人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:ノルウェー ( 55 ) タグの人気記事

新型コロナウイルスが平和活動にも影響。




More
by hiroseto2004 | 2020-03-09 20:13 | 反核・平和 | Trackback
2019年08月31日20時36分
  • トルコのチャブシオール外相
    トルコのチャブシオール外相

トルコとノルウェーの両国外相が、イランに対するアメリカの一方的な制裁を批判しました。

トルコのアナトリア通信によりますと、同国のチャブシオール外相は30日金曜、ノルウェー・オスロで同国のソーライデ外相と会談した後、記者会見し、「トルコとノルウェーは、地域での緊張や制裁に反対する」と語りました。

また、「両国は、地域における緊張緩和に向けて、いかなる努力も惜しまない」と述べました。

米国の核合意離脱や西アジアでの軍事的展開は、イランとの間に緊張の高まりをもたらしています。


by hiroseto2004 | 2019-08-31 21:06 | 国際情勢 | Trackback
2019年08月22日17時42分
  • ザリーフ外相とソルベーグ首相の会談
    ザリーフ外相とソルベーグ首相の会談

イランのザリーフ外相が、訪問先のノルウェー・オスロにて同国のソルベーグ首相と会談し、両国や国際的な関心事に関して意見交換を行いました。

IRIB通信によりますと、ザリーフ外相はまた、ノルウェーの外相や通商産業大臣とも会談しています。

ザリーフ外相はフィンランド、スウェーデンを訪問してこれらの国の政府関係者と協議した後、21日水曜に北欧歴訪の次の訪問国であるノルウェーに到着しています。


by hiroseto2004 | 2019-08-22 18:17 | 国際情勢 | Trackback
なんということだ!?
まだこの事件の背景は不明ですが、欧米ではイスラム教へのヘイトクライムも増えています。

http://parstoday.com/ja/news/world-i54901

2019年08月11日13時02分
  • ノルウェーのモスクでの銃撃事件
    ノルウェーのモスクでの銃撃事件

ノルウェーの警察が、同国内のモスクでの銃乱射事件により1名が死亡したことを明らかにしました。

カタールの衛星通信アルジャジーラによりますと、ノルウェーの警察は「首都オスロ近郊にあるモスク内で10日土曜、銃撃事件が発生し、1名が死亡した」と発表しています。

この報告によれば、今回の事件でさらに1名が負傷し、病院に搬送されているということです。

オスロの警察はまた、「容疑者は現在逮捕されている」と表明しました。

これまでに、この事件での容疑者の犯行動機などの詳しい状況はまだ明らかにされていません。

この数ヶ月間において、欧米諸国ではイスラム排斥的な行動が激増しています。


by hiroseto2004 | 2019-08-11 19:49 | 事故・災害・事件 | Trackback
ノルウェー首相が、昨日、お茶の水女子大で講演をされました。

「こうした男女平等にかかわる課題は、女性だけの問題ではなく「男女ともの問題である」と繰りかえした。「健康、育児、教育など子どもの問題など・・・政治にかかわることは、命にかかわることです」と強調して、「そこに女性が参画することは重要なことなのです」と決めセリフ。」

タグ:
by hiroseto2004 | 2018-02-15 12:13 | ジェンダー・人権 | Trackback
トランプによるイランに対する因縁にもかかわらず、ノルウェー(NATO加盟国)もイランとの協力。


  • カスピ海
    カスピ海

イランの国営石油会社とノルウェーの企業ORGの間で、カスピ海における石油分野での協力に関する合意覚書が調印されました。

イラン石油省が運営するシャナ通信によりますと、この合意覚書は31日火曜、イラン国営石油会社を代表するカスピ海石油会社のデラーヴィーズ取締役と、ORG社の代表者との間で調印されたものです。

イランとノルウェーの間で、石油関連協力の合意覚書が調印

イラン石油省のザマーニーニヤー国際貿易担当次官は、この合意覚書の調印式において、「イラン国営石油会社とORG社の協力が、イラン北部カスピ海における油田の開発・採掘活動の拡大に向けた、大きな一歩となるよう希望する」と語りました。

なお、イラン駐在のノルウェー大使も、「イランとの協力拡大や石油関連の合意覚書の調印は、イランと6カ国の核合意の成果の一つだ」と述べています。  


by hiroseto2004 | 2017-11-02 09:03 | 国際情勢 | Trackback

イランとノルウェーの外相が関係拡大を強調。ノルウェー外相がイランを訪問しました。

そういえば、本社社主は、2007年にノルウェーのメーデーに参加しました。その際のスローガンの一つが、「イラン攻撃反対」でした。
日本の平和運動はそんなことにあまり興味もなかったのです。
イランは広島の原爆資料館の協力を得て平和博物館を造っている国でもある親日国なのですが、そうした歴史的な資産を生かし切れていないですね。

イラン・ノルウェー外相、関係拡大を強調

http://parstoday.com/ja/news/iran-i14953

イランとノルウェーの外相が、両国の関係拡大と金融部門における経済・貿易協力を強調しました。

ノルウェーのブレンデ外相は、イランのザリーフ外相とテヘランで会談し、二国間関係、地域・国際情勢について意見交換しました。

さらに、両国の外相の立会いのもと、イランとノルウェーの輸出信用状に関する協力合意覚書が調印されました。

この文書により、ノルウェーはイランに10億ユーロの輸出信用状ルートを与えることになります。

また両国の間では海運保険や専門家の育成に関する協力文書も調印されました。

ブレンデ外相は17日水曜、この2年で2度目となるイラン訪問を行い、ローハーニー大統領、ラーリージャーニー国会議長、ザリーフ外務大臣、ヴェラーヤティ最高指導者顧問、ザンゲネ石油大臣と会談しました。


by hiroseto2004 | 2016-08-18 23:49 | 国際情勢 | Trackback

【連合からノルウェー、独立系、そして全労連へ 「わたしとメーデー」】

わたくし・さとうしゅういちは、2000年以降、メーデーというものへの参加を欠かしたことは一度もないです。

自慢ではないが、「ポストモダン」の格差是正を求めること、権力を批判することがダサいかのような風潮がまかり通っていた日本において、一定程度筋は通せたと手前味噌ですが考えています。

2000年から2010年の現役の役人時代には連合・自治労に所属し(その過半を役員もさせていただいた)、連合系のメーデーには福山や三次、広島と場所は異なりますが参加しました。

2007年のメーデーは、わたしはノルウェーを訪問していたが、ノルウェーの首都・オスロでのメーデーに参加し、インターナショナルを歌ったのを覚えています。他の人はノルウェー語でしたが、わたしだけは日本語でインターナショナルを歌い、注目を浴びました。

連合からノルウェー、独立系、そして全労連へ 「わたしとメーデー」_e0094315_06254820.jpg

このころ、ノルウェーのメーデーを拝見したこともあり、また既存組織の限界も感じていたのです。

2008年からは、当時日本各地で行われていた独立系メーデーに広島からも合流。毎年5月2日に原爆ドーム前集合で「生存のためのメーデーIN広島」を実施しました。

しかし、2011年以降、自前でのメーデー実施が困難になり、2011年からは、より考え方が近い、全労連系の「広島県中央メーデー」に参加しています。また、2014年には久々に独立系メーデーに東京で参加しています。

現在では、自前での実施が困難でも、既存のものに参加するのもまた意義があると考えています。


by hiroseto2004 | 2016-05-02 00:00 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback


【連合からノルウェー、独立系、そして全労連へ 「わたしとメーデー」】

わたくし・さとうしゅういちは、2000年以降、メーデーというものへの参加を欠かしたことは一度もないです。

自慢ではないが、「ポストモダン」の格差是正を求めること、権力を批判することがダサいかのような風潮がまかり通っていた日本において、一定程度筋は通せたと手前味噌ですが考えています。

2000年から2010年の現役の役人時代には連合・自治労に所属し(その過半を役員もさせていただいた)、連合系のメーデーには福山や三次、広島と場所は異なりますが参加しました。

2007年のメーデーは、わたしはノルウェーを訪問していたが、ノルウェーの首都・オスロでのメーデーに参加し、インターナショナルを歌ったのを覚えています。他の人はノルウェー語でしたが、わたしだけは日本語でインターナショナルを歌い、注目を浴びました。

このころ、ノルウェーのメーデーを拝見したこともあり、また既存組織の限界も感じていたのです。

2008年からは、当時日本各地で行われていた独立系メーデーに広島からも合流。毎年5月2日に原爆ドーム前集合で「生存のためのメーデーIN広島」を実施しました。

連合からノルウェー、独立系、そして全労連へ 「わたしとメーデー」_e0094315_15293252.jpg

しかし、2011年以降、自前でのメーデー実施が困難になり、2011年からは、より考え方が近い、全労連系の「広島県中央メーデー」に参加しています。また、2014年には久々に独立系メーデーに東京で参加しています。

現在では、自前での実施が困難でも、既存のものに参加するのもまた意義があると考えています。


by hiroseto2004 | 2016-05-02 00:00 | Trackback
【議員一期やったら「もうやらなくていい」特権があるノルウェー】
ノルウェーでは、議員を一期やったら「もう議員をやらなくていい」という特権が与えられます。(三井マリ子「男を消せ!」毎日新聞社)
面白いでしょう?だけど、これが本当の意味での民主主義だと思います。
河村たかし名古屋市長の持論ではないが、「議員はボランティア。」なのです。
いろんな人がかわりばんこにやって、参加民主主義、多様性が実現するのです。
参加民主主義は実は大変な作業です。いろんな市民の意見を真面目に調整したらすごい労力。
だから、議員もかわりばんこにやるくらいじゃないと持たないくらいなのです。ちなみに議員が議会に出られないときは、比例名簿次点の人が代理議員として出席します。だから女性も比較的安心して議員になれます。
日本は、広島県議会などは典型例ですが、一部の人が長く議員に在職する。または、正木篤さんのように仕事もしないで報酬だけもらう議員も出る。
一方、多くの県民はシラケている(知事選挙投票率31.97%がいい例)という、二極化が起きています。
日本が真の民主主義国家になるには、こうした情けない現状を解消しないといけない。
by hiroseto2004 | 2014-01-14 12:47 | 選挙制度・政治改革 | Trackback