人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:イラク ( 44 ) タグの人気記事

2月 16, 2020 16:10 Asia/Tokyo
  • ソレイマーニー司令官
    ソレイマーニー司令官

イラン司法府の国際及び人権問題担当次官とイラク代表団との会議において、ソレイマーニー指令官の暗殺の法的および刑事的側面を追求するための戦略について議論がなされました。

バーゲリーキャニー氏

イルナー通信によりますと、バーゲリーキャニー・イラン司法府国際及び人権問題担当次官は、イラク代表団との会談の中で、ソレイマーニー司令官の暗殺は重大な人権侵害であるとし、イランは、この犯罪の加害者および実行者を起訴し、処罰するために、国際的な法的および司法の能力すべてを駆使すると語り案した。

また、ソレイマーニー司令官の暗殺におけるアメリカの犯罪は、アメリカの権力の衰退は一つの物語ではなく、否定できない事実であることを証明したとも述べました。

モハンメド・トルキー・アッバス・イラク司法省人権及び国際協力局長も、米国のトランプ大統領によるソレイマーニー司令官の暗殺事件を国家テロリズムの具現であるとし、 この犯罪の規模を明らかにするためには、イランとイラクの両外務省及び両司法関係者の幅広い協力が必要であると述べました。

先月3日、イラク当局の公式招待でイラクを訪問中であったイランイスラム革命防衛隊ゴッツ部隊のソレイマーニー司令官と、イラク民兵組織ハシャド・アルシャビのアブーマハディ・アルムハンディス副司令官及び同行の8人は、イラク・バグダッド空港近くへの米軍の空爆により殉教しました。

世界の多くの国、組織、およびグループがこの米国のテロ行為を非難しています。


by hiroseto2004 | 2020-02-16 18:30 | 国際情勢 | Trackback
イラクだって、全部が全部イラン支持ではないですよ。クルド人もスンニ派もいる。
それでも、アメリカがイラクでやってきたことがあまりにも酷いから、イラクの
国会は圧倒的多数(反対は0)で、アメリカは出て行け、と決議したのです。
トランプだけでなく、ブッシュ、そしてオバマもいけなかった。
おどせばおどすほど、アメリカは評判が堕ちるし消耗するだけでしょう。




More
by hiroseto2004 | 2020-01-20 19:29 | 国際情勢 | Trackback
別の米メディアでも、ドイツとクウェートに米軍の負傷者が移送された、としています。


イランの「米軍80人以上死亡」はおおげさな「大本営発表」だが、「死傷者0」という
トランプ政権の発表も極端だった、ということでしょう。トランプとして「大事」
に発展させなければならないようなひどい状況ではないものの、「それなり」
の被害があったということでしょう。


by hiroseto2004 | 2020-01-18 21:12 | 国際情勢 | Trackback
1月 07, 2020 17:25 Asia/Tokyo
  • ユネスコ
    ユネスコ

ユネスコが、イランの文化・歴史的場所への攻撃を示唆したアメリカのトランプ大統領の表明に反論し、アメリカは人類の文化遺産を守る義務があるとしました。

ロイター通信によりますと、ユネスコは6日月曜、イランの文化遺産を標的にするとしたトランプ大統領の脅迫に反応を示し、「米議会でも可決された、武力紛争の際の文化財の保護に関する1954年の条約と1972年の条約に照らし、これらの条約の締約国は、他国の文化遺産に弊害を及ぼす可能性のある故意的な行動に出てはならない」とされています。

トランプ大統領は5日日曜、「もしイランが同国のソレイマーニー司令官の暗殺に報復すれば、アメリカはイランの52箇所の重要な文化財を攻撃する」と示唆しています。

このトランプ大統領の表明は、世界からの批判を招いています。

イギリス首相報道官は6日月曜、トランプ大統領の脅迫に触れ、「各国の文化財の破壊を阻止する国際条約が存在する」としました。





More
by hiroseto2004 | 2020-01-07 17:55 | 国際情勢 | Trackback
日本のような国よりイラクのような国こそ、統合の象徴としての国王の効用は高いのでは?とも思います。
サッダーム時代は少数のシーア派がスンニ派抑圧、イラク戦争後はアメリカとイランの暗黙の連携でシーア派の「多数決民主主義」の弊害。となればヨルダンのハシーム家から王を迎えるのも手では?

by hiroseto2004 | 2020-01-07 07:47 | 国際情勢 | Trackback
アメリカはイラク政府まで怒らせてしまいましたね。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-06 22:26 | 国際情勢 | Trackback
声明

 2020年1月3日、アメリカのトランプ大統領はイラクのバグダッド郊外でイラン革命防衛隊のスレイマニー司令官を暗殺しました。このことで、一挙に中東情勢はさらに緊迫化しています。すでに、イラクでは2019年末から多くの国民や政府幹部がアメリカ軍の駐留に反対し、激しい反米デモが起き、アメリカ軍は武力による弾圧でこれに応えていました。
 そもそも、今回の緊張の背景には、アメリカが国連安保理決議2331を無視し、イラン核合意を2018年に一方的に離脱し、さらに2019年にはホルムズ海峡周辺に大軍を派遣したことがあります。
 こうした中で日本政府は2019年12月27日、中東への自衛隊派兵を閣議決定してしまいました。友好国であるイランへの配慮から、アメリカが呼びかける「有志連合」にこそ加わりませんでしたが、憲法9条を踏みにじる暴挙に違いはなく、自衛隊員を危険にさらすものです。そもそも、海の安全はその周辺国がまず責任をもつべきもので、民衆の反感を買っているアメリカが目立てば目立つほど緊張が高まるだけです。
 アメリカとイランの両国による武力衝突は「第三次世界大戦」にもなりかねず、絶対に避けなければなりません。

わたしたちは以下のことを要請します。
1 アメリカはイラン核合意に復帰するとともに、イラクやホルムズ海峡周辺から軍を撤収させること。
2 アメリカとイランの両国政府は武力衝突を回避するため、自制すること。
3 日本政府は自衛隊を中東から撤収させること。
以上、声明します。

2020年1月6日 広島3区市民連合 代表幹事 山田延廣 


by hiroseto2004 | 2020-01-06 15:43 | 広島3区市民連合 | Trackback
第三次世界大戦はあるとすれば、その陸戦の主戦場はイラクになる。またイラクの民衆が犠牲になる。混乱でISや有象無象の盗賊も出てきて万人の万人に対する闘争状態になる。これ以上イラクの民衆に迷惑をかけてはいけない。
by hiroseto2004 | 2020-01-05 06:35 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
アメリカはイラクでイランことすな!
民間人よりアメリカ軍こそ直ちにイラクから撤退を!核合意に復帰し、国連決議違反のイラン制裁は止めろ!

※アメリカがイランことをすればするほど、アメリカは嫌われ、中国やロシアにすがり付く国も増える。イランでも対米強硬派が勢いづき、穏健派の現政府は立つ瀬がなくなる。
いまのアメリカはわざと中露に塩を送っているようにさえ見える。

by hiroseto2004 | 2020-01-04 13:03 | 国際情勢 | Trackback
まじめに「公共サービスの不備や雇用機会の欠如、行政内の汚職に抗議する」ために
デモに参加をしていた人ももちろん、おられるでしょう。
だけど、デモにも警察にも発砲した男がいたということ。武器をつんだ
クルマが発見されたということ。
まだイラクで十分に治安が戦争前のようには回復しないなかで、
かきまわそうという勢力があったのも事実でしょう。
そしてそういうことをやりそうな「被疑者」はかぎられている(軍資金があって、
工作機関をもつ国・勢力、なおかつ「前科」がある)というのはいえそうです。


More
by hiroseto2004 | 2019-11-04 18:37 | 国際情勢 | Trackback