人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

タグ:トランプ ( 241 ) タグの人気記事

6月 08, 2020 16:51 Asia/Tokyo
  • イランがガソリンを積載したタンカーをベネズエラに派遣した
    イランがガソリンを積載したタンカーをベネズエラに派遣した

米紙ワシントン・ポストは、米国政府の「最大限の圧力」政策がイランとベネズエラを結束させる要因となったとする記事を掲載しました。

7日日曜のワシントン・ポストは記事の中で、両国に対するトランプ米大統領の「最大限の圧力」の影響について、この圧力が米国に対し両国がより結束する結果を招いた、と記しました。

そして、イランがガソリンを積載したタンカー5隻をベネズエラに派遣したことを指摘し、「イランはガソリンに加え、ベネズエラの石油精製所の修理のために部品、技師らを派遣した」と報じました。

ワシントン・ポストはさらに、「トランプ政権は当初、制裁を示唆して威嚇し、タンカーの航行を阻止しようとしたが、イランが報復をほのめかしたため、イランのタンカーを妨害しないことを決定した」としました。

さらに、米大統領選挙を数ヶ月後に控えて、イランがペルシャ湾において、自国の対戦能力をしめすことは、トランプ大統領がこうした決定を取り下げるには十分だった、と記しています。

イランは最近、米国の脅迫を尻目に、タンカー5隻をジブラルタル海峡を抜け公海を航行するルートでベネズエラに派遣しました。タンカーは次々とベネズエラの港に着岸していきました。

米国はここ数カ月、ベネズエラに脅迫、制裁、経済的圧力と経済的包囲を課すことにより、反米的なベネズエラの合法政府を転覆させようと工作を続けてきましたが、どれも失敗に終わっています。


by hiroseto2004 | 2020-06-08 19:06 | 国際情勢 | Trackback
ブラジルのボルソナロ大統領と並んで我らが安倍総理よりひどい男がいました・・。

タグ:
by hiroseto2004 | 2020-05-24 19:42 | 新型コロナウイルス | Trackback
大丈夫か?アメリカ。
アベノマスク疑獄発生の日本はひどいが、アメリカもやばい。
日米が「劣化競争」を競い合っています。



More
by hiroseto2004 | 2020-04-28 19:12 | 新型コロナウイルス | Trackback

これはしゃれになっていない。おい、トランプ大統領!どう責任をとってくれるんだ!?

https://parstoday.com/ja/news/world-i60123
米大統領の発言が1人のアメリカ人の死を招く
3月 24, 2020 18:34 Asia/Tokyo
トランプ大統領
トランプ大統領
トランプ米大統領が新型コロナウイルスの治療のために推奨していた医薬品を服用した結果、一人のアメリカ人が亡くなりました。

CNNによりますと、米・アリゾナ州フェニックスのバナーヘルス医療センターは24日火曜、60歳代の夫婦が新型コロナウイルスの治療にクロロキンを服用したところ、夫は死亡、その妻も重篤状態にあると発表しました。

バナーヘルス医療センターは、「クロロキンは、トランプ大統領が新型コロナウイルスの治療薬として推奨している薬だが、これは主に水槽の洗浄に使用される薬である」と述べています。

FDAアメリカ食品医薬品局は、この薬のマラリア、ループス(皮膚結核)および関節リウマチへの使用を認可しています。

アメリカでの新型コロナウイルス感染者の数は4万6000人を超え、これまでに582人が死亡しています。


by hiroseto2004 | 2020-03-24 19:24 | 新型コロナウイルス | Trackback
トランプと接触?のブラジル政府高官の感染確認!
それにしても、ブラジルって今夏ですよね?そうなると、暖かくなると沈静化する、というのは甘い幻想ということになりますね。
ブラジルのボアソナロ大統領は「ブラジルの安倍」とでもいうべき、ちなみにトランプポチです。





More
by hiroseto2004 | 2020-03-13 05:53 | 国際情勢 | Trackback


More
by hiroseto2004 | 2020-01-30 19:18 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
1月 29, 2020 17:44 Asia/Tokyo
  • イラン外務省のムーサヴィー報道官
    イラン外務省のムーサヴィー報道官

イラン外務省のムーサヴィー報道官が、米大統領が28日発表したパレスチナとシオニスト政権イスラエルの和平案「世紀の取引」について、「このパレスチナに対するアメリカの恥ずべき案の押し付けは、失敗する運命にある」と述べました。

ムーサヴィー報道官は、地域と世界の自由な政府や人々に対し、米国の恥ずべき押し付け案である「世紀の取引」への抵抗を求めました。

また、パレスチナの土地はパレスチナの人々に属するものだとして、「シオニスト政権イスラエルは、強奪を行った侵略者だ。パレスチナの危機を解決しうる唯一の道は、パレスチナ住民の間で国民投票を行うことだ。今回のような、聖地の帰属を当事者間で決めるとしたオスロ合意への裏切りと言える和平案の類は失敗する運命にある」と述べました。

同報道官はさらにイランの見解として、パレスチナと聖地ベイトルモガッダス・エルサレムの問題は、イスラム世界の課題の筆頭にあるとしました。

米トランプ大統領はここ何ヶ月も世界と地域を味方につけてパレスチナ勢力の気を引こうと働きかけてきましたが、その努力は失敗に終わりました。28日火曜、同大統領はその失敗を省みず一極主義的な行動を取り、イスラエル寄りの和平案「世紀の取引」を発表しました。

米国およびシオニストによる「世紀の取引」案によれば、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムはシオニスト政権イスラエルに委譲され、他国に移住しているパレスチナ難民は祖国への帰還の権利を失うと同時に、パレスチナはガザ地区とヨルダン川西岸に残された地域のみを領有することになります。

「世紀の取引」へと至る流れは、トランプ大統領が2017年12月6日に聖地ベイトルモガッダス・エルサレムをシオニスト政権イスラエルの首都と宣言し、在イスラエル米国大使館をテルアビブから聖地エルサレムへ移転させる決定を明らかにしました。2018年5月14日には、決定通りに移転が行われています。

聖地ベイトルモガッダス・エルサレムは、1967年からシオニスト政権により占領されています。


by hiroseto2004 | 2020-01-29 20:33 | 国際情勢(パレスチナ情勢) | Trackback
トランプ、軍事的反撃せず、経済制裁でお茶濁す。
報復攻撃を受けて、「やベエ!」と思ってたりして。
一応、「海外派兵をやめる」がトランプの公約である以上、露骨にそれを破ることはない。

一方で、これでイラン現政権も突き上げてくる国内強硬派に面子がたつ。他方でイラン核合意には一応とどまり、交渉の余地残す。

お互い被害が小さいうちに手仕舞いしたいのでは?

それはそれでよい。

オーストラリア大火災とプエルトリコ大震災の救援を!
そもそもトランプがオバマのレガシィであるイラン核合意をオバマにくしで離脱したのが失敗だった。誤りを認めよ!

by hiroseto2004 | 2020-01-09 11:51 | 国際情勢 | Trackback
ペンタゴンは、トランプに責任を押しつける構え。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-08 19:42 | 国際情勢 | Trackback
広島瀬戸内新聞は1月7日、広島市安佐南区古市橋駅前、中筋駅前、祇園出張所で街頭演説。
アメリカのトランプ大統領にイランの司令官がサウジアラビアとの和平の目的バグダッドを訪れていて暗殺された
事件をあらためて非難。
「【第三次世界大戦】となれば、とくにイラクが湾岸戦争、イラク戦争につづいてみたび戦場になる。
自分はこどもたちの治療にあたったイラクの医師をご案内したことがあり、おはなしはうかがっている。
またおなじことを繰り返してはいけない。」
などと力を込めました。
そして、
「12月27日に日本政府が自衛隊の中東派兵を決めたことは「飛んで火に入る夏の虫」
だ。すぐよびもどさないといけない。」
と強調。アメリカの対イラン戦争に反対する署名、自衛隊の中東派兵に反対する署名双方への協力を
よびかけました。
また、豪州の山火事に言及。
「世界は戦争なんてしている場合ではない。日本も気候変動の影響がでており、
西日本大水害2018,東日本大水害2019に見舞われた。戦争ではなく
気候変動、災害に対応する世界こそ平和憲法をもつ日本は先導すべきだ。」
と訴えました。
イラクをみたび戦場にしてはいけない・戦争より気候変動対策、山火事消火を!_e0094315_14034918.jpg
イラクをみたび戦場にしてはいけない・戦争より気候変動対策、山火事消火を!_e0094315_14065437.jpg
イラクをみたび戦場にしてはいけない・戦争より気候変動対策、山火事消火を!_e0094315_14070729.jpg





More
by hiroseto2004 | 2020-01-07 12:48 | 活動報告 | Trackback