人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:劣化ウラン兵器 ( 6 ) タグの人気記事

アメリカ軍が対イスラム国作戦で劣化ウラン兵器を使用していたそうです。
劣化ウラン兵器を装備するA10攻撃機をアメリカ軍が対イスラム国作戦に昨年末投入していました。
湾岸戦争やイラク戦争で使われ、子どもたちが被曝。健康被害が多く報告され、国際的にも禁止運動が盛り上がりました。

イスラム国による数々の殺人はイスラム教義にも反する蛮行です。

しかし、だからといって、アメリカ軍が、子どもたちを被曝させる劣化ウラン兵器を使っていいのでしょうか?
そして、そこまでして、武力でテロをなくせるのでしょううか?
いや、イラク戦争が結局はイスラム国を生んだ歴史を省みれば、アメリカ軍の行為は愚かとしかいいようがありません。
そして、日本もそのような愚行に「集団的自衛権」の名のもとに参加するべきではないでしょう。
by hiroseto2004 | 2015-02-15 18:46 | 反核・平和(ウラン兵器禁止) | Trackback
日野市議会(3月議会)で劣化ウラン弾の禁止決議 が上がりました。
クラスター爆弾禁止(昨年6月議会)に続くもので す。
-------------------------------------------------------------
米国をはじめ各国に対し、非人道兵器である劣化ウラン兵器の製造・配備・使用の禁止、廃棄を求める決議

2007年12月5日、国連第62回総会は、「劣化ウランを含んだ兵器・砲弾使用の影響に関する決議」を、賛成136、反 対5、棄権36、投票不参加15票で通過させました。決議は、劣化ウラン兵器の使用が
人体や環境に及ぼす潜在的有害性を考慮すると明記し、事務総長の名前で加盟国と関連国際機構に対して劣化ウラン問題に 関する報告書を提出し、劣化ウラン兵器に問題があるということを公式 に認定しましたD
このことを踏まえて、日野市議会は日本政府に対し、米国をはじめ劣化ウラン兵器を配備しているイギリス、フランス、 ロシア、中国、カナダ、スウェーデンギリシャ、トルコ、イスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、パーレーン、エジプト、クウェート、パ キスタン、タイ、台湾、韓国などの諸国に劣化ウラン兵器の製造・配
備・使用の禁止と、劣化ウラン兵器を廃棄するよう働きかけることを強く 求めるものです。
以上、決議する。

平成21年3月27日
日野市議会


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






日野市議会(3月議会)で劣化ウラン弾の禁止決議 _e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

日野市議会(3月議会)で劣化ウラン弾の禁止決議 _e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2009-04-10 20:56 | 反核・平和(ウラン兵器禁止) | Trackback
[以下、転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]
                    2009年
1月4日
皆様

「イスラエルによるガザ空爆で、劣化ウランを含む GBU 39、いわゆるスマート爆弾が投入されているので はないか」との懸念は、ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)のメンバーの間でもあがっており、確認につとめているところです。

[1]www.planetenonviolence.org にアップされています下記の記事[1](タイトル:「ガザにおける、劣化ウランによるジェノサイド」)では、冒頭、「今朝、イスラエルのプレスは、ガザ地域の標的を攻撃するた めに劣化ウランを含むGBU 39を使用している空軍のテ クノロジー的功績を自慢した」とあり、また、段落の最後は、「エジプトとの国境近くでトンネルを破壊するために最近行われた空爆は、SS(シオニスト 兵士)軍のある将校によると、劣化ウランを含むGBU 39を用いて行われた」とあります。

[2]また、YouTubeにアップされていますビデオ・クリップ(初めてガザ地域に入ることを許可されたノルウェー人医師の報告)につけられた下記コメ ント[2]には、"He also mentioned that these bombs appear to be radioactive as well." 「これらの爆弾は放射性でもあるようだとも言及していた」とありますが、残念ながら、現在アップされているクリップは一分ほど短くされてしまっていて、この言及はカットされてしまっているとのこと。

ICBUWのメンバーとも至急相談しまして、対応を 検討したく存じます。 

    嘉指信雄
           NO DU ヒロシマ・プロ ジェクト http://www.nodu-hiroshima.org/


[1]http://www.planetenonviolence.org/Genocide-a-L-Uranium-
Appauvri-a-Gaza-Grace-Aux-GBU-39-Fournies-Par-Les-USA_a1767.html

G?nocide ? L'Uranium Appauvri sur Gaza
mercredi 31 d?cembre 2008 (17h49)2 commentaires"Non contents de massacrer massivement les palestiniens de Gaza les SS - Soldats Sionistes- empoisonnent les survivants ? l'Uranium Appauvri. La presse isra?lienne s'est vant?e ce matin des exploits technologiques de son arm?e de l'air qui utilise des Smart Bombs GBU
39 ? l'Uranium Appauvri pour bombarder leurs cibles dans la Bande de
Gaza, un territoire de 360Km2 d'une densit? de population de 3823h au Km2. Les r?cents raids a?riens sur la fronti?re avec L'Egypte pour d?truire les tunnels se font, selon un officier de l'arm?e SS, avec
ces GBU 39 ? L'UA.

Voir l'article de www.planetenonviolence.org

G?nocide ? L'Uranium Appauvri ? Gaza Gr?ce Aux GBU 39 Fournies Par Les USA
Ces GBU 39, dites Smart Bombs( Bombes Intelligentes) sont de petites bombes, bon march?, d?velopp?es par l'industrie militaire am?ricaine pour frapper des cibles en profondeur du type bunkers. Le congr?s am?ricain a donn? son accord en Septembre pour la fourniture de 1000 de ces bombes ? l'arm?e isra?lienne, et la premi?re livraison a eu lieu d?but D?cembre. Ces GBU 39 ont ?t? utilis?es samedi contre des cibles souterraines et dimanche pour d?truire des tunnels sur la fronti?re ?gyptienne. Ces GBU 39 sont r?put?es ?tre tr?s pr?cises, p?sent 113 Kg, avec une charge explosive de 22,7Kg et ont les m?mes capacit?s de p?n?tration que les bombes de 900 Kg. Leur petite taille, permet d'augmenter le nombre de bombes transport?es par les avions de combat F15 ou F16 et par cons?quent le nombre de cibles vis?es ce qui explique la violence des attaques de samedi principalement sur la ville d
e Gaza surpeupl?e. Le dard de ces bombes est ? l'Uranium Appauvri, UA 238, multipliant sa force de p?n?tration, elles peuvent ?tre utilis?es par mauvais temps et ont une port?e de 110Km.l'UA est un redoutable poison chimique et radiologique qui br?le ais?ment ? l'impact et se r?duit ? 90% en particules radioactives extr?mement petites (particules nanom?triques de quelques milliardi?mes de m?tre) qui ?chappent ? tout type de masque ? gaz. Ces combustions r?p?t?es d'uranium voyagent avec les mouvements d'air contaminant l'atmosph?re et p?n?trant dans les organismes via la respiration. Donc presque tout l'uranium dont se servent les aviateurs se retrouve en quasi totalit? sous forme ? de gaz m?tallique radioactif invisible dans la biosph?re ? que les populations respirent.Ce n'est pas difficile d'imaginer les cons?quences catastrophiques que de tels bombardements avec des bombes GBU
39 ? l'UA auront sur la population de Gaza : cancers, malformations cong?nitales, maladies du syst?me immunitaire... et ce d'autant plus que la population souffre de malnutrition chronique et de manque de soins ? cause du blocus isra?lien. Les cons?quences de l'utilisation de bombes ? l'UA en Afghanistan et en Irak sont tr?s bien document?es, notamment par des photos insoutenables de nouveaux n?s malform?s. En larguant des bombes GBU 39 ? l'UA sur des zones dens?ment peupl?es de Gaza, Isra?l proc?de ? un ? nettoyage ethnique ? lent de la population palestinienne qui sera automatiquement contamin?e, et ? une destruction de l'environnement. Le gouvernement sioniste de Tel Aviv n'a pas de chambres ? gaz, pas de gaz Zyklon, il a des Bombes ? Intelligentes ? pour exterminer le peuple palestinien, un v?ritable crime contre l'humanit?. Les armements ? l'UA sont ill?gaux..De : www.planete
nonviolence.org
mercredi 31 d?cembre 2008

[2]http://www.youtube.com/watch?v=vm4UH0F_S2o
A doctor member of the first foreign medical volunteers allowed into Gaza following the Israeli attack on Gaza at the end of 2008 gives his opinions to Al Jazeera News. He notes that 40% of the injured victims are women and children, opining that they are, in fact, the targets of the attacks, which he calls cowardly.

This was the second airing of this clip on the evening of New Year's eve 2008/09. It was shortened. The first airing of this doctor's statements ran about a minute longer and he stated that a large proportion of the injured were suffering from extreme burns that he presumed were caused by "new" bombs most commonly known (but definitely little-known) as Heavy Metal Tungsten Alloy (HMTA)weapons
>(http://tinyurl.com/72ovr5). He also mentioned that these bombs appear to be radioactive as well.

As I write this, there are no Web references to these weapons being used in the current attacks, although there are claims of their use in attacks on Gaza and southern Lebanon in 2006. (http://tinyurl.com/ 94vauc)

If these weapons are indeed radioactive, this feature might be due to
the use of depleted uranium, a surprisingly common component of
modern bombs.

To read my blog entry on the matter at my blog, Debating Depleted
Uranium, visit this link:http://www.gnn.tv/B30595


イスラエル、ガザで劣化ウラン使用か?_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







イスラエル、ガザで劣化ウラン使用か?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-04 08:28 | 国際情勢 | Trackback(1)
[転送・転載歓迎。]

【速報:「劣化ウラン兵器」決議、国連第一委員会で、昨年を上回る賛成多数で可決!】

2008年11月1日

 ニューヨークで開催中の国連第一委員会で、現地時間の10月31日午後、決議「劣化ウランを含む武器・砲弾の使用による影響」が、昨年を上回る賛成多数で可決されました。ニューヨークからの速報に よると、賛成126、棄権34、反対4(昨年の第一委員会では、賛成122、棄権35、反対6)。反対は、アメリカ、イギリス、イスラエル、フランス。今回は、昨年は棄権したフィンランド、ノルウェー、アイスランド、タジキスタンが賛成に、また反対していたオ ランダが賛成に、チェコは反対から棄権に転じました。(投票の詳細は追ってお知らせします。)特に、フィンランド、ノルウェー、オランダが賛成に転じたのは、ICBUWと連携して、これらの国々のNGOが
国内でのキャンペーンを強め、自国の政府への交渉や公聴会を開くなど、粘り強い働きかけを行ったことが大きくあずかっているかと思います。。

 日本政府は、昨年に引続き、賛成票を投じました。私たちは、このことを心から歓迎します。投票に先立つ10月30日(日本時間)、私たちICBUWは、賛同の市民、NGOの皆さん(「日本イラク医療支援ネット ワーク」、「原水禁国民会議」から参加)と共に、 外務省に「賛成票を投ずるように、そして被爆国と して、ウラン兵器禁止に向け、より積極的な役割を 果たすように」申し入れを行いました。福島みずほ 議員(社民党)と秘書の石川氏、近藤昭一議員(民 主党)秘書の青葉氏も、同席して下さいました。その時点で、すでに外務省・軍備管理軍縮課の森野課 長からは、「決議案に変更がない限り賛成する」と の返答がありました。外務省は、現時点で「これま での見解を大きく変える要素はない」「ウラン兵器 の影響については確定的な結論はまだ出ていない」 「WHO等の国際機関の調査・研究の動向を注視する」 とのこれまでの見解を繰り返しました。しかし一方 で、私たちの要請に対し、ウラン兵器の問題につい て「決して消極的なわけではない」とも表明してお り(9月29日の「申し入れ」時)、今回の私たちの申 し入れを受けて、今後もNGOとの対話の場を継続して 持ち、被害国への何らかの支援(被害国の医師の日 本での研修など)の可能性、NGO主催のウラン兵器問 題についてのシンポジウムへの参加など、具体的に できることを検討したいとも述べました。また今 年、国連事務総長に提出した「見解」についても、 今後の議論の中で検討し、内容を「更新」すること もあり得るとの返答でした。

 第一委員会での投票に引続き、12月初めには総会 での投票が行われます。ICBUWは、世界各国のICBUWメ ンバー、関連NGOに対し、それぞれの国の政府へ、同 決議への賛成票を投じるようにとの働きかけを早急 に行うよう呼びかけてきました。そして11月の「国 際共同行動デー」のキャンペーンの中でも、この問 題を訴え、総会での投票に向け、各国内からの政府 への圧力をさらに強めるよう呼びかけています。

引続き、世界の仲間と連帯して、11月の「国際共同 行動デー」のキャンペーンを全国各地で取組みま しょう。昨年に引き続いて国連決議に賛成した日本 政府に対しては、さらに、「被爆国」としてウラン 兵器禁止のためにより積極的な役割を果たすよう、 具体的な施策としてそれを行うよう、強く求めてゆ きましょう。

 今後とも、ご協力よろしくお願い致します。

「ウラン兵器禁止を求める国際連合」( ICBUW)運営委 員:
嘉指信雄/森瀧春子/振津かつみ


【速報:「劣化ウラン兵器」決議、国連第一委員会で、昨年を上回る賛成多数で可決!】_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







【速報:「劣化ウラン兵器」決議、国連第一委員会で、昨年を上回る賛成多数で可決!】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-11-01 14:40 | 反核・平和(ウラン兵器禁止) | Trackback
私の友人の中村孔治さんが、JANJANに『ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦』の感想文を書いてくださっていますので、紹介します。

『ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦』を読んで
http://www.book.janjan.jp/0806/0806068918/1.php

本書は「悪魔の兵器・DU」の存否と言う、人類の存亡に関わる重要問題に関する、50数名の専門家・被害者・活動家による渾身の報告と真剣な討議記録などからなる。ウラン兵器を早急に全面的禁止させるための必携書であると痛感した。(中村孔治)2008/06/12


NODUヒロシマプロジェクトWEB
http://www.nodu-hiroshima.org/



『ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦』を読んで_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







『ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦』を読んで_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-13 12:10 | 反核・平和 | Trackback
世界的な劣化ウラン弾禁止などの軍縮の先頭に立つベルギー。その国会議員のディルク・ファン・デル・メーレンさんのお話に関する記事が、掲載されました。

ベルギーを見習い、日本も国際的な軍縮をリードしよう!と思ったら記事下部のボタンをクリックしてください!

対人地雷、クラスター爆弾、劣化ウラン弾 国際的軍縮をリードするベルギーの国会議員が広島で講演
http://www.news.janjan.jp/government/0805/0805076529/1.php
さとうしゅういち2008/05/09
対人地雷、クラスター爆弾、劣化ウラン弾などを含む軍縮運動に、先進的な取り組みを見せるベルギーの国会議員が6日、広島の原爆資料館で講演を行った。議員は、ベルギーが2度の世界大戦で惨禍を経験したことを背景に運動を進め、反対派を納得させる入念な手法も採ったことなどが成功の原因、と語った。


劣化ウラン兵器で超党派の議員勉強会が発足http://www.news.janjan.jp/government/0805/0805086636/1.php
映像部2008/05/09
劣化ウラン兵器についての国会議員による超党派の勉強会が、来日中のベルギー下院議員ディルク・ファン・デル・メーレン氏を講師に衆議院で行われた。


世界の軍縮の先頭に立つベルギー・・ディルク・ファン・デル・メーレンさん講演会記事_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







世界の軍縮の先頭に立つベルギー・・ディルク・ファン・デル・メーレンさん講演会記事_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-05-09 12:25 | 反核・平和 | Trackback(1)