人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:ジェンダー ( 251 ) タグの人気記事

e0094315_17384718.jpg

e0094315_17384789.jpg


【第4回女たちの映像祭・大阪2009】が、豊中市の男女共同参画推進センターすてっぷで、昨日30日から、明日2月1日までの日程で開催されています。

日本はもちろん、韓国やオランダ、ドイツ、スペイン、アメリカなど、世界各地の女性監督らが、女性の問題をテーマに撮った映画が次々上映されています。

今回で4回目となる当イベントは、上映の後、それぞれの作品を制作した監督による「ゲストトーク」という形式が定着しています。

最初の写真は、【ファンボさんに春が来た】のチミン監督【韓国】らです。

姑や夫に尽くした韓国の女性が、70歳を過ぎて、字を習ったり、演劇に出演するなど「自分の人生」をようやく取り戻した様子を生き生きと描いています。日本以上に封建的とも言われる韓国社会ですが、その中でも、年をとってからがんばっている女性が、今増えていることを知らせてくれています。

2枚目は、【和気あいあい?】のチャン・ヒソン監督【韓国】の作品です。【和気あいあい?】は、韓国企業で、起きたセクハラ事例を元にした4本の話で成り立っている作品です。

 韓国ではセクハラ予防の啓発映画になっています。 

 銀行の非常勤職員のケースを描いた話では、彼女が立場が弱いが故に、上司によるセクハラ被害者になる場合が多いことも見て取れました。さらに、大手企業の女性社員を描いた3番目の話では、被害を言い出しづらい、あるいは、被害を否定されてしまうことで被害者が傷ついてしまうことが描かれています。そして、4番目の話では、セクハラを防げず、女性社員大量退職を招いた課長が、重役に叱責され、それを転機に、女性社員にも耳を傾けた管理をするようになるまでの様子が描かれています。
 
日本でも、「和を乱す」ことを恐れて、問題点を言い出せない雰囲気があります。それが、会社でも役所でも問題隠蔽につながっていることは、報道などで皆さんもご存知と思います。そうではなく、「女性職員にとっても和気藹々」になるにはどうすればよいか。そういう視点で製作されていますので、日本でも参考になりそうです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-31 17:38 | イベント情報 | Trackback
第4回女たちの映像祭・大阪2009 

女たちの映像祭が、大阪豊中市のすてっぷにて開かれます。今年は第4回目。女たちの力、知恵、芸術、友情が、スクリーンにこだまします。

ホームページは
http://sister-waves.fem.jp/


■日 時: 1月30日(金)~2月1日(日)
■会 場: 大阪とよなか「すてっぷ」
■入場料: (入替制) 当日1200円 前売り、シニア、学生1000円 
3回券2700円

☆交流会 監督、制作者、トーク司会者、スタッフと交流します。
参加費1500円

☆女たちの映像祭・大阪はこれまで一般劇場やマスメディアでは見る機会の少なかった女たちの歴史や文化などの作品を2年ごとに上映してきました。

日本、韓国、オランダ、カナダ、スペイン、ドイツ、コロンビアなどの10代から70代まで、さまざまなライフステージを生きる女たちのメッセージをお届けします。上映後には必ず会場で話し合いをします。

☆来日監督:「ネイキッド」のミシャ・カンプ(オランダ)、「ファンボさんに春がきた」チミン(韓国)、「和気あいあい?」チャン・ヒソン、 「女の言葉」ソルダッド・ベラとベッティーナ・フレッセ、日本の監督「ある沖縄女性の物語」松本真紀子、「ちゃんときいて受け止めて」エンドウノリコ、「kozue
sugiura gender works」杉浦梢

下記をクリックするとハッとするチラシが見られます。

http://sister-waves.fem.jp/4_09WMSW_omote.pdf

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-21 12:41 | イベント情報 | Trackback
Excite エキサイト : 政治ニュース
政党交付金、今年も319億円が配られます。

日本共産党など、違憲論もあります【日本共産党は受け取り拒否】。

ただ、わたしはむしろ、【政治家がいい政治をする】ことが大事、と考えます。官僚に負けないで、政策を立案し、行政を監視してほしい。そのために、有効に使っていただけるなら、【政党交付金も公共投資】です。

また、政党は交付金を受け取る以上は、もっと【ふつうの人】でも立候補しやすい仕組みをとるべきです。また、男性に偏る立候補者を是正すべきです。民間企業でも今は【雇用機会均等法】を守らないといけないご時世になって久しい。

だのに、税金から補助をもらう政党が、立候補者を男性のとくに二世や三世など、既得権益者に一方的に偏らせるのはおかしくありませんか?

ふつうの人、とくに女性も立候補しやすいよう、仕組みを整えるのはそれこそ政党の責務です。

自民党も民主党もありません。各政党、男女共同参画社会基本法を率先してまもるため、きちんと話し合って、仕組みをつくるべきです。

欧州でもアジアでも、今時日本ほど、女性議員が少ない国はめったに見ません。国辱です。

皮肉にも、政党交付金を受け取らない日本共産党が、地方では、女性議員比率は一番高い。交付金を受け取る他の政党は恥を知るべきです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-19 20:30 | 女性と政治キャンペーン | Trackback
派遣村に対しては、インターネット上でバッシングもあります。

しかし、考えてみれば、過去日本では、いろんな世界で、【新参者】へのバッシングはありました。

例えば、ホリエモンにしても経済界の古い指導者から見たら排除対象だったでしょう。

あるいは、昔、女性が政治主体として声を上げはじめたとき、男性たちの反感たるや、筆舌に尽くしがたかった。

男性たちは、【女性はうるさい】といったものだが、実はバイアスがかかっていました。

女性は政治に口出ししないもの、という決めつけが頭にあるから、女性がちょっとでも声を上げたらうるさく感じてしまうのです。

正社員や公務員を男性に、派遣労働者を女性に置き換えたら、よく似た構図があるのではないでしょうか?

派遣労働者を叩く方の中には、【なぜ、この人々は親兄弟を頼らないのか】と派遣労働者に疑問を呈する人もいる。

しかし、その人はさぞかし幸せな家庭にお育ちなのでしょう。それは結構なことだが、いろんな事情で、帰るべき実家がない方々がいることへの想像力を働かせていただきたい。

なお、マスコミが、意外と、派遣労働者に味方しているところもあるのは、正社員を叩かせて、経営者が責任を逃れる、という意図も働いているかもしれないので、もちろん、警戒は必要です。

しかし、臆することはない。

共産党が派遣村を支援していたとか、揚げ足をとる人もいる。

だが、経営者は経団連を通じて自民党、正社員や公務員は労働組合、社会党、民社党、今は民主党に一定お世話になっているわけです。

自分たちは、自覚してないにしても政治的なのに、他者が政治的になったことをとやかくいうのは滑稽です。
とやかく、派遣労働者が声を上げたこと自体を否定すべきではないのです。

派遣労働者は臆することはないのです。

あとは、みんなでその声を受けて、どういう対策をとるか、どういう法改正なり財政政策を作るか、民主的に議論すればいいのです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-13 00:11 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
ノルウェーで同性同士の婚姻が合法に

新婚姻法が、2009年1月から実際に施行された。

この新婚姻法は2008年6月に成立し、レズビアンやゲイのカップルは、異性カップルと同様の法的権利を獲得した。同性カップルには、これまで認められなかった、養子縁組も認められるようになった。

ノルウェーの出生率は1.9と高いのは、多様な家族を認め、多様で柔軟な生き方ができるシステムを社会全体でつくりあげているからではないか。

2009年の男女平等計画http://www.regjeringen.no/upload/BLD/Rapporter/2008/BLD_likestillingsrapport_eng_.pdf

改正前の婚姻法(英語)http://www.regjeringen.no/en/doc/Laws/Acts/The-Marriage-Act.html?id=448401



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-10 23:59 | ジェンダー・人権 | Trackback
自民党の最後の起死回生は、逆マドンナ作戦だと言われています。

東国原知事あたりを、という話もあるが、任期途中で、有権者をなめすぎでマイナスがあるでしょう。また、東国原知事、橋下知事あたりは、無所属や新党で出ても通るんで、自民党にはならない。しかし、むしろ台風の目は、高知県の橋本大二郎元知事あたりではないかと思います。やはり、実績重視の有権者も地方は多い。

やはり、最後は女性総理で、閣僚も一気に女性ばかりにすることくらいしか【切り札】はない。

それを恐れる野党支持者が多い。

が、何を恐れているのか?

社民党や共産党は女性が多いからいいとして、問題は民主党ではある。

やはり、旧態依然の体質は、支持基盤の大手企業労組中心に根強い。

大卒、院卒で能力がある【女性が先進国では異常な高い割合で日本では、能力を眠らせている。これを派遣や有期雇用、公務員なら非常勤職員の形で引っ張り出す。

男性年配正社員と比べ、質の割に極めて安い労働力を大量に確保できる。】

こういう本音であるにせよ、経営者、自民党の方が女性からまだ、見てましにみえかねないのです。

まあ、そうはいっても、自民党には、保育所待機児童解消などの公約を破られ、女性の間でもかなり自民党への不満は高いと感じます。

ただ、自民党が逆マドンナをやれば、民主党や連合も危機感を抱き、一定の自己変革を迫られます。わたしは、大歓迎です。

どうせ、自民党はタレントや、奥谷禮子さん的な【都会のセレブな女性】中心で来るでしょう。

野党側は、地方でがんばればよいのです。

いまや、山奥の自治体でも、審議会の半数を女性にしたり、女性副市長を任命する動きもあります。

市町村合併は不便ももたらしたが一方で、農村部や山間部にも、マニフェスト選挙、政策本位の選挙を根付かせました。

なにしろ、もう、自分の集落を固めただけでは当選できませんから、全市に打って出る。そうなると全市的な政策を訴えざるをえないからです。

こうした中、野党側はやはり地方に比重を置いた民主的な政治を発信すればよい。

以上の理由から、民主党から先に自己変革が働かないなら、自民党が派手に逆マドンナ作戦をやるのは【歴史の1コマ】として、大歓迎です。

逆マドンナ、やれるものならやってみろ!自民党!

野党側が万が一、古臭い体質を改められないで政権を取れなかったらそれは仕方がない。しようがない。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-07 12:18 | 新しい政治をめざして | Trackback
以下、HPからの転載です。

東京都もいいイベントをやるじゃないですか?見直しました。

企業経営者とか、労務担当者の方が対象のようですが、の方もきちんと勉強されたらいいと思います。

シンポジウム
いま、なぜ非正規なのか!女も男も自立し、誇りのもてる労働を!


http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/ibento/kyoiku/seminar/08075/index.html


1986年の労働者派遣法の施行、1995年日経連の「新時代の日本的経営」の発表。1999年と2003年には労働者派遣法が改正され、製造業においても派遣労働が認められるようになりました。そして、非正規雇用は労働者の3分の1に拡大しています。日雇派遣をはじめ非正規の不安定な雇用と低下した労働条件によるワーキングプア、景気変動を理由とする大量解雇は大きな社会問題になっています。
 女性労働者は半数以上が非正規雇用、「何をいまさら格差社会、女性差別は昔から」という厳しい労働環境、社会環境に置かれています。派遣労働・非正規雇用、格差社会・女性差別等の問題に取り組んでいる方々に実態と運動を報告、討議していただき、非正規雇用の問題を考えます。



1月27日(火曜日) 18時30分~19時00分 基調講演
派遣、非正規雇用の問題、女性の目線から見える職場・社会
弁護士 中野 麻美 氏

19時00分~21時00分 シンポジウム
いま、なぜ非正規なのか!女も男も自立し、誇りのもてる労働を!
コーディネーター 中野 麻美 氏
パネラー
連合・非正規対策局長 龍井 葉二 氏
均等アクション21 酒井 和子 氏

会場 労働相談情報センター 池袋事務所セミナー室(3階)
豊島区東池袋4-23-9

対象 事業主・人事労務担当者など
受講料 無料
定員 100名
(申込みは先着順で受付けていますので、既に定員に達している場合には、ご了承ください。)
申込方法 電話、FAX、インターネットよりお申し込みいただけます。
※インターネットからのお申し込みはこちらから(https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/cgi-bin/seminar/08075/form.cgi


申込先 東京都労働相談情報センター池袋事務所調査普及係
電話:03-5954-6505
FAX:03-59546502


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-27 14:19 | イベント情報(行政) | Trackback(2)
(下記より転載歓迎)

2009年1月31日(土)14:00〜
『フリーターズフリー』vol.02 出版記念
(有限責任事業組合フリーターズフリー編集・発行/人文書院発売)
労働にとって「女性」とは何か
―家族・性・労働をめぐって―
栗田隆子×生田武志×村上潔
「フリーター問題は女性労働問題だ」労働問題、とりわけ不安定雇用問題において、もっとも重要でありながら、見落とされがちな「女性」と「家族」。
戦後日本における女性たちの運動を振り返りながら、あらためて「労働」を問い直します。
「フリーターズフリー」創刊以来、初めての関西イベントです。
パネラー紹介
★栗田隆子(くりた・りゅうこ)/1973年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員、「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人。現在、国立保健医療科学院非常勤職員。雑誌・新聞などに寄稿多数。
★生田武志(いくた・たけし)/1964年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員。現在、野宿者支援活動。著書に、『〈野宿者襲撃〉論』(人文書院)、『ルポ 最底辺 不安定就労と野宿』(ちくま新書)。
★村上潔(むらかみ・きよし)/1976年生まれ。立命館大学大学院先端学術総合研究科博士課程に在籍。戦後日本における「主婦」の「労働」をめぐる思想と運動について研究。
☆会場…3階喫茶にて。入場料500円(定員40名)
☆受付…3階東カウンターにて。電話予約承ります。
ジュンク堂書店 大阪本店
EL 06-4799-1090 FAX 06-4799-1091



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-27 12:16 | イベント情報 | Trackback
ノルウェー演劇「9人の女」と日本社会
三井マリ子2008/12/05

http://www.news.janjan.jp/culture/0812/0812042867/1.php
女たちは実に個性豊かです。8人で、ワインを飲みながら長いおしゃべりが繰り広げられます。主人公・ベーリットが皆に癌であることを告白したことが呼び水となって、それぞれが、これまで他人には言えなかった身の上話をし始めます。さすが男女平等世界一の国として名高いノルウェー社会が産んだ戯曲です。


東京に住んでいたら是非見たい戯曲です。

人生の岐路に立った時の選択に、「結婚か仕事か」「出産か退職か」という日本の女性なら考える選択肢がまったく存在しません。さすが男女平等世界一の国として名高いノルウェー社会が産んだ戯曲です。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-05 19:54 | ジェンダー・人権 | Trackback
スウェーデンでは、家事サービスの購入について、政府が減税する制度を設けています。

スウェーデンといえども、まだまだ家事負担は女性が多い。そこで、女性が家事から解放されるという人もいます。

一方で、本来は、男女平等で家事をすべきである。「家事を、外部の女性にさせてメードとして使っているだけ」ではないか。そういう批判もあります。

今回、スウェーデンのホワイトカラーの労組は、政府は、半額などとしょぼいことをいわずに、80%から90%出せ。というよう議論をしているらしい。

その根拠は「女性が、夫が家事をしてくれるかどうかで、経済的に自立できるかどうかを左右されるのは、おかしい。」という論理だということです。

ここまでくれば「究極の脱自己責任」論です。

夫に家事をこれ以上させるのが難しい上、外部化しなければ、女性は持たない。また、8割から9割国が補助をするなら、賃金もそれなりに確保できるから、メードにはならない。そういうことなのでしょうね。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-11-29 12:43 | ジェンダー・人権 | Trackback