人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
明日からあさってにかけ、広島県内でも北部中心に大雪のおそれ。
広島市や廿日市市など、南部でも山地では大雪に。

大雪に関する広島県気象情報 第3号

令和2年2月16日16時32分 広島地方気象台発表

(見出し)
広島県では、17日夜遅くから18日にかけて北部を中心に、大雪となるお
それがあります。積雪や路面の凍結による交通障害など大雪による災害に注
意してください。

(本文)
 中国地方の上空約5500メートルには、17日午後から18日にかけて氷点下36度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。
 このため広島県では、17日夜遅くから18日にかけて北部を中心に大雪となり、南部の平地でも積雪となるおそれがあります。
 積雪や路面の凍結による交通障害、農作物の管理、電線や樹木への着雪、なだれに注意してください。ビニールハウスは倒壊のおそれがあるため注意が必要です。

<雪の予想>
16日18時から17日6時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で、
 南部 山地 4センチ
 南部 平地 0センチ
 北部 山地 4センチ
 北部 平地 0センチ

16日18時から17日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 南部 山地 15センチ
 南部 平地 2センチ
 北部 山地 15センチ
 北部 平地 5センチ

その後、17日18時から18日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 南部 山地 30から50センチ
 南部 平地 1から5センチ
 北部 山地 30から50センチ
 北部 平地 10から20センチ

<防災事項>
 積雪や路面の凍結による交通障害、農作物の管理、電線や樹木への着雪、なだれ、強風、高波、落雷、突風

 今後発表する警報、注意報、気象情報などに留意してください。

 次の「大雪に関する広島県気象情報」は、17日6時頃に発表する予定です。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2020年 2月16日16時54分茨城県北部M2.2震度1 2月16日16時58分
2020年 2月16日09時14分熊本県熊本地方M2.7震度2 2月16日09時16分
2020年 2月14日21時11分宮崎県南部山沿いM2.4震度2 2月14日21時14分
2020年 2月14日07時25分島根県西部M3.2震度1 2月14日07時28分
2020年 2月13日19時34分(2報)択捉島南東沖M7.0震度4 2月13日19時44分
2020年 2月13日19時34分択捉島南東沖M7.0震度4 2月13日19時39分
2020年 2月13日12時55分奄美大島近海M4.1震度2 2月13日12時59分
2020年 2月13日11時04分茨城県北部M3.0震度2 2月13日11時07分
2020年 2月13日00時17分播磨灘M2.7震度1 2月13日00時20分
2020年 2月12日22時05分茨城県南部M3.3震度1 2月12日22時08分
2020年 2月12日19時37分福島県沖M5.5震度4 2月12日19時42分
2020年 2月12日19時36分胆振地方中東部M4.4震度3 2月12日19時40分
2020年 2月12日18時52分茨城県北部M2.9震度1 2月12日18時55分
2020年 2月12日06時35分長野県中部M2.4震度1 2月12日06時38分
2020年 2月12日04時14分山形県置賜地方M3.9震度1 2月12日04時18分
2020年 2月12日03時06分北海道東方沖M4.2震度1 2月12日03時10分
2020年 2月11日22時02分和歌山県北部M2.4震度2 2月11日22時05分
2020年 2月11日06時11分東京都多摩東部M3.2震度2 2月11日06時14分
2020年 2月10日14時03分鹿児島県薩摩地方M2.4震度1 2月10日14時06分
2020年 2月10日12時22分岩手県内陸南部M3.6震度1 2月10日12時25分
2020年 2月 9日23時34分山形県置賜地方M3.2震度1 2月 9日23時36分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

タグ:
by hiroseto2004 | 2020-02-16 17:42 | 事故・災害・事件 | Trackback
奥多摩の大雪の遭難事故で第七機動隊を思い出した

東京・奥多摩での大雪による山岳遭難事故。13人全員無事救助と言うことでほっとしました。

しかし、いくら「春の東京都内」でも、奥多摩の山は格別です。

都心で雨でも、奥多摩は大雪、ということはざらにあります。これから春山シーズンですが、くれぐれも皆さんも油断のないよう肝に銘じていただきたいと思います。

今回は、警視庁の第七機動隊が活躍したのでしょう。

第七機動隊は、基本は山岳救助隊ですが、労働運動や市民運動などの弾圧に動員されることもあります。

2009年1月末、京品ホテルの労働争議で会社側は第七機動隊を投入し、乗っ取りに反対して抵抗していた労働者と私も含む支援者を排除しました。

そのときのことは鮮明に覚えています。ただし、逮捕者はゼロでした。引っ張って行かれそうになった人もいましたが、全力で奪還しました。

とはいえ、今回は、東京消防庁やDMATとともに、13人の命を助けたと言うことで、本来任務での活躍でした。






More
by hiroseto2004 | 2018-03-22 21:56 | 事故・災害・事件 | Trackback
寒さ続きます
中国地方では、1月30日頃からまた異常な低温や大雪が続く予想です。
ご注意ください。
11月後半から冬が平年より20日程度前倒しで到来した中国地方など西日本。
春の到来が早いわけではなく、立春過ぎまで異常寒波に苦しみそうです。


異常天候早期警戒情報

低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報(中国地方)
平成30年1月25日14時30分
広島地方気象台 発表

要早期警戒(気温)
警戒期間 1月30日頃からの約1週間
対象地域 中国地方
警戒事項 かなりの低温(7日平均地域平年差-2.1℃以下)
確率   30%以上

要早期警戒(降雪量)
警戒期間 1月30日頃からの約1週間
対象地域 山陰
警戒事項 大雪(7日合計地域平年比236%以上)
確率   30%以上


 今回の検討対象期間(1月30日から2月8日まで)をとおして、中国地
方では、7日間平均気温が平年よりかなり低くなる確率が30%以上、山陰
を中心に、7日間降雪量が平年よりかなり多くなる確率が30%以上と見込
まれます。
 農作物の管理に注意してください。降雪量が多い時期ですが、更に多くな
る見込みで、除雪などの対応にも留意してください。また、今後の気象情報
に注意してください。
 なお、中国地方では、今後1週目から2週目にかけて気温がかなり低く、
山陰を中心に降雪量がかなり多くなる可能性があります。
<参考>
この期間の主な地点の7日間降雪量の平年値は、以下のとおりです。
地点  平年値    地点  平年値
西郷   9センチ  松江   9センチ
横田  43センチ  赤名  45センチ
瑞穂  29センチ  弥栄  25センチ
境   10センチ  米子  14センチ
倉吉  21センチ  鳥取  23センチ
大山  70センチ  智頭  38センチ
上長田 54センチ  千屋  40センチ
津山   7センチ  高野  52センチ
八幡  52センチ  大朝  35センチ
by hiroseto2004 | 2018-01-25 22:04 | 事故・災害・事件 | Trackback
昨日は大寒でした。昨日までは暖かかったですが、本日の朝はこの時期らしい寒さ。
そして、広島県内も含め、明日22日から大雪など大荒れのおそれです。


大雪に関する広島県気象情報 第2号平成30年1月21日16時29分 広島地方気象台発表

(見出し)
広島県南部では、22日朝から夕方にかけて大雪となるおそれがあります。
積雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。

(本文)
 前線を伴った低気圧が、22日に四国の南海上を発達しながら東北東に進む見込みです。 このため広島県南部では、22日朝から夕方にかけて大雪となるおそれがあります。積雪や路面の凍結による交通障害、ビニールハウスは倒壊のおそれがあるため注意してください。北部では電線や樹木への着雪に注意してください。<雪の予想> 22日18時までの24時間降雪量は、多い所で  南部 山地 15センチ 平地  5センチ  北部 山地 15センチ 平地 10センチ<防災事項> 積雪や路面の凍結による交通障害、農作物の管理、電線や樹木への着雪 今後、気象台の発表する警報、注意報、気象情報などに留意してください。 次の「大雪に関する広島県気象情報」は、22日06時頃に発表する予定です。



More
タグ:
by hiroseto2004 | 2018-01-21 18:37 | 事故・災害・事件 | Trackback

2017年1月の主なニュース

2017年1月の主なニュース・本社活動報告
2016年12月の主なニュース

1月31日(火)

1月30日(月)
JR宮島航路で新型船が立ち往生。エンジントラブルか?乗客を海上で救出。
燃料デブリか?福島第原発2号機。
カナダでモスク狙った銃乱射テロ。6人死亡。

1月29日(日)
1月28日(土)
旧正月。

1月27日(金)
地下水路調査中、水道管誤って傷つけ、断水。呉市内。
旧大晦日。
カープ選手、キャンプ前に護国神社に参拝し必勝祈願。

1月26日(木)
トランプ大統領、メキシコ国境に壁 大統領令。

1月25日(水)
トランプ大統領令、石油パイプライン強行にゴーサイン。アメリカ版檜山俊宏の面目躍如。
安倍総理、再び東京五輪理由に共謀罪強行の構え。

1月24日(火)
トランプ大統領令、アメリカTPPを正式に離脱。

寒波・大雪続く 北部で積雪1m超える 雪が舞う広島


1月23日(月)
「春闘」が事実上スタート。
視覚障害認定基準の見直し検討会。

1月22日(日)
ひろしま男子駅伝。長野優勝、広島26位
和歌山有田市の石油精製所で火災。
大雪で新千歳空港で多数足止め。

1月21日(土)
稀勢の里関、初優勝。大相撲初場所
反トランプデモ、就任式に合わせ、100団体が実施。
トランプ政権、TPP離脱、NAFTA再交渉表明

1月20日(金)
米軍今度はAHヘリが不時着。沖縄・うるま市伊計島のホテル近く。
電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意「娘は帰ってこない。今働いて、苦しんでいる人、逃げて欲しい」
大寒にふさわしい寒さ
通常国会開会、総理憲法改悪に意欲
1月19日(木)

1月18日(水)

1月17日(火)
阪神淡路大震災から22年

1月16日(月)
1月15日(日)

1月14日(土)

センター試験始まる
またホームドアの設置駅で視覚障害者転落死

豊洲市場地下水、環境基準の79倍の汚染

片目失明者友の会・久山公明代表2017年の抱負


1月13日(金)

三菱電機を書類送検、藤沢労基署


1月12日(木)


1月11日(水)

北日本・北陸で冬将軍猛威。今週末にかけ西日本でも大雪の恐れ→暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第5号

ベネズエラ議会が、マドゥロ大統領の職務停止を可決

三菱総研が研究結果発表→AIで雇用240万人減というなら、外国人労働者受け入れ「促進」は必要ないのでは?


1月10日(火)


1月9日(月)

イラクでテロ相次ぐ

IS支持者?トラックで突っ込みイスラエル兵士4名死亡/ネタニヤフ被疑者また事情聴取

1月8日(日)

イエメンの保健衛生が崩壊。1万人以上の子どもが死亡・・サウジアラビア(国王・サルマン被疑者)王室軍のイエメン空爆により


1月7日(土)

中国、イスラエルの入植地拡大に建設労働者派遣で合意。

4野党代表そろい踏み、新宿西口で市民連合街頭演説


1月6日(金)

米軍、早くもオスプレイ空中給油訓練再開、沖縄に怒り広がる

原爆資料館地下から江戸時代の墓地発掘・・・原爆資料館下、江戸時代のお墓が出土した現場


1月5日(木)


1月4日(水)


1月3日(火)

1月2日(月)


1月1日(日)

またトルコでテロ?新年祝うクラブで銃撃


by hiroseto2004 | 2017-03-01 12:00 | ニュース・雑感 | Trackback(1)
大雪警報が広島・呉に発令中です!
新幹線も徐行運転など影響が出ました。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170115/Jiji_20170115X394.html
 日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、気象庁は15日、北日本(北海道と東北)から西日本の日本海側を中心に、大雪や吹雪、交通の乱れなどへの警戒を呼び掛けた。東日本や西日本の太平洋側の平地でも大雪になる所があるという。
 同庁によると、北日本から東日本の上空には氷点下39度以下の寒気が流れ込んでおり、強い冬型の気圧配置は16日にかけて続く。北日本から西日本では非常に強い風が吹く見込み。海は大しけとなる所がある。
 降雪や強風で全日空は56便、日本航空も12便が欠航し、計3100人以上に影響した。JR東海と西日本によると、東海道新幹線は一時、浜松―新大阪間の上下線で通常より速度を落として運転。山陽新幹線も西明石―新下関間で徐行運転を行い、いずれも遅れが出た。
 15日午前11時までの24時間降雪量は富山市で48センチ、岐阜県飛騨市で47センチを観測。同11時の積雪は青森市で2メートル51センチ、福島県檜枝岐村で1メートル65センチとなった。広島市でも19センチを観測した。
 16日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸と関東甲信80センチ、東北70センチ、北海道と東海60センチ、中国50センチ、近畿40センチ。
 16日にかけての最大瞬間風速は北海道と北陸35メートル、東北30メートル。波の高さは東北と北陸、近畿、小笠原諸島6メートル、北海道と伊豆諸島、中国5メートルの見込み。 

by hiroseto2004 | 2017-01-15 15:18 | 事故・災害・事件 | Trackback
これから明後日15日にかけ、中国地方も含めて全国的に大雪の恐れがあります。
広島県でも南部平野部でも大雪です。
今年は、北海道以外は、これまでは比較的暖かかっただけに、油断ないようにお願いします。
ドライバーの皆様は、タイヤの点検を。
センター試験受験生の皆様、特にお気を付けください。


大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第8号平成29年1月13日05時30分 気象庁予報部発表

(見出し)
15日頃にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪や高波に警
戒してください。14日から15日頃にかけて、北日本や西日本の日本海側
を中心に、局地的な暴風雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害にも警戒し
てください。また、14日は、太平洋側の平地でも大雪となるおそれがあり
ます。

(本文)
[気圧配置など] 北日本の上空約5000メートルには氷点下39度以下の寒気が流れ込み、日本付近は北日本を中心とした強い冬型の気圧配置となっています。 この冬型の気圧配置は、14日から15日には、北日本の上空約5000メートルに氷点下42度以下、東日本に氷点下39度以下、西日本にも氷点下30度以下の強い寒気が流れ込み、北日本から西日本の広い範囲で冬型の気圧配置が強まる見込みです。[防災事項]<大雪> 東日本や東北地方の日本海側を中心に大雪となっているところがあります。 14日にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みです。14日は、太平洋側の平地でも局地的に大雪となるおそれがあります。 14日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、  北陸地方             90センチ  東海地方、関東甲信地方      60センチ  東北地方             50センチ  近畿地方             40センチ  北海道地方、中国地方       30センチ     15日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、  北陸地方            100から120センチ  東北地方、東海地方、関東甲信地方 50から 70センチ  近畿地方、中国地方        40から 60センチ  北海道地方            20から 40センチの見込みです。  その後、15日頃にかけて、降雪量はさらに多くなる見込みです。 大雪による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。<暴風雪・暴風・高波> 北日本や東日本では、海上を中心に強い風が吹き、海はしけとなっているところがあります。13日は、北日本から西日本の日本海側を中心に雪を伴った強い風が吹くでしょう。14日は、北日本や西日本の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みです。 13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、  北陸地方、近畿地方、四国地方、伊豆諸島                   18メートル(30メートル)  中国地方、東海地方        17メートル(30メートル) 14日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、  中国地方             23メートル(35メートル)  東北地方、近畿地方、伊豆諸島   20メートル(30メートル)  北海道地方、北陸地方、東海地方、四国地方                   18メートル(30メートル) 13日に予想される波の高さは、  東北地方、北陸地方、中国地方  5メートル  北海道地方、近畿地方、伊豆諸島 4メートル 14日に予想される波の高さは、  東北地方、北陸地方、近畿地方、中国地方   6メートル  伊豆諸島                  5メートル  北海道地方、東海地方、四国地方       4メートルの見込みです。  その後、15日頃にかけて、暴風雪、暴風、高波は続く見込みです。 13日は、北陸地方で高波に警戒し、北日本から西日本の日本海側を中心に、ふぶきや吹きだまりによる交通障害、強風に注意してください。 14日は、北日本や西日本の日本海側を中心に、局地的な暴風雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害に警戒し、北日本から西日本の日本海側を中心に、高波に警戒してください。[補足事項] 地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。 次の「大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報」は、13日17時頃に発表する予定です。


More
by hiroseto2004 | 2017-01-13 07:26 | 事故・災害・事件 | Trackback
札幌って大雪が当たり前だと思っていましたが、今年は異常なのですね。
地球「温暖化」というよりは「気候変動」。
そのことを実感させられます。


<札幌大雪>市長「災害に近い状況」 除雪強化、前倒し 毎日新聞社 2016年12月27日 10時48分 (2016年12月27日 11時12分 更新)
大雪の影響で幅が狭くなり、混雑する道路=札幌市中央区で、安達恒太郎撮影
[拡大写真]

 札幌市内で先週末に50年ぶりとなる積雪90センチ超の大雪となったことを受け、秋元克広市長は26日に緊急の記者会見を開き、「災害に近い状況」として除雪や排雪の体制を強化すると発表した。交通量の多い道路やバス路線約400キロ分については年内に排雪を完了させる。また除雪した雪を捨てる雪堆積(たいせき)場について、来年1月には11カ所の開設を予定していたが、これをできる限り前倒しする。

 市は大雪による交通網の混乱で市民生活に支障をきたしているとして25日、4年ぶりに雪害対策連絡会議を開き、秋元市長や河原正幸危機管理対策室長らが緊急対応策を協議した。

 市によると、2012年にも大雪のため、通常は1月に始める雪堆積場への「運搬排雪」を12月に前倒しして開始した。今回の大雪は、24日午前9時時点で北区を除く9区で12年を上回る積雪だったという。

 市は特に、脇によけた雪で道路幅が狭くなって車両通行に支障が出ていることを問題視し、主要道路やバス路線などで道幅を広げる排雪作業を強化。小学校周辺や、雪が高く積まれて歩行者や車の通行に影響が出そうな交差点約1万6000カ所以上で優先的に実施する。また降雪の多かった清田区や中央区へは機材や作業員の追加派遣を検討する。

 秋元市長は「円滑な作業のため、路上駐車や道路への雪出しはやめ、自家用車での不要不急の外出も控えてほしい」と呼び掛けた。【藤渕志保】

by hiroseto2004 | 2016-12-27 13:49 | 事故・災害・事件 | Trackback
広島ブログ

【夏の豪雨から真冬の大雪へ 日本から「四季」が消え、夏冬二択の過激な気候に!?】
つい、一週間前までは、季節外れで場所柄でもない、すなわち「東南アジアのスコールのような天気」が「立冬過ぎの日本」で出現していました。



More
by hiroseto2004 | 2015-11-25 22:11 | 歳時記 | Trackback
役人からヘルパーへ27日目の出勤です_e0094315_7162653.jpg

【役人からヘルパーへ27日目の出勤です】
役人からヘルパーへ。27日目の出勤です。
今日は、広島は曇り空。関東は大雪が心配ですね。
今日も良い1日を!
by hiroseto2004 | 2015-02-05 07:16 | 役人からヘルパーへ | Trackback