人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:トルコ ( 37 ) タグの人気記事

サウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)は、まだまだ国際社会を舐めくさっていますね!



More
by hiroseto2004 | 2018-11-21 22:17 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback
トルコ外相「日本とトルコはイランのエネルギーを必要としている。」
安倍総理との会談直後の発言です。
それにしてもトランプがひどすぎて、エルドアンがまともに見えてしまうのは痛し痒しですね。


by hiroseto2004 | 2018-11-07 17:35 | 国際情勢 | Trackback
トルコは事実を小出しにしてサウジアラビアを揺さぶっています。
しかし、サウジが本当のところ(トルコ政府の望むライン)を言わないから
業を煮やしているというところか。
とにかく、「我々」は、ジャマル・カショギ記者暗殺の真相究明を求めるとともに、サウジアラビア王室空軍(皇太子・ムハンマド被疑者)によるイエメン侵略戦争の中止を求めます。

サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコ検察は31日、カショギ氏は総領事館に入った直後に窒息死させられ、遺体はバラバラに切断されて処分されたと発表した。AP通信などが伝えた。トルコ当局がカショギ氏の具体的な殺害方法に公式に言及するのは初めて。
計画的犯行だとみるトルコ側は、サウジ側の指示・命令系統の解明やサウジが拘束した容疑者18人の引き渡しなどを求めており、殺害状況の公表はサウジとの駆け引きの一環とみられる。トルコとサウジの両検察は3日間協議したが、トルコ側は「具体的な成果はなかった」としている。【林哲平】




More
by hiroseto2004 | 2018-11-01 20:54 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback
  • トルコのチャブシオール外相
    トルコのチャブシオール外相

トルコのチャブシオール外相が、イランの支援によるシリア危機の解決を強調しました。

アナトリア通信によりますと、チャブシオール外相は30日火曜、トルコ・イスタンブールで開催された同国およびアゼルバイジャン、イランの外相らによる第6回3者協議の終了後、「イランとトルコは、シリア危機やその他の問題の解決のプロセスにおいて非常に緊密な協力を行っている」と語りました。

また、「イランは、シリア問題を話し合うカザフスタン・アスタナ会合やロシア・ソチでの会合のプロセスを支援する国々の筆頭にある」と述べました。

さらに、「地域単位での協力は、地域に平和と安定をもたらす」とし、「イラン、トルコ、アゼルバイジャンは、地域問題の平和的な解決を強調している」としました。

チャブシオール外相、イランのザリーフ外相、アゼルバイジャンのマメディヤロフ外相は30日、イスタンブールで開催された3者協議の終了に当たって声明を発表し、関係拡大を強調するともに、他国に対する一方的な制裁を非難しました。


by hiroseto2004 | 2018-10-31 20:07 | 国際情勢 | Trackback
安田純平さんへのバッシングはくれぐれもやめて頂きたい。
解放されたことを素直に喜びたい。
戦時中からそうなのだが、「生きて虜囚の辱しめを受けず」(※)というのが日本では、悪い方向に働いているのではないか?
欧米なら戦争で、捕虜になって帰ってきた人は尊敬されるらしい。
危ない場所で闘っているから。
安田さんは記者だが、危ない場所の情報を伝えてくれる人にも敬意は払いたい。
安田さんは自ら怖い思いをするという形で「自己責任」は取っている。
また、カタールとトルコにはこの件については、感謝したい。

※しかし、実際には、白村江の戦いで、九州王朝時代の高市天皇=筑紫君薩夜麻が八年間、唐の捕虜になったという説もある。白村江の戦いを契機に九州中心の倭が滅亡し、近畿中心の日本ができた説もある。天皇も捕虜になった可能性が高いが政府の記録はそれを隠蔽している。





by hiroseto2004 | 2018-10-24 18:29 | ジェンダー・人権 | Trackback

米土対立が激化

トランプ米国とトルコ大統領・エルドアン被疑者の対立が激化。
トルコも対米制裁を発動し、トルコではドル札が焼かれています。
トルコとアメリカの同盟は冷戦の名残でした。それが乱暴な形で終わったのが今回のことではないのか?ただ、それにしても、ここまでこじれると世界全体への影響が心配です。また、トランプは無茶苦茶だが、トランプの暴挙のせいで原発推進・クルド虐殺・憲法改悪のエルドアン被疑者が求心力を高めてしまうのも悩ましいですね。


続く
by hiroseto2004 | 2018-08-16 20:19 | 国際情勢 | Trackback
トルコ大統領・エルドアン被疑者もクルド人弾圧、言論弾圧などどうかと思います。
ただ、対イラン政策でアメリカが孤立しているのは事実です。




by hiroseto2004 | 2018-07-21 20:23 | 国際情勢 | Trackback

ISが倒れたあとは、董卓暗殺後の三國志状態のシリア。
董卓=IS打倒に最も「活躍」したとされるクルド人勢力は、今度はトルコには攻撃され、アメリカ政府には「ハシゴ」を外される。そういう状況です。アメリカも無責任と言えば無責任ですが、昔からそういうことを平気でするのです。




More
by hiroseto2004 | 2018-01-30 09:25 | 国際情勢 | Trackback
ISはシリアではひとまず打倒されましたが、誰が敵で誰が味方かさっぱり分からない状態。
三國志で言えば董卓が暗殺されたあと、各地で群雄が割拠しているような状態です。
トルコ軍がアメリカ軍(クルド人を支援に入っていた?)の兵士を殺したのが事実とすれば、
一昔前なら考えられないことです。
シリアのアサド政権は、自らを正当な政権とする建前からトルコであろうがアメリカであろうが
入ってくるのは面白くないという立場であるのは間違いない。
イランとロシアはアサド政権を支援してきたが、アメリカが応援する反政府勢力(スンニ派)
とも敵対。クルド人と反政府勢力も敵対。
一方で、クルド人が勢いづきすぎるのも自分の領内にクルド人が多く居るので内心は
警戒、という感じもする。ロシアはイランとトルコ両方と協力、という感じ。
三國志本体(魏呉漢)というよりもまさに董卓暗殺直後の誰が誰と同盟して誰と敵対しているのやら
さっぱりわからない状態に近いですね。

ざっくり言って
トルコ政府(ロシア支援、イランとも友好関係)
シリアの反政府軍(アメリカ支援)
クルド人勢力(アメリカが支援、トルコ政府、シリア反政府軍とも対立。シリア政府とは余り対立しないで棲み分け?)
アサド政権軍(ロシア・イラン支援、トルコ政府に対しては不快感)
ですが、シリアの反政府軍の中も一枚岩ではない。

こういう中で、一般庶民が一番受難者であるのは間違いないです。
だが、こんな状態にした発端は一体何なのか?根本は米英の始めたイラク戦争ではないのか?
さらにさかのぼれば勝手に国境を引いた英仏ではないのか?
そのことを無視して、米英仏テロ対策だ、難民だと騒ぐのもどうか、と思います。

  • トルコのエルドアン大統領とアメリカのトランプ大統領
    トルコのエルドアン大統領とアメリカのトランプ大統領

トルコのエルドアン大統領が、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、トランプ大統領に対し、地域のテロ組織への支援と彼らの武装化をやめるべきだと語りました。

イルナー通信によりますと、トルコ大統領府の声明では、「この電話会談の最大の焦点は、シリア・アフリンでのトルコ軍の作戦とシリアに関する問題だった」とされています。

エルドアン大統領はこの中で、アメリカに対し、テロとの戦いの枠組みの中で、シリアのクルド人勢力・民主連合党(PYD)やクルド人民防衛隊(YPG)などのテロ組織に対する、武器の支援をを打ち切るよう求めました。

また、トルコのアフリンにおける作戦は国際法規に沿ったもので、国連安保理や国連憲章第51条に基づく合法的な防衛の権利であり、テロとの戦いのためものだとしました。

トルコのオリーブの枝作戦

トルコは、オリーブの枝作戦と呼ばれるこの作戦の目的は、トルコと地域の国境における安全と安定の強化、アフリンにおけるISISやPYDの掃討だと主張していますが、シリア政府は、トルコ軍のアフリンでの作戦を圧政的な侵略と見なし、それを非難しました。

シリア外務省は国連に対し、トルコのこの行動を非難すると共に、アフリンでのトルコ軍の作戦を停止させるため、必要な措置を講じるよう求めました。






More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 21:49 | 国際情勢 | Trackback
イラン、ロシア、トルコがソチで首脳会談。シリア和平へむけ共同声明を出しています。



More
by hiroseto2004 | 2017-11-23 22:47 | 国際情勢 | Trackback