人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:人質司法 ( 4 ) タグの人気記事

“世界は、日本の裁判所が電子ブレスレットやアンクレットのような被告人の位置を特定できるツールを使っていなかったことに驚いている”“ゴーン氏側は保釈請求にあたって、このツールの受入れも明示していた”
「日本の裁判所や検察は、少しでも逃亡のおそれのある被告人は身柄を拘束しておけばいいという考えに拘泥し、身柄拘束をできるだけ避けながら逃亡を防止するためにどうしたらいいのか考える努力を怠ってきた」
そうなんです。人権を尊重しつつ、逃亡を防ぐ。そういう部分が日本はおくれていたとおもう。
基本的にいわゆる「人質司法 」=被疑者をやたら拘束して、追い込んで、起訴=有罪に追い込む=でやってきたから
そういう発想がなかったのでしょうね。
日本の「人質司法」は問題ありまくりだ。是正すべきは是正すべきです。
その際、たとえば、労働運動家や反原発運動家が不当に勾留されたり、クルド難民への日本政府による異常な人権弾圧
を批判することなしに、ゴーン被告人だけを擁護するのはバランスを失するでしょう。

第二に、「人質司法」が、ゴーン被告人が逃亡したことの免罪符にはならないし、日本政府は日本政府できちんと
国際手配など粛々とやるべきことはしていくべきでしょう。関係者の処分も避けられない。


また、社会的にいえば、経営者時代にやったマイナス面(コストカット偏重)への批判を日仏の労働者から受けている
のは当然でしょう。

三つの問題は整理して議論し、対策を立てるべきでしょう。



by hiroseto2004 | 2020-01-02 20:39 | 事故・災害・事件 | Trackback
ベイルート市民は「故郷に錦を飾る」という感じでしょう。
日本はきちんと、人質司法などあらためるべきはあらためないと
ゴーン被告人に今後、やられ放題になりかねない。
ただ、反原発運動家、労働運動家とかが不当に勾留されたり、
クルド難民らが人権弾圧されている現実に対して批判があまり
あがらないのに、ゴーン被告人の勾留に批判がたかまるというのも
不公平だと思います。大富豪こそ、にげる手段があるわけだから、
むしろ、保釈条件をきびしくする(保釈金15億円は痛くもかゆくもなかったのでは?)
などは検討してもいいとおもう。



More
by hiroseto2004 | 2020-01-02 06:32 | 司法 | Trackback
チョグク被告人在宅起訴。元首の腹心でも忖度せずに、起訴する韓国検察。他方で安易に逮捕を許さない裁判所。
それはそれでチェックアンドバランスが働いている。

by hiroseto2004 | 2019-12-31 19:07 | 国際情勢 | Trackback
備忘録。ゴーン被疑者はお膝元のフランスでは、人気がないようです。
そういう方を、日本人が、一部リベラルまで含めて過剰に同情し、
持ち上げるのはいかがなものか。
確かに日本のいわゆる人質司法はおかしい。
だが、反原発や労働運動関係者の不当逮捕、異常長期勾留にきちんと批判してこなかった方々がゴーン被疑者の時だけ司法批判というのなら、それはどうかと思いませんか?



by hiroseto2004 | 2019-01-09 17:24 | 事故・災害・事件 | Trackback