人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:外務次官 ( 2 ) タグの人気記事

オバマ前政権の核削減に、日本政府が反対の意見を伝えていました。
ハッキリ言います。日本は「アメリカ従属」どころではない。
アメリカに注文を付けてもっと核戦力を強くしろ、と言っているのが我らが日本の外務省であり、自民党政権なのです。とんでもない話です。
「核保有国と非核国の橋渡し」どころか、「核保有国のケツを叩く」有り様です。



米の核削減 日本が反対 核弾頭の最新鋭化も促す

現外務次官ら大使館関係者 09年オバマ政権時

「文書発言」に明記 本紙入手

 オバマ前米政権が新たな「核態勢見直し」(NPR)策定に向けて米議会に設置した諮問機関「米国の戦略態勢に関する議会委員会」が2009年2月に在米日本大使館関係者から意見聴取を行った際、日本側が日本との「事前協議」なしに米国が核兵器を削減することに強い懸念を示し、質量ともに核戦力の維持・増強を求めていたことが明らかになりました。


 本紙が入手した日本側の文書発言(09年2月25日付)と、同委員会スタッフが作成した意見聴取の概要メモ(同27日付)に明記されていました。日本政府関係者が米国の核削減に反対していたとの報道や米議会での証言が相次いでいましたが、関連文書が明らかになったのは初めて。日本政府がオバマ政権の掲げていた「核兵器のない世界」への最悪の妨害者だったことを裏付けるもので、昨年、国連で圧倒的多数の賛成で採択された核兵器禁止条約を拒み、「核抑止」にしがみつく姿勢を如実に表しています。

 意見聴取は米戦略態勢委員会の定例会合(09年2月24~25日)に合わせて実施。メモには、米側からペリー議長やシュレジンジャー副議長(いずれも元国防長官)ら9人、日本側から秋葉剛男公使(現・外務事務次官)、金井正彰1等書記官の名前が記されています。

 日本側の文書発言によれば、日本側は、米国に求める核抑止能力として「柔軟性」「信頼性」「ステルス性」など6点を列挙。退役が検討されていた水上発射型核巡航ミサイル・トマホーク(TLAM/N)について「退役を決定した場合、能力の喪失の相殺について協議したい」として、代替兵器の配備を要望しました。老朽化が指摘されていた核弾頭の最新鋭化も促しています。

 米側のメモによれば、日本側は「低爆発力の地中貫通型核兵器」が「拡大抑止に特に有効」だと述べたと言及。委員の1人が「われわれが今、聞いたことはびっくりさせるものだ」と述べています。

 日本側はさらに、核兵器搭載可能な戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)の運用や、B2・B52爆撃機のグアム配備に言及しています。その上で、「潜在的な敵が核能力の拡大・近代化を思いとどまるための十分な質量」の核戦力を要求。戦略核弾頭の「大幅削減」については、「事前に日本との緊密な協議が不可欠」だと求めています。さらに「米単独での戦略核弾頭の削減は日本の安全保障を危うくする。ロシアとの核削減交渉を行う際、中国の核軍拡に留意すべきだ」と述べています。

 米戦略態勢委員会は09年5月に公表した最終報告書で、「アジアの若干の同盟諸国はTLAM/Nの退役を懸念するだろう」と明記。委員会が協議した「外国政府関係者」リスト26人のトップに秋葉氏ら日本人4人の氏名を記しています。

写真

(写真)米戦略態勢委員会の意見聴取に対する日本側の文書発言。3枚つづりのメモで、委員会出席者によれば、ほぼこの内容に沿って意見表明された


by hiroseto2004 | 2018-03-04 12:04 | 反核・平和 | Trackback(1)

シリア危機の軍事的な解決法はない。

正にその通りです。最終的にはそうです。
本来の日本の役目は海外派兵ではなく、こうしたシリアのような局面での仲裁外交ではないか。
そんなことも思わされた発言です。

イラン外務次官、「シリア危機の軍事的な解決法はない」

http://parstoday.com/ja/news/iran-i17365

イランのジャーベリーアンサーリー外務次官が、シリアとロシアの外務次官らとの電話会談後、テレビでのインタビューにおいて、「シリア危機の軍事的な解決方法は存在しない」と語りました。

イルナー通信によりますと、ジャーベリーアンサーリー次官は26日月曜、ロシアの中東問題担当大統領特使を兼任するボグダノフ外務次官、そしてシリアのメグダード外務次官と個別に電話会談し、特にシリア北部アレッポの状況を初めとする同国の最新情勢、そしてテロ対策について意見交換を行いました。

両者はこの会談で、シリア危機の人道的な側面に注目する必要性、そして特にアレッポを初めとする紛争地域への緊急支援の迅速化を強調しています。

ジャーベリーアンサーリー次官は26日夜、テレビのインタビューで、「シリア危機からの脱出には、自国の将来に関してシリア国民自身が決断する以外に方法はない」と語りました。

また、「シリア危機の長期化は、同国の危機を軍事的に解決しようとする地域諸国の一部の政治家の信条に起因する」と述べています。

さらに、「シリア危機の解決においては、安全保障、政治、人道の3つの側面が同時に考慮されるべきだ」としました。

ジャーベリーアンサーリー次官はまた、シリア東部デリゾールでの政府軍基地に対するアメリカ軍の戦闘機の攻撃は偶発的なものではないとし、「デリゾールにおけるアメリカ軍の作戦は、事前に正確に計画されたものだった」と語っています。


by hiroseto2004 | 2016-09-27 18:31 | 国際情勢 | Trackback