人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:つくだ守生(突田守生) ( 47 ) タグの人気記事

広島豪雨災害犠牲者追悼式、国際会議場で

以下、つくだ守生さんの報道です。つくだ守生さんは、自らも緑井8丁目で被災し、40日間の避難所生活を強いられました。


More
by hiroseto2004 | 2015-08-20 22:01 | 広島土砂災害(広島豪雨災害)2014 | Trackback
広島ブログ

つくだ守生さんによる報道です。お疲れ様です!

広島市東区の広島高速5号二葉山トンネル建設に伴う地盤沈下などを懸念する住民102人が広島高速公社に工事の差し止めを求めた訴訟の第13回口頭弁論が5日、広島地裁(末永雅之裁判長)でありました。住民側は、大規模盛土の危険性を示した地質学者の意見書を提出。弁論後の報告集会には37人が参加し、10月5日午前11時45分から開かれる次回弁論でも傍聴席を万席にしようと確認しました。
〔写真〕住民側が開いた報告集会=5日、広島市

e0094315_15452818.jpg







More
by hiroseto2004 | 2015-08-05 15:46 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ
「安保法案に反対する広島大学人有志の声明」http://kawataka.wix.com/anpohantaihirodaiをつくだ守生さんも報道しています。

以下どうぞ。

広島大(東広島市)の名誉教授や教員が戦争法案の廃案を求めた「安保法案に反対する広島大学人有志の声明」についての記者会見が28日、同大内でありました。
 声明は23日に発表したもので、被爆都市の大学として再び戦争の惨禍を到来させないよう努力してきたと述べ、「日本国憲法に違反する本法案に強く抗議し、断固として反対する」と表明。声明の呼びかけ人16氏のうち、河西英通、市川浩の両教授や川口隆行准教授ら7氏が会見しました。
 川口氏は、ホームページ上で募った賛同者が143人を超えたと発表。河西氏は「わずか1週間で100を超える賛同が寄せられ、原爆を投下された広島の大学のインパクトの大きさを感じる」、市川氏は「広島大の基本理念には『平和を希求する精神』とある。声明は将来に向けての勇気と矜持(きょうじ)になる」と語りました。
 河西氏らは会見後、同大キャンパスで声明を読み上げるハンドマイク宣伝をしました。8月3日には午後3時15分から同大キャンパス学士会館で「歌う憲法学者・本秀紀名古屋大学教授の講演とギター弾き語りの集い」を開催。入場無料。問い合わせ=市川氏082(424)6397
〔写真〕会見する河西(左から2人目)、川口(その右)、市川(右から2人目)の各氏=28日、広島県東広島市
e0094315_21295912.jpg



More
by hiroseto2004 | 2015-07-28 21:32 | 憲法 | Trackback
広島ブログ

7月15日、安保法案=戦争法案が強行可決された夕方、広島だけでなく福山でも、抗議集会が開催されました。


以下はつくだ守生さんによる取材です。

e0094315_20250601.jpg
e0094315_20253195.jpg

戦争法案を強行採決された15日、広島県福山市ではJR福山駅前で抗議集会が開かれ、約200人が参加しました。労組や民主団体、日本共産党などでつくる「9条と96条改憲ストップ福山実行委員会」が呼びかけ、14日から連日夕方、集会を開いています。
 日本共産党の辻恒雄県議は「権力が憲法を壊すというのは、独裁政治への道だ」と告発。新社会党県議や宗教者、平和団体の役員など10人がリレートークをしました。
 参加者は「命を危険にさらす国づくりを絶対に許すことはできません」とのアピールを採択。日本共産党の河村晃子市議の音頭で「戦争する国、絶対反対」「9条守ろう、子どもを守ろう」とシュプレヒコールをあげました。
〔写真上〕河村市議の音頭でシュプレヒコールをあげる集会参加者=15日、広島県福山市
〔写真下〕「独裁政治への道だ」と告発する辻県議(左)=15日、広島県福山市




More
by hiroseto2004 | 2015-07-16 20:26 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
反貧困ネットワーク広島は「まちかど相談会」を開いています。
被災者県議候補・つくだ守生(日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)による報道です。

NPO法人「反貧困ネットワーク広島」は23日から2日間、JR広島駅南口地下広場で「まちかど生活相談会」を開いています。生活苦やブラック企業、借金など困りごとの相談に弁護士や社会福祉士、医療ソーシャルワーカーなどが応じます。午前10時から午後4時半まで受け付け、相談は無料。
 「派遣切り雇い止め反対!」「高利貸しのない社会を!」などの幟旗を掲げ、ネット理事長の山田延廣弁護士は「格差社会が広がっている。人間らしい暮らしを求めてつながろう」とあいさつしました。相談会は、派遣切りが社会問題になった2009年から毎年開いて今年度、9月8、9日、12月8、9日、来年3月29、30日にも開設する予定です。




More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 21:18 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
広島ブログ
県労連が自治体キャラバン行動を完了しました。
被災者県議候補・つくだ守生(安佐南区、日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)による報道です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=637905116346125&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1

広島県労連(川后和幸議長)は17日、戦争法案の廃案などを県内全自治体の首長と議長へ要請する「自治体キャラバン行動」を完了しました。県内23市町については5月22~26日に訪問を済ませており、この日は県知事と県議会議長を訪問。同行動では、労働法制の破壊に反対することや、歴史をゆがめる教科書を採択しないことについても要請しました。
 県知事への要請は川后議長、門田勇人事務局長ら4人が県庁を訪れ、県広報課の豊田義政参事ら3人が応対。川后議長らは「被爆県の首長は、平和を守るために発信する特別な権限を担うよう期待されている」「事実をゆがめる教科書の問題点を全市町と懇談したことを、県教委に伝えてほしい」と申し入れました。
 また、「軍事費を削って、くらしと福祉、教育の充実を!」国民大運動広島県実行委員会(代表=川后議長)も17日、県内選出の国会議員14人の地元事務所を訪問する「キャラバン行動」を完了しました。川后議長らが15日から3日間かけて訪問し、戦争法案に反対するよう要請しました。
〔写真〕豊田参事(左)に要請書を提出する川后議長(中央)=17日、広島県庁

つくだ 守生's photo.


More
by hiroseto2004 | 2015-06-17 21:19 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島ブログ

佐伯区の学校給食センター廃止・民間委託問題で、市議会に市民の会が見直しを求めました。

被災者県議候補・つくだ守生(安佐南区、日本共産党公認・緑の党・ひろしま)が取材しています。

広島市佐伯区の学校給食センターを廃止して民間に委託する計画の見直しを求めて、豊かな学校給食を実現する市民の会(金子秀典会長)は16日、市議会に請願しました。豊かな学校給食を実現する佐伯区の会の磯野真弓会長ら16人が議会棟を訪れ、3714人分の署名を沖宗正明副議長へ提出。日本共産党市議団の5人が同席しました。
 五日市北、中央の2地区のセンターを廃止し、将来的に五日市南地区のセンターも廃止して民間業者に丸投げし、1万2000食をつくる建設・調理計画を今年3月、市教委は市議会へ提案。3月末には、民間事業者の公募を始めました。
 請願書は4月12日投票で市長選と市議選があったことにふれ、「議会での十分な審議を待たずに総事業費74億円もの内容について、事業者の公募を行うことは議会軽視につながる」と批判。住民の意見をしっかりと聞いて、現行の調理方式で早期に建て替えるよう求めています。
〔写真〕磯野会長(右)から署名を受け取る沖宗副議長(その左)、左側は日本共産党市議団の5人=6日

つくだ 守生's photo.


More
by hiroseto2004 | 2015-06-17 21:10 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

二葉山トンネル建設差し止めを求める訴訟の口頭弁論がありました。
被災者県議候補・つくだ守生(安佐南区、日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)が取材しています。

広島市東区の広島高速5号二葉山トンネル建設の差し止めを求める訴訟の第12回口頭弁論が16日、広島地裁で開かれました。裁判所の構成に変更があり、原告団の竹村文昭事務局長は意見陳述で、末永雅之裁判長に現地を視察するよう要請しました。
 竹村氏は、裁判を起こさざるを得なかった経過を説明。「私たちには人災をもたらす道路、市民には巨額の財政負担を余儀なくされる道路だが、残念ながら行政は自らの計画を止めるだけの思慮がない」と訴えました。
 原告側は弁論後、広島市中区の広島弁護士会館で報告集会を開き、支援者ら約50人が参加。竹村氏は「次回8月5日の弁論でも、たくさんの傍聴を」と支援を呼びかけました。
〔写真〕報告する竹村事務局長(左端)=16日、広島市中区

つくだ 守生's photo.



More
by hiroseto2004 | 2015-06-17 21:04 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ
世界遺産原爆ドームを守りかき船移設に反対する訴訟が6月11日、広島地裁に提起されました。
広島瀬戸内新聞と社主・さとうしゅういちが代表を務める緑の党・ひろしまは、この訴訟原告団を支持し、国に許可の取り消しを求めます。それとともに「訴訟になってしまったのは市の街づくり行政の失敗」との立場から、市民参加のまちづくりを進めるよう求めます。

かき船「かなわ」移設工事強行現場(原爆ドーム近く)からレポート
https://www.youtube.com/watch?v=7p_Z1PCEMrQ
 提訴翌日、現場付近をさとうしゅういちもレポートしました。

以下は被災者県議候補・つくだ守生によるレポートです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=636078013195502&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1
e0094315_23125720.jpg

広島市中区の元安川に浮かぶ料亭かき船「かなわ」の原爆ドーム近くへの移転に反対する市民団体「かき船問題を考える会」は11日、国が「かなわ」に出した河川占用許可を取り消すよう求めて広島地裁へ提訴しました。
 訴状によると、原爆ドームが世界遺産に登録された経緯やバッファゾーン(緩衝地帯)の持つ意味を踏まえれば、許可は世界遺産条約や河川法の河川敷地占用許可準則に違反すると指摘。さらに広島市に対して、国以上に世界遺産の保存、保護する義務を負っているにもかかわらず、移転に向けた積極的な関与が見られると告発しています。
 原告は金子哲夫団長、髙橋信雄副団長をはじめ、被爆者や周辺住民ら19人。提訴にあたって支援者ら約40人が「世界遺産原爆ドームを守り、かき船移設に反対する訴訟団」の横断幕を掲げて、地裁前を行進しました。
 訴状提出後に記者会見に臨んだ金子団長は「あの場所は最も多くの市民が原爆の犠牲になったところであり、一民間飲食店が設置されることは容認できない」と決意を表明しました。代理人の石口俊一弁護士は「原告には被爆者をはじめ、付近の碑の維持管理団体、被爆瓦に取り組んできた高校生平和ゼミナール、水害の可能性がある近隣住民などが集まった」と紹介。既に「かなわ」が進めている工事の差し止めの仮処分を求める訴訟も検討中です。
 国交省中国地方整備局水政課は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」としています。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-12 23:17 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

さとうしゅういち・緑の党もよく街頭演説している広島駅新幹線口で、日本共産党さんも、いっせい宣伝の一環として早朝宣伝をされました。

被災者県議候補・つくだ守生(安佐南区、日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)もその様子を詳報しています。


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=630845043718799&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1&theater

日本共産党広島県委員会は29日、戦争法案を阻止しようと全県いっせい宣伝に取り組みました。広島市ではJR駅頭や大学門前など十数カ所で早朝宣伝を実施。午後4時からは中区の繁華街で練り歩き宣伝をおこないました。
 JR広島駅新幹線口での早朝宣伝には、村上昭二県委員長、村上厚子市議ら15人が参加してビラを配布。「戦後最悪の憲法破壊」と書いた横断幕を掲げ、ハンドマイクで「ぜひ『しんぶん赤旗』を呼んで、戦争法案の正体を知ってください」と訴えました。
 ビラを受け取ってカバンに入れた男性会社員(42)は「安倍政権のやり方には、何か不吉さを感じる。とにかく法案の中身を、きちんと国民に知らせてほしい」と語りました。
〔写真〕ハンドマイクで訴える村上委員長(正面左)、村上市議(正面右から2人目)=29日、広島市


More
by hiroseto2004 | 2015-05-30 21:59 | 反核・平和 | Trackback