人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:イクメン ( 4 ) タグの人気記事

【長時間労働是正なき「女性活躍」も「イクメン」も無理ゲーだ】
「女性活躍」も「イクメン」も大変結構です。
しかし、それと同時に「長時間労働是正」こそ今の日本では必要ではないでしょうか?
もっといってしまえば長時間がんばりさえすれば何とかなるという一昔前までの成功体験に基づいた気風をなんとかしないといけないのではないでしょうか?

長時間労働是正なくして、「女性活躍」も「イクメン」といわれても、多くの女性や男性にとっては、スーパーウーマンやスーパーマンを強いる無理ゲー(クリアするのが無理なゲーム)を強いられるように見えるのではないでしょうか?

長時間労働者比率は、日本は韓国以外ではOECDでトップ。

こういう状況を放置しておけば、男性は疲弊します。家事・育児をしたくてもできないということになりかねない。
女性だって、正社員でなおかつ出世をするということにしり込みするでしょう。女性管理職比率を引き上げるのも難しくなります。
女性管理職を増やすなと言っているのではありません。女性管理職が増えることで職場の雰囲気が変わる可能性もありますが、一方で、特に残業代が出ない管理職について、長時間労働を率先してする雰囲気があると、女性が出世にしり込みをしてしまう、ということです。

長時間労働是正なき「女性活躍」も「イクメン」も無理ゲーだ_e0094315_21451828.gif
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html

そして、これからは、介護を必要とする親を持つ労働者も増えてきます。そうなると、長時間労働を放置していたら、職場は持たないでしょう。

「長時間労働が日本をダメにする」小室淑恵氏が提案する、育児と介護の解決策
http://logmi.jp/2824/

「今、韓国、中国、シンガポールやタイは、人口のボーナス期といって、若者が非常に多くて高齢者が少ない。つまり社会保障費が少なくて済むので、経済的に発展しやすい時期にあるんですね。

しかしこの後必ず、少子化になり、人件費が高騰し、成熟期に入ります。そうすると、日本が今そうであるように、時間をかけて成果を出すタイプの仕事では、国際競争力を失ってしまいますから、この高い人件費の中で短い時間で高い付加価値を出すというビジネスに転換しないと、成熟期の国は生き残れないんですね。

今、日本がはたしてこの転換を図れるのかどうかということは、アジアの国々に次の働き方を示していけるのかどうかという、とても大切な役割を担っていると私は思っています。だからこそ、皆さんの力をぜひ貸していただきたいんです。皆さんの身の周りの方に、少しずつでいいんで、啓発していただきたいんです。」

上記の小室淑恵さんが提案される方向へ、日本を転換しなければならない。


by hiroseto2004 | 2014-10-14 22:00 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
【元祖イクメン宇都宮けんじさん】_e0094315_213345.jpg

【元祖イクメン宇都宮けんじさん】品川駅近くの港南団地にて。福島みずほさんは「元祖イクメンは自分の夫だと思ったら、宇都宮けんじさん」と紹介。
by hiroseto2004 | 2014-02-01 21:33 | 細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を! | Trackback
「広島県の男女共同参画を進める会」の全体会が、エソール広島でありました。

広島県の湯崎英彦知事が、「広島県の人づくり」と題して記念講演されました。


http://www.janjanblog.com/archives/60811

「広島県は、人口減少に入っている。母親世代の女性の数などから、自然増は望めない。問題は社会減」と指摘。

広島県として未来チャレンジビジョンを策定し、「生まれ育ち、住み働いてよかったと思える」広島県をめざす、としました。

また、日本は労働コストで勝負できる時代は終わり、知恵で勝負しないといけない厳しい時代に入った、と指摘。

そして、東京の男性の知恵だけで回った時代はおしまいで、地方の女性、そして、留学生の知恵も生かす広島県をめざす、としました。

そのためにも、女性の就業支援、そして、男性も育休を取りやすい社会が重要、としました。

また、湯崎さんは、質問に答える形で、「中小企業ほど育休を取りにくいというが、中小企業の社長さんだって、若手社員を新婚旅行に喜んで行ってもらっている。一週間とかその程度の育休だったら、取らせられないことはない。」と指摘しました。

みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




「新婚旅行に行かせられるなら育休だって取らせることできる」湯崎さん_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

「新婚旅行に行かせられるなら育休だって取らせることできる」湯崎さん_e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



「新婚旅行に行かせられるなら育休だって取らせることできる」湯崎さん_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
「新婚旅行に行かせられるなら育休だって取らせることできる」湯崎さん_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-22 15:33 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
大阪府の橋下知事が、男性首長の育児休暇取得の動きを批判したことに対し、湯崎英彦さんが、反論しました。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101021-OYT1T00917.htm?from=rss&ref=mixi

イクメン知事、橋下知事に「大きなお世話」
 地方行政
 男性首長に「育児休暇」取得の動きが広がっていることをめぐり、大阪府の橋下徹知事が21日、「世間を知らなさすぎる」などと批判したことに対し、第三子誕生後の取得を表明している広島県の湯崎英彦知事は同日、「大きなお世話だ」と反論した。


 橋下知事は「休もうと思っても休めないのが日本の現状だ。世間が育休を取れる環境をしっかり作るのが政治、行政の役割。首長は最後に取っていくのが筋だ」などと指摘。湯崎知事は「見解の相違」としたうえで、「県でもいろいろな方法で、育児休暇を取りやすい環境作りを進めており、(自身の取得も)その一環のつもりだ」と語った。

(2010年10月21日21時16分  読売新聞)


ハッキリ申し上げますが、育児のための勤務時間短縮程度もできない国なら滅んでいい、と思いますよ。

橋下知事の言動は、結局のところ、人々の不満の表面上、迎合しつつ、社会の改善は進めないものだと思います。

以下は、19日に発表した際の記者会見の全文です。

○ 子育て休暇の取得について
(知事)
 それから5点目になりますけれども,「私の子育て休暇の取得」についてでございます。
 既に報道でずいぶん流れてしまっておりますけれども,10月28日にですね,予定日として3番目の子どもが産まれる予定になっております。
 いつ産まれるかまだ分からないですけれども,産まれてから1ヶ月程はですね,いろいろ子育てやら家事を行うための休暇をとって,妻の負担を軽減するとともにですね,私も育児にですね,積極的にかかわりたいと思っております。
 

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-10-21 21:24 | 広島県政(広島県議会) | Trackback(1)