人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
12月9日、映画「ここから『関西生コン事件』とわたしたち」上映会が広島市内で開催されました。

2018年から、組合役員らの大量逮捕という攻撃を受けた連帯労組関西地区生コン支部。
逮捕理由は例えば、保育園入園のための就労証明書を出してくれない企業に抗議をしたことが
『強要罪』に当たる、などというバカげたものでした。
労働者の団結権、団体交渉権、団体行動権は日本国憲法28条で保障されています。
その28条を否定するような大弾圧が行われたのです。

この映画では、組合員の松尾聖子に主にフォーカスしています。
松尾さんは病弱な子どもを抱えたシングルマザーでした。離婚後、生コン車のドライバーとして働く中で目にした〈関生(かんなま)支部〉 「労働組合って、何やろな──」と思って労働組合に加入したことで、 賃金は上がり、女性ならではの働きづらさも改善していきましたた。 仲間たちと活動する中で人生観も変わっていきます。 しかし、そんな組合を襲った弾圧。
仲間たちや家族、自分自身も捜査の対象になりました。そして、どんどん仲間も組合をやめていく。
再婚した夫も、組合に否定的な会社に就職し、組合員であることを隠しての就職だったことを松尾さんに隠していた
そうです。妻への裏切り、仲間である松尾さんへの裏切り、二重の裏切り。腰が据わらない夫に愛想をつかし、松尾さん自身の
病気治療終了を機に晴れやかな表情で夫と別居するという落ちになっていました。

労働組合幹部だった吉田さんは2018年6月に逮捕され、4か月半も拘留されました。一時は心が折れそうになったのですが、女性弁護士、そして妻の励ましで気を取り直します。吉田さんは地方裁判所では有罪判決。しかし、高裁では逆転無罪を勝ち取ります。

「首を斬られた非正規労働者から国会議員へ」の大椿裕子参院議員がトークショー。
関西学院大学で有期雇用。
労働組合に加入。
2014年3月末で雇い止め。
3年後に中労委で不当決定。
その経験があったから国会を目指す。
『ここから「関西生コン事件」と私たち』 上映会、そして大椿裕子参院議員トークショー _e0094315_15251596.jpg
4月7日に繰り上げ当選。
所信表明「コストカット型の経済から歴史的転換を図る。」
→どの口がいってるのか?
コストカットされたのはわたしたち非正規労働者じゃないのか?
岸田さんは非正規雇用ということを避けている。
団塊ジュニア世代では非正規雇用が多かったのが少子化に繋がった。
厚生労働委員会に配属。立憲民主党の石橋通宏さんの
質問に感激。
11月16日に初質問。厚生労働大臣が「非正規は高齢者や女性のニーズ」ととんちんな答弁。
地方労働委員会の不当労働行為についての救済命令が罰則規定がないために履行されていない問題について追及。
初審命令を履行せずに長期化したら労働者にとり、おおごとになる。
大阪府知事の橋下徹さんは大阪府教育委員会の不当労働行為について、5年間も最高裁まで引き延ばした。
関生問題は、全ての労働組合へ国家がけんかを売って来たということ。
関生を面白おかしく取り上げていた政治家に対して堂々と言える政治家が必要だと思う。




# by hiroseto2004 | 2023-12-09 15:22 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
週刊広島瀬戸内新聞ニュース 12月第一週
12月9日(土)
パーティー裏金疑惑の松野官房長官を更迭へ、首相「役割果たして」から一転
12月8日(金)
【平和・安全保障】「台湾有事」煽った米国は逃げて日本に戦わせる体勢へ「再び沖縄を戦場にさせない県民の会」山城博治さん広島で警告
【地方自治・福祉】「単身高齢者は退去を」「子育て世帯は入居を」福島市の借り上げ住宅政策 のナンセンス
【反核・平和】もう一つの12,8 もんじゅナトリウム漏れ/パレスチナに平和を! 日本政府は完全停戦を求めよ!
広島瀬戸内新聞2024年新春号第二冊を発行しました
【平和・広島市政・パレスチナ】広島市議会はイスラエルによるガザ市民のジェノサイドを止めさせ、即時停戦を求める決議を 市民が市議に要望書
12月7日(木)
【労働】宝塚劇団員死亡 「上級生、真実を認め謝罪を」 遺族がコメント
【DV性暴力】起訴された岩本警視正、「警察とばれないように連れて行かないと」自らが警察官と告げ、マッチングアプリで10代女性に暴行の疑い
【事故】オスプレイ、全世界で飛行中止
日本クルド文化協会 パトロール活動
【教育】広島瀬戸内新聞ニュース号外12月7日 金さえあれば食料買える時代の終焉/多子世帯に限る必要があるの?大学無償化
12月6日(水)
【労働】東海大学 授業15分ストライキ実施 教職員らの組合 11年ぶりの賃上げ求め
【介護】広島瀬戸内新聞ニュース号外12月6日 介護、IT化で人減らしはできない/イスラエルの暴走加速
【広島市政 平和】原爆資料館混雑で新たな対策 ネット予約など
【広島県政】旧陸軍被服支廠 イメージ案提示 県議会 総務委員会
12月5日(火)
【広島県政】県教委「官製談合」をただす住民訴訟 第2回口頭弁論は12月5日(火)13:30~ 弁護団は県教委の「答弁書」に反論、詳述する書面を提出予定
【河井事件】被告人・佐藤一直さんの意見、聞かずに即日結審 2月8日判決予定
【経済】広島瀬戸内新聞ニュース号外12月6日 ライドシェア解禁は交通問題解決の最善策か?
【労働】広島地検の検察官自死で法務省が「公務災害」認定
【教育・地方】東京都、私立も含めて高校授業料所得制限なしでの実質無償化
【平和・広島県政】広島瀬戸内新聞ニュース号外12月5日旧陸軍被服支廠の利活用問題、市民県民的議論を
財産保全先送り、旧統一協会の被害者救済法案
12月4日(月)
広島瀬戸内新聞 新春号
【広島市政・平和】原爆反省無き米国政府との「姉妹公園協定」広島市 松井市長が真珠湾を訪問 連携提案
【労働】広島瀬戸内新聞ニュース号外12月4日 非正規春闘実行委員会、10%以上の賃上げ要求/非正規公務員についてのアンケート
【環境】日本に「化石賞」 “気候変動対策に消極的” 国際NGOがCOP28で発表
12月3日(日)
【子育て・反貧困】第六回子ども食堂☆きっず庵 
【災害】インドネシア・スマトラ島での大規模火山噴火
【選挙・政治改革】出直し江東区長選挙今日告示。
広島の二十代女性の4人に1人が低体重 6年前比で倍以上
12月2日(土)
【災害】フィリピンでM7.7 津波注意報 太平洋岸各地や八重山諸島に
週刊広島瀬戸内新聞ニュース 12/2 深掘り① 
湯崎知事、三原本郷産廃問題汚染水流出継続も放置プレイ
おくやみ 迫田・元広商野球部監督
安倍派の議員にキックバック1000万円以上、パーティ券問題
本日の予定
広島瀬戸内新聞では、以下のゲリラ的な街宣を広島市内各地で12月9日(土)に前倒しして行います。
12時緑井駅前
18時古市橋駅前
よろしくお願いいたします。
パレスチナに平和を! 日本政府は完全停戦を求めよ! 12月10日 全国一斉アクションDAY IN 広島
広島市安佐南区内を軸に〈パレスチナに平和を〉訴える街宣またはスタンディングを実施します。
パレスチナに平和を! 日本政府は完全停戦を求めよ! 12月10日 全国一斉アクションDAY
10月7日以降、イスラエルによるガザ地区への無差別攻撃で、すでに1万5000人以上(12月1日現在)が亡くなり、うち6150人は子どもです。一時休戦はたった7日で終わり、戦闘再開後の12月1日だけで174人が亡くなりました。
 イスラエルのネタニヤフ首相は、11月28日、軍の情報拠点を訪問し、「我々はこれらの任務を完遂する決意がある。すべての人質を解放し、地上と地下のテロ組織を排除する。そして当然だが、ガザが以前の状態に戻らないように、つまり、イスラエル国家への脅威にならないようにする必要がある」(CNN 11.29)と述べ、ガザ南部への攻撃も明言しました。ヨルダン川西岸でのイスラエル占領軍による弾圧も加速し、10月7日以降230人以上が殺害、3000人以上が逮捕されています。イスラエルによるガザの病院、学校、国連施設、難民キャンプへの攻撃は、明確に国際人道法違反だと、国連のグテーレス事務総長も指摘しています。
 さらにガザの事態は、通常の戦争犯罪に加え、ジェノサイド(意図的集団抹殺)と呼ぶべき事態を引き起こしていると、多くの国連人権専門家が訴えています。ジェノサイドは国際法上の重大犯罪であり、世界の各国政府や市民はこれを防止する責任があります。
 しかし、岸田政権は、人道目的での休戦を求める国連総会決議(10月27日)で棄権し、イスラエルの空爆や地上作戦に対し、「現実の状況をしっかり確認できない立場にあるわが国として、法的な判断をする立場にない」と述べました。これはイスラエルの行動を容認するのと同じです。ロシアのウクライナ侵攻に対しては「明確な国際法違反で断じて容認できない」と明言したのに対し、これだけ多くのパレスチナ人が無差別に殺されている事態に対し、曖昧な態度は決して許されるべきではありません。広島サミットで、G7の議長国として、「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を堅持し強化する」とする首脳宣言を取りまとめた日本政府は、イスラエルによるこの蛮行にも断固反対しなければなりません。
 私たちは、12月10日を、日本政府に対してイスラエルに完全停戦を求めるよう要請する「全国一斉アクションDAY」とすることを呼びかけます。12月10日は世界人権デーでもあります。人権という普遍的価値を危機にさらすガザでのジェノサイドに抗議することは、軍事化・人種差別・ジェンダーに基づく暴力・格差・入管問題・難民問題など、様々な人権侵害に声をあげることと地続きです。ガザの人々の人権を守り、人権侵害のないより良い世界を創るため、各地で一緒に行動をしましょう!
行動提起
12月10日(日)全国で「パレスチナに平和を!日本政府は完全停戦を求めよ!」をスローガンに集会・デモ・スタンディング・SNSなどで可能な行動で意思表示をする。
各地の行動をマスコミに情報を流し、周知する。
全国の動きを集約し、可視化する(詳細は下記「想いを形に~アクションの可視化のためのお願い~」参照)。
呼びかけ:ガザ緊急アクションなごや
連絡先:BDS NAGOYA bdsnagoya@gmail.com
    不戦へのネットワーク husen@jca.apc.org
想いを形に~アクションの可視化のためのお願い~
 10月7日以降のイスラエルによるガザ攻撃で15,523人の人々が亡くなりました(12月4日時点発表)。今回の全国一斉アクションでは、皆さんの一つ一つのアクションを数え上げ、何とかガザ住民の死者数を上回ることができないかと考えています。
 もちろん、ガザでの虐殺の残虐性は、死者の数にのみ還元されるものではありません。あくまでもこの可視化の目的は、私たち一人一人がアクションを行うことで、ガザで失われた一人一人の生命に想いを馳せることと、ガザ虐殺停止を求める想いを共有することです。そのため、各地の団体・個人に、アクション可視化への協力を呼びかけます。詳しくは下記の実施要領をご覧ください。なお、アクションの可視化にはBDS Japan Bulletinに協力を依頼し、当日一定間ごとに情報発信を行ってもらう予定です。
実施要領
1.対面型アクションの場合(団体・個人主催)
(1)開催前
・団体・個人主催のデモ・集会等のイベントを以下のGoogle Formsで集約しBDS Japan Bulletinのnote(https://note.com/bdsjapan/)で公開する。
    事前集約用Google Formsは【こちら】
*各地のメディアへ告知のご協力をお願いします。
(2)開催後
・以下のGoogle Formsから実施報告を行い、参加人数を報告する。
     実施報告用Google Formsは【こちら】
*参加者数をアクション数に加算し、BDS Japan Bulletinのnoteで随時更新。
2.SNS投稿の場合
・共通ハッシュタグ #1210全国一斉アクション #Free Gazaをつけて投稿。
*ハッシュタグ数をアクション数に加算し、BDS Japan Bulletinのnoteで随時更新。
3.アクション数のカウント方法
・BDS Japan BulletinのSNS(note, Facebook, Xなど)で午後12時以降3時間ごとに一斉アクション数を更新する。
*12月10日0:00現在での国連人道問題調整機関(OCHA)が発表した死者数を基とする。
・対面アクションに参加してSNS投稿を行う場合、それぞれ別個のアクションとして数える。
  例:デモに参加後、写真を共通ハッシュタグをつけてXに投稿
  ⇒2アクションとして計算
呼びかけ :ガザ緊急アクションなごや 協力:BDS Japan Bulletin
アクション可視化に関する問い合わせ: bdsjapan.bulletin@gmail.com

# by hiroseto2004 | 2023-12-09 08:57 | 反核・平和 | Trackback
裏金疑惑で松野官房長官更迭へ。
腹立たしいですね。
わたくし・さとうしゅういちなんて、そんな裏金を作れるほどのお金も
そもそもありませんから。
そして世耕弘成さんや高木毅さんも1000万超の裏金疑惑という報道も。
結局、ずっと慣例になっていたのでしょう。

パーティー裏金疑惑の松野官房長官を更迭へ、首相「役割果たして」から一転・後任調整 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

岸田首相は自民党最大派閥の安倍派が政治資金パーティー収入の一部を還流させるなどして裏金化していた疑惑を巡り、還流を受けた疑いのある松野博一官房長官(61)を交代させる方針を固めた。事実上の更迭となる。首相は後任人事の調整を進める考えだ。

首相官邸に入る松野官房長官(8日午前)=川口正峰撮影
 複数の政府・与党関係者が明らかにした。内閣の要である官房長官の交代で政権運営が不安定化するのは避けられず、内閣支持率が低迷する首相にとって大きな打撃となる。

 松野氏は2019年9月~21年10月に安倍派の事務総長として派閥の実務を取り仕切っていたが、還流疑惑に関して定例記者会見などで説明を拒み続けている。8日の参院予算委員会でも自らへの還流疑惑について、「私の政治団体に関しては適切に処理してきた」と釈明したうえで、「精査して適切に対応していく」との答弁を繰り返した。

 首相は同日の衆院予算委員会で、野党議員が松野氏の更迭を求めたのに対し、「政府のスポークスマンとしての役割をしっかり果たしていただきたい」と強調した。松野氏も「引き続き責任を果たしていく」と述べた。

衆院予算委員会で松野官房長官(中央右)の答弁を巡り、協議する与野党の理事ら(8日、国会で)=川口正峰撮影
 だが、政府・与党内では、松野氏を巡り、「疑惑を 払拭ふっしょく できない以上、官房長官の任を果たせず、速やかに身を引くべきだ」(閣僚経験者)との声が強まっており、首相も続投は困難との判断に傾いたとみられる。

 官房長官が辞任するのは異例だ。第2次森内閣で中川秀直氏が女性問題などの疑惑が発覚し、00年10月に辞任した。第2次小泉内閣では、福田康夫氏が04年5月に国民年金保険料の未納問題で辞任を表明した。松野氏が辞任すれば、21年10月に発足した岸田内閣で、不祥事などでの閣僚辞任は5人目となる。

 松野氏は衆院千葉3区選出で当選8回。文部科学相や自民党総務会長代行を経て、岸田内閣の発足当初から官房長官を務めた。
# by hiroseto2004 | 2023-12-09 08:11 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
12月9日(土)

12月8日(金)

【平和・安全保障】「台湾有事」煽った米国は逃げて日本に戦わせる体勢へ「再び沖縄を戦場にさせない県民の会」山城博治さん広島で警告


12月7日(木)
12月6日(水)
12月5日(火)
12月4日(月)
12月3日(日)
12月2日(土)

# by hiroseto2004 | 2023-12-09 00:58 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

12月8日、対米英開戦82年となったこの日、「再び沖縄を戦場にさせない県民の会」の山城博治さんが来広され、「沖縄・南西諸島を戦場にするな!ミサイルより対話を・外交交渉を昨日させよ」と題して講演されました。
「台湾有事」煽った米国は逃げて日本に戦わせる体勢へ「再び沖縄を戦場にさせない県民の会」山城博治さん広島で警告_e0094315_00174417.jpg
山城博治さんといえば「辺野古新基地反対運動」で不当勾留されたことで有名です。しかし、現在では、岸田軍拡と連動して南西諸島に自衛隊のミサイルを含む基地が雨後の筍のように出来ていることに危機感を覚え、「再び沖縄を戦場にさせない県民の会」を立ち上げました。
そして、11月23日、沖縄でデニー知事含む一万人が参加した
大集会を成功させました。
参考
https://ryukyushimpo.jp/news/politics/entry-2502053.html#google_vignette
以下は山城さんのお話しの概要です。
アメリカは中国による〈台湾侵攻〉は必死だ、〈台湾侵攻〉と同時に尖閣や沖縄に攻め込んでくると煽り立て、日本を
対中国で米国と共同歩調を取らせたうえ、〈専守防衛〉から〈敵基地攻撃〉を可能とする安保政策の一大政策転換を
図らせました。
岸田総理のやっていることは安倍総理さえよりもひどい。
そもそも、アメリカによる中国が台湾に攻め込むという論調は正しいのか?まして日本政府が南西諸島の軍事化に前のめりになることに理はあるのか?
そして、一方で、米軍は「沖縄基地は中国のミサイル攻撃に脆弱すぎる」と嘉手納基地のF15を撤収させています。
本気で中国と対峙する気があるのか疑わしいのです。
米国は姑息です。中国脅威論を煽るだけ煽って日本を戦場に引き出した後は、さっさと米国自身は後方に
引き下がる気配が見え見えです。米国はウクライナと同様、中国との戦争には台湾(中華民国)軍と日本の自衛隊を
最大の当事者とさせ、武器弾薬の軍事供与と戦闘の指揮にのみ専念することが予想されます。
そして、アジア人同士を争わせ、米国の覇権を維持するという狙いが見えます。
台湾侵攻があった場合は、少数の米国海兵隊が沖縄から中国艦隊にミサイルを打ち、その後は即座に中国軍からの反撃
を避けて逃げるという作戦と言われています。
残された自衛隊員と住民、すなわち日本人が中国軍(人民解放軍)のミサイルの餌食になるのです。
一体全体、日本はこんな戦争に駆り出されていいのか?くそくらえだ。
岸田内閣の安保三文書も、こうした方向性を日本側の軍拡という形で裏付けています。
並行して自衛隊の基地が与那国島、石垣島、宮古島、那覇、知念、などに次々建設。
ミサイルの配備も予定されています。

こうした中で石垣市議会では長距離ミサイルの配備は容認できない、という決議を市政野党と中立会派の
賛成多数で可決しました。石垣市では自衛隊基地推進の(保守政権)が続いていましたが、保守市長を
支持する人でも長距離ミサイル配備には反対、ということだそうです。
沖縄県議会も「沖縄を再び戦場にしないよう日本政府に対して対話と外交による平和構築の積極的な取り組みを求める決議」を採択。
デニー知事も反撃能力のあるミサイルを県内に配備しないよう要請しました。
そして、訪中し、李克強首相と会談し、沖縄は決して戦争を望んでいないことを伝えました。

こうした中で、山城さんは、県内の市民運動が〈辺野古〉に力点を集中していた隙に南西諸島の軍事化が進んだことに
危機感を抱き、それを阻止する市民運動のネットワーク形成に尽力しています。
時には、若者とシニア世代の間で激論になったり、従来のオール沖縄を構成する大きな団体のみなさんからの不満もあったり、紆余曲折はありました。
それでも、11月23日に一万人の集会を成功させました。今後は、大きな団体にもきちんと話をしていくなど
改善を図っていきたいものだということです。



# by hiroseto2004 | 2023-12-09 00:05 | 反核・平和 | Trackback