人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ブラック企業 ( 31 ) タグの人気記事

年配者の労働問題も深刻だ

最近では、非正規労働・ブラック企業の問題は若者だけの問題ではなくなってきた。

年金がたりない、年金までの期間のために、非正規労働・ブラック企業で働かざるを得ない年配者も多い。

年金支給年齢が引き上げられれば、それこそ、どこまでブラックな環境で働かされるのか?ということになる。

継続雇用にしたって、そもそも、同じ職務内容で、ある年齢を境にして給料が半分になるのも大問題である。

国が安心して暮らせるような社会保障制度をきちんと整える。そして、同じ職務内容には同じ待遇を保証させる。そうしないと、若手はもちろん、年配者も、ブラックな労働環境につかい潰されてしまう。

一貫して社会保障の改悪に反対し、困った人の相談に応じるなど地方レベルでの実績十分、ブラック企業問題で政府を追及する先頭に立ってきたのは日本共産党。
また、旧民主党の皆さんも、もちろん、政権時代の「国民の生活が第一」という方向性自体は悪くなかった。ぐだぐだになったのはガバナンスの問題。そして市民がきちんと叱咤激励しきれなかったこと。

#小選挙区では、立憲民主党、共産党、社民党、立憲無所属候補などへ(小池や前原を斬った小川じゅんやさんら希望の党リベラルも戦略的投票の対象)
#比例代表はなるべく日本共産党


by hiroseto2004 | 2017-10-20 20:16 | 衆院選2017 | Trackback
上野千鶴子東大名誉教授「日本人は多文化共生に耐えられないから移民を入れるのは無理。平等に貧しくなろう」が「炎上」


日本はブラック企業ばかりであり、その事が外国人にも広まりつつあり、日本は移民先としては魅力がないと思います。

フィリピンからの介護職員も、日本企業が使い捨てて訴えられています。
ですから日本の悪評はフィリピンでも次第に響き渡るでしょう。

また、先日放映されたNHKの深夜番組によりますと、岐阜では、繊維工場が、これまでは外国人研修生に頼ってきたが、それが難しくなったとのことです。これまで、低賃金で使い捨て射たのを、最低賃金を出しても集まらないそうです。さらに、研修生頼みでやってきたため、技能が伝承されないという問題も出てきた。
そうした中で、日本人正社員を軸にして、付加価値が高いものに特化した工場が成功例として出てきてはいる。
だが、それも、時間はかかる、という話でした。


先ずはブラック企業を徹底的に取り締まらないと、外国人労働者は多くは来ないでしょう。
来ても失望落胆して帰るだけ。下手したら「反日」になって帰っていくことにもなりかねないのです。

法令を遵守できない企業経営者は「レフェリーストップでTKO負け」とする。
もちろん、そういう経営者でも、一職人としてなら、一介護士としてなら優秀な場合もあるでしょう。
きちんとした経営が出来るところに工場なり介護施設は買収され、元経営者は、一職人なり一介護士として出直す。
あるいは、他の職種に移るのもよし。そのためにも、企業ではなく、個人に着目したセーフティネットが必要なのです。

ともかく、この段階で賛否云々の議論は全くの無駄です。
by hiroseto2004 | 2017-02-13 12:21 | Trackback(1)

「日本の過剰労働は、「お客様」の暴走が原因だ」という記事にはうなずかされる点が多くあります。


そもそも、三波春夫の「お客様は神様」というのは「応援してくれるお客様の前で一生懸命に演技する」という意味なのです。ところが、いまや、一方的にサービス提供者が客に尽くさねばらないかのごとき意味に誤解されています。

「お客様のご要望におこたえしたいのは山々ですが、労基署にやられますから」という状況にしなければならないのではないでしょうか?
 電通過労自殺問題をきっかけに、「ブラック企業を許すな!」という声が、日本でますます大きくなっている。ブラック企業の話になると、「企業体質」の問題に焦点が当てられることが多い。長時間労働や、パワハラ上司の存在が当たり前になっているという話だ。しかし、ブラック企業の問題は、それだけではない。サービスを受ける「お客」側も、労働環境の悪化に一役買ってしまっているのが、現状だ。こうした指摘をする、ある会社員の次のようなツイートが、2万6000回以上リツイートされている。

ブラック企業をなくしたいなら、社員にまともな賃金を払っている、適切な労働時間を働かせていることによって生じる不便さに寛容でないと。「土日休みなんで納品までにもっと時間かかります」「定時過ぎたんで会社もう閉めました」と言われて文句言う人は、言ってみれば「ブラック市民」ですよ

■過剰なサービスを要求する「お客様」

 あなたも、理不尽な要求をする客にうんざりしたことはないだろうか?  私は以前、家具の販売員として働いていたが、過剰なサービスを要求する客は必ずいた。例を挙げると、次のようなものだ。

 「雪が降っている影響で、家具の配送に時間がかかる」と言えば、「値引きしろ!」。「もう閉店時間だから」と言えば、「少しくらいかまわないだろう!」。

 これはまさに、ブラック企業ならぬ、「ブラック客」だ。日本ではいつだって、カネをもらっている側の人間は、圧倒的に立場が弱い。なぜ、このような客の振る舞いが許されてしまうのだろうか。

 日本のサービスは、「おもてなし」という言葉で表される。大辞泉によれば、「もて成す」とは、「心をこめて客の世話をする」ことを意味する。しかし、心を込めて客の世話をするという意味を、現在は一方的な奉仕をすると理解され、「お客様は神様」の状況になっている。客の立場が異常に高く、サービス提供者がへりくだるという、歪んだ関係だ。

by hiroseto2004 | 2016-11-24 21:14 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
法令を破って、過労運転をさせる経営者。
利用者虐待を放置する介護施設管理者。
労働法規を破りまくる元経営者の政治家。
彼・彼女らは打倒すべきだが、彼・彼女が生活保護を受ける権利は認める。むしろ、彼・彼女らが経営者として、害悪をまき散らすよりは、生活保護を受けている状態がまだ社会にとってよりましだと思う。
彼・彼女が安心して生活保護を受けられるほうが、労働者も安心して、悪徳企業経営者を打倒できる。

by hiroseto2004 | 2016-10-06 13:46 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
広島ブログ
以下、つくだ守生さんによる報道です。

 全国30カ所で25日に取り組まれる電話相談「約束と違うぞ!詐欺求人相談ホットライン」を広島で開設する

広島労働弁護団(池上忍団長)とブラック企業被害対策広島弁護団(端野真団長)が18日、広島市中区の

広島弁護士会館で記者会見をしました。


 求人広告の労働条件よりも不利な条件で働かされる「求人詐欺」の実態を調査し、被害者を救済しようと、

広島では常時3人の弁護士が午後3時から9時まで、電話番号082(228)2477で相談に応じます。

相談無料。





More
by hiroseto2004 | 2016-02-22 05:33 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島ブログ
「1990年代は「強者消費者の時代」である。そのツケが2000年代、そして2010年代の、今になって回ってきているのではないか。」
と本社社主は考えています。

具体的には、いわゆるブラック企業に代表される労働環境の悪化および買い物難民です。





More
by hiroseto2004 | 2015-11-26 13:41 | 新自由主義批判 | Trackback
広島ブログ

【拡散希望】低所得・労働環境の悪化により、相変わらず福祉施設内で虐待や事故が頻発しています。

そのため、介護・医療・福祉職向けの労働相談ホットラインをブラック企業対策プロジェクトが主催します。

6月21日(日)14時~17時まで。
電話番号は 0120222737

福祉労働に従事する方は相談ください。



More
by hiroseto2004 | 2015-06-17 07:24 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島ブログ

1960年代に盛り上がった学生運動。

なぜ学生たちは当時、大暴れしたのか。

その理由は、学費値上げ反対です。

しかし、ご承知のとおり、学生運動は敗北しました。

その結果、大学の学費はうなぎのぼりになりました。

そして、日本は、教育費支出のGDP比率が先進国最低レベルで学費負担は最高レベルの国になったのです。

その結果、教育格差が広がっていきます。親の経済状況により進路が左右されやすい国になっていった。
もっと極論すれば、国民の教育には国ではなく、親が所属する企業が責任を持つ。
社会保障や住宅とあわせ、「企業主義」のセーフティネットが完成し、そこから外れた人たちを置きざりにしていく社会へ加速していったとも言えます。

また、日本では、奨学金も給付型や無利子ではなく、有利子の奨学金制度が主流でした。
卒業後は、奨学金返済に追われて結婚もできない若者が続出しています。
あるいは、返済のためにいわゆるブラック企業でもしがみつかないといけない
若者が続出しました。

1960年代の学生運動は敗北した。その結果、日本の今の格差・貧困や少子化などあらゆる現象が
加速したといっても過言ではありません。

なぜ、学生運動は敗北したのか?こうしたことも含めて、今一度しっかりとした総括が
必要ではないか、と思う今日この頃です。当事者がお元気なうちに総括をしていただき、
後輩に伝えていただきたいです。

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

by hiroseto2004 | 2015-03-22 20:24 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

日本共産党の新しいネットCMできました。(ブラック企業篇)
http://youtu.be/Ex8cvi4b6qk

※広島瀬戸内新聞は、第47回衆院選にあたり、「憲法を活かし」「災害大国に原発はいらない」「海外派兵より災害対策を」「庶民増税より格差是正を」のメッセージを被爆地・平和都市ヒロシマ、豪雨災害被災地広島から発信する議員の最大化を呼び掛けています。
それとともに、「選挙に勝てば何をしてもいい」といわんばかりの態度を取り続ける自民党の議席の最小化を呼び掛けています。
社主・さとうしゅういちは、中国地方では比例代表で「日本共産党」を応援するとともに、小選挙区では、小選挙区制度の死に票が多くなるなどの欠陥を指摘し制度改革を求めつつ、県内小選挙区での自民党議席の最小化を追求し ます。




More
by hiroseto2004 | 2014-12-10 05:38 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
 若者は、ローン型奨学金を返すため、いわゆるブラック企業であっても、必死で働いてしがみつく。

  子どもがいる世代は、子どもの教育費のために、いわゆるブラック企業でも辞められない。

これが、今、日本で起きている現象ではないでしょうか?

 世界の主要国で、大学が有償でなおかつ給付型奨学金がない国は日本くらいなものです。そして、日本は教育費の公的支出のGDP比率は先進国でも最低水準です。

  さらに、一九六〇年代末に学生運動が敗北し、学費がうなぎのぼりというのも痛い。アルバイトしながら通えるレベルの学費でもなくなったからです。

  こうした結果、今の若者は、卒業後はローンに追われる。
親世代は、過労死しかねないほど働かされる。
さらに、高校も卒業できない子が出る。そんな方向に突き進んでいます。

民主党政権での高校無償化はかすかな改善の方向を見せてくれました。
しかし、自民党に政権が戻り、消費税増税、ハコモノバラまき、法人税減税、さらなる労働法破壊など、人を使い捨て、目先の企業利益追求の政治に戻ってしまいました。

もう一度、人を大事にする政治へ、手遅れになる前に戻しましょう!

by hiroseto2004 | 2014-11-06 07:38 | 教育 | Trackback