人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:せんこう和幸 ( 4 ) タグの人気記事

せんこう和幸は早朝から街頭演説を繰り返していいます。演説内容をアップします。拡散してください。(公選法により、6日23:59までです。)
■広島市長選挙、争点は3つ
 ご町内のみなさん。市民の願いにこたえる広島市長を誕生させる会から立候補した、せんこう和幸です。広島市長選挙も最終盤、争点は3つに絞られています。
 第一は、被爆地ヒロシマの市長が果たさなければならない責任。
 第二は、この間の大規模災害で浮き彫りになった、防災事業と街づくり
 第三に、くらしと福祉を大切にする広島の課題です。

■被爆地ヒロシマは 核兵器廃絶・平和を守る先頭に
 一番の争点は、被爆地ヒロシマが、核兵器廃絶の責任を果たそうとしないことです。
 「被爆地ヒロシマの市長が核兵器廃絶を政府に求められない、求めない。こんな市長で良いのか、市民はもっと声をあげよ」この呼びかけに応えて、私たちは「市民の願いにこたえる広島市長を誕生させる会」をつくりました。

 被爆地ヒロシマの市長は、世界と日本の政府に、核兵器廃絶と世界平和を訴える責任があります。しかし、現市長の「平和宣言」には、核兵器禁止条約に反対する日本政府への抗議も、憲法9条改悪反対も「戦争する国づくり」反対も、そして原発ゼロもありません。

 今年は核兵器禁止条約が発効する歴史的な年になります。74年間、ヒロシマが求めてきた国際条約が、ようやく実現します。しかし、日本の政府はこの条約に反対しています。核の傘に依存しているからと。「被爆国日本」といいながら、アメリカの核戦略に加わり、核兵器を認めている。核兵器廃絶は口先だけと世界から批判の声が上がっています。

 被爆地ヒロシマの市長がどんな態度をとるのか、世界から注目されます。安倍政権に、核兵器禁止条約に署名・批准せよと求めないのなら、日本政府と同じ、被爆地ヒロシマは口先だけかと問われます。
 核兵器禁止条約に反対する日本の政府に抗議し、条約への署名と批准を正面から求める市長を、市民、被爆者、そして世界が求めています。現市長ができないなら、安倍政権にきっぱりものが言える市長を市民の力で作らなければなりません。

■トンネルよりも防災を
 二つ目は、市民を災害から守る課題です。
 度重なる「災害」は広島の「危うさ」を浮き彫りにしました。市民の命と財産を守る防災を市民が求めています。県の調査で広島市の土砂災害危険区域は8,000カ所。中心市街地はゼロメートル地帯。活断層。広島には災害の危険があふれています。

 すべての危険箇所に防災・防護工事。住民との話しい。避難所の総点検と整備、市の災害対策を「自助・共助」から「公助」優先に転換。防災に向き合う市政が必要です。

 現市長が再出馬にあたって示した政策は「広島の大改造を推進」。災害に備える大改造ではなく、市中心部の巨大事業計画でした。
 ●広島駅の南口・北口の再開発●広島高速5号線トンネル工事●国道2号線の高架化延伸●アストラムライン延伸●市中心部、紙屋町・八丁堀の都市再開発事業、サッカー場建設計画
 どれも1000億円をこえる大型公共事業。くらしや福祉の予算を削り取り、本格的な防災事業は棚上げ、多くの借金を抱えて莫大な予算を注ぎ込む計画になります。
 急ぐ必要のない大規模事業はいったん凍結、二葉山トンネル工事は中止。トンネルよりも防災・くらしや福祉の充実。これが市民の願いです。

■ローカルアベノミクスと街づくり
 現市長は、都心部の再開発や「集中投資」で広島を元気にする、活気ある街にするとしています。しかし6年のアベノミクスで、豊かなものはさらに豊かになったが、豊かさは、一滴もしたたり落ちて来ない、貧困と格差が広がる社会を見てきました。中心部への集中投資・広島の大改造とは、アベノミクスのヒロシマ版、「ひと・もの・かね」を真ん中に集め「もうける力を強くする」、ローカルアベノミクスそのものです。中心部への集中投資とは、周辺部を置き去りにし格差を広げます。すべての市民を大切にする市政こそ、街づくりの基本です。

■悪政の防波堤、自治体の主人公・市民が望む市政
 安倍政治は「戦争する国づくり」はもちろん、暮らしに関わる改悪と暴走で貧困と格差を広げました。年金は下げられ、国民健康保険や介護保険の掛け金は大幅に上がる。消費税の増税。現市長は「政府の制度以上のことは行わない」と市議会で答弁。アベ政治の悪政をそのまま広島で実行するといいます。国の政策そのままなら、自治体は国の下請けです。

 国のやり方がおかしければ、国に抗議し、改善を求め、市民に必要な施策を行う。これが自治体の仕事です。暴走政治や悪政に対し市民を守る「防波堤」にならなければなりません。
 本来、広島市がどのような仕事をするか、決めるのは市民、市民が主権者です。
●中学校卒業まで医療費を無料にする●国民健康保険料を引き下げる●保育園をつくる●高齢者の交通費助成制度を復元し、増額。高齢者の交通パス●特別養護老人ホームを作る●中小企業振興条例をつくる●公契約条例で市事業ではまともな賃金を保障

市民の願いにこたえ、その気になれば、安倍政権の悪政のもとでも、市民のくらしを守る施策が実行できます。悪政への防波堤となる市政を市民は求めています。

■オール広島への運動
 被爆地ヒロシマにふさわしい市長を市民の手でつくろう、市民の願いにこたえる広島をつくろうと、誕生させる会が作られました。一ヶ月あまりで1300人以上の市民が賛同し、今、広島の色んな場所で、誕生させる会の運動に取り組んでおられます。

 今、世界中で、市民が声をあげ、政治を変える運動が始まっています。
 アメリカのオキュパイ運動、お隣韓国のろうそく革命。日本でもオール沖縄、TPPに反対するオール北海道、原発再稼働に反対するオール新潟の運動。
 この広島市長選挙で、私たちはオール広島の運動を目指してきました。
 誕生させる会のスローガンは「平和・いのち、くらしが一番」そして「市民が変える 市民がつくる」。市長選挙の取り組みで、多くの市民が手をつなぎ、オール広島に踏み込む、新しい広島の市民運動に取り組んできました。
 広島市長選挙でどのような結果が出るか、広島の市民の底力を信頼して、最後まで運動の輪を広げましょう。
 最後まで大きなご支援をお願いして、市民の願いにこたえる広島市長を誕生させる会、せんこう和幸のご挨拶とさせていただきます。

by hiroseto2004 | 2019-04-06 20:17 | 統一地方選挙2019 | Trackback
3月24日(日)は市長選告示日。さとうしゅういちは、せんこう和幸候補のタウンミーティングに参加。
元正規公務員で現在介護労働者としての立場から、公務員より介護労働者の方が給料の割に仕事ははるかにきついし、離職が多く、人手が不足しお年寄りに十分優しく出来なくて心苦しいこと。ただし、松井現市長と名前が一字違い(松井一実⇔松井一郎)の大阪府知事のように「公務員をぶっ叩きさえすれば日本は良くなる」というのではなく、きちんと介護職員の待遇を北欧のように上げて欲しいこと。広島市も人財確保事業をやっているがまったく機能していないので改善して欲しいこと。また、家族を介護する人も一杯一杯で、安くは入れる施設がなくて経済的にも苦しんでいるし、自分を追い詰めてしまっていること。お年寄りだけでなく、医療ケアが必要なお子さんなどを介護している人含めて、家族する介護する人が自分の人生も楽しんで良いのだと支援する条例をイギリスの法律に習ってまず広島からつくって欲しい、などと訴えました。
せんこう和幸候補のタウンミーティングに参加、介護労働者の処遇改善とケアラー支援条例制定訴え_e0094315_07401851.jpg

by hiroseto2004 | 2019-03-25 07:42 | 統一地方選挙2019 | Trackback
「統一地方選挙前マイク納め」&ミニ集会

3月23日、広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は安佐南区祇園と古市橋駅前で街頭演説。
広島市政・県政の課題と国政の腐敗について見解を述べたうえで、広島市長選挙に向けては、地元の新人・せんこう和幸さん、県議はたかひろ純さん、市議は現職唯一の女性の藤井としこさんを支援していることを紹介しました。
「安佐南区での統一地方選挙前のマイク納め」としました。
統一地方選挙前マイク納め_e0094315_23552938.jpg
演説では
「今の市長は酷くないと思うかたも多いが、それは
前市長時代の基本計画に縛られているから。三選して
独自の計画をつくれば、(国追随で)悪い方へ走る可能性は高い」
と指摘。
そして、
「現広島市長は、国の官僚としては優秀だが、市民にもっとも
近い行政機関のトップとして、市民が困っていることに
寄りそい、市民のために働くという意味では失格だ。」
と分析。
その例として、被災者支援で、愛媛県などがやっている
国の制度に上乗せをした形での支援に「自治体間で差が出たら
不公平だ」と及び腰であることなどを紹介。
「住民の困ったことに寄りそい、国の仕組みに足りないところがあれば
補い、そして国に制度改正を要求するのが自治体の仕事だ」
などと続けました。
また、核兵器廃絶について「どんぐりの背比べで」などとサーロー節子
さんに言ってしまった現市長について「カープの緒方監督がカープ日本一へ
先頭に立たないような話だ。」
と語気を強めました。
さらに、自宅前で起きている高速5号線の二葉山トンネルの問題に言及し
「官製談合防止法違反が疑われるのに公社は幕引きを図っている。
知事も市長も真相解明へ指導力を発揮していない。」
と指摘し、工事の中止と真相究明を訴えました。

その上で「いのち・くらし・平和を守る市民の願いにこたえる広島市政
へ転換を」と訴えました。
そして、「住宅政策の充実」や、「ロスジェネ世代への就職支援」
「サービスに必要な公務員は増やす」など、さとうしゅういちとして特に
共感した安佐南祇園在住のせんこう予定候補の政策を紹介しました。
また国政については、
「消費税導入から30年。平成とは消費税と大金持ち・大手企業減税の時代だった」
と振り返り、
「大金持ちと大手企業に適切な税負担をいただくことが大事だ。」
「お金の使い方も庶民の懐が暖まるようにしないといけない。
いくら賑わい創出と言っても庶民の懐が寒く、買い物も
遊びもしないのでは意味が無い。」
と指摘。
「子どもからも保険料をとる国保料。子育て支援に逆行している。値上げではなく協会けんぽ並みに引き下げを。」
「厚労省の韓国で暴れた官僚は怪しからんが、しかし、「公務員に
天誅を加えさえすれば大阪は良くなる、日本は良くなる」と言わんばかりの
政治も良くない。専門性の高いサービスを非正規でやらせているのを
是正し、均等待遇で人員体制を確保すべき。」
「人員体制が確保できないからと言って、学童保育を指導員1人でも
可とするなど規制緩和はあべこべ。」
などと語気を強めて訴えました。

その後、近くのカラオケ喫茶で、ミニ集会を開催。さとうしゅういち個人後援会の皆様とせんこう和幸さんの対話・交流を行いました。
統一地方選挙前マイク納め_e0094315_00121786.jpg

3月24日の告示日のお知らせ

午前9時、平和公園南端の噴水東側で、せんこう和幸が第一声を上げます。お集まりください。
◆24日は午後3時から約1時間、旧市民球場入口で、せんこう候補の政策を市民にアピールするタウンミーティングを開きます。多くの人で盛り上げてください。

◆選挙事務所が決まりました。共同センター(中区大手町4丁目2-27、中央レジデンス4階403、TEL082-245-2501)が選挙事務所になります。

◆選挙ボランティアを募集します。連絡ください。選挙はがきのあて名書き(はがきは事務所にあります)▼はがきやチラシへの証書(シール)張りなど、お手伝いいただきたい仕事がたくさんあります。

◆身の回りの人たちに声をかけて、ミニ集会を企画してください。4~5人の「つどい」でも、候補者が出向きます。◆選挙カンパよろしくお願いします。郵便振り込み 口座記号 01350 9 口座番号 107828 加入者名「広島市長を誕生させる会」


by hiroseto2004 | 2019-03-23 22:49 | 統一地方選挙2019 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは、3月11日、安佐南区古市橋駅前で街頭演説。


東日本大震災8年にあたって、心から犠牲になられた皆様に哀悼の意を表するとともに、2018年西日本大水害で東北の多くの社協やボランティアの皆様に
広島も大きなご支援をいただいたことに感謝を表明しました。
その上で
「政治は責任を果たしているのか?政府は原発事故がなかったかのように
原発輸出に税金を注ぎ込み、ことごとく失敗している。
さらに、昨夏の豪雨災害では総理らが酒宴を優先させるなど真剣さが
感じられない。五輪は復興五輪どころか、建設業者不足を起こして
復興の脚を引っ張っている。」
などと指摘しました。
そして
「そもそも、災害こそ人類の最大の脅威になっている。武器で戦争に備えるのではなく、災害に備え、被災者の救援に備える世界に変えていく、その先頭に平和憲法を
持つ日本は立たねばならない。」
などとボルテージを上げました。
後半では4月7日(日)執行の広島市長選挙に言及。
「市民の願いにこたえる広島市長を誕生させる会」が擁立した新人で地元安佐南区祇園在住の「せんこう和幸」さんをバックアップする決意を表明。
核兵器禁止条約発効の先頭に立つとともに、居住福祉の充実や、ロスジェネ(就職氷河期)の雇用対策、憲法違反の行政行為を市民の通報で調査するチームの設置など、「せんこう和幸」さんの政策を紹介し、支持を訴えました。


3・11追悼と東北への感謝、政府の堕落への怒り/市民の願いにこたえる広島市長を誕生させよう_e0094315_21513026.jpg

by hiroseto2004 | 2019-03-12 22:05 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback