エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:原中勝征 ( 2 ) タグの人気記事

TPP違憲訴訟へのご参加をよろしくお願いします!

憲法の知る権利や生存権、幸福追求の権利などを侵害するのがTPPです。
民主主義を骨抜きにし、官僚同士の談合で、一部の大手企業に有利な仕組みにしようというのがTPPです。
欧州連合(EU)の場合は、各国で国民投票などが行われました(イギリスでは脱退の是非を問う国民投票が予定されています)。
EUと比べても、民主主義が不在という大きな問題点があります。

わたくし・さとうしゅういちがお世話になっている山田正彦・元農水大臣(弁護士)も、幅広い有識者に声をかけ、話し合いをして、今回の訴訟の形をとった運動となりました。

政治的にTPPを止めることももちろんあきらめてはいけませんが、訴訟を通じても、イラク派兵違憲や、大飯原発差し止めに続く快挙としましょう。

お名前 送付先の住所 連絡先番号 原告希望は明記ください。

受付後に入会申込書や情報開示ができ次第 事務局から連絡又は郵送させていただくとのことです。

1)「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立準備会事務局のメールアドレス   tppikenn@yahoo.co.jp

2) 事務所FAX  03−5211−6886

直接の事務所への電話は、不在も多く 記録も残らず対応の行き違いが生じます。できるだけ、メールかFAXをお知らせしてください。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014092502000152.html

 環太平洋連携協定(TPP)交渉は憲法の知る権利や生存権、幸福追求の権利などを侵害するとして、違憲確認と交渉の差し止めを求める「TPP交渉差し止め・違憲訴訟の会」の準備会が二十四日、正式に発足し、都内で初会合を開いた。

 呼び掛け人の一人で、自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会代表を務めた池住義憲立教大教授は「TPPで農村でも都市でも国民がさまざまな権利侵害、苦痛を受けることが明らか。憲法の平和的生存権が脅かされる」と強調した。別の呼び掛け人の岩月浩二弁護士も「政府は国民に情報を知らせず、密談で利益至上主義を進めようとして、憲法の国民主権を『資本家主権』に書き換えようとしている」と指摘した。

 同会によると、呼び掛け人には歌手の加藤登紀子さんや経済学者の宇沢弘文東大名誉教授に加え、二十三日現在で女優の木内みどりさん、ジャーナリストの高野孟さん、堤未果さん、音楽家の三宅洋平さん、元外務省国際情報局長の孫崎享さんら約三十人が名前を連ねている。準備会では、原中勝征前日本医師会会長を代表とする役員人事と設立趣意書を承認。国民に対して一人二千円の支出で原告団への参加を呼び掛け、年内に提訴する方針。

 問い合わせは、同会=電03(5211)6880。電子メール=tppikenn@yahoo.co.jp


by hiroseto2004 | 2014-09-29 20:26 | 憲法 | Trackback
日本医師会会長選挙が昨日あり、民主党寄り現職の原中会長が落選しました。
「野党とも関係を築く」新人への交代。

まあ、民主党政権二回目の診療報酬、初の介護報酬改訂は、わたくし・さとうしゅういちも失望しました。

民主党の今の路線のままでは、まだまだ医療崩壊、介護難民は続きます。

医者を叩いて、大都市の中間層やや上くらい(公務員・大手企業正社員)の票を取ってきた民主党のお株を奪ったのが小泉さん。
それと、行政職正規公務員や、電力会社員らの既得権護持ばかりで介護などには思いが薄かった連合のクオリティとあいまって医療崩壊、介護崩壊が進んだ。

一方一時、民主党が小沢一郎さんが代表のとき、医療界にすり寄った。

そして、政権を奪ったのですが、労働貴族傀儡の野田政権の仕打ちはひどかった。
今回の政権交代劇は民主党の末路を予言しています。

じゃあ、組織として自民党支持に戻るかといえばそうではない。
新会長も、「野党とも関係を築く」とおっしゃっているだけです。
大衆運動団体としての医師会は、「特定政党支持押しつけなし」でいいと思います。

関連記事
日医会長に民主寄り原中さん、自民系現職3位に沈む 
by hiroseto2004 | 2012-04-02 12:20 | 歳時記 | Trackback