エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:トランプ ( 202 ) タグの人気記事

接近中のハリケーンでトランプは上陸 二日前に避難を呼掛け「国民の安全が第一。費用は惜しまない」と宣言。

本社はトランプは支持しません。

しかし、西日本大水害で「自民亭」、北海道大震災で「ケチって5億円」「ロシアに逃亡」の我らが♯安倍瓶三こと安倍晋三さん
とは雲泥の差ですね。
安倍瓶三こと晋三さんを見ていると、感覚が鈍磨し、トランプやらネタニヤフ被疑者(1人あたりGDPを日本より上にした)あたりですら、
マシに見えてしまいかねないので危ない!危ない!

by hiroseto2004 | 2018-09-12 20:11 | 事故・災害・事件 | Trackback
by hiroseto2004 | 2018-08-31 23:35 | 国際情勢 | Trackback
トランプのやっていることをよく見ると、軍事でも経済でも中東からアメリカのプレゼンスを撤収する方向に。
イラン核合意からの離脱も、ドルをバイパスした取引をイランと欧州の間で広げる形になっています。
あるいは、アメリカに貿易戦争を仕掛けられた中国がイランにますます接近するなどの結果になっています。
アメリカが重荷を下ろす方向とも言えます。




More
by hiroseto2004 | 2018-08-23 18:15 | 9.11テロとイラク戦争 | Trackback

米土対立が激化

トランプ米国とトルコ大統領・エルドアン被疑者の対立が激化。
トルコも対米制裁を発動し、トルコではドル札が焼かれています。
トルコとアメリカの同盟は冷戦の名残でした。それが乱暴な形で終わったのが今回のことではないのか?ただ、それにしても、ここまでこじれると世界全体への影響が心配です。また、トランプは無茶苦茶だが、トランプの暴挙のせいで原発推進・クルド虐殺・憲法改悪のエルドアン被疑者が求心力を高めてしまうのも悩ましいですね。


続く
by hiroseto2004 | 2018-08-16 20:19 | 国際情勢 | Trackback
スペインも中国もトランプ米国のイラン制裁に「屈しない」

トランプ米国は、イランと取引する企業に対する制裁を呼号していますが、
中国もスペインもこうした脅しには屈しない姿勢です。
改めて、イランに因縁をつけて核合意を離脱したトランプ米国の孤立ぶりが
明白になりました。

スペイン政府、「アメリカの制裁に対し自国の企業を擁護」

スペイン政府のイサベル・セラア報道官が、「わが国の政府は、アメリカの対イラン制裁に対し自国の企業を擁護する」と語りました。

(イルナー通信によりますと、)セラア報道官は13日月曜、スペイン国会において、「スペイン政府は、イランで活動するわが国の企業に対する、アメリカの制裁の悪影響を最小限に抑えるため、全力を尽くしている」と述べています。

また、「EUのすべての加盟国は、ヨーロッパ企業を守るために、適切な措置をとる必要性に関して意見が一致している」と強調し、「スペインは、これに関するEUの努力や措置を支持する」としました。

アメリカ政府は、ヨーロッパの同盟国の反対にも拘らず、今月7日、対イラン制裁を再発動しました。同時に一方のヨーロッパ系企業は、イランと取引を行うヨーロッパ企業を擁護するため、ブロッキング規制を実施しています。







More
by hiroseto2004 | 2018-08-14 17:53 | 国際情勢 | Trackback
7日、アメリカはイラン核合意からの離脱を事実上発効させ、制裁を復活。
しかし、安倍ジャパンでさえも、アメリカによるイラン制裁復活に同調せず。
もちろん、EUも中国もインドもパキスタンもトルコもイラクもアフガンもアメリカに同調せず。アメリカの影響力の低下を印象づける結果になりつつあります。




More
by hiroseto2004 | 2018-08-08 20:43 | 国際情勢 | Trackback
散々、イランに因縁をつけてきたトランプ。
今度は「無条件で対話。」
イランへの制裁に同調する国も少なく、これは不味いと思ったか?
他方、ポンペオ国務長官は対話は条件付きとのこと。
アメリカ政府内も、いつものことですが混乱中です。

by hiroseto2004 | 2018-07-31 21:03 | 国際情勢 | Trackback
トランプが「2500万人のメキシコ人を送る」などと暴言。
トランプがそもそも、無茶苦茶なのはわかりきっています。
アメリカが余裕をなくしたと言うこと。それが一面では暴言、一面では朝鮮和平。それでも、韓国の平和を望む人たちもトランプのこうした状態をうまく活用したとは思います。

アメリカが没落過程で余裕がない状況に対しての韓国と日本の対応(備忘録)

韓国の民主派・和平派 トランプの内向き志向をうまく利用して南北首脳会談から米朝首脳会談へ。

日本の安倍総理 トランプにごまをすってなにかやってもらおうとするも不発。むしろ、トランプのイライラの標的に。



by hiroseto2004 | 2018-06-17 06:02 | 国際情勢 | Trackback
これまでも安倍ジャパンはさんざん、お金をばらまいてきました。
従って、それに比べれば、日本の安全のためにも今回の費用負担はなるわけです。朝鮮半島が平和になれば恩恵は日本もあるわけで、誰が総理でも最終的には負担はやむを得ないと考えます。

無論、安倍総理がいくらトランプになにかいっても相手にされていないのは事実。それでもやむを得ないところでしょう。

例えば、米軍の思いやり予算を削って非核化費用に充当する。
原発輸出ではなく非核化に予算を回す。
などやり方はいくらでもあるでしょう。
政権批判側としても、安倍批判の勢い余って非核化の足を引っ張ることだけは避けたい。むしろ、思いやり予算を削るとか日米地位協定を見直すとかそういう方向でアメリカと駆け引きするよう政府に圧力をかけるべき時だと思います。




by hiroseto2004 | 2018-06-12 20:25 | 反核・平和 | Trackback
アメリカの孤立はイランでも大きく報道。
独善的な貿易政策。
イラン核合意離脱。
エルサレムへの大使館移転強行。
アメリカの孤立は深まるばかりというかトランプはわざわざアメリカを孤立させ、覇権の重荷を捨てているようにもみえます。

by hiroseto2004 | 2018-06-04 17:30 | 国際情勢 | Trackback