人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

タグ:亀井静香 ( 93 ) タグの人気記事

民主党と国民新党の合併の動きが加速しました。

16日には、郵政見直しで合意。さらに、昨日は、中国新聞とのインタビューでタイトルの趣旨の発言が出ました。

私は亀井さんがそこまでお考えなら、合併は大いに結構だと思います。

自民党では、庶民や地方は苦境は脱せない、と私も思います。

また、民主党に国民新党の庶民や地方への優しさが反映されるならいいと思います。

ただ、小選挙区制の弊害は大きい、と感じた事件でもありました。本音を言えば国民新党には、民主党の外から、お目付役を果たしていただきたかったのも事実です。一方、亀井さんと同じ党の仲間になれることは大変喜ばしいことでもあります。

政権交代をさせ、困っている人を助けたい。その志で、亀井さんとともに、同じ党の仲間としてがんばっていきたいと思います。
(弊社主幹)

記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「世界恐慌が起きようという時に政党が、なんていってられない」亀井静香さん_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
「世界恐慌が起きようという時に政党が、なんていってられない」亀井静香さん_e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2008-09-18 07:54 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
Excite エキサイト : 政治ニュース

2008年9月15日 19時22分
共同通信 小沢氏、国民新と合併視野 衆院選前にも
 民主党の小沢一郎代表は15日、国民新党との関係について「徹底的に次期衆院選の候補者調整をするには、1つになるということも選択肢だ」と述べ、衆院選前の両党の合併も視野に連携を強化していく考えを明らかにした。小沢氏は16日、綿貫民輔国民新党代表と会談し、衆院選マニフェストでの郵政民営化見直しに関する合意文書に調印する予定。小沢氏は「(合併についても)時間があれば話してみたい」と述べた。


小沢さんが、民主党と国民新党の合併も視野に入れる、ということです。

以前、民主党が、むしろ自民党よりも新自由主義色が濃いのでは?と疑念を抱いていた時代には、わたしも、民主党より国民新党に正直親近感を抱いていました。

しかし、いまや、昨年の参院選で「国民の生活が第一」を掲げて民主党は圧勝し、それをはっきり言って実行しなければならない立場に立ったのです。

ぜひ、小沢さんには、国民新党が提案している20兆円の経済対策も含めてのんでいただきたい。

その上で、社民党ともきちんと協力していただきたいと思います。

国民新党の主張する20兆円の経済対策と社民党の9兆円対策、双方をいいとこどりしていただきたい。

もはや、「財政再建か景気対策か」をいっている段階は過ぎました。問題は「経済対策の中身」です。

生活・地域の底上げ宣言 ―景気減速と物価高騰に対する内需拡大・国民生活改善のための9兆規模の緊急対策―(社民党)
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/other/080827_economy.htm

暮らしを守る緊急20兆円経済対策 (国民新党)
http://www.kokumin.or.jp/seisaku/20080125.shtml


とにかく、「暮らしと経済の建て直し」に絞り、自民党を打倒していただきたいと思います。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=14055

2008/09/15
「国民の生活が第一」との理念で政治を変えていく 愛媛の会見で代表改めて表明

 小沢一郎代表は15日、愛媛県松山市内で記者会見を開き、南海放送アナウンサーで、報道技術本部局次長兼放送部長の永江孝子さんを、愛媛県第1区から民主党公認で擁立したいとの意思を表明した。

 小沢代表は会見の中で永江さんについて、「永江さんとは、政治を変えなくてはならないという認識と、『国民の生活が第一』というという理念が党と共通していることからも、ぜひ民主党の愛媛県第1区の候補者として出馬していただきたいと要請した」と語り、「1週間ぐらいの間にいい返事を頂ける」と、強い期待感を示した。

 また、四国における愛媛県の位置づけについて、「四国は民主党の支持基盤が非常に弱かった。四国の中で愛媛は一番大きい県であり、愛媛で民主党への声が大きくなれば、四国全体もそういう声になる。事実、参院選ではその通りになり、勝たせていただいた。衆院選においても同様である」と答え、愛媛県の重要性を強調した。
 
 前回の参院選では地方にこそ勝機があると言っていたが、今度の衆院選ではとの問いに小沢代表は、「参議院選挙の時もその後も、地方・地域社会の皆さんが、自公政権の弱肉強食的な、生産性の低い産業は切り捨てる政治行政の在り方に、強い怒りと不信を持っているのは変わらない」とした上で、「自公政権に対する不審、政治を変えようという気持ちは非常に強い。それは愛媛でも、四国全体でもそうだと思う」と話し、地方切り捨ての自公政権に対する反発は大きいものがあるとの認識を示した。

 小沢代表の国替えについての質問には、「一次公認に入っていなかったから憶測を呼んでいると思う。私自身どうこうを決めていない。いずれ公認してもらう」と答えた。

 国民新党との合併については、「いくつかの選挙区で競合しているところもある。徹底的に調整するつもりである。調整するには(合併することも)選択肢だが、明日の会談の時に時間があれば話す」と答えるに留めた。



「民国合併」で「経世済民」を!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「民国合併」で「経世済民」を!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-16 12:32 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)
亀井静香さんの地元、広島六区に自民党は近々予想される総選挙では、候補を擁立しないことになりました。

既に、民主党の前議員の佐藤こうじさんが参議院で昨年、亀井さんの支持も受けて広島選挙区でダントツのトップ当選。

民主党は、亀井さん支援をきめています。また亀井さんは経済政策では社民的で、選択的夫婦別姓推進や死刑廃止などの姿勢と合わせて共産党や社民党支持者からの評価も高く、事実上無風が予想されます。

筆者は、国民新党のイベントでは自民党の県議にもお会いします。

自民党支持者の中にも根強い亀井さんのファンも多い。

<衆院選>広島6区、自民は断念 国民新党・亀井静香氏配慮
9月9日12時28分配信 毎日新聞
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/?1220932070
 自民党の広島県連幹部は4日、党本部で古賀誠選挙対策委員長に会い、衆院広島6区には、同党の候補を擁立しないことを確認した。自民党関係者によると「擁立見送りは、衆院選後の政界再編に備えて、6区選出の亀井静香国民新党代表代行とのパイプを維持しておくため」という。

以上のような記事もあります。

こうしたなかで擁立断念に踏み切ったものと思われます。

ただ、選挙区がたとえば無投票だと国民新党の比例票が伸び悩みかねません。現在一議席ある比例中国の議席が危うくなりかねない。

野党側にとってもよいことばかりではありません。

広島六区は自民党は候補断念_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







広島六区は自民党は候補断念_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-09 18:19 | 新しい政治をめざして | Trackback