人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:吉田茂 ( 2 ) タグの人気記事

吉田茂といえば、戦後日本の自民党政治をつくった張本人です。

その吉田でさえも、戦時中、治安維持法違反で逮捕されていたのです。

第二次世界大戦を終わらせるため、いわゆる近衛上奏に協力したことで、憲兵隊に逮捕され、40日余り投獄されました。

そのことが幸いして、戦後は、GHQに重用されたというおまけ付きですが。

もともとは、国体の変革(=天皇制を廃止)しよう政治思想の取り締まりが大義名分だった治安維持法。

しかし、大本教などの宗教への弾圧や、吉田茂のような保守主義者への取り締まり、さらには、右翼の取り締まりにも使われたのです。

菅官房長官は、共謀罪の対象に一般人はならない、という。

しかし、その「一般人」の定義は権力によって恣意的に変えられていきます。

また、五輪の治安維持のために人権制限は仕方がないという議論もありますが、それなら五輪なんぞ止めてしまえば良いのです。

by hiroseto2004 | 2017-01-08 14:35 | 司法 | Trackback

マスコミは、安倍総理が、「現職首相初めて」真珠湾を訪問する、と報道しました。

ところが、真珠湾には、吉田茂総理(当時)が1951年のサンフランシスコ講和会議のための訪米の途中で行っているそうです。


マスコミは雁首揃えて誤報ですね。

安倍晋三さんを持ち上げようとする勢い余っての誤報でしょうか?

少なくともそういう潜在心理がマスコミにあったということでしょうか?

1951年9月12日(現地時間)。真珠湾を訪れていたのは、吉田茂首相。

当時の報道を見てみると、吉田首相はサンフランシスコ講和条約を受諾すべく、9月上旬に渡米。その往路と復路でそれぞれハワイに立ち寄っている。真珠湾を訪れたのは帰り道だ。

9月13日の読売新聞夕刊には、こんな記事が掲載されている。

“吉田さん、眞珠湾訪問 お土産にモロコシ製のステッキ

ロイヤル・ハワイアン・ホテルに一夜をあかした吉田首相は十二日午前五時半起床、まさに明けようとするホテル付近の海岸を散歩した。

お腹の調子もすっかり回復、朝食をとったのち同九時卅(三十)分ホテルを出てロング・ハワイ准州知事、ラドフォード米太平洋艦隊司令官、ハワイ陸軍司令官オーランド中将の順序で公式訪問し、それぞれハワイ滞在中の好意に感謝したが、ラドフォード中将を真珠湾に尋ねた時は感慨深げだった“

ちょうどその10年前、日本軍が奇襲攻撃をかけた米太平洋艦隊。その司令部を訪問するために、吉田首相は真珠湾に足を運んでいた。

つまり、安倍首相が「現職首相として初めて真珠湾を訪問する」ことは間違いになる。

外務省の認識はどうなのか。BuzzFeed Newsは、同省北米局に取材した。

「真珠湾と言うと広い範囲を指すことになりますので、これまで現職の首相が訪問している可能性はあります。より正確に言えば、『真珠湾のアリゾナ記念館を訪問して慰霊をするのが初めて』となります」

アリゾナ記念館とは、日本軍の攻撃により沈没した戦艦アリゾナのうえに作られた追悼施設だ。毎年、100万人以上の人たちが足を運んでいる。




by hiroseto2004 | 2016-12-08 20:38 | 歴史 | Trackback