人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
ウイグル人権弾圧や、香港弾圧の中国政府が良いとは思いません。
しかし、アメリカがイラン核合意離脱など、国連決議違反のいらんことを
すればするほど、イランを含む国々は中国やロシアに寄っていく。
そのことをアメリカは反省すべきでしょう。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-01 20:36 | 国際情勢 | Trackback
2019年12月01日17時20分
  • イランのアラーグチー外務次官と中国の馬次官補の会談
    イランのアラーグチー外務次官と中国の馬次官補の会談

イランと中国の外務次官らによる、核合意関連協議が中国・北京で開催されました。

この協議は1日日曜、開催され、イランのアラーグチー外務次官と中国の馬次官補が、核合意の最新情勢を検討しました。

アラーグチー次官は、イランと中国を相互にとって戦略的な相手国だとし、今回、地域・国際的に重要な問題について中国の次官補と協議する機会が設けられたことへの満足の意を表明しました。

一方、馬次官補も、イランを中国にとっての戦略的な相手国とし、「わが国は、地域と世界の平和や安全の強化を目的として、核合意といった両国の関心事である地域・国際問題におけるイランとの協力を強化し、拡大させる意向がある」と述べています。


by hiroseto2004 | 2019-12-01 22:43 | 国際情勢 | Trackback
南アフリカといえば、アパルトヘイト&「反共」、イスラエルと共同で核開発を進めていたことでも
有名だったのも今は昔。随分とスタンスがかわったことを備忘録としてあげておきます。




More
by hiroseto2004 | 2019-11-26 20:15 | 国際情勢 | Trackback

日本政府も勢いで、輸出制限に踏み切ったのでしょうが、いろいろと、雲行きが怪しくなってきましたね。日本にとって不利な材料が出てきました。

特に、中国にはフッ化水素を包括許可しているのに、韓国には制限。極めて矛盾していますね。

「日本政府が世界貿易機関(WTO)の貿易紛争判決で、「安保を理由にした貿易制限に反対する」という意見を強調したにもかかわらず、韓国に対しては安保を問題視し、報復的輸出規制に乗り出した矛盾した行動を示したことが確認された。

 ロシアとウクライナの貿易紛争と関連し、日本政府が世界貿易機関(WTO)1審の判決文(パネルレポート)に公式提出した政府意見書によると、日本政府は「経済外的な理由で、貿易を制限することが乱用されてはならない」と強調した。同時に、安保を理由に貿易制裁に出る場合でも、「必須的安保利益が何なのか具体的に特定されなければならず、貿易措置と必須的安保の間に合理的関連が必要だ」や「安保目的の措置を取る国に一定の判断裁量はあるものの、その措置の正当性を立証する責任がある」などの意見も明らかにした。」





More
by hiroseto2004 | 2019-07-31 20:26 | 国際情勢 | Trackback
イランの堪忍袋の緒も切れましたね。ロウハーニー大統領は穏健改革派。
これ以上、黙っていたらアフマディネジャドら、強硬派による突き上げも
厳しくなるでしょう。

中国外務省の耿爽報道官が、改めて全ての関係国によるイラン核合意実施の必要性を強調しました。

イルナー通信によりますと、耿爽報道官は8日火曜、記者会見し、イランの核合意遵守に謝意を示し、「イラン核合意は、多国間合意として国連安保理が承認し、地域の安定と平和を保障するものだ。必ず履行されなくてはならない」と語りました。

また、「イラン核合意が長期に維持されることは、国際社会共通の利益の確保につながる」と述べました。

さらに、改めてアメリカによるイランへの圧力行使に反対を唱え、「中国は常に相互尊重に基づく協議や話し合いによる対立解消を求めている」としています。

そして、「アメリカ・中国の通商合意には、中国がイランからの原油輸入の削減を約束した機密条項が含まれている」とする一部の主張を否定し、このような主張には正当性がないと述べました。







More
by hiroseto2004 | 2019-05-08 18:15 | 国際情勢 | Trackback
  • 中国の馬朝旭国連大使
    中国の馬朝旭国連大使

国連安保理の今期議長国をつとめる中国の馬朝旭国連大使が、中国は核合意を支持すると強調しました。

イルナー通信によりますと、馬国連大使は1日木曜夜、「中国はあらゆる国に対する一方的な制裁に反対する」と語りました。

中国は常にアメリカの一方的な制裁に反対しています。

中国はまた、これ以前にも、イランに対するアメリカの一方的な制裁は決して受け入れられないと強調しました。

EU、ロシア、トルコ、その他の多くの国が、アメリカの制裁には従わないと表明しています。

アメリカのトランプ大統領は、5月8日、核合意からの離脱とイランに対する核関連の制裁の復活を宣言しました。

このトランプ大統領の行動は、世界各国、特に核合意の参加国の大きな批判を呼んでいます。

イギリス、フランス、ロシア、中国、ドイツ、EUは、核合意を遵守し、それを支持すると表明しました。



by hiroseto2004 | 2018-11-02 22:30 | 国際情勢 | Trackback
「日本は中国をお手本にしてきた」と中国にゴマをすりまくった安倍晋三さん。
まさか、「中国をお手本に権威主義を強化」するつもりじゃないでしょうね?
安倍さんが打ち出している改憲の柱の一つは緊急事態条項はまさにそうです。
中国との力の差が経済でも軍事でも開きすぎて対中戦争はほぼ「あり得ない」状況になったいま、9条改憲よりもむしろ、「緊急事態条項」が本丸になるでしょう。

by hiroseto2004 | 2018-10-30 20:53 | 安倍ジャパン | Trackback
これは、いわゆる信頼醸成措置ですね。
日本も、あまり「中国包囲網」で前のめりになると、逆に
中国・ASEAN両方から浮くことにもなりかねない。
(最近の安倍政権はそれが分かっている感じですが)。
安倍晋三はそれにしても、「統制派」ですね。
「中国の脅威」をネトウヨ内「皇道派」を煽っておいて、実際には接近し中道っぽく見せて支持を回復、という狙いもあるでしょうね。

日中両政府が防衛交流の一環として、海上自衛隊と中国海軍の艦艇相互訪問を再開する方向で最終調整に入ったことが21日、分かった。安倍晋三首相が25日からの訪中で予定する李克強首相との会談で合意する見通し。実現すれば2011年12月以来。沖縄県・尖閣諸島を巡る対立が続く中、意思疎通を図ることで偶発的衝突を防ぐ狙いがある。複数の日本政府関係者が明らかにした。





More
by hiroseto2004 | 2018-10-22 19:27 | 国際情勢 | Trackback
上海での慰安婦問題シンポジウムが中国政府の圧力で中止になった。
中国政府は日中平和友好条約40年を前に安倍ジャパンに忖度したと見られる。

慰安婦問題は人権問題。習近平中国と安倍ジャパンという国家間の論理で個人の人権=慰安婦問題が押し潰された形になってしまった。
習近平中国と安倍ジャパンは最近、カンボジアの独裁者への支援や新自由主義グローバリズム推進という面では完全にタッグを組んでいる。
お互い、人権については棚上げしてなれ合い、独裁者支援や新自由主義グローバリズムで一致するという両国首脳。今後も監視が必要である。


by hiroseto2004 | 2018-08-08 13:40 | 歴史 | Trackback
イスラエルのネタニヤフ首相が、ロシアに続き中国も訪問しています。
アメリカ一辺倒ではない外交姿勢が現れています。
この点は、日本も参考にすべき点です。
他方で、中国も、別にイスラエルに媚びることなく、パレスチナ独立国家が必要だと
ネタニヤフ首相に面と向かって言ってます。

中国の李克強首相が、パレスチナ独立国家を樹立する必要性を強調しました。

中国・新華社通信によりますと、李首相は21日火曜、北京でシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相と会談し、「中国政府は、パレスチナ独立国家の樹立と中東の平和を目指し、国際社会と協力するための努力を続けていく」と語りました。

パレスチナ人は、中国が拒否権を有する国連安保理常任理事国として、パレスチナ独立国家の樹立とパレスチナ人の権利回復に向け、重要な役割を果たすことを期待しています。



by hiroseto2004 | 2017-03-22 21:16 | 国際情勢 | Trackback