人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2015年 05月 ( 149 )   > この月の画像一覧

広島ブログ

【談話】「大阪都」構想否決を受けて 改革を求める市民の声にこたえて議論の深化を

2015年5月19日
緑の党グリーンズジャパン 共同代表
中山均 長谷川羽衣子 長谷川平和 松本なみほ

 5月17日、大阪市で、橋下徹・大阪市長が掲げる、いわゆる「大阪都」構想をめぐり、大阪市を解体し大阪府の下に5つの特別区を設置することの是非を問う住民投票が実施され、僅差ながら反対票が賛成票を上回り、大阪市は存続することとなりました。

 この構想は市民主権・地域主権に反するものであり、丁寧な説明や議論を抜きにした煽動的な手法も大きな問題であると考え、緑の党はこれに反対し(※1)、大阪府本部を中心に、多くの政治勢力や市民・市民団体と連携して、反対運動を進めてきました。
 私たちは、この結果を歓迎します。

 住民投票は拙速で、政党助成金から賛成派の運動に莫大な宣伝費がつぎ込まれるなど、さまざまな問題がありました。しかし、この重大な選択にあたって、これまで政治から距離を置いていた若者なども議論や運動に参加し、多くの有権者が、それぞれ自分で悩み、賛否の票を投じました。これは、日本の社会と有権者にとって、おまかせ民主主義から脱却して、自分たちの力で政治を変えていくための、貴重な経験として活かされるでしょう(2)。

 一方、票差はわずか1万票あまり(0.8ポイント)であり、既成政党の大部分が手を結び、市民団体や緑の党のような新しい流れが加わってようやく「互角」程度であったことに、現在の政治のあり方に対する市民の大きな不満と、「改革」を求める根強い想いがあったことを認識する必要があります。その「改革」の想いを橋下・維新に奪われていることを、既成政党以上に私たちも厳しく受け止めなければなりません。

 緑の党は、今回賛成票を投じた人々の意見にも真摯に耳を傾け、議論を重ねながら、草の根民主主義に基づく市民主権・地域主権の観点から、橋下氏や大阪維新の会が示すものとは異なる形で、地域の未来像と希望を紡ぎだして行くための議論と取り組みを重ねていきます。


(1) 2015年5月7日付声明「『大阪都』構想に反対します
(2) 今回の「大阪都」構想や住民投票問題を通して浮かび上がった地域自治や住民自治の制度的課題などについて、別途「論説」として論点整理と議論を重ねる予定。




More
by hiroseto2004 | 2015-05-22 08:25 | 大阪府政 | Trackback
広島ブログ
青森県知事選挙 県庁前での大竹進候補の演説・吉田ただとも社民党党首の訴え。

青森県知事には、反核燃・反原発の医師・大竹すすむさんを!

青森県知事選挙は現職の三村しんご知事と、大竹すすむさんの一騎打ちです。

核燃ストップ、大間原発ストップの一票は大竹すすむさんへ!

「緑の党・ひろしま」と「さとうしゅういち」も被爆都市ヒロシマから大竹進さんを推薦いたします!


大竹さんの訴え(音声)(2~5が6本柱の基本政策です)



More
by hiroseto2004 | 2015-05-22 08:22 | 選挙 | Trackback
広島ブログ

安倍総理の海外派兵拡大法案。

関係あるのは自衛隊員だけでしょうか?

いいえ。

民間企業の従業員にも関係ありまくりです。

たとえば、自衛隊と取引がある企業の方でしたら、自衛隊がバンバン海外へ出ていけば、機械のメンテナンスなどで、ついていくことも考えられます。流れ弾が飛んできて死傷する危険も増えます。

医療関係者も、負傷したり病気になった自衛官の治療にあたることになる機会が増えます。

さらに、こうした、民間企業や医療関係者も、自衛隊の海外派兵とかかわることに案れば、2013年成立した特定秘密保護法の対象になる可能性もあります。
うっかり、他人に話すと、重い罰則になるほか、そこまでいかなくても、家族や経済状況などことこまかに国により監視されることにもなるでしょう。




More
by hiroseto2004 | 2015-05-22 08:18 | 憲法 | Trackback
広島ブログ

150607tirashizuNo Nukes Ehime vol.2
フクシマを繰り返すな!
伊方原発再稼働やめよ!! 6・7大集会

原発ゼロをずーっと続けるために 伊方原発再稼働をみんなでとめちゃおう

*****************************************************************

150607チラシ1面データ

2013年9月15日に大飯原発4号機が停止してから、日本では原発ゼロが続いています。それでも電気はじゅうぶん足りているのです。しかし、政府と電力会社は原発の再稼働に突き進んでいます。
四国電力は4月14日、原子力規制委員会の安全審査が終了した伊方原発3号機について、追加の安全対策をまとめた「補正書」を提出しました。これを受けて規制委員会は事実上の合格証となる「審査書案」の作成に入っています。
鹿児島県の川内原発、福井県の高浜原発に次いで3例目です。四国電力は今年中の再稼働を目指しています。
東京電力福島第一原発事故は収束も原因究明もできていません。いまだに12万人もの人々が故郷を奪われたままです。被ばくによる健康不安が拡がっています。核のゴミについて何の解決策もないままです。東南海、南海地震が近い将来必ず来ると予測されています。
伊方原発は日本一細長い佐田岬半島の付け根にあります。もし事故が起きれば先端部の住民の人たちの避難は困難を極めます。福島第一原発からの放射能汚染水の流出は深刻ですが、伊方では汚染水が流れ込むのは閉鎖性水域の瀬戸内海です。それでも再稼働を進めるのですか?
私たちが未来に残したいものは、安全な空気と水と大地と海、佐田岬半島の豊かな恵みです。フクシマを繰り返さないために、伊方原発を再稼働させないために、集い、歌い、歩いて、想いを伝えましょう。

****************************************************************

【日 時】 2015年6月7日(日曜日)12:30~16:00
【場 所】 松山市堀之内 城山公園 やすらぎ広場
【内 容】 12 : 30 ~ オープニングあいさつ
12 : 45 ~ 山本コウタローさんライブ& トーク
13 : 30 ~ 各地からのアピール、集会宣言
14 : 30 ~ デモ行進
(横断幕、のぼり、プラカード、鳴り物、コスプレなど、
アピールできる工夫をお願いします。)
【主 催】 伊方原発をとめる会
(入場無料)

**************************************************************

〔山本コウタローさんプロフィール〕
東京都千代田区生まれ。一橋大学社会学部卒業。大学在学中“ソルティーシュガー”で「走れコウタロー」が大ヒットし、日本レコード大賞・新人賞を受賞。大学卒業翌年には“山本コウタローとウイークエンド”で「岬めぐり」が大ヒット。TV・ラジオのパーソナリテイ・司会をはじめ、講演等に活動の幅を広げる。1999年白鴎大学教授(地球環境問題)に就任。2005年デビュー35周年を迎え「ほぼウイークエンド」で音楽活動再開。TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に「おやじバンド」で準レギュラー出演。
*************************************************************
★雨天決行!
カッパ・傘などは各自でご用意ください。
★駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
★賛同カンパにご協力をよろしくお願いします。
【カンパの振込先】郵便振替 口座番号 01610-9-108485
加入者名 伊方原発をとめる会
————————————-
「伊方原発をとめる会」は、絶対に福島を繰り返してはならないという思いで、伊方原発をとめること、自然エネルギーへの転換をはかることを目的に、2011年11 月3日に発足した市民団体です。

◆事務局
〒790-0003 愛媛県松山市三番町5-2-3ハヤシビル3F
電話 089-948-9990  FAX 089-948-9991
ホームページ http://www.ikata-tomeru.jp/ メールア



More
by hiroseto2004 | 2015-05-22 08:05 | エネルギー政策 | Trackback
広島ブログ

原子力規制委員会は20日、伊方原発に再稼働のお墨付きである「適合」判断を与えてしまいました。

伊方原発は愛媛県佐田岬半島の途中にあります。原発事故があった場合、半島の先端の人たちは、原発に向かって避難するということが起きます。
船で大分県側へ避難するという手もあり得ますが、海が荒れた場合なども考えると、机上の空論です。
さらに、瀬戸内海という内海の原発であり、事故になった場合、長期間放射能に汚染された海水が残ります。広島や山口といった隣接する県も大被害になる恐れがあります。

また、山と海に挟まれている伊方原発は、福島第一原発よりも条件は悪く、事故が起きた場合、汚染された水を貯めるタンクをつくる場所すらありません。

このような最悪の伊方原発の再稼働にお墨付きを与える原子力規制委員会に広島市民も抗議していきましょう。廃炉を求めていきましょう。再稼働に反対する裁判を支援してまいりましょう。

伊方原発を止める会

2015年5月20日
原子力規制委員会 御中

〒790-0003愛媛県松山市三番町5-2-3 ハヤシビル3F
伊方原発をとめる会
事務局長 草薙 順一

伊方原子力発電所3号機に関する「審査書案」撤回を求める申し入れ

本日(5月20日)原子力規制委員会は、四国電力伊方原子力発電所3号機について再稼働の前提となる審査書案を発表しました。伊方原発をとめる会は、2014年2月、貴委員会に対し、最新の知見による徹底検証を求めていました。伊方の地下のスロークエイクと巨大地震の問題、福島原発事故での短周期・長時間地震動の問題、さらに東京電力福島第一原子力発電所の「過渡現象記録装置」データの徹底解析の問題です。いまだ、これらの問題についての徹底検証は示されないままです。
新規制基準も根本から問い直さなければなりません。とりわけ、基準地震動が平均像で計算されていて、最も危険な値を踏まえるものになっていないことは深刻・重大です。四国電力が申請している650ガルは明らかに過小評価です。
過酷事故をふまえると言いますが、伊方原発の狭隘な敷地では、汚染水の漏出があってもそれを貯めるタンクや汚染水の処理施設など設ける場所はありません。大規模地震などの場合には事故対策のための要員や物資の搬入さえ困難な地理的条件に置かれています。しかも、瀬戸内海は閉鎖性水域であり、汚染水により死の海となる可能性は否定できません。
事故を想定した防災、避難計画は自治体まかせとなっており、規制基準の対象になっていません。航空機の直接衝突などは考慮に入っていません。伊方原発3号機はプルサーマルによって一層危険な原発となっています。使用済み核燃料の処理問題も未解決のままです。日本学術会議も、この点を曖昧にしたままの再稼働は将来世代に対する無責任を意味するので容認できないと批判しています。「世界でも一番厳しい規制基準」どころではありません。
私たちは、伊方原発の再稼働を許すことはできません。ついては、下記を申し入れます。

1. 審査書案を撤回すること。

2. 新規制基準そのものを根本から見直すこと。

以上



More
by hiroseto2004 | 2015-05-22 08:03 | エネルギー政策 | Trackback
広島ブログ

<26日の審議入り強行を許さない! 緊急ファックスを集中しよう!>
http://kosugihara.exblog.jp/21248559/

◆11年かかる法案を何十日はあり得ない!
◆一括法案など論外! 26日の審議入りは時期尚早! 法案撤回の要求を貫いて!

東京の杉原浩司(緑の党 脱原発・社会運動担当)です。戦争法案の審議
入りをめぐるせめぎ合いの続々報です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

5月20日、自公与党は「戦争法案」の26日の審議入りを確認しました。特
別委員会の設置は決まってしまったものの、野党は現在「一括法案の撤回」
を求め、特別委員会の名簿提出を拒否して抵抗しています。しかし、市民
が強力に後押ししないと数の論理で押し切られることは必至です。

自公 安保法制26日審議入り方針を確認(5月20日、NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150520/k10010085381000.html

佐藤勉・自民党国対委員長は「入口が大事だ」と強調しています。その通
りです。入口が決まってしまえば、最後は秘密保護法のように強行採決を
してでも押し切るでしょう。ここが踏ん張りどころです。

審議入り日程を再協議する衆議院議運理事会は本日21日(木)午前11時か
ら行われます。できればそれに間に合うように、野党のキーパーソンをフ
ァックスなどで激励してください。短いもので構いません。とりわけまだの
方はぜひとも! どうかよろしくお願いします。

※自民党の国防族だった山崎拓氏は、「1法案=1国会とすれば11年もかか
るような膨大な法案をいっぺんに何十日間でやっちゃおうと。安倍総理の
懸絶した権力で皆ひれ伏して右へならえでやっちゃおうと。これは法治国
家とは言えない。民主主義とも言えない」(5月16日、TBS「報道特集」)
と厳しく批判しています。

鍵を握る民主党、維新の党の議運理事と国対委員長と代表に対して、

・「本来なら11年かかる法案を何十日間で通すなんてあり得ません!」
・「一括法案の撤回を求める要求を支持します!」
・「与党が想定する26日の審議入りは時期尚早です。一括法案撤回の要求
 をあくまで貫いてください!」

などの声を(なるべくご自分の言葉で)大至急、できれば明朝10時頃まで
に、ファックスないしはメール(または午前の電話)で届けてください。

なぜ戦争法案に反対するのかについて、ご自身の思いを添えられてもいい
と思います。短いものでも構いませんので、一通でも多くの声を集中して
ください。お知り合いにも広めていただけると助かります。

【要請先】

◆笠浩史・民主党衆議院議運理事(神奈川9区)
(FAX)03-3508-7120 (TEL)03-3508-3420
(ご意見フォーム) http://ryu-h.net/contact/

◆遠藤敬・維新の党衆議院議運理事(大阪18区)
(FAX)03-3508-3325 (TEL)03-3508-7325

◆高木義明・民主党国対委員長(衆議院・比例九州)
(FAX)03-3503-5757 (TEL)03-3508-7420
(メール) g02653@shugiin.go.jp 
(ご意見フォーム) http://www.y-takaki.jp/SendMail

◆馬場伸行・維新の党国対委員長(衆議院・大阪17区)
(FAX)03-3508-3322 (TEL)03-3508-7322
(メール) info@baba-nobuyuki.com

◆岡田克也・民主党代表(衆議院・三重3区)
(FAX)03-3502-5047 (TEL)03-3508-7109
(メール) webmaster@katsuya.net

◆松野頼久・維新の党代表(衆議院・比例九州)
(FAX)03-3508-8989 (TEL)03-3508-7040

------------------------------------

【明日!】
5月21日スタート
毎週木曜日 18時30分~

場所:衆議院第2議員会館前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

5月28日(連続行動第2回)
6月 4日(連続行動第3回)
6月11日(連続行動第4回)
6月18日(連続行動第5回)

<参考>
【集団的自衛権行使容認 閣議決定の波紋】合憲ライン 踏み越えた
(5月1日、沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=253
※水島朝穂さんによる木村草太さん、佐藤優さんへの批判


More
by hiroseto2004 | 2015-05-21 20:02 | 憲法 | Trackback
広島ブログ

昨日の衆院の党首討論。日本共産党の志位和夫委員長の『ポツダム宣言を読んだことがあるか?』という質問に対して、『読んだことがない』と答えてしまった安倍晋三総理。

そもそも安倍総理が、政治家として一番やりたいことは、『戦後レジームからの脱却』です。

第二次安倍内閣では、アベノミクスを全面に出しましたが、自分のやりたいことを隠すためであると言ってもいい。

その「ポツダム宣言」とは、戦後レジームの原点です。

「戦後レジームを脱却する」ことが夢でありながら、戦後レジームの原点である、ポツダム宣言を読んでいないとは?!

開いた口が塞がりません!

ポツダム宣言って、中学校で習う話ですよね。
それもわからないなら、総理の資格はありませんね。






More
by hiroseto2004 | 2015-05-21 18:21 | 憲法 | Trackback
広島ブログ

役人からヘルパーへ。98日目の出勤です。・・小満_e0094315_08192768.jpg
役人からヘルパーへ。98日目の出勤です。今日は小満です。
勤務先の広島市佐伯区西部の山あいは田植えも済みました。
真っ青な空が広がります。
2014年12月のクリスマスにヘルパーとして初出勤後、小満まで仕事をさせていただいたことに感謝します。
また、今後ともお年寄りもご家族も職員も笑顔の介護現場、また、お年寄りに、戦争や原発事故で長生きを後悔させない日本へむけ、がんばって参ります。今日も良い1日を!



More
by hiroseto2004 | 2015-05-21 08:25 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ

青森県知事選挙が本日告示、6月7日投票で執行されます。
核燃料サイクル反対、大間原発中止の医師の大竹すすむさんが、自公推薦の現職に挑みます。



More
by hiroseto2004 | 2015-05-21 07:23 | 選挙 | Trackback
広島ブログ
22日最終日を迎えるNPT再検討会議最終文書案から、世界の指導者などに対して、広島・長崎を訪問するよう求める箇所が削除されました。
 これは、中国政府が、「日本が歴史を捻じ曲げて第二次世界大戦の加害国から被害国になろうとしている」などと批判したためです。
 NPT再検討会議最終文書案の8日付草案から削除されたのは以下の部分です。
 「核兵器使用70周年にあたり、会議は、世界の指導者、軍縮問題専門家、青年に対して、核兵器使用の壊滅的な人道上の結末を自分の目で確認し、生存者(被爆者)の証言に耳を傾けるため、広島・長崎を訪問するよう求める提案に注目する」
  第2次世界大戦で日本が侵略戦争をおこなったからといって、無法で非人道的な大量破壊兵器が広島・長崎に投下されて、多くの一般市民が殺戮されることが正当化されるわけではありません。日本の侵略行為を理由に原爆投下を正当化する論理は、核兵器の被害にあった「個人」を大事にしないという点では、第二次世界大戦において「個人」の人権を圧殺して、侵略行為を行った当時の日本の行動と共通するものです。あるいは、2003年当時のサダム・フセイン政権の打倒を大義名分にイラクで大量に殺人を行った当時のアメリカ・ブッシュ政権とも共通するものです。
 そして、広島・長崎を各国指導者や若者らが訪問したからと言って、第2次世界大戦で日本が侵略を行ったという歴史的事実を否定することにはなりません。
 もちろん、広島が、侵略戦争に出撃した旧大日本帝国陸軍の軍都だったことは事実です。たとえば、世界の若者が広島を訪れたさい、原爆ドームから1km程度の大本営跡地や護国神社周辺などで歴史的な事実関係を勉強していただくのもまた大いに歓迎します。
 韓国ご出身の潘基文国連事務総長も被爆地訪問を呼び掛けておられます。
 中国政府は、歴史問題を理由としたNPT再検討会議決議案からの広島・長崎訪問の提案撤回要求を取り下げるべきです。

 
 
 
 
 


More
by hiroseto2004 | 2015-05-20 19:08 | 緑の党・ひろしま | Trackback