エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:イスラエル ( 67 ) タグの人気記事

19日、イスラエルがシリアを攻撃した際、シリアの防空システムが作動。
イスラエル軍機は、ロシア軍機の陰に隠れたため、ロシア軍機が撃墜されるという
事件が発生しています。
シリア上空は、いろいろな国の飛行機が飛び交い、一触即発です。



More
by hiroseto2004 | 2018-09-22 14:07 | 国際情勢 | Trackback
シリア内戦で、ISも壊滅し、反政府勢力も敗北がほぼ確定する中で、イスラエルが登場し、シリアの首都・ダマスカスを攻撃。



More
by hiroseto2004 | 2018-09-16 19:35 | 国際情勢 | Trackback
イスラエル首相のネタニヤフ被疑者。ドイツ、フランス、イギリスを訪問し、イランの悪口を吹き込んで回っています。
パレスチナ虐殺で孤立するなか、イランへの因縁で巻き返しを図っています。
なお訪問先では激しい抗議デモが起きています。
ドイツのメルケルはさすがに断固たる対応でネタニヤフの要求を蹴りましたが、フランスのマクロンは怪しいですね。




by hiroseto2004 | 2018-06-07 10:00 | 国際情勢 | Trackback
イエメン侵略で、サウジアラビアとイスラエルが野合か?
イスラエルがイエメンにF35を投入し攻撃開始との情報です。


by hiroseto2004 | 2018-06-04 05:51 | 国際情勢 | Trackback
あれれ?安倍総理にしちゃあまともじゃねえか



イスラエルに対して安倍総理は
パレスチナ入植地建設停止を要求。
ネタニヤフがイランに因縁を付けているのを一蹴し、イラン核合意は堅持すべきと表明。
日本大使館はエルサレムに移転しない。
まともじゃねえか(笑)

まあそもそも、こわいこわいアメリカが相手ではないし、イスラエルなんて日本からは大した利害関係もないから、それなりに正論を言えるだけとはいえます。

さらに、朝鮮の金正恩が「会ってもいいよ」、というときに間髪入れずに行かないでイスラエルに行くのも逃げでしかない。

さらに言ってしまうと安倍ジャパンにさえ、取り合ってもらえないネタニヤフというのもかなり苦しい。
ネタニヤフもスキャンダルでピンチだから孤立化してもいいから大声でイランに因縁を付けているのです。
自分がピンチだから、朝鮮の脅威を吹聴して回る安倍晋三そっくり。やっぱ仲良しじゃん。

by hiroseto2004 | 2018-05-04 05:35 | 安倍ジャパン | Trackback

トランプの暴挙のお陰で持ち直した「トルコの安倍晋三」エルドアン大統領

「緊急事態条項」を盛り込む憲法改悪を成し遂げたエルドアン大統領。日本の安倍晋三総理とも仲良しです。

ただし、独裁への批判も内外から強まっています。
ところがトランプがエルサレムをイスラエルの首都と認める暴挙。
エルドアンにとっては「神風」でした。

朝鮮を上手く悪用する安倍晋三と同じ手法が取れますね。

パレスチナ人虐殺を続けるイスラエルをぼろくそに叩く分には、トルコ国内の反エルドアンの人権派も反対できない

わけです。反イスラエルを「翼賛体制構築」に利用しようとしている。

原発推進、言論弾圧しまくりのエルドアン大統領の高笑いが聞こえて来るようです!





More
by hiroseto2004 | 2017-12-11 22:29 | 国際情勢 | Trackback
エルサレム首都認定については、ユダヤ人というよりも、キリスト教福音派の影響が大きいということです。

イスラエルのユダヤ人にとってはトランプが混乱を巻き起こすことは、むしろ有難迷惑の可能性も高いですね。

イスラエルはそもそも、ロシアや中国との関係強化に乗り出しています。

アメリカもイスラエルを疎んじる傾向が特にオバマ政権では強かったし、逆にトランプはトランプで有難迷惑のことしかしない。

いずれにせよ、イスラエルは、引き続き、露中との関係強化で「保険」を掛けて生き残りを図るとみられます。

アメリカはトランプが政権にあるうちは、イスラエルを引き留めようと、こういう有難迷惑のことをするでしょうが、それがイスラエルとアメリカの距離をむしろ長期的には遠ざける可能性が高いと思います。

いぜれにせよ、中東での混乱は避けられない。イスラム、特に当事者のパレスチナ人にとっては侮辱以外の何物でもありませんし、イスラエル本体にとっては有難迷惑ですね。




More
by hiroseto2004 | 2017-12-10 00:30 | 国際情勢 | Trackback
イスラエル、サウジアラビア、日本の「はしごを外す」?トランプ

トランプという男はイスラエルを「持ち上げて落とす」つもりではないのか。言い方を変えれば「はしごを外す」つもりではないのか?

このように感じた。

世界中の国から批判されてまで、エルサレムを首都と認める。

やってもらったイスラエルのほうが実は「ありがた迷惑」ではないのか?

サウジアラビア。トランプに武器を売ってもらったのはいいが、イエメンでの虐殺はいまや国連でも非難されている。サウジアラビアもある意味、トランプに「はめられた」というと大げさだが、「はしごを外されつつある」。

アメリカは、相対的な国力低下の中で「リストラ」に入っている。


More
by hiroseto2004 | 2017-12-08 08:58 | 国際情勢 | Trackback

世界最悪レベルの人権抑圧国でありながら、アメリカの虎の威でやりたい放題。

最近ではイエメン空爆しまくりのサウジアラビア(国王・サルマン被疑者)。

だが雲行きが怪しい。
この度、レバノン首相を事実上監禁し辞任を強要する事件を起こした。

欧州諸国も流石に堪忍袋の緒が切れつつある。

ドイツ外相も警告した。

ドイツ外相、「ヨーロッパは、サウジの挑発行為に沈黙を続けることはない」

ニューヨークタイムズは、サウジアラビアのイエメン空爆を非難した。

ニューヨークタイムズ、「サウジアラビアはイエメン戦争の犯罪者」

他方で、サウジアラビアはイスラエルと野合している。イスラエルの参謀総長がサウジアラビアの新聞のインタビューに応じると言う事件もあった。


サウジアラビアは最近、ロシアから武器を買っている。

サウジアラビアは明らかに焦っている。アメリカに斬られる可能性を感じているのだ。
イスラエルと野合しつつロシアにも保険を掛ける。
イスラエルも実は、ロシアや中国にすりより。アメリカに斬られる可能性をこちらも感じているのだ。万が一、トランプが失脚すれば、サウジアラビアもイスラエルも旗色は悪くなる。


日本は実はイスラエル、サウジアラビアと似ている。非キリスト教国かつアメリカの同盟国として。
F15戦闘機の導入国でもある。

また安倍総理はアメリカの虎の威を借りて戦争をしたいと言うのが本当のところだろう。


だがそれは実はアメリカからも疎まれる危険はある。


ちかいうちに、日本、イスラエル、サウジアラビアのどれかが、アメリカから斬られる可能性は低くない思う。


アメリカは常にかつての同盟国をバッサリ斬った歴史があるのだから。


by hiroseto2004 | 2017-11-20 08:00 | 国際情勢 | Trackback
イスラエル軍が再びシリアを攻撃しました。


  • イスラエルの戦闘機
    イスラエルの戦闘機

複数のメディアが、シオニスト政権イスラエルの戦闘機が再びシリアを攻撃したと報じました。

レバノンの新聞アルムスタグバルは1日水曜、シオニスト政権軍の戦闘機がシリア・ダマスカス州西部を攻撃したと報じました。

また、アルアーラムチャンネルも、シオニスト政権軍の戦闘機がシリア中部ホムス州の一部を攻撃したと伝えています。

ロイター通信も、シリア軍がイスラエル軍の戦闘機に対し、地対空ミサイル1発を発射したとしました。

イスラエルは、これ以前にも数回にわたり、テロリストを支援する目的でシリアの政府軍基地やインフラを攻撃しています。

シリアでは、サウジアラビア、アメリカ、そしてこれに同盟するトルコなどの国の支援を受けたテロ組織が、地域情勢をシオニストに有利になるよう変更するため、シリアへの大規模な攻撃を始めたことから、2011年より危機が勃発しています。

シリア軍はこの数ヶ月、抵抗戦線部隊の支援により、テロリストに甚大な打撃を与えています。


by hiroseto2004 | 2017-11-02 21:53 | 国際情勢 | Trackback