人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:トランプ ( 218 ) タグの人気記事

2019年07月15日04時00分
  • ウィリアム・ペリー氏
    ウィリアム・ペリー氏

アメリカのクリントン政権時代に国防長官を務めたウィリアム・ペリー氏が、「イランで秘密裏にウラン濃縮がなされていたとする、トランプ米大統領の主張は虚言だ」と語りました。

ファールス通信によりますと、ペリー氏はツイッター上で、トランプ大統領の「イランは秘密裏にウラン濃縮を行っていた」とする主張に反論し、「これらはすべて嘘だ」と述べました。

ペリー氏は、1977~97年、米国防総省の様々なポストを歴任し、1994~97年に国防長官を務めました。

トランプ大統領は最近、ツイッター上で「イランはかなり前から、秘密裏に核合意に完全に違反する形で、ウラン濃縮を行ってきていた」と主張しています。

複数のメディアは、トランプ大統領が「イランは合意成立以前に合意違反を犯していた」と常軌を逸した主張を行っていることを揶揄し、笑止の沙汰と一蹴しています。


by hiroseto2004 | 2019-07-15 17:21 | 国際情勢 | Trackback
ザリーフ外相も「ボルトン補佐官、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのムハンマド皇太子、そしてアラブ首長国連邦のビン・ザーイド皇太子で構成されたBチームは、アメリカを対イラン戦争に引き込もうとしている」とし、トランプへの「口撃」は控えていますね。



More
by hiroseto2004 | 2019-05-29 19:39 | 国際情勢 | Trackback
上院は共和党多数です。しかし、全会一致でサウジアラビア皇太子・ムハンマド被疑者を非難し、大統領に軍事支援を辞めるよう求める決議を採択しました。アメリカの良識が示されました。(結果としてトランプと議会で硬軟役割分担しているという見方も出来ますが)。



More
by hiroseto2004 | 2018-12-14 08:18 | 国際情勢 | Trackback
トランプはムハンマド被疑者がたとえ殺人犯(殺人計画を知っていた場合)であっても擁護し続ける宣言。
凄いですね・・。もちろん、理由は武器を買ってくれるから・・。




More
by hiroseto2004 | 2018-12-12 19:20 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback
トランプからのF35大量購入を含む武器購入にせよ、海外援助にせよ、安倍総理は勝手に約束しすぎる。すべて予算が伴うことだ。
国会の承認もなしにこんな勝手なことが出来るのか?
それを是としてしまってはいけない。


by hiroseto2004 | 2018-12-02 10:00 | 安倍ジャパン | Trackback
  • 米大統領が、核合意における他の関係国の意志に対し屈服

フランスのマクロン大統領が、アメリカのトランプ大統領が、核合意の他の署名国のこの合意への残留を認めたことを明らかにしました。

マクロン大統領は12日月曜、CNNのインタビューで、最近フランスで行われたトランプ大統領との会談に触れ、「トランプ大統領とは核合意のほか、通商、気候変動対策に関するパリ協定、そして多極主義といった問題について意見が対立している」と語りました。


by hiroseto2004 | 2018-11-14 20:14 | 反核・平和 | Trackback
アメリカ中間選挙は、下院で民主党過半数制す。他方、上院はもともと民主党が勝った選挙の改選だったため、共和党は議席上積み。
ただ、トランプが投票者の4割程度の岩盤のような支持層を固めているのは事実です。
安倍自民党に似てもいます。


以下はマイケル・ムーアのインタビュー。
現代のファシズムは鍵十字ではなく、笑顔に人々が取り込まれることで起きる。その通りですね。



by hiroseto2004 | 2018-11-07 17:32 | 選挙 | Trackback
アメリカで生まれればアメリカ人に。
その原則をトランプはやめようとしています。
トランプが本気なら、これがアメリカがアメリカを辞める瞬間です。
アメリカの日本化とも言える。



More
by hiroseto2004 | 2018-10-31 18:43 | 国際情勢 | Trackback
トランプよ!あなたが支持者(ネトウヨ)を甘やかした結果がユダヤ人教会虐殺テロだ!

アメリカで移民反対派&反ユダヤの「アメリカ版ネトウヨ」がユダヤ人教会=シナゴーグで銃を乱射。ユダヤ人多数が虐殺された。なんと言うことだ!
さすがにトランプも今回の事件は非難した。
しかし、そもそも、トランプ支持者がオバマらに爆発物を送りつけた事件のとき、きちんと犯人を非難しておくべきだったろう。
今回のシナゴーグ襲撃犯(移民反対派の白人男性)も「トランプにはしごを外された」「そりゃないよ、トランプよ!」
位に思っているかもしれない。

トランプの娘婿はユダヤ人。だからトランプも怒ったのだろう。
しかし、ユダヤ人に火の粉が掛かってから怒ったのでは遅い。こういう排外主義のテロは、次から次へと敵を見つけては抹殺しようとする。最初に甘い顔をしたらダメである。
このままだと本当にかなりヤバイ状況にアメリカはなりかねない。




More
by hiroseto2004 | 2018-10-28 09:55 | 国際情勢 | Trackback
トランプはまず爆発物犯人を非難すべきだったろう
トランプの支持者がオバマら民主党幹部に爆発物を送りつけた事件。トランプは「事件を利用している」とマスコミを批判した。
しかし、まず非難すべきは、爆発物を送りつけた犯人だろうに。民主主義を大義名分とするアメリカ大統領ならそうすべきだった。
トランプは「民主主義」を大義名分とするアメリカが崩壊する時代の象徴なのではあろうが。

by hiroseto2004 | 2018-10-28 08:27 | 事故・災害・事件 | Trackback