人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:仮処分 ( 12 ) タグの人気記事

広島地裁に続き、高松高裁が不当決定!

伊方原発というのはそもそも、半島の途中にあり、万が一の事故の時の避難は困難を極めます。そういう意味からも、愛媛県民が求めた運転差止めの仮処分は、広島県民が訴えたそれよりもさらに切実なはずですが、高裁は不当決定です。


愛媛県の住民が四国電力・伊方原子力発電所3号機の運転差し止めを求めていた仮処分の即時抗告審で、高松高裁は住民側の訴えを棄却し、運転を認めました。

 伊方原発3号機の運転停止の仮処分は、火山の噴火に対する安全性が十分でないなどとして愛媛県の住民が求めています。

 去年7月、松山地裁はこの申し立てを却下しましたが、住民側が即時抗告し、「地震や火山噴火の規模の予想は、今の科学では困難で安全を保証できない」などと訴えていました。

 「高松の裁判所は伊方原発を止めることをしなかった。高松高裁は伊方原発に負けたんだと私は思います」(運転差し止めを求めている原告)

 伊方原発3号機を巡っては、広島高裁が今年9月に運転差し止めの仮処分を取り消し、先月27日に再稼働しています。(15日11:42)


by hiroseto2004 | 2018-11-15 20:36 | 伊方原発運転差止裁判 | Trackback

 2017年12月の伊方原発3号機運転の差止め仮処分について、原告(住民)側は延長を求めていましたが、不当決定です。「広島地裁で係争中の運転差し止め訴訟で決着されるべき問題」裁判長自体は判断を逃げたということです。


四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を今年9月末までの期限で差し止めた広島高裁決定をめぐり、広島地裁は26日、広島市などの住民4人が期限延長を求めた仮処分の申し立てを却下した。藤沢孝彦裁判長は「巨大噴火による事故のリスクは急迫していない」とした上で、「広島地裁で係争中の運転差し止め訴訟で決着されるべき問題」と判断した。

 伊方原発をめぐっては、広島高裁が昨年12月、約130キロ離れた阿蘇山熊本県)について「約9万年前にあった過去最大規模の巨大噴火が起これば、火砕流の影響を受けないとはいえない」と判断し、今年9月30日まで運転を差し止める仮処分決定を出した。これに対し、住民らは「差し止め期限に理由はない」として、今月1日以降も運転を差し止めるよう広島地裁に仮処分を申請していた。

 一方、四電はこの高裁決定を不服として保全異議を申し立て、広島高裁の別の裁判官が先月25日、異議審で決定を取り消していた。「(破局的噴火のリスクを)容認する社会通念があると判断するほかない」などとした上で、破局的噴火以外で火砕流伊方原発に達する可能性は十分小さいと判断した。

 四電は27日、伊方原発3号機の運転を再開する予定。(新谷千布美)


by hiroseto2004 | 2018-10-26 20:36 | 伊方原発運転差止裁判 | Trackback
伊方原発運転差止め広島裁判。運転差し止めの新たな仮処分申し立てに対する広島地裁の決定文交付が明日10月26日(金)・奇しくも反原子力の日に行われます。

伊方3号機広島新仮処分:決定後、旗出、記者会見・報告会


2018年10月21日(広島)
 広島市の住民3名と松山市の住民1名の計4名が、昨年12月の広島高裁・伊方原発3号機運転差止決定(野々上決定)に伴う差止期限(18年9月末)の無効または延長を求めてさる5月18日に広島地裁に仮処分申立(以下新仮処分)事件は、広島地裁(民事第4部:裁判長・藤澤孝彦裁判官、右陪席・伊藤昌代裁判官、左陪席・内村諭史裁判官)で10月26日(金)午前11時に決定文交付となることが決まっているが、住民側当日の取組が明らかになった。10月20日、広島市内で開かれた原告団・応援団総会で決定したもの。

 当日の取組は以下の通り。

【伊方3号機運転差止新仮処分事件決定文交付日の取組】
期日:2018年10月26日(金)
場所:広島地裁前(集会及び旗出)
   広島弁護士会館2階大会議室(記者会見・報告会)
当日のスケジュール(予定);
10時30分頃 地裁前集会開始。
10時45分頃 新仮処分決定文受け取り送り出し。代理人弁護士と申立人2名などが受け取り。
  11時00分  決定文(要旨とも)交付
  11時05分頃 旗出。(旗出人は申立人2名)(旗出は3通り用意)
  11時10分頃 決定内容報告
  11時20分頃 ぶら下がり取材(代理人弁護士・申立人2名)
12時00分  記者会見・報告会会場開場(広島弁護士会館2階大会議室)
13時00分頃 記者会見・報告会開始
         ・弁護団解説、所感 ・申立人所感 ・記者団質疑応答 ・参加者質疑応答
 (なお、決定文要旨は記者会見場で配布)
14時00分過頃 記者会見・報告会終了予定。

(了)


【問い合わせ先】伊方原発広島裁判応援団事務局
〒733-0012 広島市西区中広町2丁目21-22-203
e-Mail :
URL: http://saiban.hiroshima-net.org
プレス担当者:哲野イサク

by hiroseto2004 | 2018-10-25 18:00 | 伊方原発運転差止裁判 | Trackback
伊方3号機の運転停止の延長を求め、本日14時に、新たな仮処分の申し立てが広島地裁で行われます。
伊方3号機についてはすでに運転停止を命じる仮処分が下っていますがその延長を求めます。

by hiroseto2004 | 2018-05-18 11:12 | エネルギー政策 | Trackback
伊方原発の運転差し止め仮処分は、12月13日(水)13時半に仮処分の可否が決定通知がされます。
広島地裁で仮処分申請が却下され、広島高裁で即時抗告審が行われていました。
原告を応援したい方は広島弁護士会館にお集まりください!



by hiroseto2004 | 2017-12-10 19:52 | エネルギー政策 | Trackback
e0094315_15214607.jpg



広島県に住む人ら四人が広島地裁に四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申し立ては、30日、却下されました。

十五時過ぎ、裁判所から出てきた弁護団の若手弁護士二人が「差し止めならず」「被爆地ヒロシマは諦めない」の幕を広げました。

広島地裁の決定では、基準地震動の策定の合理性/基準津波の策定の合理性/火山事象の影響による危険性/その他の争点について検討。いずれも、「新規制基準に適合するとした原子力委員会の判断に不合理な点はない」とし、「住民らの人格権が侵害される恐れがあるとはいえない」としてしまいました。
なお、「基準地震動の策定の合理性」については、「なお慎重な検討を要すべき課題がある」と認めていますが、専門家を証人尋問して関連事実を慎重に認定する必要があるため「本案訴訟で行われるべきであって」「そのような証拠調べは仮処分にはなじまない」としています。

地震動については、2016年3月11日に広島地裁に提訴された伊方原発の運転差し止めを求める本訴訟のほうで、今後、裁判所がきちんとした事実認定をすれば、本訴訟で伊方原発3号機を止められる可能性は残っている、と見ることも出来る要旨でした。

今回の決定は、日本国憲法上最高の価値を持つ人格権(個人の尊厳)を否定するものです。
司法が依然として安全神話にしがみついていることも示しました。
そもそもが、新規制基準自体、本当に福島の事故の原因の究明や責任追及が曖昧なまま策定されたものです。
それを是としたのは、原発安全神話に司法がしがみついていると言うことです。
原発事故が起きれば人格権は侵害されます。そして、今回の決定は「過ちは繰り返しませぬから」といいながら、「大きな過ちを再び繰り返している」と言わざるを得ません。
さて、いま、東芝の事実上の経営破綻に見られるように、原子力産業は断末魔です。
原発のない世界が実現するまで、本紙も粘り強く取り組みを続けます。


本日の決定などに関する資料は以下です。

関連記事

by hiroseto2004 | 2017-03-30 15:21 | エネルギー政策 | Trackback

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)、9月20日第5回審尋、いよいよクライマックスへ

http://saiban.hiroshima-net.org/pressrelease/021_20160917.html


2016年9月17日(広島):
 審尋が継続中の伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)は、9月20日に広島地裁で第5回審尋が開催される予定でいよいよクライマックスを迎える。さる13日に開かれた第4回審尋では、裁判官に対する債務者(四国電力)側のプレゼンテーションが行われたが、第5回の審尋では今度は債権者(運転差止仮処分命令申立人)側のプレゼンテーションとなる。申立人側のプレゼンテーションは、司法判断、被害論、基準地震動、新規制基準の不当性などといったテーマとなる見通し。

 第4回審尋では、吉岡裁判長らが四国電力側にかなり突っ込んだ質問を繰り出しており、裁判官側が債権者・債務者側の訴状や答弁書、準備書面などをかなり詳細に読み込み精査した上で決定を出そうという姿勢がアリアリと見えた。第5回審尋では逆に債権者側が裁判官側の厳しい質問にさらされることが十分に予測される。決定の行方は予断を許さず注目される。

3月11日に提訴された伊方原発3号機運転差止仮処分は、4月28日の第1回審尋を皮切りに第5回目を迎えるが、今のところ第5回目が最後の審尋となる可能性が大きい。仮処分の審尋は一般の傍聴や報道陣の取材を許されていないが、伊方原発広島裁判原告団及び応援団、弁護団は審尋終了後直ちに広島弁護士会館で報告会・記者会見を開催して、審尋の様子を詳しく伝えることとしている。(添付資料チラシ「伊方原発 広島の危険」を参照のこと)

また審尋に先立ち、原告団・応援団は広島地裁へ乗り込み行進を行うことにしている。

 20日第5回審尋に向けて伊方原発広島裁判応援団は、18日広島市内の広島市まちづくり市民交流プラザで「仮処分勝って止めよう」学習会を開催し、伊方原発と広島の危険について公表されているデータをもとにした報告を中心に質疑討論することにしている。

 伊方原発3号機は、8月12日に再起動して原子力規制委員会の最終検査「起動後検査」に入り、22日には100%の定格熱出力に達し、9月7日には規制委規制基準適合性審査の最終段階「使用前検査」に合格、直ちに通常営業運転再開(再稼働)に入っている。

 一方で市民側は、3月11日に伊方原発広島裁判原告団が伊方原発運転差止提訴と原告団が選出した申立人が3号機の運転差止仮処分の同時提訴をしたあと、5月31日には松山の市民が松山地裁に3号機運転差止仮処分を申し立て、さらに6月29日には大分の市民が大分地裁に同仮処分を申し立てるなど、「伊方原発包囲網」を敷いている。四国電力が営業運転を再開したばかりの3号機の運転を継続するためにはこの3件の仮処分申立事件に連続して勝ち抜かねばならない。3号機の運転が継続できるかどうかは予断を許さない。
by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:29 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20160913.pdf

勝てば伊方3号機即時停止です。

仮処分の第四回審尋が本日9月13日(火)、広島地裁で行われます。
記者会見も行われます。

by hiroseto2004 | 2016-09-13 12:46 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback

4月28日第1回審尋のご案内

「勝てば即停まる仮処分」の第1回審尋日のご案内ができました。
 熊本・大分の大地震は他人事ではありません。伊方原発付近で近々大地震が起こっても不思議ではなくなってきたからです。私たちの危険は高まっていると言えます。
 この裁判は、ふるさと広島や瀬戸内海を放射能災害や被曝から護る闘いです。主旨にご賛同いただける方は、ぜひご参加ください。「勝てば即停まる」この裁判を応援してください。宜しくお願いします。

▽チラシPDF
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20160428.pdf


e0094315_06082145.jpg


by hiroseto2004 | 2016-04-27 06:09 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ

【声明】 ‐4.14福井地裁決定を受けて‐ 今度こそ原発再稼働を断念し、エネルギー政策の根本的転換を

2015/04/14

‐4.14福井地裁決定を受けて‐

今度こそ原発再稼働を断念し、エネルギー政策の根本的転換を



           2015年4月14日 緑の党運営委員会

本日、福井地方裁判所(以下「福井地裁」)は、関西電力株式会社に対して、高浜原子力発電所3、4号機の運転差し止めを命じる仮処分決定を言い渡しました。この決定において福井地裁は、「新規制基準に求められるべき合理性とは、原発の設備が基準に適合すれば深刻な災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な内容を備えていることである」とし、「(原子力規制委員会が策定した)新規制基準は合理性を欠くものである」と断じました。新規性基準の合理性を否定したこの決定を、事業者や国は重く受け止める必要があります。

原発をめぐる従来の訴訟においては、行政や事業者の主張を追認し、住民の訴えが退けられることがほとんどでした。しかし昨年5月21日、福井地裁は、基準地震動を超える地震が10年足らずに何度も原発を襲ったことや、冷却にとって重要な設備がSクラスとなっていないこと、そして人格権が憲法上、電力会社の経済活動に優先すること等を理由に、大飯原発3,4号機の運転差し止めを認める歴史的判決を言い渡しました。その後の大津地裁決定(昨年11月)も、保全の必要性(判決を待てないほどの緊急性)こそ否定したものの、原発の危険性については福井地裁判決と同様の認識に立っています。

それにもかかわらず原子力規制委員会は、福井地裁判決が指摘した規制基準の問題に触れることのないまま、また、大津地裁決定が事実上規制委員会に慎重な審理を求めたことも無視して、高浜原発の再稼働を事実上容認しました。これは、三権分立の観点からも重大な問題があります。

しかし、今回の決定によって、原発の再稼働を直ちに止める法的な効力がついに生じたのです。

福井地裁に限らず、複数の裁判所が人権擁護の観点から原発再稼働に警鐘を鳴らしてきた背景には、東京電力・福島第一原発事故の悲惨な事故を直視した、多くの市民の声があります。「3.11」から4年を経たこの歴史的な日に、私たちはあらためて、被害者の方々に寄り添うこと、そして、二度とこのような公害被害を引き起こさないよう、エネルギー政策を根本から転換することはもとより、社会そのものを豊かな自然のリズムに沿った持続可能なものへとつくり替えるために活動を続けることを誓います。

緑の党は、この統一自治体選挙にあたって、あらためて各地の地域・地方から、原発再稼働への反対の声をあげ、エコロジカルな社会の創造を訴えていきます。



More
by hiroseto2004 | 2015-04-14 21:09 | 緑の党・ひろしま | Trackback