エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:参院選1998 ( 1 ) タグの人気記事

橋龍失神KO負け20年、新自由主義を問い直そう

20年前の1998年7月12日、橋本龍太郎(故人)総理率いる自民党は参院選で失神KO負けと言える大惨敗を喫した。自民党は44議席に後退。民主党が27,共産党が15に躍進した。

前年の1997年に消費税増税や健保負担増を強行。金融恐慌も招いた橋本は有権者に罰せられた。

しかし、残念なのは「橋本KO負け」が「新自由主義への反省」につながらなかったことである。

今、強行されようとしている「水道民営化」にせよ、強行された「高プロ」などを「新自由主義」という。「新自由主義」は橋本龍太郎政権が加速させた。

しかし、当時、躍進した政党のうち(旧)民主党は、「自民党以上に新自由主義」的な部分が大きかった。社民党なども直前まで自民党と連立を組んでいた経緯から新自由主義立法にはことごとく賛成していた。

日本共産党(この選挙で15議席に躍進)と新社会党のみが新自由主義立法に反対を貫いていたが、当時共産党も「新自由主義」を名指しで批判していたわけでは無かったし、新社会党は議席を失ってしまった。

結局、新自由主義への反省無きまま、小渕政権による労働の規制緩和、さらには、小泉政権による凄まじい新自由主義構造改革、そして、今の安倍政権による水道民営化や高プロ、TPP関連法などの新自由主義施策へとつながっていく。

20年前、せっかく新自由主義のチャンピオンの橋本龍太郎がKO負けしたのに、新自由主義批判につなげられなかったことが、今に禍根を残している。

by hiroseto2004 | 2018-07-12 06:15 | 新自由主義批判 | Trackback