エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:伊方原発 ( 70 ) タグの人気記事

e0094315_13333280.jpg




河合弘之弁護士たちが裁判所から出てきて結果を告げた瞬間「嘘だろう‼」と本社社主も口をついて叫んでしまいました。

しかし、紛れもなく、2017年12月13日、被爆地広島の広島高裁が四国電力伊方原発3号機運転差し止めの仮処分を下しました。

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件
決定文(A4版406頁)※当事者目録除く
決定要旨(A4版6頁)

高裁が原発を止めるように命じたのは初めて。しかも、地方裁判所で住民(申し立て人→抗告人)の訴えが却下されて、
高裁でひっくり返ったのですから歴史的な快挙です。

裁判所は、伊方原発から130kmの阿蘇山の火砕流や火山灰のリスクについて、抗告人(申し立て人)の主張を認めました。

抗告人弁護人の河合弘之弁護士は裁判所前での原告・支援者への報告や記者会見の中で
「日本中の原発を止めていかなければならない」
と改めて決意表明。
「伊方原発の事故で瀬戸内海が死の海になることがとりあえず避けられた」
「歴史的転換点だ。」
「被爆地広島の高裁が原発停止を命じた。」
などと喜びの声をあげました。

そして、
「(火山が近くにある原発が多いので)ほかの訴訟にも水平展開(同じような理屈が適用)できる。」
と指摘。

河合弁護士は感想として
「裁判官の独立が、民主主義がうまく機能しなかったときに法を守る(ことになる)。裁判官の独立とは、政治や行政はもちろん、最高裁からも独立しているという意味(であることを実感した)。」
などと指摘しました。

また、伊方原発運転差し止めを求める本訴訟の堀江原告団長は
「十分とは思わないが、若い人たちにこれで申し開きもできる。」
抗告人の小倉正さんは
「松山在住だが、仕事で30km圏内に行くことも多いので差し止めはうれしい」
などと語りました。
e0094315_14054563.jpg







by hiroseto2004 | 2017-12-13 13:32 | エネルギー政策 | Trackback

伊方原発運転差止め広島裁判の第6回口頭弁論が5日、広島地裁で行われました。その際の原告側の口頭弁論提出書面です。

2017年7月5日 第6回口頭弁論時 提出書面

原告側

準備書面7「答弁書 第6・第7の1項・2項に対する認否」 A4版4枚
準備書面8「活断層が存在する可能性」 A4版7枚
準備書面9「基準地震動の問題点」 A4版61枚
by hiroseto2004 | 2017-07-07 20:26 | エネルギー政策 | Trackback

4月19日、広島地裁に伊方原発運転差し止めを四国電力に求め、77人が追加提訴しました。
本社社主・さとうしゅういちも広島市民の一人として参加しました。

この日は、裁判の第四回口頭弁論でした。

原告側から、以下の資料が提出されています。
それによると、被告四国電力が想定しているよりはるかに大きな地震動が発生しうることが指摘されています。
いわゆる芸予地震タイプの地震でも、最大でM8.0まではあり得るという政府の地震本部の想定も引用されています。
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/honso/jyunbi_06.pdf

詳しくは以下のサイトで。


e0094315_15442965.jpg
e0094315_15450981.jpg

■芸予地震の震源域付近でも最大M8はあり得る!

参考までに、リンク先の119~121ページと126ページをご覧ください。
これは危険ですね。

いわゆる芸予地震(最近では2001年にM6.7が発生)の震源域でも、実は、M7.6以上、M8.0までは起きえると、政府の地震本部も認めています。

伊方原発の真下だと、大変なことになりかねない。2001年の地震でも最大震度6弱でしたが、M7.6となれば、震度6強から震度7と言うこともあり得る。


http://jishin.go.jp/main/chousa/14_yosokuchizu/f1_5.pdf



by hiroseto2004 | 2017-04-19 15:48 | エネルギー政策 | Trackback

第5回口頭弁論 2017年4月19日 13時広島地裁前集合

第5回口頭弁論期日は2017年4月19日、14時から進行協議、14時20分から口頭弁論の予定です。


by hiroseto2004 | 2017-04-17 16:42 | エネルギー政策 | Trackback
e0094315_17022222.jpg
広島から最も近い原発・四電伊方原発の運転差し止めを求め、被爆者を含む市民が広島地裁に訴えている裁判の第四回口頭弁論が2月6日(月)、行われました。

口頭弁論後、原告団と弁護団が記者会見を実施しました。

同時並行して、進んでいる伊方原発3号機の運転差し止めの仮処分申請についての手続きは2月20日をもって一段落し、あとは裁判官の判断を待つばかりになっています。

次回の口頭弁論は4月19日(水)に予定されています。

今後の予定

2月20日(月) 四電の仮処分への反論提出期限。

3月3日(金) 山口地裁岩国支部 伊方原発3号機運転差止め仮処分申し立て予定

3月4日(土) 廿日市市商工保健会館交流プラザで早坂康隆講演会。

3月16日(木) 大分地裁 伊方原発3号機運転差止訴訟 第5回審尋

4月19日(水) 本訴訟第五回口頭弁論。

広島と同じく愛媛県の対岸に当たる岩国や大分でも伊方原発運転差し止めを求めて訴訟が提起されています!


by hiroseto2004 | 2017-02-06 17:33 | エネルギー政策 | Trackback
昨年末にも行われるかと待ち構えていた伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立についての決定が、かなり遅れることがはっきりしてきました。
1月17日に債権者側(申立人側)の弁護団が新たな準備書面を提出したのを受けて、2月3日に今後の進行についての協議が行われる予定です。
▼詳しくはプレスリリースNo.28をご覧下さい。

「Xデー」よりも前に、2月6日の伊方原発運転差止請求本案訴訟第4回口頭弁論が行われることが、ほぼ確実になりました。
今回は、原告の意見陳述は行われませんが、原告側弁護団は新たな準備書面を提出しています。
▼準備書面4(被害論)

今回も、ぜひとも法廷を一杯にして、伊方原発運転差止を求める私たちの強い意思を示したいと思います。
抽選で傍聴が叶わない場合もありますが、当日はぜひ広島地裁までお運びください。
▼2月6日第4回口頭弁論期日の御案内チラシ

初年度(2016年度)会計・監査報告と活動報告を掲載いたしました。
本原告団・応援団の会計年度は、前年の12月1日からその年の11月30日までです。
よろしくご査収ください。
▼第1期 会計監査報告

皆様の力強いご支援のおかげを持ちまして、伊方原発広島裁判原告団・応援団の会計は、
現在のところ何とか回っていますが、決して余裕のある状況ではありません。
2016年12月末現在の差引残高は、359,300円です。
引き続き支援のご寄付も受け賜わっております。

◆伊方原発広島裁判応援団」の振り込み口座
 口座記号番号:01360-8-104465
 口座名:伊方原発広島裁判応援団

他行からの振り込み
 店名(店番): 一三九(139)
   預金種目: 当座
   口座番号: 0104465

ご協力よろしくお願い申し上げます。
以上ご報告いたします。

伊方原発広島裁判応援団


by hiroseto2004 | 2017-01-31 17:21 | エネルギー政策 | Trackback
e0094315_19234384.jpg
今日は、原爆ドームと厳島神社の世界遺産登録二十年。
原爆ドームでは、イルミネーションが行われています。

「原爆の犠牲者の慰霊の場にはそぐわない。」
というご意見。
他方で
「もう、かき船があるのに、イルミネーションが問題なのか?」
というご意見。
双方を伺います。



by hiroseto2004 | 2016-12-07 19:22 | 反核・平和 | Trackback

豊後水道でM3.8,最大震度3

本日未明、伊方原発の近くの豊後水道でM3.8の地震が発生。伊方町でも震度1を観測しています。
平成28年11月26日03時55分 気象庁発表
26日03時52分頃地震がありました。
震源地は豊後水道(北緯33.2度、東経132.1度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

大分県  
震度3  大分市佐賀関*     
震度2  大分市新春日町* 臼杵市臼杵* 佐伯市鶴見*          
佐伯市上浦*     
震度1  豊後高田市御玉* 姫島村役場* 国東市鶴川          
国東市田深* 国東市国見町伊美* 国東市安岐町*          
大分市長浜 大分市舞鶴町* 別府市鶴見          
別府市天間 杵築市南杵築* 杵築市山香町*          
津久見市立花町* 津久見市宮本町*          
佐伯市蒲江蒲江浦 佐伯市春日町* 佐伯市弥生*          
佐伯市本匠* 佐伯市米水津* 佐伯市役所*          
豊後大野市清川町* 豊後大野市緒方町*          
豊後大野市千歳町* 豊後大野市犬飼町犬飼*          
竹田市竹田小学校* 竹田市会々*

愛媛県  
震度2  宇和島市丸穂* 宇和島市三間町* 大洲市大洲*          
西予市明浜町* 西予市宇和町*     
震度1  久万高原町久万* 宇和島市住吉町          
宇和島市津島町* 宇和島市吉田町*          
八幡浜市五反田* 八幡浜市保内町*          
大洲市肱川町* 大洲市長浜* 内子町内子*          
伊方町三崎* 伊方町湊浦* 松野町松丸*          
西予市野村町 愛南町船越* 愛南町柏*          
愛南町一本松*

高知県  
震度1  宿毛市桜町* 黒潮町入野 黒潮町佐賀*

山口県  
震度1  光市中央* 周南市熊毛中央町* 防府市西浦*

熊本県  
震度1  産山村山鹿* 阿蘇市一の宮町* 阿蘇市波野*

宮崎県  震度1  延岡市北川町川内名白石* 延岡市北浦町古江*          
高千穂町三田井

この地震による津波の心配はありません。


by hiroseto2004 | 2016-11-26 21:22 | 事故・災害・事件 | Trackback

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)、9月20日第5回審尋、いよいよクライマックスへ

http://saiban.hiroshima-net.org/pressrelease/021_20160917.html


2016年9月17日(広島):
 審尋が継続中の伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)は、9月20日に広島地裁で第5回審尋が開催される予定でいよいよクライマックスを迎える。さる13日に開かれた第4回審尋では、裁判官に対する債務者(四国電力)側のプレゼンテーションが行われたが、第5回の審尋では今度は債権者(運転差止仮処分命令申立人)側のプレゼンテーションとなる。申立人側のプレゼンテーションは、司法判断、被害論、基準地震動、新規制基準の不当性などといったテーマとなる見通し。

 第4回審尋では、吉岡裁判長らが四国電力側にかなり突っ込んだ質問を繰り出しており、裁判官側が債権者・債務者側の訴状や答弁書、準備書面などをかなり詳細に読み込み精査した上で決定を出そうという姿勢がアリアリと見えた。第5回審尋では逆に債権者側が裁判官側の厳しい質問にさらされることが十分に予測される。決定の行方は予断を許さず注目される。

3月11日に提訴された伊方原発3号機運転差止仮処分は、4月28日の第1回審尋を皮切りに第5回目を迎えるが、今のところ第5回目が最後の審尋となる可能性が大きい。仮処分の審尋は一般の傍聴や報道陣の取材を許されていないが、伊方原発広島裁判原告団及び応援団、弁護団は審尋終了後直ちに広島弁護士会館で報告会・記者会見を開催して、審尋の様子を詳しく伝えることとしている。(添付資料チラシ「伊方原発 広島の危険」を参照のこと)

また審尋に先立ち、原告団・応援団は広島地裁へ乗り込み行進を行うことにしている。

 20日第5回審尋に向けて伊方原発広島裁判応援団は、18日広島市内の広島市まちづくり市民交流プラザで「仮処分勝って止めよう」学習会を開催し、伊方原発と広島の危険について公表されているデータをもとにした報告を中心に質疑討論することにしている。

 伊方原発3号機は、8月12日に再起動して原子力規制委員会の最終検査「起動後検査」に入り、22日には100%の定格熱出力に達し、9月7日には規制委規制基準適合性審査の最終段階「使用前検査」に合格、直ちに通常営業運転再開(再稼働)に入っている。

 一方で市民側は、3月11日に伊方原発広島裁判原告団が伊方原発運転差止提訴と原告団が選出した申立人が3号機の運転差止仮処分の同時提訴をしたあと、5月31日には松山の市民が松山地裁に3号機運転差止仮処分を申し立て、さらに6月29日には大分の市民が大分地裁に同仮処分を申し立てるなど、「伊方原発包囲網」を敷いている。四国電力が営業運転を再開したばかりの3号機の運転を継続するためにはこの3件の仮処分申立事件に連続して勝ち抜かねばならない。3号機の運転が継続できるかどうかは予断を許さない。
by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:29 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20160913.pdf

勝てば伊方3号機即時停止です。

仮処分の第四回審尋が本日9月13日(火)、広島地裁で行われます。
記者会見も行われます。

by hiroseto2004 | 2016-09-13 12:46 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback