エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:大接戦 ( 1 ) タグの人気記事

e0094315_20514822.jpg


香川県知事選挙は、大混戦のまま明日29日執行です。

相乗り天下り官僚県政継続?四国初の女性知事?香川県知事選挙が大接戦
2010年 8月 28日 13:46 《香川》 【取材ニュース】 <省庁・官僚> <自治体> <選挙>
さとうしゅういち
http://www.janjanblog.com/archives/13321

届出順に日本共産党公認の松原昭人さん、無所属の前県議の渡辺さと子さん、無所属新人で、民自公社各党の県議会会派や連合香川などが相乗りする元大蔵官僚・高速道路機構役員の浜田けいぞうさんの三人が立候補しています。

無所属新人の渡辺さと子候補は、琴電瓦町駅前でマイク納め式を行いました(撮影、弊紙記者撮影。香川県内には弊紙の記者一名が明日まで留まり、明日前半まで留まり取材ということです。)。

「浜田陣営は「空母」、渡辺陣営は「一寸法師のおわん」と揶揄されている」と、渡辺さん自身も「常識では無謀」と振り返る選挙戦。

しかし、最終盤には、渡辺さんは各地で浜田さんと五分に追い上げています。渡辺さんは、「行く先々で『香川をなんとかせんといかん』という声に出あった。知事選挙に出るという決断は間違っていなかった」とふりかえるほどでした。

最後のマイクですが、渡辺さんは、たんたんと政策を述べられました。県民参加での事業仕分け。県民参加の行政。大型公共事業ではなく、環境分野や農林水産業を軸にで県内でお金が回る仕組みの構築。

しかし、最後には感極まって涙も見せました。それくらい、終盤は盛り上がりました。

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-08-28 20:51 | 選挙 | Trackback