人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:レバノン ( 6 ) タグの人気記事

1月 02, 2020 18:18 Asia/Tokyo
  • レバノン外務省
    レバノン外務省

レバノン外務省が声明を発表し、イラクの民兵組織ハシャド・アルシャビの拠点に対するアメリカの攻撃を非難するとともに、全ての国に対しイラクの国家主権を尊重するよう求めました。

イルナー通信によりますと、レバノン外務省はこの声明において、「イラクにおいてできる限り早く平穏と安全が回復されるべきだ」としています、。

これ以前にも、レバノンのシーア派組織ヒズボッラー及び同国の聖職者の団体が個別に声明を発表し、ハシャドアルシャビの拠点に対するアメリカの攻撃を非難し、この犯罪をイラクの国家主権の侵害だとしました。

先月29日夜、アメリカの無人機がイラクとシリアの国境都市にあるハシャドアルシャビの拠点を攻撃し、これにより少なくとも30人に上るこの組織のメンバーが殉教し、ほか51人が負傷しました。

アメリカによるこの攻撃の後、数百人のイラク市民がイラク・バグダッド市内にあるアメリカ大使館前に集結し、アメリカ大使館の閉鎖を求めています。


タグ:
by hiroseto2004 | 2020-01-02 21:06 | 国際情勢 | Trackback
ベイルート市民は「故郷に錦を飾る」という感じでしょう。
日本はきちんと、人質司法などあらためるべきはあらためないと
ゴーン被告人に今後、やられ放題になりかねない。
ただ、反原発運動家、労働運動家とかが不当に勾留されたり、
クルド難民らが人権弾圧されている現実に対して批判があまり
あがらないのに、ゴーン被告人の勾留に批判がたかまるというのも
不公平だと思います。大富豪こそ、にげる手段があるわけだから、
むしろ、保釈条件をきびしくする(保釈金15億円は痛くもかゆくもなかったのでは?)
などは検討してもいいとおもう。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-02 06:32 | 司法 | Trackback
日本赤軍の岡本公三被疑者と、ブルジョワの極致たるゴーン被告人という「両極端」をかくまうレバノンという国。
いろいろ考えこまされます。

1月 01, 2020 17:04 Asia/Tokyo
  • レバノン外務省
    レバノン外務省

レバノン外務省が、「日産自動車のゴーン元会長は、合法的にレバノンに入国した」とする声明を発表しました。

IRIB通信が、レバノン・ベイルートから伝えたところによりますと、先月31日火曜夜にベイルートで発表されたレバノン外務省の声明では、「当省は、ゴーン氏がどのような環境で日本を出国し、トルコ・イスタンブールからベイルートに到着したのか、また背後でどのような問題を抱えていたかは把握していない。当人の問題は個人に属するものだ」としています。

また、「我われは、ゴーン氏の身柄拘束に関してこの1年、日本政府に対し何度も文書で問い合わせたが回答は得られていない。先週、日本の外務次官がレバノンを訪問した際にゴーン氏の調書については引き渡した」としています。

さらに、「レバノンと日本の間には、犯罪者の引渡し条約が締結されていない。だが、両国は犯罪・汚職対策の必要性に関する国連憲章には調印しており、これに従って行動する」と説明しています。

ゴーン氏

レバノン外務省はまた声明の中で、日本と協力し良好な関係を続けていくと強調しました。

レバノンのMTVテレビは、ゴーン氏が米国の広報担当者を通じて出した「私は正義から逃げたわけではありません。不公正と政治的迫害から逃れたのです」とする声明とあわせて、同氏がレバノンに入国したことを報じました。

ゴーン氏は、ブラジルに移住したレバノン人の両親のもとに、ブラジルのロンドニア州ポルト・ベーリョで生まれ、ブラジル、レバノン、フランスの国籍を有しています。


by hiroseto2004 | 2020-01-01 20:51 | 国際情勢 | Trackback
2019年09月03日20時16分
  • イスラエルの攻撃に対するレバノン・シーア派組織の報復
    イスラエルの攻撃に対するレバノン・シーア派組織の報復

シオニスト政権イスラエルの侵略行為に対する、レバノンのシーア派組織ヒズボッラーの報復を受け、シリア、クウェート、イエメン、イラン、イラクなどの地域諸国が、レバノンの抵抗グループの断固とした行動を支持しました。

ヒズボッラーは1日日曜、レバノンに対するイスラエルの侵略を報復した形で、占領地北部にてイスラエル軍の軍用車両1台を攻撃、破壊しました。

この攻撃により、この車両に乗っていた全員が死傷しています。

イルナー通信によりますと、シリア外務省は声明の中で、イスラエル軍の拠点に対するヒズボッラーの攻撃を賞賛し、「シリアは常に、レバノンの政府軍と抵抗グループを支持する」と表明しました。

イラン外務省のムーサヴィー報道官も、「レバノンに対するイスラエルの侵略行為は、国連に加盟する一独立国の国家主権や領土保全に対する歴然とした侵害であり、世界の平和と安全に反する行動だ」と語っています。

クウェート内閣も2日月曜、声明を発表し、レバノン南部に対するイスラエルの無人機の最近の侵略を非難するとともに、「クウェートは、領土防衛や国家主権・安全の維持というレバノンの行動を支持する」と表明しました。

さらに、イエメンのシーア派組織アンサーロッラーのアブドルマレク・バドレッディン・アルフーシ事務局長も、ヒズボッラーによる今回の行動を祝福し、「イスラム共同体は、レバノンやパレスチナでの抵抗グループの価値を実感すべきだ」と述べています。

そして、イラクの複数のイスラム抵抗グループも、ヒズボッラーの今回の行動を支持し、レバノンの抵抗グループとの連帯を表明しました。

レバノンの各政党や要人らも、レバノン南部へのイスラエルの侵略に対するヒズボッラーの断固とした報復を支持しています。


by hiroseto2004 | 2019-09-03 21:00 | 国際情勢 | Trackback
イスラエルがようやくレバノン難民虐殺の事実を認めました。



More
by hiroseto2004 | 2018-11-24 21:13 | 国際情勢 | Trackback
「サウジアラビアよ。ええ加減にせいよ。」
カタールに対する断交。イエメン空爆。そしてサウジ滞在中のレバノン前首相に圧力を掛け(辞めさせ)たのではないかという疑惑。
サウジアラビアに対して欧州の堪忍袋の緒が切れつつあります。




More
by hiroseto2004 | 2017-11-19 20:20 | 国際情勢 | Trackback