人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2014年 06月 ( 65 )   > この月の画像一覧

【声明】北朝鮮拉致被害者の一刻も早い救済を

2014/06/02

【声明】北朝鮮拉致被害者の一刻も早い救済を

2014年6月1日 
緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 去る5月26日からストックホルムで開かれていた日朝外務省局長協議を経て、29日、安倍首相は拉致被害者の再調査で北朝鮮と合意したと発表しました。

 合意は、北朝鮮が拉致被害者ならびに拉致の疑いが排除されないすべての行方不明者の包括的・全面的な調査を行ない、生存者が判明した場合には帰国させること、調査の進展に応じて日本の制裁を段階的に一部解除することなどが内容となっています。日本政府から検証要員を平壌に派遣する方針も検討されていると伝えられています。

 これらは、日朝両政府の様々な政治的思惑も反映されたものとはいえ、従来の両政府の立場からの画期的転換であり、問題の解決に向けた大きな前進として、私たちは基本的に歓迎します。また、この合意が実効性あるものとして早期に具体的な進展が図られ、海外の関係各国も含む全ての拉致被害者が一刻も早く救済されるよう強く望みます。

 一方、2002年の日朝平壌宣言において「拉致問題の解決」とともに謳われた「植民地支配の過去の清算」「日朝国交正常化交渉の開始」などは、北朝鮮のミサイル発射や核開発と日本の制裁措置によって宙に浮いたままとなっています。今回の合意を機に、両政府が同宣言の原点に立ち返り、これを誠実に遂行するよう、あらためて求めます。


by hiroseto2004 | 2014-06-02 22:18 | 緑の党・ひろしま | Trackback
「原子力ムラ」の中心人物田中知氏を原子力規制委員会の委員に
させようとする、とんでもない人事案に反対する抗議行動が、明日
6月3日(火)の18時30分~20時に所掌官邸前で取り組まれます。

そのご案内を転載させていただきます。

なお毎月第一火曜日に首相官邸前で取り組まれてきました、
「STOP TPP!! 官邸前アクション」は明日6月3日(火)は、
首相官邸前での抗議行動はなく、代わりに渋谷駅ハチ公前広場にて、
18:00~19:30 に「6.3 STOP TPP!! 渋谷駅ハチ公前広場周知活動」を
行います。http://tpp.jimdo.com/2014/05/26/6-3-shibuya/




(以下、拡散大歓迎)

[転送・転載歓迎]

「法とルールを守れ」と海外で演説した安倍首相は、まず自らが選んだ新
規制委員の「ルール破り」人事案の撤回から始めるべきです。国会同意の
手続きまで時間がありません。とにかく「NO!」の声を形にしましょう。
ぜひご参加ください。周りの方々にも広めてください。

<ツイッター拡散用>
【大拡散希望】田中知氏はアウトだ!規制委人事案撤回!6・3官邸前
抗議:6月3日(火)18時30分~20時、首相官邸前(国会議事堂前駅)、
呼びかけ:原子力規制を監視する市民の会 http://goo.gl/SzHRiL

<以下にも撤回要請のファックスを!短いもので構いません。>

安倍晋三(首相)[FAX]03-3508-3602

菅義偉(官房長官)[FAX]03-3597-2707

石原伸晃(環境相・原子力防災担当相)[FAX]03-3593-7101

---------------------------------------

◆田中知氏はアウトだ!
規制委人事案撤回!
 6・3 官邸前抗議
 http://goo.gl/SzHRiL

 政府が国会に提示した原子力規制委員会の人事案に対して、驚きと憤り
の声が広がっています。とりわけ、田中知氏は「原子力ムラ」の中心人物
であり、2011年から2012年にかけて、「原子力産業協会」の役員を務めて
いました。2012年7月3日に内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室が出
した文書の「欠格要件」に関する記載には、「就任前直近3年間に、原子
力事業者及びその団体の役員、従業者等であった者」とあり、政府の関連
文書に列記された団体には「原子力産業協会」が明記されています。田中
知氏が欠格要件に抵触することは明らかです。田中氏はまた、日立GEニ
ュークリア・エナジーや東京電力の関連団体から献金や報酬も受け取っ て
おり、「利益相反」にも該当します。

 この「3・11」以前に逆戻りするかのような人事案はただちに撤回され
るべきです。現在の規制委員会自体が「再稼働ありき」の姿勢を強める中
で、今回の人事が強行されれば、「原子力ムラ」の公然たる復活は必至と
言わざるを得ません。
 この人事案を最終的に決定した首相官邸に対して、撤回を強く求めたい
と思います。ぜひご参加ください。

日時:6月3日(火)
18時30分~20時
場所:首相官邸前(国会議事堂前駅)
※プラカードや鳴り物など持ち寄り歓迎です。

呼びかけ:原子力規制を監視する市民の会
http://www.kiseikanshishimin.net/
当日連絡先:090-6185-4407(杉原)

【関連情報】
[談話]田中知氏の原子力規制委員会委員への任命案について(原発ゼロの会)
http://genpatsuzero.sblo.jp/article/98410602.html

[社説]規制委人事案 撤回も視野に再検討を(5月31日、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/542587.html

規制委員候補に電力側から報酬 田中教授、50万円超(5月27日、共同)
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052701002272.html

[書き起こし]規制委の「中立」基準 適用せず
(5月30日、東京新聞「こちら特報部」)
http://magicmemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/580-2044.html



by hiroseto2004 | 2014-06-02 17:06 | エネルギー政策 | Trackback
【誰もが置きざりにされない、持続可能なふるさと・東京を!】

わたくし、さとうしゅういちが、今年後半以降、ふるさと・東京に戻る決断をした大きな要素があります。

2020年の東京オリンピックを前にして、「このままで、俺を育ててくれた、ふるさと・東京は大丈夫なのか?」と心配になったことです。

いくらコンパクトなオリンピック、といっても、やはり巨大な「新国立競技場」を筆頭に、古色蒼然たるハコモノ行政がこのままでは復活します。

しかし、今や、ハコモノづくりを支える産業は、震災復旧、さらに古くなったインフラのメンテナンスだけで、仕事は手一杯です。人材も資材も足りないのが現状です。実際、東京近郊でも、「五輪で資材や人件費が値上がりするから」という理由で千葉県の木更津市役所が、しばらくは、市役所をプレハブで済ますことを計画し、衝撃が広がっています。

それでも、ハコモノを無理につくろうとすれば、結局、資材輸入などで外国に金が回る形になります。労働者が足りないとなれば外国人労働者を増やすかもしれませんが、当然、それは、東京のお金が外国に流出することになります。

いまや、「ハコモノ」は、短期的な景気刺激効果さえもないのです。

一方で長期的にも禍根を残します。
東京は地方に遅れますが、やはり、高齢社会になります。地方から若者が東京に流出する問題が言われていますが、実は、今、高齢者が東京に行った子どもを頼って、東京に流出する動きも広島市郊外でもすでに起きています。

これが加速する可能性は高い。東京でも、想定外の高齢者増加が起きる可能性もあります。

今、お金をハコモノに浪費してしまえば、「高齢社会」になった時に、医療や介護を支える人材がいないということになりかねません。

「財政が苦しいから、今以上に、介護現場で若者を使い捨てる」ことになりかねない。

さらには、高齢者をボランティアという名目で使い捨てということもこれからは大いにあり得ます。

団塊世代が後期高齢者になりきった2025年、余計なコンクリートばかりで、さらにメンテナンス費用に苦しみ、高齢者も若者も置きざりにされる東京にしてしまうのか?
調和の取れた街並みと高齢者も若者も、最低限、安心して暮らせる東京を残すのか?

東京オリンピックまでの数年で決まるでしょう。

もちろん、国政レベルで一極集中を防ぐ政策が必要ですが、東京の自治体で今すぐ取り組むべきことがたくさんあります。

付け加えますと、広島は、1994年のアジア大会と1996年の国体で無駄なハコモノを作りすぎました。そして、20年たったいま、警察署や信号機や橋や学校を直すお金にも事欠く有り様です。

アジア大会のとき、誰が20年後の今の広島市や県財政の惨状を想像したでしょうか?

まして、今は、ハコモノづくりは、地域経済の押し上げさえも疑わしい状況です。

東京も、このまま、東京オリンピックに浮かれ、調子に乗っていたら、広島市や広島県と同じような事態に十年後、東京は襲われるでしょう。

しかし、今なら引き返せます。

今こそ、持続可能でだれもが置きざりにされないなふるさと・東京を!
by hiroseto2004 | 2014-06-02 10:05 | 新しい政治をめざして | Trackback
e0094315_1659528.jpg

【6・1国会包囲に連帯し、街頭演説】
わたくし、さとうしゅういちは、広島市安佐南区祇園出張所前、そして、西区横川駅前で街頭演説を実施。本日の首都圏反原発連合呼びかけの国会包囲に連帯し、「巨大火山に位置する内原発は再稼働どころか、廃炉へ」「原子力規制委員にバリバリ原子力推進の方を任命するのは言い方は悪いが【泥棒に警察をさせる】ようなものだ。直ちに撤回を!」「総理はお友達人事ばかり。税金を支払っている一人一人の国民のための人事を。」などと訴えました。
by hiroseto2004 | 2014-06-01 16:59 | 政治フェス | Trackback
しっとる?憲法のこと
集団的自衛権ってなんだ?!
〜子どもたちを守りたいあなたへ〜

「集団的自衛権?憲法?...
 なんだそれ?」

「日本はこれからどーなっちゃうの?
 うちの子戦争いっちゃうの?」

「やっぱりいろんな脅威に備えていかなきゃいけないでしょ。」

そんなみなさんにぜひ聞いてもらいたいお話会です。

今、私たちが憲法のこと、そして集団的自衛権のこと、知ることから始めようよ。

大切な家族や愛する人がいるからこそ。

子育て真っ最中の女性弁護士寺西環江さんに、やさしい言葉で伝えてもらいます。

お子様連れ大歓迎☆

会場のシェイクハンズでもご飯やドリンクあります。
早めにこられて腹ごしらえされてもOKです(^_−)−

6月2日(月)
18時30分〜20時30分

場所:コワーキングスペース 「シェイクハンズ 」 (広島市紙屋町) http://www.shakehands.jp/about.html

お話:寺西環江 弁護士(和法律総合事務所) http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20140416125903539_ja

参加費:¥999

ブログ:http://m.blogs.yahoo.co.jp/kanasns_131028/32823803.html

by hiroseto2004 | 2014-06-01 07:56 | イベント情報 | Trackback