人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:なごやボランティア・NPOセンター ( 31 ) タグの人気記事

ボラフェス暴言事件・NPOセンター職員からの謝罪獲得
2011年 3月 5日 13:26 《愛知》 <事件> <人権>
さとうしゅういち

http://www.janjanblog.com/archives/32689

●「ボランティア・NPOフェスタなごや」とYさん

「ボランティア・NPOフェスタなごや」とは、

名古屋市社会福祉協議会と、なごや・ボランティアNPOセンターの2つが事務局となっ
て、
市民の有志のボランティアの実行委員とともに作り上げている名古屋市の事業です。
開催形態はその都度変わるので、何年続いているのかの正確な資料がありませんが、
今年で15~6回目になるようです。

2009年、Yさんはこのイベントの実行委員として、お年寄りに縄ないをおしえてもらう
企画などを行い活躍しました。
2010年、NPOセンターを「情報流出なすりつけ、しらんまに解雇」になったYさんは、
解雇になったあとも、このフェスティバルには実行委員として参加していました。
裁判がまだ係争中であった2010年度のボラフェスでは、実行委員会にNPOセンターの職
員も加わっている中、Yさんは裏方としての仕事に専念していました。

●「ボラフェス2011・キモクド発言事件」
2011年3月。
YさんはNPOセンターとの裁判に勝利します。

2011年度のボラフェス実行委員会では、社会福祉協議会の職員が転勤になり(行政職員
は2年毎に配属が変わることがよくある)、
ボラフェス1年生の社会福祉協議会の職員をさしおいて、
NPOセンターの職員が実行委員会を「仕切る」ようになり進行がうまくいかなくなりま
した。

そして、何年か関わっているスタッフからYさんが司会役として推薦され、代わりに司
会進行を進めるようになりました。
次第に2011年度はYさんが実行委員長にしたほうがよいのでは、という声が上がりだし
て、いよいよ実行委員長を決めよう、ということになった時(12月15日・ボラフェス
第七回実行委員会)、
ボラフェス実行委員会の事務局の一人であるNPOセンターの職員の河合氏が「実行委員
長なんて決めなくていい」と言い出し、さらに資料を用意せず議事進行を妨害しまし
た。

実行委員会はみなさんの思いをまとめる場所なので、資料を用意して、予定通りに実
行委員長を選出して進行しましょうと諭すYさんにたいして、河合氏が「くどい、きも
ちわるい」等の発言をして侮辱しました。
このような事件のために実行委員会の進行は大混乱。
準備はかなり遅れてしまいました。

これにたいして、Yさんとともにボラフェスの準備を進めていた実行委員会の執行部有
志は、事務局とは別に会合をもち、
侮辱発言のみならず、運営における不審な部分をまとめて公開質問状を、事務局であ
る社会福祉協議会と、NPOセンターの両者に送りつけました。
ところが、NPOセンター所長で河合氏の上司である川名氏は「河合が個人的に行ったこ
とで関係ない」という態度を取りました。
一方、社会福祉協議会の職員は事態の深刻さを理解してYさん達執行部の協力を積極的
に行い、実行委員会の運営の大部分を担い準備は進むようになったものの、
キャリアに傷が付くことを恐れてでしょうか、同じく事務局であるNPOセンターの謝罪
責任については言葉を濁したままでした。

Yさんが実行委員長として選出されたあと、再度の「公開質問状」を送るも、返答はナ
シ。

社協の協力により、イベントの準備は進むようになったものの、事務局の「侮辱発言
がなかったかのような振る舞い」に気味の悪いものを感じた執行部のみなさんは、相
談して名古屋市の人権部門に相談したり、愛知県の担当部署に通報しました。
そうしたところ、やっとで第十回のボラフェスの実行委員会(2月10日)の席上で、謝罪
を勝ち取ることが出来ました。

●ボラフェス2011・キモクド発言に対する、NPOセンター職員からの謝罪内容。

NPOセンターの第一研修室で、第10回の実行委員会が開催される冒頭、NPOセンターの
職員から謝罪がありました。

以下、当日の発言内容です。

川名俊博(NPOセンター所長):
ボラフェス第七回実行委員会の席上において、同実行委員会事務局のなごやボランテ
ィアNPOセンターの職員河合から、
Yさんを傷つけるような言葉をそのときに言いました。
このことについて、ボラフェス執行部有志の方から公開質問状や要望書をいただいて
おりました。
この事件について、実行委員会のみなさんと、Yさんに対して、心よりお詫び申し上げ
たいと思いまして、お時間をいただきたいと思います。。

河合みゆき(NPOセンター職員):
えーと12月15日の実行委員会で、ちょっと体調も悪かったということもあるんですが

私の運営上の不手際がございまして、みなさんには多大なるご迷惑をおかけいたしま
した。
この場を借りてお詫びを申し上げると共に、
Yさんについては、まああの、ええと、傷付けるような発言をしてしまいまして、大変
申しわけございませんでした。
Yさん、どうも申し訳ございません。
みなさんどうも申しわけありませんでした。

●NPOセンターの謝罪に対する、ボラフェス執行部有志による評価。

ボラフェスの事務局であるNPOセンター職員に対して、公開質問状で求めていたものは
文章での回答なので、対応として十分なものとはいえません。
また、Yさんにたいしての暴言を行ったことと「体調不良」とは関係がないので、内容
としても不十分といえると思います。
ですが、本事件でもっとも侮辱されたYさんが「イベントを成功させることを優先した
い」という意向をもっていることもあり、
記者に事件の内容を託して、発言をしっかり記録することで留めよう、いうことで落
ち着いています。

執行部の有志のみなさんは、準備を始めていた、しかるべき部署への告発をする手間
を省け、イベントに専念できることは良いことだ、と評価していました。
また、この事件への対応を通じて、執行部の結束も固まった部分もあるので、いまは
前向きにイベントを成功させて、次回からこのような不手際が起こらないようにする
ことが大切である、と語っていました。

NPOセンターを不当解雇されたYさんを実行委員長として、
NPOセンターで開催される「ボランティア・NPOフェスタなごや」。
はたして、どのようなものになるのでしょうか?

●ボランティア・NPOフェスタなごや2011~出会い! 発見! はじめの一歩

開催日時:2011年3月6日(日)10:00~16:00
会場:伏見ライフプラザ(名古屋市中区栄1-23-13)
名古屋市営地下鉄伏見駅6番出口南へ徒歩8分(1階が中消防署になっているビルです

※会場へは公共交通機関をご利用ください。

主催:ボランティア・NPOフェスタなごや2011実行委員会 
   なごやボランティア・NPOセンター(名古屋市) 社会福祉法人名古屋市社会福
祉協議会
協力:名古屋市ボランティア連絡協議会 名古屋市各区社会福祉協議会

ボランティア・NPOフェスタ2011ホームページ:http://www.volufes.net/
詳細情報:http://www.janjanblog.com/archives/32549

問い合わせ:
なごやボランティア・NPOセンター(名古屋市)
TEL 052-222-5781 FAX 052-222-5782
名古屋市社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL 052-911-3180 FAX 052-917-0702

by hiroseto2004 | 2011-03-05 13:59 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)
今度はボラフェス実行委員会席上で職員が暴言!なごやボランティア・NPOセンター

先日、Yさんが実行委員長に選出されそうになるや「実行委員長は必要ない」と言い出して進行を妨害したり、資料の準備を意図的に行わなかったりして、運営に大きな支障をきたいしている「な
ごやボランティア・NPOフェスタ」。

http://hiroseto.exblog.jp/13894328/

実行委員の有志が集まって公開質問状を出される事態に発展しました。

事務局側の妨害にも関わらず、実行委員の皆さんの後押しによって、Yさんはめでたく「実行委員長」に就任。
昨年度の実行委員長も参加して、若手の執行部が活躍したり、また、フェスタをNPOセンターとともに共催している名古屋市社会福祉協議会側の職員の尽力によって、ボラフェス実行委員会は、なんとか軌道にのりつつある模様です。
公開質問状を出したにも関わらず、もう一方の主催者であり、発言の責任者であるNPOセンター側の対応は、相変わらず惨憺たる者だそうです。

●「名古屋のボラフェス」の経緯。

名古屋のボラフェスは、名古屋市社会福祉協議会の主催で、だいたい今年で15回目に
なります。
なぜ「だいたい」かというと、年度によっては、NPOセンターとの共催となっていると
きもあり、一概に連続してカウントできないからです。

今年は、名古屋市社会福祉協議会と、NPOセンターとが共催して(予算も半分づつ出して)開催しています。
以前にこのようなスタイルで開催したのは2006年。NPOセンターの指定管理者が、現在の業者と違い、ノウハウの引継ぎが無く、いろいろと不備が発生しています。

2009年は名古屋市社会福祉協議会が主催、NPOセンターからはYさんが一実行委員として参加。
2010年は名古屋市社会福祉協議会主導で、NPOセンター職員と社協職員が「世話人会」という従来にはなかった組織を実行委員会とは別に立ち上げて管理。Yさんは一実行委員として参加。
2011年は名古屋市社会福祉協議会とNPOセンターが予算を半分づつ出して共催しています。

ですが、2010年度で社協側の職員が変わってしまい、今年は社協側の職員が一年生。
NPOセンターの職員が「昔から主催している」ような顔をして仕切りだしたのですが、実はNPOセンターの職員(河合氏)がボラフェスにかかわったのは昨年がはじめてて、しかもその昨年の運営は惨憺たる結果だったようです。

ですが、昨年の運営のまずさを記憶しているスタッフも多い中、ファシリテーションなど無視して、独演会に近い運営を続けるNPOセンター職員の河合氏の姿勢に疑問をもった実行委員などから、NPOセンター職員時代から、何年もスタッフとしてボラフェスを下支えしていたYさん
を司会にしてはどうか、という声が上がり、Yさんが司会をして、徐々に盛り上がり始めた矢先、そろそろ実行委員長を選出しては、という話がでたころに、前回の「ボラフェス実行委・キモクド発言事件」が発生しました。

そのころになると、Yさんが司会をして進行がスムーズになってきたので、Yさんを実行委員長にしたらどうか、という意識が出始めていました。

●キモクド発言事件の詳細
実行委員長を次回の実行委員会で実行委員長を決めましょう、という話になった実行
委員会当日(12/15)。
Yさんがいつもどおりに司会進行をしようとすると、事務局側(NPOセンター)が用意し
ているはずの進行用の資料が「前回の会議の状態のまま」で用意されていました。
さすがのYさんも、前回の実行委員会の話し合いの成果が反映されていない資料では、話の進めようがありません。
前回の資料のままであることは、なんらかのミスであるかもと思い、NPOセンター職員に問い合わせたところ、
「意図的に前のままの資料を用意した」「Yさんの関わる企画をすすめてほしくないから」という説明が行われました。
ですが、実行委員会のみなさんの議論の成果が反映されていないのは、意向を無視しているのでよくないと説明すると、Yさんに対して、NPOセンター職員河合さんは「くどい、きもちわるい」などど面罵したのでした。

公募されて集まった実行委員一同の前での面罵で、会場からも、職員河合さんは反省をまったくしていない。これではボラフェスの実行委員が進められなくなる、という意見が出でていました。

また、会場から、実行委員長をそろそろ選出しましょう、ということが議題に上ると、NPOセンターの職員河合さんは「なぜ実行委員長を決める必要があるのですか?委員長は選出しなくてよい」と言い出して、一方的に委員長が必要ないことを言い出しました。

ボラフェスではここ数年、委員長を選出していますし、実際に今回の会議で選出しますというメールを配信していたのは、NPOセンターの職員河合さん自身です。

共催相手の社会福祉協議会の職員からも「今回の実行委員会で、実行委員長を選出す
るためであったはずだ」という発言がありましたが、職員河合さんは譲りませんでした。この日には実行委員長の選出は延期となりました。

これにていして、実行委員のひとたちは大いに困惑し、主だった人たちが集まって公開質問状を、NPOセンター、社会福祉協議会の両者に対して提出しました。

また、実行委員の話し合いの過程で、実は昨年度から、ボラフェスの運営にはいろい
ろと問題があり、とくにNPOセンター職員河合に対する不信感が強いことが分かってき
ました。

公開質問状では
「実行委員長の選出と経緯の確認」「事務局運営についてNPOセンター職員ではなく社
協職員主導に変更する」「NPOセンターの職員河合氏の謝罪」などを文書で要求しまし
た。
これにたいして、社会福祉協議会は職員は一年生でなれないことがおおいなか、ボラフェスの実現のために、誠意を持ってがんばってくれましたが、NPOセンター側の対応は、ほとんど変化しませんでした。

実行委員のみなさんも、危機的状況の中、かえって意識をもって各自が奮闘してくれて、Yさんをみなで実行委員長として選出し、ほかにも意識の高い、若手の副実行委員長も選出して、みなで協力して運営をすすめていきました。

●公開質問状、その後
ボラフェス実行委員からの公開質問状は、文書での回答要求に対しては、まったく返
答がありませんでしたが、主な要求事項3つのうち「実行委員長の選出と経緯の確認」「事務局運営についてNPOセンター職員ではなく社協職員主導に変更する」は達成されました。
ですが「NPOセンターの職員河合氏の謝罪」がまだでした。
折につけ、実行委員のみなさんは職員河合さんにたいして謝罪要求をしましたが、
NPOセンター所長で河合さんの上司に当たる川名氏は「公開質問状は実行委員会で答えるも
のではない。河合さんが個人的な発言したものだ」などとよくわからないことを言い出して逃げ回っていました。
「ボラフェス」は、名古屋市の事業であり、その事業に、NPOセンターの職員として出
席している、職員河合さんが、実行委員会の会議の時間中に、集まっている大勢の実行委員の前で、Yさんにたいして人格を否定するような発言をして、しかも実行委員長の選出を阻んだというのは事実であるので、
「個人的な発言」で済まされる話ではないはずです。
これにたいして、実行委員のみなさんは、名古屋市のしかるべき部署にたいして、事件の経緯を説明して、しかるべき対処をするようにと要望をしたそうです。
NPOセンンターの担当部署は市民経済局地域振興課ですが、そこまでこの話が伝わっているのか、そもそも対処をする気があるのか。

ワーカーズコープだけでなく名古屋市の担当部署である地域振興課も一緒になって、情報流出事件をYさんに背負わせて追い落とそうとした事実もあるので、今後が注目されます。


ボランティア・NPOフェスタなごや2011
http://www.volufes.net/

●関連記事・ボラフェス
なごやボランティアNPOフェスタに参加して(2009年ボラフェスの記事)
http://www.news.janjan.jp/area/0903/0903169552/1.php
「ボランティア・NPOフェスタなごや2010」 初めての試み「おしゃべりサロ
ン」大成功(2010年ボラフェスの記事)
http://www.janjannews.jp/archives/2870157.html

●関連記事・Yさん監禁査問事件
ボランティアセンターのYさんを支える会
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai
ワーカーズコープ、Yさん解雇を撤回
http://imadegawa.exblog.jp/13871168/
「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ
http://www.janjannews.jp/archives/2844963.html
解雇された組合書記長、NPO法人ワーカーズコープを提訴
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910051242/1.php
Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張
http://www.janjannews.jp/archives/2842626.html

●関連記事・なごやボランティア・NPOセンター指定管理者交代劇
なごやボランティア・NPOセンター、経営側の暴走のまま年越し
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901034631/1.php
「なごやボランティア・NPOセンター」依然、経営側の暴走続く
http://www.news.janjan.jp/area/0812/0811292477/1.php
『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806130507/1.php
効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え
http://www.news.janjan.jp/area/0803/0803203247/1.php
by hiroseto2004 | 2011-02-09 11:20 | 事故・災害・事件 | Trackback
今度はボラフェス実行委員会席上で職員が暴言!なごやボランティア・NPOセンター

なごやボランティア・NPOセンター職員が、ボラフェス実行委員会の席上で暴言を吐いた事件。

経過は以下です。

ボラフェス第七回実行委に参加した執行部有志一同よりの申し入れに際し、
まず、事実経過を記した文書を添付します。

12月15日、2011年3月に開催されます「ボランティアフェスティバル」の実行委員会の第七回が開催されました。その現場でつぎのような事件が発生しました。

ボラフェスの会議において毎回、会議の開始30分前には「執行委員会」が開催されます。
この「執行委員会」は、実行委員会での話し合いの中心になる人として、また、実行委員長にどを選出する母体として、実行委員会の話し合いで選ばれた人たちです。

ボラフェスの実行委員会は、ボランティアで集まった実行委員によって話し合いで進められています。予算は社協とNPOセンターと半々で捻出します。社協とNPOセンターの人たちは「事務局」としてかかわり、事務などの裏方をするもので、実行委員とは立場が違います。あくまで、この実行委員会における主役は、ボランティアで参加する実行委員です。

執行委員は、第四回の運営委員会で、仮のメンバーとして選出されました。
なぜ「仮」かというと、中心メンバーとして毎回出席して、本当に動く人である、ということが確認されてから、本決まりとされる、という条件付きで仮選出されました。
もちろん、残った「本当に動く人」の中から、実行委員長などが選出されます。

執行委員会では、その日の会議で話し合われる内容が、執行委員と事務局で確認されます。
この日の執行委員会議では、チラシの印刷と広告費について話し合われました。
内容としては、事務局からの説明としては、

・チラシの印刷は、ボラミミに15万で30000部カラー印刷でお願いしている。
・チラシを広告として、ボラミミの裏表紙に掲載して10万でやってもらっている。
ボラミミに頼んでいるのは「NPOにお金をまわすため」である、という説明が、NPOセンター職員河合から行われました。

これに対し執行委員からは
「その部数で15万円は高すぎる」「NPOにお金をまわすといいつつ、対象がボラミミだけであるのはおかしい。ほかにも声をかけるべきである」「ボラミミの裏面広告10万円は、予算もないので、もう一枚内側の紙面で5万円にすべきである」
という意見が出で、それで説明するということになりました。

このあと、本会議に進みました。
本会議では、総務、企画、交流コーナー、ステージ、物販の各セクションごとに話し合いを進めるのですが、それぞれのセクションで、前回までなにが話し合われたのかということを、毎回会議の冒頭で簡単に確認して、そのあと各セクションで話し合いをし、最後に共有のために全体で集まって報告しあいホワイトボードにまとめて共有する、というスタイルをとっています。
このような方法ほとる、ということも、実行委員会の話し合いで決定されたものです。
また、その際の司会は山口が行っています。これは実行委員からの推薦で、そのほうが話が進みやすい、ということで推薦されて決定されたものです。

事務局は、この進行をサポートするために、毎回、前回の会議の最後の報告をレポートにまとめて資料として配布するのですが、12月15日の会議では、なんと、前回の会議の冒頭に配られた内容と、まったく同じ資料が配られていました。
つまり、前回の会議の話し合いの「成果・進展」が反映されていない資料(第五回の最後のまとめ文章)が、そのまま配布されていました。
これでは会議の進行ができない、前回のまとめはないのですかと、事務局の河合氏に問いただしたところ、NPOセンターの職員河合が「そもそも山口に司会など渡していない」などと言い出し、会場からも事務局の不手際に対して苦情が発生。
山口が「前回のまとめを事務局がおこない冒頭に配る、という進め方をする、司会は山口にまかせる、ということは実行委員会での話し合いで決定したことです、仕事をしてください」と苦情をいうと
職員河合「前回の資料を添付したのは、失敗ではなくてわざとである」と主張。
理由は「企画部会に「おしゃべりサロン」だけを進めてほしくないからである」とのことでしたが、まったく理由になっていませんでした。社協の方にも確認したところ「その話は聞いていたが、この資料はおかしい」ということでした。

このことにたいして、山口はほかの実行委員会のみなさんとともに
「前回のまとめを添付しないと話が進まない(事務局であるNPOセンター職員への苦情)」
「事務局が実行委員会のすすめる部会の決定や進行に口をはさむのはおかしい(社協とNPOセンター双方への苦情)」
「実行委員会の話し合いとは別に、事務局だけ集まって、有志で参加している実行委員の決定への介入をきめるのはおかしい」
「万が一、そのような「意向」を事務局がこつことが許されるととしても、その内容をまず事前に行われている執行委員会議が共有しないのは間違っている」
「前回の会議での実行委員会のみなさんの「おもい」のつまった「まとめ」を無視して、前前回のまとめを配布するのは、おかしくはないか」

などの苦情がだされました。
すると職員河合から「くどい、きもちわるい」などの面罵が、山口にたいして行われました。
山口からは、そのような失礼な発言を撤回し、大人として仕事をするようにと抗議するとともに、実行委員の人たちからも「ありえない。反省をまったくしていない。これではボラフェスの実行委員が進められなくなる」などの意見が出ていました。
職員河合がまったく話にならないので、前回のホワイトボードの写真をプリントアウトして配布するように、社協の職員に提案して対応しました。

その作業を待つ間、実行委員の伊藤さんから「実行委員長をきめたほうがいいのではないか」という提言がありました。
実行委員長には山口を推薦したい、また「仮」として選出された執行委員の中には、まったく顔を見せていない人(各務氏)もいるので、当初の約束事どおりに、執行委員からはずしたほうがよいのでは、という提言がありました。

これにたいして、職員河合は「なぜ実行委員長を決める必要があるのですか?執行委員がきまったので委員長は選出しなくてよい」ということを言い出しました。
職員川名は「各務氏を執行委員からはずすのは、すでにきまったことなので変えられない」ということを言い出しました。
執行委員を選出したのは、そもそも実行委員長を決定するためであり、
選出時に「仮」としたのは、本当に毎回出てきてしっかりと勤めるかとということを様子をみる、という合意のもとに行われたことですので、伊藤さんの提案は、実行委員での話し合いの経過をふまえたもので正しいのですが、無視されました。

しばらく職員河合が実行委員長は決める必要がない、と一方的に話を続けていましたが、
社協の職員の方からも「執行委員を選出したのは実行委員をその中から選出するためであったはずだ」という発言がありましたが、職員河合は譲りませんでした。よって実行委員長の選出は延期となりました。

社協の人たちからの資料(前回のまとめの書かれたホワイトボード)の提出があり、議事をなんとか進行。
最後にまとめをおこなった後、再度、ほかの実行委員とともに、
職員河合に申し入れを行ったところ、まった反省する態度がなかったため、
次回以降、ホワイトボードの内容をそのままコピーして配布するとともに、
事務局としての資料作成を、NPOセンターの職員河合ではなく、社協の職員に作成を依頼することを要請いたしました。
また、実行委員会の前の執行部会議が全く機能していないことから、別の日(1/7)に、事務局と執行委員の会議を開催し議事の進行についての確認をすることにしました。

もちろん、前年度のボラフェスが「一部の人間が勝手にきめていた(例年には存在しなかった「世話人会」というものを勝手に形成して実行委員会を無視して話を進めた)」という批判が根強いことから、この事前会議も執行委員以外も参加可能、としたところ、

職員河合が
「そうすると関係ない人間が参加する」などと口走っていました。
ボラフェスの実行委員会には、ボラフェスに「関係のない人間」は一切参加しておらず、この発言は意味不明です。

以上が、12月15日に開催されました、ボランティアフェスティバル実行委員会の第七回席上において発生した、NPOセンター職員らによる暴言と議事進行の妨害の事実経過です。

by hiroseto2004 | 2010-12-29 12:24 | 事故・災害・事件 | Trackback
ワーカーズコープ、男性解雇を撤回
――男性側弁護士「勝利的和解でなく勝利和解」――

http://imadegawa.exblog.jp/13871168/

■なごやボランティアNPOセンター解雇事件

名古屋市からNPO法人が指定管理を受けている「なごやボランティアNPOセンター」で労働組合を結成して
書記長を務めた男性職員(35歳)が、解雇されたのは不当であるとして名古屋地裁に提訴していた事件で、
今年3月30日に法人側が解雇を撤回し和解が成立した。

男性と和解したのはNPO法人ワーカーズコープ。
ワーカーズコープは2009年6月5日付での解雇を撤回して男性に解決金を支払うことで合意。
男性は和解が成立した3月30日付で合意退職することとなった。

ワーカーズコープが男性に支払った解決金の金額については和解条項により公表できないことになっているが、男性の代理人を務めた森弘典弁護士は「『勝利的和解』ではなく『勝利和解』だ」とコメントしている。

【参考資料】
和解条項(3月30日)

(注:第2項の解決金の金額は第4項に基づき開示されておらず、入金口座は森弘典弁護士の希望により
伏せ字とする。なお、
債権者=男性、
債務者=NPO法人ワーカーズコープ)

和解条項

1 債務者は, 債権者に対し, 債権者を平成21年6月5日付けで解雇する旨の意思表示を撤回し,債権者及び債務者は,  債権者と債務者との間の雇用契約が平成22年3月30日付け合意退職により終了したことを相互に確認する。

2 債務者は,  債権者に対し,  本件解決金として  金×××円の支払い義務があることを認める。

3 債務者は,  債権者に対し,  前項の金員を,  平成22年4月30日限り,  ××銀行××支店の
  「弁護士森弘典」名義の  普通預金口座(口座番号×××)に  振り込む方法により支払う。
  ただし,  振り込み手数料は  債務者の負担とする。

4 債権者は,  第三者に対し,本件和解経過及び本件解決金額ついて開示しない。

5 債権者及び債務者は,  本件和解により債権者と債務者との間の紛争が円満に解決したものとして,
  相互に誹謗中傷を行わない。

6 債権者は,  本件申立てを取り下げる。

7 債権者及び債務者は,  債権者と債務者との間には,  本件に関し,  本和解条項に定めるもののほかに何らの債権債務がないことを相互に確認する。

8 申立費用は各自の負担とする。

以上
(JanJan blog 6月2日より加筆転載)


過去の関連記事

解雇された組合書記長、NPO法人ワーカーズコープを提訴
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910051242/1.php

なごやボランティアセンター「ホームレス職員」に懲戒解雇強要
http://www.news.janjan.jp/area/0906/0906215505/1.php

なごやボランティア・NPOセンター 当局の大掃除で大混乱
http://www.news.janjan.jp/area/0904/0904111351/1.php

ワーカーズコープが労働者代表選挙結果を改ざん? なごやボランティア・NPOセンター
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901215849/1.php

ワーカーズコープ 労働者代表選挙に介入? なごや・ボランティアNPOセンター
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901125227/1.php

内部告発で「講座参加者数水増し」が露見、逆切れする幹部―なごや・ボランティアNPOセンター
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901084960/1.php

ワーカーズコープ所長独裁で暴走続く、なごやボランティア・NPOセンター
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808295827/1.php

労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし? なごやボランティア・NPOセンター
http://www.news.janjan.jp/living/0808/0808275639/1.php

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




ワーカーズコープ、男性解雇を撤回!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
ワーカーズコープ、男性解雇を撤回!_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
ワーカーズコープ、男性解雇を撤回!_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-02 18:19 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過
2010年03月29日労働・雇用愛知さとうしゅういち


http://www.janjannews.jp/archives/2960886.html

『なごやボランティア・NPOセンター労組書記長解雇事件』で、Yさんが地位保全の仮処分を求めている事件の第六回の審尋が名古屋地裁で3月16日、ありました。
 
 この日の審尋では、双方の主張は出終わっていることもあり、双方が対面して話をすることはありませんでした。それぞれが裁判官に呼ばれて話をするだけとなりました。
 
 裁判官としては、和解の可能性を探るべく調整に時間をとってくれるようでした。
 
 Yさん側は、職場への復帰を求めていることはもちろんですが、それが無理だとしても、なんらかの和解の可能性は、当初から提示していました。ところが、NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)側は、和解にはまったく応じる気配もなく、報道してきましたとおり「雇用関係は存在しない」「(賃金の全く出ない時間外の)団会議に出席しないのは態度が悪い」、「解雇されたら税金で食え」などの『珍妙な』主張を続けています。
 
 挙句の果てには、職員に『所長が神様に見えた』『Yさんが病気かどうか疑わしい』などの供述書を出させたりしていました。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_8172468.jpg

NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_813122.gif

NPOセンター労組書記長解雇事件、半年経過_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-29 18:03 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
Yさんを支える会より、最新の情報をお届けします。

*この事件の流れや詳細は下記をご覧下さい。

『名古屋ボラんぽセンター連続解雇事件』のインフォメーション
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/e/f2104d4bf5463d37693ccdd889a9d1e2
「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/e/92de8f616ccd534390a76fc734118390

---

■ワーカーズコープ、裁判の席上『とんでもない主張』を展開?!
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/e/57c550ccbfff1e041903090decf4b531

2009年6月、「なごやボランティア・NPOセンター」で2度目の解雇事件が勃発しました。
解雇されたのは職員Yさん。おなじくボランティアセンターで発生した「KY解雇事件(08’5月)」で活躍した、
名古屋イキナリ労組の書記長を務めていた人物です。
Yさんは、ボランティアセンターの管理・運営を名古屋市から委託されている、NPO法人ワーカーズコープによる「組合つぶし」攻撃の末に解雇されました。
そして、裁判に立ち上がったYさんに、ワーカーズコープは、「とんでもない内容」を言い放つのでした


『解雇されたら税金で暮らせばいいじゃない?』

…Yさんは、伏見ボランティアセンターの非常勤職員として働いていました。
ボランティア・NPO・市民活動などの経験があるYさんは、常勤職員よりも沢山の仕事をこなしておりその活躍ぶりを目にしてか上司から『8月15日からは常勤職員になってくれ』と声をかけられます。

ところが、逆に9月勤務のシフト半減、それまで月20万円あった給料が8万円以下にされてしまいました。
突然のシフト削減は、Yさんが労働組合に好意的であったことが関係があるようでした。
シフト削減と同時に労働組合を潰すために、8名ほどの職場に、ほぼ同数の本部職員が動員され、Yさんと労働組合の仲間達は、賃金の出ない会議に出席を命じられたり、倍増した職員によって「多数決」で追い出しをされたりと、日々嫌がらせを受けるようになりました。


そして、生活保護基準以下に収入が激減したYさんは医者にもかかれず持病が悪化。アパートの家賃も払えなくなり、一時ホームレス状態となりました。
そして、Yさんの責任ではない情報流出事件をめぐり監禁査問され「自分がやったと認めないこと」を理由に解雇されました。
監禁査問によりYさんは発病。やむなく生活保護を申請しました。

Yさんは「市民に愛されるセンターで起こったこと」を世に知らしめ、非道なNPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団…協同労働の全国組織)の実態を暴く裁判に立ち上がりました。

■生活保護で生活できるから訴えを認める必要はない!?

NPO法人ワーカーズコープは、裁判上で「集団的自己雇用関係であって雇用関係はない」などと珍妙な主張を展開したり、全く関与していない事件をYさんの責任にしたり、賃金の出ない職場会議へ出席しないことを難癖を付けたり、差別的な内容の業務命令を履行しなかったことを非難したり、ボランティアセンターの不祥事を報道した記者をYさんを同一人物と主張して揶揄したり、動員された本部職員にYさんを「仕事ができない・仮病だ」と誹謗中傷させたり、当局から派遣した組合潰しの所長を「神様に見えた」と書いた陳述書を提出したり、ありとあらゆる「あっとおどろく」主張を展開してきました。

そして最後には、シフト削減後のYさんの賃金が生活保護費を下回っており、現在Yさんが生活保護を受給していることを理由に、「賃金仮払いの必要はない」と主張して、Yさんと弁護士が目を丸くする、という事態に至りました。
これにたいして、支持者やボランティアセンターの利用者からは、「不当解雇のツケを市民・納税者に押しつけるものだ」「解雇されたら税金で食えというのか?!」などと大きな波紋を呼んでいます。
以上のことは全て、名古屋市の施設である「なごやボランティア・NPOセンター」で発生した本当の事件です。
市民(シトワイヤン・シトワイエンヌ)の皆さんの注目をお願いします。


チラシの登場人物

●ワカー・コポトワネット嬢
『解雇されたら税金で暮らせばいいじゃない? 生活保護基準以下の賃金のヒラの組合員なんて、それで
いいのよ。オホホホホ』

●悲嘆に暮れるYドレ氏
『嗚呼、俺の信じた協同労働(*1)とは、こんなものだったのか』

●ロウキョ・ユニオン・デイ・ヘルネン伯爵のコメント
『失望するな青年よ、わが母国(*2)の労協(ワーカーズコープ)には、そんな無体なことを言うものはいないぞ。希望を持て!!』

*1 「協同労働」とは労働者が出資して経営に参加する働き方。このような働き方を、労働者協同組合(
労協)・ワーカーズコープなどという。実はYさんも出資している。
*2スウェーデンやイタリアでは、労協は先進的な取り組みとして注目されているが、労働組合は存在し
ており、人を監禁査問したり、組合つぶしなどはしない。


ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会460-0024 名古屋市中区正木4-8-8メゾン金山303 名
古屋ふれあいユニオン気付
TEL:052-679-3079 FAX: 052-679-3080 nagoya_vnpo_mondai@mail.goo.ne.jp
ブログ http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=4594401

当会ではカンパ・賛同人を募集しています。
カンパ個人一口1000円。会報も発行予定。
郵便振替 00800-8-126554 名古屋ふれあいユニオン(「Yさんを支える会」とお書き下
さい)

準備会呼びかけ人・酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)

***以上・転載歓迎***



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_8172468.jpg

【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_813122.gif

【拡散希望】「解雇されたら税金で食え」と言い放つワーカーズコープ(労協センター事業団)を許すな!_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-21 19:28 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ
2010年03月10日法律・裁判愛知さとうしゅういち

http://www.janjannews.jp/archives/2844963.html


 Yさん側は、減らされる前の賃金をまとめて支払うことを要求しています。ですが、仮に支払われたとしてもYさんの懐には入りません。 なぜかというとYさんは現在、病気療養もあり生活保護を受給しており、仮に支払われても、全額その費用の補填として役所に納めることになるわけです。つまりYさんには、びた一文入らず、まったく得をしない裁判をしているのですが、それでもYさんとその弁護士は「市民に愛されていたセンターで起こった理不尽な事件の究明」のために、真実を広めるために戦うので意味はある、と言っています。
 
 さて「たとえ自らの懐にお金が入らなくても戦う」というのは、Yさん側の覚悟の話です。
 
 ところが、前回の審尋で、ワーカーズコープ側の主張内容には「現在Yさんは生活保護を受給しているので、賃金仮払いの必要はない」ということが書かれていたのでした。これは、とんでもない内容です。

ワーカーズコープは、本来は「労働者=資本家=経営者というスタイルをとることにより、資本による収奪と言う資本主義の弊害を防止する」というのがその理念ですが、どうなっているのか?

いくら派遣切りを繰り返している極悪な企業でも、さすがに「生保があるからいいだろ」と言い放てる企業は、なかなかお目にかかれるものではありません。

Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張
http://www.janjannews.jp/archives/2842626.html


NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点
http://www.janjannews.jp/archives/2835208.html

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_8172468.jpg

「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_813122.gif

「首を切られたら税金で食え」というワーカーズコープ_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-10 18:20 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張
2010年03月09日法律・裁判愛知さとうしゅういち

http://www.janjannews.jp/archives/2842626.html

 なごやボランティアNPOセンターの労組書記長・Yさんが解雇された事件。
 それに対して、Yさんが地位保全の仮処分申請したことによる審尋が既に5回目に及んでいます。
 
 その中で、2月17日の第5回目の審尋で、ワーカーズコープ側は「おそるべき」主張を行ってきました。わたくし「さとうしゅういち」に関する恐ろしい主張ですので、特に紹介します。


NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点
http://www.janjannews.jp/archives/2835208.html


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_8172468.jpg

Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_813122.gif

Yさん=さとうしゅういち? ワーカーズコープが驚愕の主張_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-09 17:43 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点
2010年03月08日法律・裁判愛知さとうしゅういち

http://www.janjannews.jp/archives/2835208.html

 なごやボランティアNPOセンターの労組書記長Yさんが、指定管理者NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)から嫌がらせの末、解雇(除名)された事件。
 
 名古屋地裁での仮処分(地位保全をYさんが求めている)の審尋が長引いています。
 
 10月に第一回審尋があったのですが、11月、12月、1月、2月と既に5回の審尋となっています。ここまで長引くのは、異例なことです。
 
 ここまでの展開を、ご説明します。



関連リンク
ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
なごやボランティア・NPOセンター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/


関連記事
なごやボランティア・NPOセンター労組書記長解雇事件、第3回審尋(2010/01/17)
http://www.janjannews.jp/archives/2181711.html
「なごやボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、第2回審尋(2009/11/11)
http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911102939/1.php
「なごやボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、第1回審尋(2)(2009/10/15)
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910141606/1.php
「なごやボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、第1回審尋(2009/10/13)
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910121561/1.php
ホームレス支援のアルバイト職員自身がホームレスに(2009/06/10)
http://www.news.janjan.jp/area/0906/0906074685/1.php
なごやボランティア・NPOセンター 当局の大掃除で大混乱(2009/04/13)
http://www.news.janjan.jp/area/0904/0904111351/1.php
ワーカーズコープが労働者代表選挙結果を改ざん? なごやボランティア・NPOセンター(2009/01/23)
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901215849/1.php
今度は実体のない出向斡旋 依然不誠実な「なごやボランティア・NPOセンター」の対応(2008/12/26)
http://www.news.janjan.jp/living/0812/0812223962/1.php
「なごやボランティア・NPOセンター」依然、経営側の暴走続く(2008/12/01)
http://www.news.janjan.jp/area/0812/0811292477/1.php
ワーカーズコープ所長独裁で暴走続く、なごやボランティア・NPOセンター(2008/09/05)
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808295827/1.php
労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし?なごやボランティア・NPOセンター(2008/08/29)
http://www.news.janjan.jp/living/0808/0808275639/1.php
『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後(2008/06/15)
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806130507/1.php
効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え(2008/03/22)
http://www.news.janjan.jp/area/0803/0803203247/1.php


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_8172468.jpg

NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_813122.gif

NPOセンター労組書記長解雇事件、経営側の矛盾点_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-08 12:48 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ
2010年02月15日法律・裁判愛知さとうしゅういち


http://www.janjannews.jp/archives/2610557.html


NPO法人・ワーカーズコープが指定管理者の「なごやボランティア・NPOセンター」で、労組書記長のYさんが解雇された事件。
 
 Yさんが復職を求めた仮処分申請の第4回審尋が1月12日、名古屋地裁でありました。
 
 第5回目の審尋は2月17日、14時00分から名古屋地方裁判所にてあります。応援してくださる方は、13時50分頃に、名古屋地方裁判所の2階ロビーにお越しください。仮処分の審理は1時間ほどで終了し、2Fのロビーにて報告を行う、ということです。
 
 10月に第1回審尋があったわけですが、既に正月を超えてしまいました。こんなに仮処分の審理が長引くのは異例のことです。提出された書面は、数キロの重さに達しています。


ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
なごやボランティア・NPOセンター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_8172468.jpg

「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_813122.gif

「ボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、ついに第5回審尋へ_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-02-15 12:44 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback