エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:古市橋駅前 ( 66 ) タグの人気記事

広島瀬戸内新聞は6月25日夕方も広島市安佐南区古市橋駅前や中筋駅前で街頭演説。
「政府・経団連はこの20年あまり、働き方の「改革」どころか「破壊活動」をずっとやってきた。
その結果、少子化が進み、優秀な人材も日本企業を敬遠し、韓国や中国やマレーシア企業に向かっている。その反省もなく、給料は払わないで死ぬまで働いてもらおう、いわば第二次世界大戦の総動員のようなことをしているのが高プロだ」
と指摘。

広島出身の公明党代議士がNHKの日曜討論で「欧州にも高プロはある」とおっしゃったことにも言及。
「欧州は、専門性が高い職人の集団が会社と交渉して労働条件を決めている。日本のように、出退勤の自由もない、表面上は強制ではないにせよ会社の意向に逆らえば、嫌がらせが待っている国と一緒にしてはいけない。庶民の味方だったはずの公明党の代議士も与党にいるうちに、現場感覚をすっかり失ってしまわれたようで残念だ。」
と名指しを避けつつも厳しく批判。

「公明党員の方もこの演説を聞いている方のうち一定数おられると思うが、ガツンと代議士にそれは違うといってほしい。」
と続けました。

さらに、広島市が工事中の恵下廃棄物処分場を巡り、本社社主ら市民が行った住民監査請求について広島市監査委員が先週20日、「廃棄物処分場計画は財務会計上の行為ではなく一般行政行為だ」と事実上門前払いしたことを紹介。

「ゴミ処分場についても数百億の金が動くのに【財務会計上の行為ではない】とは何事だ⁉仕事をしていない。」
と指摘。
「国政では安倍昭恵さんへの忖度が問題となっているが、広島市でも監査委員が忖度で仕事をしていないのではないか?そもそも、こんな事業が議会を通ってしまったことも問題ではないのか?」
などと力を込めました。
そのうえで、
「皆さまも市議会や、監査委員がきちんと市のやることをチェックしているかどうかネットで検索を。おかしいと思ったら意見を近くの市議などに言ってほしい。」
などと訴えました。
さらに、7月1日(日)いよいよ開催される「3区市民連合憲法フェスティバル」参加を呼びかけました。


3区市民連合  憲法フェスティバル
7月1日(日) 13時半~16時
安佐南区区民文化センター
大広間
学んで・語って・聴くひとときを...
歌とトーク・学習・グループ談話
問い合わせ 事務局長 鈴木孝良 090-7896-8991


「高プロは働き方【破壊活動】」「ゴミ処分場も財務会計上の問題、広島市監査委員は仕事をせよ」
恵下処分場問題、広島市監査委員が本社社主らの監査請求却下
by hiroseto2004 | 2018-06-25 19:26 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

説明広島瀬戸内新聞は6月17日夕方、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。引き続き、法案要綱作成に当たって労働者の意見を全く聞いていない高プロの撤回を要求。さらに、この二十年間の「正社員は残業代を払わずにこきつかい、非正社員は安く使い捨てる」経団連や自民党の労働法破壊路線こそが、内需の低迷も招いており、財政政策や金融政策も台無しにしている、と指摘。その路線の是正を求めました。
そして「これ以上、安倍総理が続投すれば、昨日や一昨日のカープ投手陣のように失点がかさむ」と指摘。

「安倍総理の降板」を求めました。




by hiroseto2004 | 2018-06-17 18:53 | 活動報告 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月7日夕方は広島市安佐南区古市橋駅前、8日朝は中筋駅前で街頭演説。
トランプと金正恩の米朝首脳会談が一時期中止になったとき、祝賀ムードだった日本政府は「平和憲法を持つ国として終わっている」と指摘しました。
また、来週14日にも新たに「高プロ」を含む「働き方改革法案」を委員会採決しようとしていることを非難。
「野党に追及された直後にあわてて労働者からヒアリングした。アリバイつくりに過ぎない」
などと指摘。
「嘘まみれの法案は白紙。安倍総理は退場」
などと訴えました。
その上で
「安倍ジャパンやその法案を白紙にするだけでなく、この二十年間の労働規制緩和の流れを是正することが必要だ。」
「この二十年間、生産性は上がっているが給料は上がらないしGDPも上がらない。給料をあげたり、再分配を強化しいないために庶民の暮らしが悪化し、消費も低迷したからだ。株価も経済の実態の裏付けがないものになっている。」
「お金の使い方も総理のご友人の武器や原発企業のためではなく庶民の暮らしのために。」
などと力を込めました。


「働き方」法案では昨日も新たな嘘が発覚。
管理職を一般労働者扱いする虚偽データが発覚。まさに嘘まみれです。





by hiroseto2004 | 2018-06-08 08:59 | 活動報告 | Trackback
e0094315_09015907.jpg
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月31日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
高プロ含む働き方改革法案の衆院通過に抗議。「学校の先生のような青天井の働き方を他の職業にも広げるもの。いくら他の条文で良いことを盛り込んでも高プロが抜け穴になってしまう。」
と指摘しました。
その上で
「この二十年間の規制緩和路線も総括し規制を強化すべきは強化しないと、働くものの実質賃金も下がり続ける。」
などと訴え、政権交代による労働の規制緩和路線の是正を訴えました。


by hiroseto2004 | 2018-05-31 19:30 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
e0094315_22541322.jpg


本社社主・さとうしゅういちは4月13日も広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説「総理にタオル投入」
を実施しました。
財務省の森友事件をめぐる文書改ざんはおろか、口裏合わせをもちかけたり、ごみの量を多く見せかけるよう国交省に
要求していた問題、防衛省の日報隠蔽や、厚労省幹部によるマスコミ恫喝、過労死の経緯をめぐる隠ぺい、経産省による
高校教育への介入など、安倍ジャパンの行政の不祥事は枚挙にいとまがありません。
この日は
「もはや、総理にタオル投入、KO負けにしないと、日本は大変なことになる」
「うそまみれの働き方改革法が成立すればどうなるか?
しまいにはそれこそ、カープのプレイボールを家や球場で見るどころか試合終了にも間に合わず
残業代ももらえないという踏んだり蹴ったりの状況になる」
などと力を込めました。
さらに、シリア情勢に言及。戦闘の拡大は新たなテロなどで犠牲を増やすだけだとし、
スウェーデンの提案している中立的な化学兵器禁止機関による検証をするとともに
停戦を進めるべきだとし「第三次世界大戦は避けないといけない」と力を込めました。


by hiroseto2004 | 2018-04-13 23:01 | 活動報告 | Trackback

霜が降りる寒さ

霜が降りる寒さ

本日1月15日(月)朝の広島市安佐南区古市橋駅前。
e0094315_20574441.jpg
街頭演説を始めようとすると霜がベンチに降りていました(白い部分)。
この日も前日の祇園出張所前と同様、
「安倍総理はエストニアなどで相手も興味もない朝鮮の脅威を吹聴するために税金と時間を使うくらい訪朝で拉致問題解決を!」
等と訴えました。

by hiroseto2004 | 2018-01-15 20:59 | 歳時記 | Trackback
e0094315_18035866.png



2018年1月9日(火)、広島瀬戸内新聞社主のさとうしゅういちは、広島市安佐南区内各地(古市橋駅前、緑井天満屋前、セルフ稲田前)で街頭演説。
アメリカ軍の相次ぐ沖縄での不時着を受け、
「沖縄本島は広島市と廿日市市を合わせたより面積は小さい。そこでたった2日の間に二度も不時着とは、沖縄の人たちもたまらないと思う。心中察するに余りある」
とした上で
「広島も岩国基地増強で他人事ではない。それこそ、朝鮮のミサイルより米軍機飛行時にJアラートを鳴らした方が国民保護にもまだ有効では?」
と提案。
その上で、
河野外務大臣が「日本外交は危機にある」と発言したことを受け
「この5年間、総理だったのは誰だ?他ならぬ安倍晋三さんだ。その責任は重い。
憲法を変えるより、まず外交の立て直しこそ(日本国民ひとりひとりの安全を守る上で)必要だ。」
と力を込めました。
緑井の街頭演説では、そのまま、3区市民連合の「安倍改憲NO」の街頭宣伝に参加しました。
e0094315_18100030.jpg
e0094315_18101393.jpg
最後に、「安部選手は頑張れ!安倍総理はやめろ!」とアピールしました。



by hiroseto2004 | 2018-01-09 18:11 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは、2018年1月6日、広島市安佐南区古市橋駅前や祇園出張所前で街頭演説。
「カープの安部選手は頑張れ!安倍総理は退場!暴走はもう勘弁!」でしばらくは行かざるを得ない、と宣言しました。
e0094315_19540036.jpg
e0094315_19270520.jpg




この日は、主に三点について訴え。
第一に、朝鮮半島情勢を中心に安倍外交は「ハシゴを外されたのではないか?」と指摘。
アメリカのトランプ、そして韓国の文在寅・朝鮮の金正恩が五輪を機会に対話で
動き出しているニュースを受け、
「こうしたことを契機に、今年は、ぜひ、朝鮮戦争を正式に終わらせると共に、
北東アジアに非核地帯をつくる方向へ関係各国は努力を」
と提案しました。
そして
「トランプたちがノーベル平和賞でも、武力衝突よりは良いのではないか?」
などと訴えかけました。
安倍総理に対しては
「憲法を変えていくら武器を買っても、武力衝突になった場合、原発へのテロなどは
防げるのか?韓国の原発がやられただけでも、甚大な被害を受ける。武力衝突だけは避ける、
というのが安倍総理のすべきことではなかったのか」
と疑問を呈しました。
第二に、エネルギー政策について言及。トランプがパリ協定を離脱し、日本も石炭火力の輸出などで
国際社会から疑問を呈されていることを振り返りました。さらに、日本政府が日立の原発輸出のために
1.5兆円も債務保証していることにも言及。
他方で、中国など他のアジア諸国が再生可能エネルギー、省エネルギー分野で急激に
取り組みを教戒していることにも触れ、「日本が環境に優しいエネルギー、省エネルギーを進めていく世界の流れに取り残され行く」
ことへの危機感をもたなければならないと力を込めました。
さらに、福島の避難者が国がつくった原発で生活を壊されて福島に帰れないのに山形の雇用促進住宅から追い出される訴訟を起こされている
状況は「あべこべ政治」だ、と強く非難しました。
第三に、お金の集め方、そして使い方を改めなければならない、と強調しました。
総理のお友達の学校法人や原発企業、武器企業のために税金を使うより、教育、子育て、社会保障にきちんとお金を配分することが必要であり、
総理の全世代型社会保障とやらも、たとえば、大学無償化は非課税世帯限定、幼児教育無償化も認可外保育園は対象外で、そもそも待機児童も多くいるなど
増税に見合わない上に、分断を却って広げかねないと指摘しました。
そして、政府の税制改正も、
「消費税という庶民に重い増税、そしてサラリーマン中間層クラスからの増税であり、取りやすい個人から取り、
他方で金融取引で儲けている大金持ちや、兆単位で利益を上げながら殆ど税金を納めていない企業は放置している。
消費税も、福祉が充実している北欧並みに税収に占める割合は高い。
公正な負担を大金持ちや大手企業からいただかないといけない。」
と強調。
そして、平和憲法を活かした外交、脱核・脱炭素のエネルギー政策の転換、庶民の暮らしに手厚い経済政策の実現へ向け、
広島3区市民連合を初め、市民と野党の協力に力を入れる、と改めて宣言しました。

年配の買い物客の方が立ち止まり頷き、最後まで聞いてくださりました。「反発しあっていても仕方がない。安倍さんが行って(拉致も)解決すればいいのに。わたしならそうする」とおっしゃいました。

by hiroseto2004 | 2018-01-07 19:54 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_16282482.jpg
3日イオンモール祇園前
e0094315_16292760.jpg
4日朝 古市橋駅前



本社社主・さとうしゅういちは12月3日から4日にかけて広島市安佐南区各地で街頭演説。
「カープの安部選手は頑張れ!安倍総理は退場。」と訴えました。
安倍総理の「三つの暴走」を批判。
一つ目は「総理のお友達ばかりを優遇する私物化」であり、森友学園問題、加計学園問題に限らず、お友達優遇がひどい、と指摘。
たとえば、総理のお友達の原発企業による輸出を事故対応も含めて政府が全面的にバックアップする一方で、国内の原発事故で非難を余儀なくされている人を避難先の住宅から追い出し、路頭に迷わせるようなアベコベ政治を行っている、と語気を強めました。
二つ目は、選挙が終わったとたんに政府が介護や医療などの負担増を打ち出すと共に、公約だったはずの教育・子育て支援は
羊頭狗肉な内容でお茶を濁そうとしていると指摘。
三つ目は憲法問題で
「総理は、米露英仏のような大国と同じように戦争というリングに乱入したくてたまらないのだ。
そのために自衛隊をわざわざ憲法に書き込もうとしている。」
「しかし、アフガンのカルザイ前大統領も『米軍のせいで死者は増えている』と発言している。」
と紹介。
「アメリカ軍などがテロ対策と称して世界中で行っている戦争は現地の人には大迷惑だ。
そんなことに日本の自衛隊を参加させようとしている。
また、朝鮮問題では、アメリカの軍部ですら戦争になったら大変なことになる、と言っているのに、
安倍総理は突出して対話を否定し、戦争を煽っている。」
「そもそも拉致問題があるのだ。核問題は朝鮮戦争の終結と非核地帯をめざして粘り強く対話を進めつつ、拉致の解決を急ぐべきだ。拉致は一刻の猶予も許されない。」
「総理の政策を『現実的』と持ち上げる識者もいるが、そんな政策は日本が欧米のようにイスラムの人たちから恨みを買い、現地の人にも迷惑がられるだけ。現実的などではなく単なる総理の野望だ!」
などと力を込めました。


by hiroseto2004 | 2017-12-04 17:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_13292090.jpg
本社社主・さとうしゅういちは2017年1月31日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を行いました。
6年前のこの日、さとうしゅういちは、広島県庁を退職して、この地域における本格的な政治活動を始めました。
演説の要旨は以下
・そもそも米英仏露などのアフガン、イラク、シリアなどへの空爆が難民の原因。責任があるアメリカのトランプ大統領のイラクやシリアなどからの難民・移民入国拒否は無責任だ。
・トランプさんの日本への経済面での攻撃も強まっていくだろう。
・そうした中で、日本はトランプさんに対して暴走を止めるようけん制すべき。
・また、アメリカ市場に頼りすぎないよう、バランス外交をフィリピンを見習って構築すべき。
・冷え込んでいる国内需要も掘り起こそう。
・国内需要喚起は、いわゆるトリクルダウンでは実現できない。
・庶民の生活不安を取り除く方向へお金をシフトしてこそ出来る。
・介護や医療の改悪などはアベコベ政治だ。却って、ご家族の負担を増やして介護離職を増やしたり、サービス利用抑制で状態が悪化し、コストが逆にかかりかねない。
・総理が外国へ行って原発や武器を輸出する企業をバックアップするためにお金をばらまくのではなく、庶民の生活不安を取り除く方向へ財源をシフトすべきだ。
・労働基準監督行政など、必要な分野の公務員は増やし、本気で過労死撲滅に乗り出すべきだ。ただただ「身を切る」「公務員を減らせ」ばかり主張する一部の政党や政治家とは一線を画す。
・官僚は、大学に天下って、大して面白くもない講義で高給を取るのではなく、労働基準監督官や介護現場に転進するようなしくみにすべきだ。
・さとうしゅういち自身も6年前までは役人だったが、現在は介護現場で働いている。天下りしかできないというのは、いくら何でも甘えだ。
・野党は頼りないように見えるが、庶民の生活不安を取り除くような方向の法案を野党共同でいくつも出している。アベコベ政治から、より庶民生活の不安を取り除く方向へ政治を転換するため、本社は引き続き、野党・市民連合を全面的にバックアップする。



by hiroseto2004 | 2017-01-31 13:33 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback