6551-0914

呼びかけ:「秘密保護法」を廃止へ!実行委員会 
http://www.himituho.com/
by hiroseto2004 | 2014-06-09 10:54 | 憲法 | Trackback
[転送・転載歓迎/重複失礼]

原子力規制委員会の「原子力ムラ」完全復活人事案(島崎邦彦委員の排除
と田中知氏の就任)をめぐる情勢は厳しさを増しています。

6日に行われた衆議院環境委員会の質疑で、石原伸晃環境相は、近藤昭一
議員(民主党)の質問に対して、「法律に照らして人選しており、民主党
時代のガイドラインは考慮していない」「現在、ガイドラインはないし、
今後作る予定もない」「田中知氏は専門性も十分であり、経験や見識もあ
る。報酬も受けていない。何でこの人がダメなのか、理解に苦しむ」と言
ってのけました。

規制委人事、人選基準策定せず 石原環境相(6月6日、共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060601001700.html

原子力規制委:2氏の同意人事案を閣議決定(6月6日、毎日)
※無料登録して見られます。
http://mainichi.jp/select/news/20140607k0000m010056000c.html

【動画】
「田中知氏は専門性、経験、見識があり、報酬を受けていない。何でこの
人がダメか理解に苦しむ」
…石原環境相の6月6日、衆院環境委での近藤昭一議員への答弁
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&u_day=20140606
※「環境委員会」をクリック→「近藤昭一」をクリック→ 0:51:55~1:15:20

そもそも、原子力規制委設置法は、民自公の協議の末、「3条委員会にし
て独立性を高める」との自公案を大幅に取り入れた議員立法でした。欠格
要件ガイドラインの作成も含めた当時の経過全体に、自公両党も責任を負
っていることは明らかです。こんなデタラメを放言してはばからない人が、
環境相をやっていられることは本当に理解に苦しみます。

----------------------------------

① 国会のキーパーソンにファックスを!

先週の衆参両院の議院運営委員会(議運)では、一部野党から「人事案を
撤回して出し直すべき」との追及もありましたが、政府与党側は強行姿勢
を緩めていません。このままでは、10日(火)13時からの衆議院本会議と
11日(水)10時からの参議院本会議で、相次いで人事案の同意採決が強行
される恐れが高いです。

◆10日(火)11時から衆議院議運理事会が、10日(火)16時からは参議院
議運理事会が開かれ、そこで本会議採決の日程が最終協議されます。本当
に崖っぷちに来ています。採決強行を食い止めるために、引き続き議運理
事、国対委員長へのファックス、電話による要請を呼びかけます。大至急、
声を届けてください。

<要請先>

※「今回の人事案は手続きも内容も論外であり、採決する前提を欠いてい
ます。政府に撤回と出し直しを強く要求してください」の主旨を、ご自分
の言葉で。

※野党共同の記者会見や田中知氏の意見聴取(慣例では委員長候補のみで
すが、欠格要件抵触の疑義がある人物には必要)の要求など、出来ること
を行ってほしいとの要請も重要です。

注)とりわけ ◆の人には「しっかりやって!」とプレッシャーを。
       ◇の人には「がんばって!」と激励を。
       (もちろん、同じ文面でも構いません)

【衆議院 議院運営委員会・理事】
 自民:逢沢一郎[委員長](FAX)03-3508-0319
 自民:大塚高司      (FAX)03-3508-3956
 自民:永岡桂子      (FAX)03-3508-3724
 自民:長島忠美      (FAX)03-3508-3270
 自民:平沢勝栄      (FAX)03-3508-3527
 自民:松野博一      (FAX)03-3508-3329
 自民:御法川信英     (FAX)03-3508-3717
◆公明:大口善徳      (FAX)03-3508-8552  
◆民主:後藤斎       (FAX)03-3508-3737
◆維新:石関貴史      (FAX)03-3508-3736

【参議院 議院運営委員会・理事】
 自民:岩城光英[委員長](FAX)03-6551-0318
 自民:石井準一      (FAX)03-5512-2606
◇自民:長谷川岳(原発ゼロの会) (FAX)03-6550-0055
 自民:水落敏栄 (FAX)03-6551-1013
◆公明:谷合正明 (FAX)03-6551-0922
◆民主:小見山幸治 (FAX)03-6550-0044
◆民主:前川清成      (FAX)03-6551-1205
◆維結:室井邦彦      (FAX)03-6551-1122
◇みんな:水野賢一     (FAX)03-6551-0519
◇共産:仁比聡平      (FAX)03-6551-0815

【国対委員長】
◆自民:佐藤勉       (FAX)03-3597-2740
◆公明:漆原良夫     (FAX)03-3508-7149
◆民主:松原仁       (FAX)03-3580-7336
◆維新:小沢鋭仁     (FAX)03-3591-2735
◆結い:畠中光成     (FAX)03-3508-3514
◇みんな:山内康一    (FAX)03-3508-3520 

※電話できる方は
衆議院は 03-3581-5111
参議院は 03-3581-3111
にかけて議員名を伝えれば、議員事務所につないでくれます。

----------------------------------

② 議員会館前 連続アピール行動

原子力村による、原子力村のための、原子力村人事はもうたくさん!
ということで、国会議員に反対を訴えかけましょう。

◆【規制委人事案にノー! 連続アピール行動 第3回】
6月9日(月)19:00~20:30 @衆議院第二議員会館前

※18:30~19:30の集団的自衛権容認反対の官邸前行動の後にぜひ合流
していただけるとありがたいです。

◆【規制委人事案にノー! 連続アピール行動 第4回】
6月11日(水)朝9:00~10:00 @参議院議員会館前

いずれも 呼びかけ:原子力規制を監視する市民の会
          http://www.kiseikanshishimin.net/
問い合わせ先:090-6142-1807(満田)

<関連>
※署名提出報告(満田夏花さんより)
【緊急署名/原子力規制委 原子力ムラ人事案にノー!】ですが、わずか
1日半の間に、2,885筆およびたくさんのメッセージをいただきました。
ありがとうございました。署名の文言は下記をご覧ください。
http://goo.gl/fvAf6O

5日の午後、市民14人で手分けして、衆参の議運メンバーおよび国対委員
長など28人の与野党の国会議員の事務所に提出しました。議員事務所によ
っては、「たくさんのファックスが届いている」「あの人事はおかしい」
「うちの議員も反対している」などと励まされました。自民党の中でも異
論はあるようです。

----------------------------------

③ 田中知氏本人に委員就任を辞退するよう訴えよう!

どこをどう見ても、田中知氏は原子力規制委員に不適格です。原子力規制
庁が欠格要件に抵触するこの人物を候補者リストに入れたことも、そして、
安倍自公政権が人選したことも大問題ですが、田中氏本人が東電福島第一
原発事故に責任を感じているなら、打診を固辞するのが当たり前でしょう。

田中知氏本人に対して、ただちに委員候補から降りるよう、要請してくだ
さい。以下は公開されている田中氏のメールアドレスです。説得するため
のメッセージですので、なるべく丁寧な言葉でお書きいただくようにお願
いします。
また、質問されてもいいのではないかと思います。田中氏には
答える責任があると思います。

 ★田中知・東京大学大学院工学系研究科教授
   
  s-tanaka@n.t.u-tokyo.ac.jp

※東京大学大学院工学系研究科・原子力国際専攻の教員紹介
(上から15人目が田中知教授)
http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/modules/introduction/index.php?id=2

【参考情報】
[談話]田中知氏の原子力規制委員会委員への任命案について(原発ゼロの会)
http://genpatsuzero.sblo.jp/article/98410602.html

[書き起こし]規制委の「中立」基準 適用せず
(5月30日、東京新聞「こちら特報部」)
http://magicmemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/580-2044.html
  
----------------------------------

【資料】新聞の社説

各地の新聞社説をまとめてみました。リンクを貼りましたので、国会議員
へのファックスなどにご活用ください。

【社説】規制委人事案 撤回も視野に再検討を(5月31日、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/542587.html
…「国会で議論を重ね、疑念が拭えないなら白紙に戻すべきだ」

【社説】規制委の人事 独立性は保たれるのか(5月29日、信濃毎日新聞)
http://www.shinmai.co.jp/news/20140529/KT140528ETI090005000.php
…「政治的圧力でゆがめられた原子力安全・保安院の二の舞いになること
が懸念される」

【社説】原子力規制委 中立性は保たれるのか(6月2日、山陽新聞)
http://www.sanyonews.jp/article/22826/1/
…「国会は、田中氏らの所信聴取で原発規制への考え方などをしっかりと
たださなければならない」

【社説】[原子力規制委員]独立性は保たれるのか(5月29日、高知新聞)
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=320709&nwIW=1&nwVt=knd
…「田中氏は当然、国会で職責に臨む姿勢とともに、電気事業者との関係
を積極的に明らかにすべきだろう」

【社説】[原子力規制委人事案]独立性に疑問符が付く(6月2日、沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=71467
…「厳格な人選基準がなし崩しにされれば、規制委の独立性が骨抜きにさ
れかねない」

【社説】原子力規制委人事 独立性を確保できるのか(6月4日、徳島新聞)
http://www.topics.or.jp/editorial/news/2014/06/news_14018419201932.html
…「基準は民主党政権時に作られたが、国会審議を踏まえており、政権が
代われば無視していいというものではなかろう」

【社説】規制委人事/原発の安全を担えるのか(5月29日、神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201405/0007002426.shtml
…「規制委の独立性を危ぶむのは田中氏起用に原発回帰をもくろむ政府や
電力業界の意図を感じるからだ」

【社説】[原子力規制委]中立性損なう人事案だ(5月29日、南日本新聞)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201405&storyid=57175
…「規制委が政府の言いなりになるのではないかとの疑念がぬぐえない」

【社説】原子力規制委人事 旧体制に逆戻りの懸念(6月5日、神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/72515/cms_id/84644
…「再び『原子力ムラ』が復権し、強引に原発政策を進めるのではないか」

【社説】原発規制委人事 中立、公正を保てるのか(5月29日、新潟日報)
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20140529114803.html
…「直視しなければならないのは、3年たっても事実上変わらない福島事
故の現実である」

【社説】規制委の人事 中立性が疑われては(6月2日、中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014060202000093.html
…「NHKの経営委員会や安保法制懇のような“安倍カラー人事”をまた
やったと見られても仕方ないだろう」

【社説】原子力規制委人事 再稼働への誘導は許されない(5月30日、愛媛新聞)
https://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201405307252.html
…「原発再稼働のためなら手段を選ばず―。そんな、なりふりかまわぬ人
事である」
by hiroseto2004 | 2014-06-08 08:50 | エネルギー政策 | Trackback
【さとうしゅういち東京進出壮行会のお知らせおよび引き続きのご支援のお願い】

さとうしゅういち東京進出壮行会

どちらかに、ご参加をお待ちしております!
両方参加ももちろん大歓迎です!

6月13日(金)19時から 鉄板焼居酒屋「じゅげむ」
会費3000円
広島市安佐南区祇園2-2-2-102
(さとうしゅういち事務所がある建物の1階)
e0094315_23071449.jpg
2014年6月14日(土) 18時半~ カラオケ喫茶シャロン(写真)
会費 5000円 (飲み放題、歌い放題、事実上食べ放題)
広島市安佐南区祇園2-1-22
(古市橋駅から南へ徒歩五分、さとうしゅういち事務所斜め向かい)
e0094315_23061673.jpg
e0094315_23095099.jpg

主催:さとうしゅういち後援会

ご参加希望の方は、090-3171-4437か、FB:satoh.shuichiまで、ご連絡ください!

「じゅげむ」は2013年参院選を前にした緑の党「全国キャラバン」で、おせわになりました。
「シャロン」は、2013年4月に、すぐろ奈緒共同代表(当時)の講演会会場としてお世話になりました!

【ごあいさつ】

 いつもお世話になります。
 さて、今年後半以降、わたくし・さとうしゅういちは、故郷・東京に活動
の拠点を移します。これまで、2000年以来14年あまり、広島県内各地でお世話になった皆様には心から感謝申し上げます。

 なお、今後とも、「ヒロシマの心を活かす」ため「政治を変えていく。」という大きな方針には全く変わりはありません。これまでの主張や政策にも変更はございません。「東京進出」という表現にはそういう意味が込められています。

 わたくし・さとうしゅういちは、東京で過ごした小学校時代、広島県府中町出身の被爆者の先生に担任をしていただきました。それ以来、野球はカープファン。そして、先生にお話しいただいた被爆体験に衝撃を受け、「こんなことを二度と起こさせてはいけない」と国会議員を志しました。それ以来の思いにブレは1ミリもないといっても過言ではありません。

これまで広島で取り組んできた諸活動も、引き続き東京で、広島よりは国会や中央省庁などと近い地の利をフルに生かして参ります。

 一方で、さとうしゅういち後援会組織も広島県内に残します。
定期的に東京での活動状況も広島県内のみなさまにご報告いたします。

 どうぞ、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。そして、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

  東京は、わたくし・さとうしゅういちが、生まれた直後から大学卒業までを過ごした事実上の「故郷」です。
故郷・東京のみなさまとともに活動できることは楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。

★さとうしゅういちの新しいスタートを応援してください。★

さとうしゅういちと緑の党の政治活動は、大きな企業・団体などのバックはありません。
市民の皆様おひとりおひとりから支えていただいております。

東京で新たなスタートを切るにあたり、必要最低限のお金はかかります。
さとうしゅういちと一緒に新しい政治をつくろうという方、よろしくお願いいたします!

郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一
(500円からよろしくお願いします!)

by hiroseto2004 | 2014-06-07 21:02 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

とうかさん二日目です!

e0094315_18265598.jpg

【とうかさん二日目です!】
本日は広島市三大まつりのひとつ、とうかさん二日目です!
昨日は、道路のゴミを拾って歩きましたが、今日は、ごみステーションにつきます。
皆様、とうかさんを楽しみながらも、ゴミを分別して正しいごみ箱に入れることにご協力お願いいたします!
by hiroseto2004 | 2014-06-07 18:26 | 歳時記 | Trackback

片目失明者友の会役員会

e0094315_13185341.jpg

【片目失明者友の会役員会】
今日、午後は片目失明者友の会役員会です。
6月3日に久山公明代表らが厚生労働省に要望を実施してから初めての役員会です。
また、6月28日(土)14時からは、クオータ制の実現をめざす会が広島市中区大手町のゆいぽーと四階研修室に久山代表をお招きし、報告をしていただきます。
よろしくお願いいたします!
by hiroseto2004 | 2014-06-07 13:18 | 片目失明者友の会 | Trackback